※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< '17年春バリその9 ...

'17年春バリ その7... >>
2017年 05月 28日
'17年春バリ その8 ~ CLIMB HIGH !! シニア達のNusa Penida編~
f0319208_2193289.jpg
48時間ぶりのごきげんよう~。GW前からあっちこっち行ったり来たり合流ありで
楽しく忙しくしていましたがそれらはどこも自分にとってはお馴染みの場所だったので
誰かと一緒に色々分かち合うという楽しさや、地域の変化に目を見張ることはあれど
目新しいどこかへ旅行してる!的な未知のものへの高揚感は正直なかったんですけど
やはり滞在中に1か所は「いつも行かない所へ行っときたい」というのがワシのサガ。

1年前にとっても楽しかったレンボンガン・チュニガンの思い出も記憶に新しく
秋に崩壊したイエローブリッジが既に再建されたときいて、一時はぐっと観光収入が
減ったであろうチュニガンの観光業復活を応援するためにも、またチュニガンへ行く
ということも考えたのですが、ペシンガハンから片道5万ルピアでスピードボートが
出てると知ってからは「そらこの勢いで、今年は行っとくべきやろ、ヌサペニダ」
最初はロビナのK子さんと2人で行き現地でバイクを借りて回るつもりだったんですが
GW明けからの約1か月間K子さんのお母さんがバリに遊びに来られることになり
少し前から膝が万全でないお母さんを無理させてもいけないなーと思案していたら
うちのおっさんが「洞窟の寺に行きたい」と言い出したので 結局は決行が決定。
かくして、40代(私)・50代(K子さん)・60代(おっさん)・70代(K子ママ)という
無謀にも平均年齢59歳のシニア層チームでの決行。それゆえに交通手段も過ごし方も
当初の予定とは大幅に変わったけれど、滞在中は島の大自然を思いきり満喫。
次は絶対バイクであの道に挑戦したい!と再訪の野望もムクムク沸いてます。




※ 序章 ※ 日記的備忘録を進める前に。

今回、急遽メンバーが増え、それぞれの体調も考慮した結果
①シニア達にも楽しんでもらいたい ②でも、自分たちの本来の目的も遂行したい
という 欲張りすぎる状況になったので ②はほぼ諦めなきゃいかんかな?と
思っていたんですけど、ふたを開けてみればほとんどの希望事項をコンプリート!
諦めたことはたった1つだけ。そう、ヌサペニダをバイクで徘徊するという点のみ。
でもこれは、再訪時に間違いなく実現できるだろうから後悔はしていません。

ボートへの確認やペニダ島内移動の車の手配などは うちのおっさんが「わしがやる」
と宣言していたので あてにしていないながらも丸投げしていたところ
K子さんが念のためにとペシンガハンからボートがでるCaspla社に電話したら
「故障中で動いてない。サヌールから行きな」と言われたのが決行2日前。
オノレ... と、毎度のおっさんの口だけっぷりにわなわな震えながら次の手を打つ。
当日アメッド発なのでサヌールから行くのは遠すぎるし価格も高い。無駄。
パダンバイ便なども調べてみたけど、島上陸後はまず洞窟のお寺に行く予定なので
できればBuyukかSampalanに着く便が都合がいい。そしたら、あったよあったよ。
クサンバ発のGangga Express ならサンパランまでのお昼過ぎ発便もあるし
K子さんが問い合わせたら電話対応もしっかりしててローカル・KITAS料金共に
片道5万ルピアで(観光客は75,000ルピア) サンパランの港へは20分で着くらしい。
乗船券購入は当日でよいとのことで 4名行くよとだけ伝えてスピードボート問題クリア。

現地では 年寄りへの体力負担は最小限にということで、移動は車をチャーターして
そこそこ設備が整ったホテルに連泊して、昼間に私とK子さんがバイクで出かけて
冒険をしている間は、おっさんとK子ママにはホテルでマッサージしたりのんびりと
過ごしてもらおうと考えていたんですが、連泊する予定だったココリゾートが
「まだ空いてるわ~」と油断してるうちに1泊目が満室にwギリギリで生きて居たい症候群
他に連泊で開いている宿でシニアを置き去りにしてもそこそこ楽しんでもらえるような
設備のめぼしい宿に思い当たらず、とりあえず2泊目のココリゾートは確保して
そこからすべての行程を再検討して1泊目の宿が決まったのが出発前日夕方5時とかw

