※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< '17年春バリ その6...

'17年春バリ その4... >>
2017年 05月 20日
'17年春バリ その5 ~はるららお義母様とのウブド。後半K子さん襲来 ~
f0319208_22491663.jpg
ちょっとペースを落として48時間ぶりのごきげんよう~。
日記的備忘録はいよいよはるららお義母様との終盤戦になるウブド編突入です。
この時のウブド滞在は、 ふたを開けてみればいつもよりローカル多めの飲食や
場所選びになったのが、ある意味私達2人にとって新鮮な結果になりました。
南部で胃痛にやられてた私ですが、お腹は平気だったのでウブドではローカル食も
楽しんで食べれたし こうやってたまに食べると「やっぱ美味しい」ってなるんよねw
秋には数年ぶりにお義母様のお友達のT子ちゃんが一緒に渡航決定ということで
T子ちゃんをどこに案内すると喜んでもらえるか?という予習的要素も満たしつつ
「なんか今回は無性にローカルごはんが食べたいぞ。」とノリノリのお義母様。
どのナシバリならご満足いただけるか、私としても挑戦し甲斐のある課題を得て
定点観測しつつあちこちバイクに乗って動き回るのがめっちゃ楽しかったな~。

ちなみにTOP写真は私が5/7から2泊していたブントゥユン方面のお宿の朝食会場。
2人までエントリー可能だったので、お宿に了承いただいて7日はお義母様を連れ込み
8日は日本からのご友人のウブド滞在にロビナから一緒につきそいで来られたK子さんを
招いて快適な空間での2泊をそれぞれ1泊ずつ一緒に過ごしてもらいました。
そのかわりにと言っちゃー何ですが、6日の夜はお義母様の滞在されてるテガルの
お部屋に居候させてもらい、9日はK子さんが滞在されたスミニャックのお宿に居候。
こうやっていろんなお部屋を体験できるのも合流時のちょっとした楽しみなんよね。




※ 2017年5月6日 午後~ ※ 南部編終盤からの続き

私はサヌール経由で ウビマドゥ(※過去記事※)を調達しまーす
f0319208_23391269.jpg
田圃ハゲハゲで一部水鏡のテガルサリに到着したら丁度お義母がチェックイン中
f0319208_23422635.jpg
サブローさんがおられて、塔の上#34が5/19~6月後半ぐらいまで空いたと知らされる
今回もお義母様のOJEK係に没頭する為、ルナゲでのろしあげてとぐろ巻いてる時間が
ないから、月末ぐらいに改めてウブドに2泊ぐらいの滞在で来るつもりだったんだけど
月末ならルナゲも空室あるって言ってたし、この期に及んで急遽塔の上も空いたし
滞在先の誘惑多すぎるじゃねーか!あー迷う~~ といきなり嬉しい選択肢に混乱。
(結局は、間に合えば水鏡がきれいであろう時期に某氏に代わりに定点観測してもらう
ことになったので、私はこの春の塔の上滞在という選択肢はなくなりましたがね!)

私が本日一日だけ居候する はるららお義母様のお部屋(1週間滞在予定)
f0319208_2351214.jpg
荷解きもそこそこに早速マデさんに好物の焼き芋を届けに行きますよ~
f0319208_23582056.jpg
この日、深夜便で帰国されるC奥様と後発でウブド合流されたC様のご主人が
ニャリアンスイートに滞在されてるので、5時半頃ニャリアン棟の屋上で待ち合わせ
f0319208_23544646.jpg
夕景が見れたらいいよね~なんて思ってたけどどん曇り続きで残念無念。
アメッドでご一緒した(※このダイジェスト参照※)R子ちゃんも来られる予定が
なんとR子ちゃんもC奥様もお腹の調子が悪いらしく、どうせ夕景はドン曇りっぽいから
お昼に来て今はお宿でゆっくりしているとのこと。みなさんウブドで食べすぎでは?w
お芋を買いすぎたのでC奥様に渡そうと思ってたけどお腹痛いんじゃ控えたほうが
いいよな~。でも、御主人は大丈夫よね??って旦那様に焼き芋を押し付けて(爆)
ニャリアンスイートのお部屋にしばし訪問し、帰国数時間前の貴重な時間を邪魔して
「お気をつけて!また来年会えたらいいね!」と名残惜しみつつ7時過ぎに退散。

お義母様と夕食に出かける途中3105さんからの指令をこなしにウタマスパイス
f0319208_07295.jpg
私の胃がまだ本調子でない為、本日の夕食は和るんあんかさです
f0319208_016594.jpg
お部屋に戻って順番にお風呂に入ってウダウダくっちゃべりながらも
いつの間にか2人ともふわーっと眠りに落ちていた。そんなウブド初日。

※ 2017年5月7日 ※ 胃もほぼ治ったから 今日も動き回るぞ~!

いつもなら朝食は ちょっと小じゃれたソトアサにでも行こうとする2人ですが
せっかくなのではるららお義母様に見ていただきたい朝の風景がございますので
チャンプアンリッジウォークの終点 (バイクで西&北からワープ)へ
f0319208_027898.jpg
今日はお山がみえませーん(泣)でもカルサカフェの蓮がバンバン咲いてたので・・
f0319208_030297.jpg
喫煙可能のバレ席で朝食をいただくことになりましたー
f0319208_0312758.jpg
私、朝からキャロットケーキ食べてますけどツッコミはナシよw

ごきげんでこの場を後にしてサンギンガン経由で中心地方面に戻る途中
そういえばSawahSawah姐さんが以前オススメしてくれたよね!と吸い込まれたのが
Warung Pulau Kelapa の奥にできた同系列のカフェ&更にの渓谷の向こうの菜園
f0319208_0375654.jpg
ミニ渓谷越えも楽しかったけどその向こうの菜園の規模の大きさにびーっくり
で、川のこっち側に戻ってカフェエリアでコーヒーブレイク
f0319208_0402852.jpg
そういえば、車道に面したWarung Pulau Kelapaが出来た時に
お義母様と来たよね~(※過去記事※)当時からめちゃ規模拡大したよね~

T子ちゃんは自転車に乗れないので秋の滞在はチャーターカーか徒歩中心になるとの
ことだったんだけど、そういえばテガルサリの送迎でプリルキサン前まで来れば
サリオーガニックほど歩かずとも田んぼのお散歩道の先に味わい深いお店があるよ!
T子ちゃんとの秋の滞在の予習も兼ねてこの勢いで今から行ってみる??
今日はカジェンからバイクで行くけどラヤウブド側からのあぜ道の入口教えるから
気に入ったら秋の滞在時の参考にしてみて! とジュース休憩でやって来たのが
もはや言わずと知れた Sweet Orange Warung (※過去記事※)
f0319208_0595429.jpg
コーヒーゼリーとヒエヒエのジュースで本日既に2度目のお茶休憩を堪能。

その後、お義母様恒例のボディーワークスセンターへマッサージ予約に行き
f0319208_122657.jpg
ヨガのスケジュール表ももらったらハヌマン通りでワゴンの鬼となる
f0319208_134682.jpg
お昼になったのでお義母さまの「ローカルごはんが食べたい」とのご意見により
私もめっちゃ久々に行ってみたプネスタナンのWMJ
f0319208_1173620.jpg
お店のご一家とも和気藹々で味もおいしくてお義母様も大満足。
このあたりから お義母様のナシバリブームが加速。ローカル色がいつもより濃い目に。

ランチ後はお義母様恒例のSISIに寄り道したら
オーナーさんがおられてemcoのカキリマの新バージョンが全然可愛くないことを
切々と訴え、emco愛を熱く語る大迷惑な俺。 てかOJEKシリーズが欲しい~
f0319208_1243445.jpg
そろそろ午後2時になったのでテガルサリに自分の荷物を取りに行き
お義母様も1泊分だけバッグに詰めて2人揃ってブントゥユンを目指します。
(テガルサリには部屋は確保したまま今夜は帰ってこないことを伝えてます)

本日から私が2泊滞在するお宿は River Sakti
f0319208_1301079.jpg
1泊目と2泊目の同泊者が交代することも了承していただき
チェックインからとてもリラックスして楽しく快適に過ごすことが出来ました。
全部で6部屋あってヴィラとして全棟丸貸しもできるけど1部屋ずつも利用可とのこと。
人気がある位置(階下で川の近く)のダブルのお部屋を用意していたんだけど
「もしかしてツインの方がよい?」と提案していただき、両タイプのお部屋を見てから
2泊とも女2人での利用なのでツインのお部屋にしてもらうことになりました。
というか、その部屋のお風呂の造りが個人的に便利で使いやすかったからなんですが。
f0319208_136125.jpg
お風呂も快適~ バスアメニティもばっちり。バスローブまで完備。
f0319208_1374497.jpg
チェックイン時にアフタヌーンティーのチケットをもらったので早速階下に降りると
あら素敵。こちらは共有スペース兼朝食会場なのね
f0319208_1393462.jpg
煙草吸いたいからプールサイドのテーブルでアフタヌーンティーをいただこうとすると
マネージャーさんが「お茶菓子はピサンゴレンでいいですか?」と聞いてきたので
「ごめんなさい。私バナナ苦手なので私は要らないからお菓子は1人前だけお願いします」
と伝えたら、しばらくして「バナナ苦手とのことで特別にパンケーキを焼きました」と
めっちゃ気の利いたもん持ってきてくれたー。しかもおいしい~★
f0319208_1425135.jpg
ちょっと!こんな時間にこんなの食べたら夕食食べれなくなるやん。やばいー