※ 2017年5月18日 ※

朝10時に運転手付きでうちの車で我が家を出て、途中ガランカンギンでK子さん親子を
ピックアップして、11時半頃に ちょっと早めの昼ご飯@ Merta Sari
f0319208_230267.jpg
ローカルフード大好きのK子さんママにも気に入っていただけましたよ~
f0319208_2311569.jpg
食後はクサンバのガンガエクスプレスの乗船ポイントまで向かいまーす。
f0319208_2345934.jpg
ぼろいけど屋根付き駐輪所もあったので次に来るときはやっぱりここまでバイクだなw
一時在留許可(KITAS)を持ってるK子さんやうちのおっさんが5万ルピアなのは別として
私はKITASも持っていない観光客なので75,000ルピア払う気満々でいたんですが
ここでSIMC(バイクの免許)が威力を発揮。なぜか5万ルピアになりました。うぇ~い★
さすがにK子さんママはハルガ・タム(観光客価格)の75,000ルピアでしたけど
サヌールに行ったら安いボートでも片道20万ルピアとかなので安い安い。
f0319208_238292.jpg
で、この商売っ気のないボート乗り場ののどかさとこの安さを考えたら
どんなボロいボートが来るのかと 半ばワクワクしてたんです
え?地引網漁が始まった?? てかその先の変なボートがうちらのボートなの??
f0319208_23163477.jpg
ところがこれは、沖のスピードボートに乗るまでの足場的ボートだったんです。
浜まで引き寄せられたでっかいボートには、ビーチから簡易桟橋を渡して乗客は橋を歩き
波に足をつけなくても簡単にボートに乗れるようになっているんです。
アメッドからギリ&ロンボク行きのボートに乗った時や、サヌールからレンボンガン行き
のボートに乗った時
よりも 俄然気が利いてるんですけど!!これならK子ママも安心。
f0319208_23225935.jpg
一旦ボロくて長い船に乗ったらその船が沖までゆっくり出て定位置に来たら
スピードボートが傍までやってきてドッキングするので、船から船へ乗り換えます
f0319208_23253219.jpg
スピードボートはとてもきれいで、走行中の揺れも少なく快適でした。
20分ほどでヌサペニダのサンパラン港に到着。こちらは桟橋がありまーす
f0319208_23311540.jpg
船着き場の海、きれい~
f0319208_2337677.jpg
ここで、おっさんが手配していた仲介人&ドライバーさんと対面。
そして、一行は一路 Goa Giri Putri
f0319208_23541227.jpg
駐車場のワルンやトイレなどでクバヤに着替えてチャナン&線香一式をもって
まずは階段を上ります。ひざ故障中のK子さんママも「これぐらいなら行く」と。
f0319208_23594261.jpg
上に着いたら、ドネーションと記帳をしてまずはその場でスンバヤン
で、いよいよ洞窟に入りまーす。洞窟大好きなうちのおっさん、興奮w
f0319208_014776.jpg
この狭い入口からは考えられないほど中は広く、数か所でスンバヤンしつつ探検気分
f0319208_0133156.jpg
暗いのと歩きながらにつき洞窟内はほとんどブレブレ写真なんですが
この時のことはまた後日個別トピにして記念記録しておくつもりです
f0319208_0145915.jpg
言わずもがなうちのおっさんはこういう場所もお参りも大好物なのでご機嫌さん。
私とK子さんもとりあえずシニア達が楽しそうにしていることにホッとして
「最初にお参りして身を清めておいたらこの行程中悪いこともおこらんだろう」
って感じで気分一新。晴れ晴れとした気持ちで 本日のお宿に向かいます。

お宿にはレストランがないので(スタッフが経営しているワルンが併設ですが
食材に限りがあるため、食事のオーダーは前もってしないといけません)
万が一のことを考えて途中でミニスーパーに寄ってもらいました
f0319208_0255659.jpg
この日のお宿はトヤパケ港を見下ろす場所に建つ Agung View
f0319208_0272951.jpg
元々Coco Resortに連泊するつもりだったから1泊目が満室になった時は焦ったけど
2軒をハシゴするとなれば、それぞれ違う環境の宿にしようということになったので
オーシャンビューかつ敷地内からプライベートデッキに降りて海に入れるこの宿を
選択したんですが、バスタブあるのにまさか給湯設備がないとは思いつかずビックリ。
感激したのは、お庭から見た夕陽。まん丸でめっちゃきれいだったー。
f0319208_0405810.jpg
この春バリで1番のサンセットタイムをここで過ごすことが出来ました
f0319208_0355892.jpg
マジックアワーも美しかったんですがなぜか写真がぼけてたり
美観を損なうもの(うちのおっさんやがな!)が映り込んでいるのでここでは割愛。
ま、この宿の詳細は帰国後の個別トピでじっくり記録することにして
限られた食材でお願いした夕食で 晩餐会@お部屋のテラス
f0319208_0391959.jpg
夜は星座アプリを駆使してK子さん親子は星空観賞会
f0319208_0441690.jpg
この期に及んでお風呂にお湯設備がないことを知り、「ドライヤーもないし
風邪ひくから髪は洗わんときや」とK子さんからあれほど言われていたのに
昼間聖水をびちゃびちゃに浴びて頭に花と草まみれなので(スンバヤンの証やのにw)
「気持ち悪い」ということで強引にシャンプーをしてしまったお母さんを見つけて
「キャー!ちょっと、お母さん!何しよんの?やめとき言うたやん」と響くK子さんの声。
一方うちはまたおっさんが要らんことして手間をかけさせるので私がキーッとなって
「もう、勘弁してよー。なんでいつも人に尻拭いさせるねん」と激怒しているという図。
めっちゃ"家族のあるある”な光景が 2家族間でそれぞれ繰り広げられてました
そんな中、すぐ近くのモスクのスピーカーでの説教がかなり遅くまでうるさくて
うちらの宿の声や音だけ聞いていたらなかなかの地獄絵図な一夜でしたwww

※ 2017年5月19日 ※ シニア達の一番長い日ww

お出かけ中に限り 日の出前にバスっと目が覚める不思議
f0319208_18042.jpg
K子さん親子は、朝5時前頃からのモスクからの爆音コーランで目が覚めて
うるさすぎてその後寝られなかった模様。うちら夫婦は全然気づかず爆睡してたけどな!
まもなく太陽さんが顔を出したよ。おはようございまーす
f0319208_111302.jpg
いい天気~。でも前方のアグン山は雲で見えない(泣)
f0319208_113976.jpg
昨夜のうちに頼んでおいた朝食は8時前にテラスに運ばれました
f0319208_1144537.jpg
昨日の運転手に聞いたら私とK子さんが行きたい場所には日影で待てるところや
簡易ワルンなどの休憩所はあるみたいなので、『では1日カーチャーターをして
シニア達も観光ポイントへ連れまわそう!そして最終的にココリゾートへ向かい
夕方4時ごろチェックインして、その後は3日目のチェックアウトまでのんびりしよう』
という結果になり、9時半にピックアップに来て!とドライバーに依頼してたんですが
案の定、迎えに来たのが10時とか。しかも今日は違う運転手が来たからビックリ。
(どちらの運転手もとてもいい人だったので結果オーライなんですけど)

この日私とK子さんが絶対に行きたいところは2か所。
1つは この春の階段地獄ポイントに任命した マタアイルグヤンガン
もう1つは、シニア達も行けそうなブロークンビーチ。そこのワルンでシニア達を
休憩させておいてうちらはその先のエンジェルズビラボンまで泳ぎに行くという胸算用。

そして、オマケとしてこの日にチェックインするココリゾートがクリスタルベイの
近くなのでチェックイン前にクリスタルベイにも寄ってもらえたらラッキー♪ って感じ。
そしたらドライバーが「クリンキンビーチには行かないの?」と言うので
ググってみたら、あらまぁ綺麗なところ。じゃーこの際そこも行っちゃえ~!!

港のある北海岸線にはちょくちょくローカルワルンなどもあるのですが
この日に行く予定のポイントや道中にはレストランを見つけるのが難しいらしく
「ポップミーを食べれるぐらいの簡易ワルンならある」とのことでランチは
ワルンのポップミー覚悟で、命綱のスナック菓子だけはしっかり持参して出発。

1時間ちょいの間 山道を車に揺られて 第1のポイント Mata Air Guyangan
f0319208_136109.jpg
もちろんここでは、シニア2名にはワルンで休憩しておいてもらいます
崖っぷちの階段をおりたら湧水プールだけではなくお寺もあるそうなので
階段は水着の上にTシャツと半ズボン。そして下に降りた時の為にサロンとスレンダンと
チャナンと線香を腰に括りつけて この春の階段地獄、スタートです!
好奇心旺盛すぎるK子さんママ。 またK子さんに「危ない」って怒られるぞw
f0319208_1442354.jpg
聞きしに勝る700段越えの階段地獄。 何この角度?ジェットコースター?
f0319208_1485146.jpg
帰りの昇りのことを考えたら負けwww
f0319208_150467.jpg
なかなかの段数と距離を経てやっとゴール近く
f0319208_1524162.jpg
f0319208_1541573.jpg
K子さん、がんばれ!あとちょっと!
f0319208_1554668.jpg
この後、とりあえずお参りするところがあったので
一旦サロンとスレンダンを巻いてからチャナンと線香供えて「お邪魔します」のご挨拶。

1つ目と2つ目の湧水プールにそれぞれお邪魔したり、竹筒シャワーで水浴びしたり
最終的には「それは露天風呂か?」的風景の3つ目の湧水プールまで行っちゃったよ★
f0319208_24450.jpg
ここ、めっちゃ気持ちよかった。ここまで降りたらぜひここにも浸かるべき!