というわけで、今夜は適当にブンクスすることにして一旦町に降りまーす。
お義母様の買い置きフレッシュジュースを求めてアノマリ
f0319208_1563311.jpg
※この時のオレンジジュース、苦くて渋くて大ハズレでした※

次にお約束の焼きトウモロコシ購入
f0319208_1541268.jpg
ローカルご飯の口になっていたお義母様。適当にプリアタン方面を流すことにして
なぜか吸い寄せられたこのワルンw
f0319208_158249.jpg
ナシジンゴ、ぺぺスなどを購入していると、ここのご家族がテーブル席でお食事中
お店のおねーさんがラワールクイールを味見させてくれてそれがまたおいしいー。
また明日追加で買いに来るわ~って感じでブンクスしてお宿に戻る。てか、やっすーw

今回 郊外の宿の候補はたくさんあれどブントゥユン方面に滞在を決めた第一の目的が
「久々に、仮称・欽ちゃん劇団(スアラサクティの事)見に行こうよ」というヤツで
バイクで往復するんじゃなくて、宿からふらりと歩いて見に行って歩いて帰りたいよね
という目論見がありました。チェックイン早々スタッフにチケットの手配を依頼しており
(すぐ近くなので自力でできるけど、バイク移動で宿の定期シャトルも使わないし
食事だって外に食べに行っちゃうし案内不要の私たちなので、何か依頼したかったのさ)
6:45分ごろ、ちんたらとお宿を出発。途中ワルンでタバコ買ったりしても
6:50には会場に着いた。なんせその距離200m。これは夕方の写真
f0319208_291824.jpg
スアラサクティについては11年前のこちらの過去記事を読んでいただけば
私達がなぜ欽ちゃん劇団と呼ぶのか、そしてなぜ愛してやまないのかをご理解いただける
かと思うのですが 当時でさえ2002年にKAOちゃんと博多さん(仮名)が魅了された
いい意味での素人臭さやたどたどしさや楽しさは、すいぶんこなれていたのだけれど
やぱり相当の年月が過ぎジェゴグ隊は年季が入って当然上達してるし、世代交代もあり
そういう成長をなんとなく寂しく&つまらなく思うのかと覚悟していたけれど、
どちらかというと「おかん」の気持ちで 「あーようがんばってる」って妙に感激ー。
もはや、カメハメ波もシラケ鳥も電線音頭もアホの坂田も『ちゃんとした踊りの動き』
になっていて昭和のコミカルさの跡形はなかったけれど、それはそれで感慨深かった。
f0319208_228884.jpg
相変わらずお客さん少なかったけど、その少ない中でまたまたサプライズwwww
数日前のバリアスリに続き、ここでも別のお客さんをアテンドされてたカデさんに遭遇
ここの奏者さんたちはカデさんとこの楽団に習いに来てるんだって。ほほぅ~。
公演が終わったらお客さんは自由に楽器に触れるんだけどカデさんってばさすがプロ。
連れておられたお客さんを楽器の下にもぐらせて、その上から華麗に演奏されてました
f0319208_2353614.jpg
下にもぐって音や響きを体感すると凄い気持ちいいんだよねー

そんな偶然の再会もありつつ、夜道を200mふらふら歩きながらお宿に帰還。
帰ってから食べたとうもろこしもナシジンゴもぺぺスもめっちゃおいしかった~。
たっぷりのお湯がじゃんじゃんでるお風呂でリラックスしたら寝る頃に大雨の音。
階下の川のそばの部屋だと蛍が見えるかも?って言ってたけどこの雨じゃ無理かな。