家族で大はしゃぎしていた白い系の観光客さん達としばし会話をしつつも
ひとしきり遊んで、そろそろ上に帰ろうかとしたところでドライバーが呼びに来た。
なので、ドライバーの昇る歩調にプレッシャーを感じながらがんばって上る
f0319208_292871.jpg
K子さん、水浴びしすぎたこともあって、見た目ヨレヨレやしwwww
昇りに関してはしんどいことはしんどいけど往路に感じた不安ほどキツくはなく
やはり階段や道が木陰になっていて、一応手すりもあるという点に助けられた感じ。
時間にして20分ほどで昇り切りました。駐車場に着いた時はめっちゃ達成感★★★

崖の上ではうちのおっさんがワルンの人たちとめっちゃトーク盛り上がっててご機嫌。

そして、車は更なるガタガタ道を突き進み 本日の第2のポイント Kelingking Beach
f0319208_2385263.jpg
駐車場に着いたとたん目に入ったのがこの光景。ハシゴ使って順番に記念撮影中
f0319208_2222910.jpg
「私ものぼるー!」とCLIMB HIGH と書かれたTシャツ姿で昇る(TOP写真)
f0319208_2193289.jpg
その海に向かって右エリアには、クリンキンビーチを見おろすポイントと浜へ降りる
新たな階段地獄があるのですが、このビーチが目が覚めるほどの美しさ
f0319208_134541.jpg
だがしかし、上から見えたその浜へ降りるための階段および通路が凄すぎる
f0319208_230437.jpg
わかるかな?ビーチへの通路。勾配もすごそうだけどとにかく炎天下やんw
f0319208_234086.jpg
もしかしたらこれはさっきのグヤンガンの湧水ポイントへの昇降よりもしんどいかも?
さっき散々筋肉酷使した直後だから今日今から降りて昇るのは絶対無理だけど
次にこの島に来たら、日よけ、飲み水、オヤツ準備万端でこの階段に挑みたい!

そんな中、この場所でちょっと腹ごしらえをしましょうということになり
とはいっても数軒あるワルンはポップミーやミーゴレンぐらいしかないんですけど
各自ピクニック状態で休憩。仲良くなったドイツ人女子達とわいわい過ごす。
f0319208_2381439.jpg
その後、車はガタガタ道を30分ほどかけて 本日第3のポイント Broken Beach
f0319208_2435924.jpg
丁度現場ではドローンもお出ましでウェディング写真のシューティング中。
ここにも簡易ワルンが並んでいたのでシニア達には車酔いを醒ます休憩をしていただき
私は Angel's Billabong へ向かいまーす
f0319208_2465890.jpg
そしたら、好奇心旺盛なK子ママも途中までK子さんに同行してきちゃったww
でも、岩場をホッピングする状態の足場になるとさすがに断念されたようで
岩?の影に隠れて休憩を取りながら私達が遊んで戻ってくるのを待っててくれました
いぇ~い★ 天使の水溜り~
f0319208_251774.jpg
もう少し早い時間だったら水の色ももっときれいに映ったんだろうけどそれでも満足。
ここの水もめっちゃきもちよかった~ (入っとるしw)※撮影者はK子さん※
f0319208_2561894.jpg
そして水溜りからまたClimb High と書かれたTシャツで崖をよじ登る48歳
f0319208_342385.jpg
しばし遊んだ後、車は本日4つ目の経由地 西日眩しい Crystal Bay Beach
f0319208_383898.jpg
サンセットは昨日ので十分なんで はよホテル行こ行こ状態の4人w
f0319208_3103130.jpg
クリスタルベイからホテルまでは車で5分ほど。
17時すぎ。長い一日を終えて、やっと来れたよ Coco Resort
f0319208_313448.jpg
ダブル部屋の我が家とツイン部屋のK子さん親子。お隣同士の部屋にしてもらいました
f0319208_339037.jpg
早速プールで遊んでリフレッシュ。体が冷えたら部屋であったかいシャワーを浴びて
腹ペコ&暗くなったのでレストランで集合して お疲れ様の乾杯&晩餐会
f0319208_3204329.jpg
おっさんは知らないうちに食後はスパでマッサージを受けるアポをとってたようで
うちらーも設備だけ見せてもらいにスパに寄ってみる
f0319208_322964.jpg
おっさんの施術中は お風呂に入ってからしばしK子さんの部屋に遊びに行って
今日1日を振り返って「明日午前中はここでゆっくりしようね」としばし語らう。
おっさんのマッサージが終わったので私も自分の部屋に戻って おやすみなさーい。

※ 2017年5月20日 ※ 午後発のボートでバリ本島に帰りますよ~

朝食は時間を合わせると時間に縛られてしまうから 起きた都合でそれぞれ勝手に
済ませることにしていたんだけど、結局同じような時間に行動開始で結局4人揃う。
f0319208_3355924.jpg
食後はプールサイドに移動してプールに入ったりのんびりしたり
f0319208_3411654.jpg
各部屋の周囲や敷地全体のお庭の手入れもきちんとされていて
うちのおっさんはスタッフに恒例「気に入った花の苗をもらう」という交渉をして
「それ、薬草ですか?」みたいな包み方で持ち帰りの用意をしてもらっていたYO!
f0319208_3481450.jpg
このリゾート、さすがにペニダ島で一番良いと評判なだけのことはあって
リゾート内の設備もお部屋内の設備も十分だし、すべての場所がとても清潔にしてあるし
スタッフの対応も素晴らしい。レストランだけは離島ゆえに食材の運搬状況で
売り切れの品やないものも多々あるんですがまぁそれはしょうがないとして
お味も普通に美味しかったし、朝食もボリューム満点だったので4人とも絶賛です。
手数料はとられるけどクレジットカードが使えるのも個人的にはすごく便利。

午前中はゆっくりして12時にチェックアウトしたらここでランチをしてから
発つことになってたんですが、9時頃朝食を食べたので12時にお腹がすかない(泣)

ボートは14:15サンパラン発クサンバ行きのGangga Expressに乗るので
じゃーここのレストランでサンドイッチをテイクアウトしておいて待ち時間に
港で食べよう。そうしよう!ということになり、チェックアウト時に注文。
一応、港のそばにナシチャンプルや飲み物を置いてるワルンもあったから
そっちの方がいい人はそっちで食べてもいいし、あまりたくさん用意しても
食べ過ぎてボートで酔うと困るので サンドイッチ2種類を各4つ切りで作ってもらう。
f0319208_3525115.jpg
午後1時にお迎えの車が来て、1時半にはサンパランの港に着いたので
ボートを待つ間にサンドイッチタイム というかビンタンタイムやんww
f0319208_422063.jpg
帰りのボートは さらにピカピカの2階建て仕様やん。
f0319208_4727100.jpg
ということは Climb High族としては 2階にのるしかないよな
f0319208_4102447.jpg
ものすごい安定感で揺れも少なく快適な海の旅。
まもなく、クサンバに到着。こちらは沖で一旦例のぼろい船に乗り換えまーす
f0319208_414662.jpg
この時、2階組はかなりアクロバティックな降り方をするのでおもしろかったw
そして、船を乗り継いで濡れることなく無事にビーチへ上陸~。
f0319208_4165769.jpg
クサンバではうちの運転手が待っていてくれたので速攻アメッドへ向かいます。
道中、アンラプラで数軒の買い物寄り道。その後おっさん、またルジャ食べるってよ。
f0319208_1461679.jpg
K子さんがルジャ大好きなのでおっさんはここに連れてきたかったらしい。
ローカルフードOKのK子ママも味見してお気に召した様子でガドガドもお味見。
その時おっさんが「帰り道にティルタガンガでプール入りたい」とか言い始めて
いやいやもう夕方やし今からあの水に入ったら寒いし、とにかくはよ帰りたいしーと
「K子さんママが疲れている」というテイでおっさんの申し出を却下させていただく。
ティルタガンガのマンディーはうちからならいつでもいけるからなw

2泊3日の駆け足だったけどヌサペニダの大自然をとっかかりだけでも味わえて
人との繋がりも含め再訪へと繋がるすばらしい経験になりました。あー楽しかった★

ヌサペニダ行きというプチ旅行は大満足で無事に旅程を終えることが出来ましたが
この日の夜にちゃりんこトーマス&モロコシ王子の2名がアメッドに上陸予定なり~。
つまり、明日も午前中からK子さん強制参加のイベントが待ってますぞ~ 
・・・ということで、5/19~のアメッドでのえとせとらはまた次回のダイジェストで!

※上記はすべて'17年5/18~5/20の訪問&滞在時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-05-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23909596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '17年春バリその9 ... '17年春バリ その7... >>