※ 2017年5月8日 ※

「久しぶりに熟睡したわ~。このベッドよう寝れたわ~」と朝からご機嫌なお義母様
本来なら朝食はスキップしてソトアサしたいところなんだけど、昨日の午後の
パンケーキが予想以上に美味しかったので、一応朝食チェックもしておこう、と
せめて1人分をわけっこする感じで控えめにオーダーしようということになりました
f0319208_255556.jpg
メニューも品数も思っていた以上に充実していて
トレーニー君たちがオープンキッチンで一生懸命盛り付けなどを学んでる姿が
ものすごく微笑ましくて朝食の時間がとても爽やかで楽しかったです。

このお宿は、Jl.Suwetaを北上したところにあるのですが、そこから更に北上し
東隣のスリウェダリ通りとカーブで交わり、更に東隣のティルタタワール通りに繋がり
そこを北上していくとさらに東のテガラランの通りに出るという繋がり方なんですが
まだウブドに到着したての5/6の時点では、胃の痛みがそこそこ残っていたので
「例の、俺のwブブールアヤム屋さん以外にお粥屋さんはないのかな~?」
ってグーグルマップで北方面を探索していた時にヒットしたブブール屋さんが
ここからテガララン方面へ行く道にある模様。じゃ、徘徊がてら朝食ハシゴすっぺ★

ちうわけで、やってきました。田んぼに突き出た Kedai Bubuh
f0319208_383840.jpg
残念ながら奥の田んぼは刈入れ後でしたが、それでも面白いぞ、この造り
f0319208_3105586.jpg
ドリンクもあえてエスクラパムダと マイブームのエスダルマンを選択
f0319208_3114512.jpg
肝心のお粥もとっても美味しい!何が気に入ったかってお米についた塩味の塩加減!
BUBUH LOVERと書かれた竹のブランコ。お粥ラブの俺が乗るっきゃない★
f0319208_3171462.jpg
この後、テガラランの通りまで出て問屋街をよそ見しながらゆっくり南下。

その後、前回 SawahSawah姐さんに薦めておいてもらいながらも行く時間がなかった
(というかすぐ近くのKedai D' Sawah過去記事で長居しすぎたw)
Jepun Tea Roomでお茶タイムを過ごすことになりました。
f0319208_3285493.jpg
昨日からご友人のウブド滞在に便乗して(&要所要所の案内役&通訳も兼ねて)
ウブドに来られているK子さん。初バリのご友人はアラムジワにご滞在中ですが
K子さんご自身は昨夜はモンフォレ通りの安宿に泊まっておられましたの。
で、本日は私の滞在先の定員が1名空くのでK子さんを連行することになっとるの。
だったら YOU! ランチから合流しちゃえよ という段取りになりまして・・・
12:30 Locavore To Goに集合でーす。今回は久々にランチ利用!
f0319208_3351419.jpg
これがどれもやっぱり安定して美味しい。素材一つ一つがおいしいのもそうだけど
ゴートチーズのオープンサンドなんてほんのりはちみつの味がするんですわ
それが野菜とチーズに合うんよ。絶妙な量加減。パテも美味しかったし降参じゃ★

この後、はるららお義母様はマッサージのご予約があるので別行動。
荷物&K子さんを乗せておいらのスクーターはまたまたスウェタ通りを宿まで北上。
今夜ははるららお義母様のお部屋で 合流最後の夜恒例のブンクス晩餐会開催なので
お疲れモードのK子さんはそれまでの間、しばし私達のお部屋で仮眠タイムです。
f0319208_3534956.jpg
というか、選手交代することは宿に伝えていたんですが、スタッフさんが
K子さんにも改めてウェルカムドリンクを持ってきてくれたよ。やるな~
f0319208_356696.jpg
仮眠後のバイク隊は本日のブンクス(お義母様のリクエスト品)を調達するために
17時すぎには はりきって町に降りまーす。まずは昨夜テイクアウトして気に入った
プリアタンのWBA
f0319208_3595667.jpg
K子さんが居るから今日はバハサで食べものの詳細がわかるぞ★
ナシジンゴはまだ包む前だったけどナシセラ(お芋入りごはん)があったので
ナシセラとクイールのラワールと他おかず少々、そして昨日家族の人が食べてた
臓物の煮込みみたいなやつと 昨日おいしかった魚のぺぺスみたいなやつと
鶏のぺぺスなどなどをお願いしてガンガン包んでもらいました。やっほー。

そして またあの焼き魚が食べたいというお義母様の為に Be Pasih (※過去記事※)
f0319208_4811.jpg
コートレッタアラミラネーゼはマンマミアが近いんだから自力で行っといて~と
お義母様ご本人に丸投げして、最後は 今回K子さんにぜひ食べていただきたかった
>砂ずりのソテーを調達しに、激混み大繁盛中の Warung Citta Ovest
f0319208_417787.jpg
そして本日の宴会場になりますテガルサリの#16へ乗り込みまーす
f0319208_4193844.jpg
K子さんはコンビニでビール調達済み。遅くまで晩餐会は続いて
お宿に戻った頃には心地よい疲れでぐったり★ でもここのお風呂は気持ちいいから
お風呂上がりは妙にさっぱりしてビール片手に明日の段取りを打ち合わせして就寝。

※ 2017年5月9日 ※

朝からお風呂を泡立てまーす。ヘッドが勢いのあるミストシャワーに切り替わるのも◎!
f0319208_425186.jpg
お疲れK子さんは10時にご友人と待ち合わせなので、それまでお部屋でゆっくり休んで
朝食も宿の朝食を食べるとのことですが、私は8時集合でまたまたお義母様とソトアサ。
f0319208_426263.jpg
Watercressではいつものように朝食セットにピッコロを追加してメインを半分こ作戦
f0319208_429529.jpg
本日のメインはパンケーキにしました~。今回はパンケーキにハズレなし!
f0319208_430214.jpg
本日は時間差で2名様のオジェッドライバーを依頼されているので私は大忙し
f0319208_4315271.jpg
9:15頃お宿に戻ると、K子さんまだ朝食食べ始めたばっかりだったという呑気ぶり
f0319208_4373837.jpg
この日はK子さんのご友人ご夫妻(奥様はお料理研究家)が影武者でクッキングクラス
に参加されるとのことで、K子さんも参加されてそのまま食後に南部に車移動だそうで。
f0319208_4412017.jpg
ついでに私のピギーバッグも南部のK子さんの宿に運んでもらえるよう
K子さんと荷物2個を10:00に影武者に運び込み、ご挨拶だけして私はお宿へとんぼ返り。
残りの1時間ちょいをお部屋で過ごし、11時半頃早めのチェックアウト
f0319208_442819.jpg
こちらのお宿、この時期直予約で1泊85万ルピア(税サ込2名までの朝食付)のところ
私はairbnbの割引クーポンを使ったので2泊の総計11,000円しか払っておりません。安!
というわけで、コストパフォーマンス的にも大満足です。これぐらい気が利いてるなら
たとえ次回は割引使えなくても十分大満足の内容です。しかも欽ちゃん劇団近いし。

12時前。改めてはるららお義母様をお迎えにテガルサリに行く。
お義母様はレセプションでちょっとややこしい問い合わせ依頼をされてたんですが
このお嬢さん、トレーニーマーク(研修生?)つけてるのにめちゃ気が利く!優秀。
f0319208_4423654.jpg
その後、ラヤウブド通りでリョウタを迎えに行くバイク姿のケメ女将に遭遇。
ものすごく混んでたのに、変なヘルメットの被り方(日よけで帽子の上からヘルメットを
被るから見た目おかしい)で遠くからでも私だとわかった模様。改めてハズカシー、俺。

そして、風が心地いいElephant で冷たいものタイム。
f0319208_4472398.jpg
お腹もすいてない上に、私の場合は今夜の為にお腹を空かせておかねばならぬ。
だけど、この春のお義母様との合流最後の貴重な時間だからこのまま解散は寂しい。

そうだ!〆には 店舗らしくなった俺の(!)ブブールアヤム(※過去記事※)へ!
f0319208_4503283.jpg
お店のイブはいつも通りに優しく出迎えてくれました。初回は観光客価格だったけど
通っているうちに前回(秋バリ)で私も晴れてローカル価格になっているYO!!

お義母様をテガルサリに送り届けて、今回もありがとうのご挨拶をしたら
南に行くまでには少し時間があるので、ちょっとルナゲに寄ってみようと思い付き
蓋なし、氷(保冷材)なしで炎天下の大渋滞に挑む、無謀なアイス差し入れに挑戦
f0319208_4522257.jpg
無事にルナゲにアイスを届け、そのなりゆきに大笑いしながら
月末辺りに2泊ほど泊りに来るからそ積もる話はその時に!と約束をしてウブドを出発。

そしてこの後は、夕方にスミニャックの宿でK子さんと再会して夜はYUU飯へ!
それらのことは 後回しにしていた4/28~4/29のはるららご夫妻とのBukit編と併せて
次回、GWのBukitでのえとせとら及びお出かけ最終日のスミニャック編に続きます。

※上記はすべて'17年5/6午後~5/9午後の訪問・滞在時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-05-20 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23889584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '17年春バリ その6... '17年春バリ その4... >>