※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< '17年春バリ その5...

'17年春バリ その3... >>
2017年 05月 18日
'17年春バリ その4 ~お義母様ご夫妻とクロボカン⇔チャングー方面を楽しむのだ ~
f0319208_16252168.jpg
24時間ぶりにごきげんよう~。
後回しにしていた4/28から1泊のBukit記録はこの後のウブド編を終えてから
K子さんとのYUU飯@ビンギンおよびスミニャック滞在と一緒にまとめることにして
本日は5/3~5/6の午前中までのはるららお義母様ご夫妻とのクタウタラ方面
(クロボカンからチャングーにかけてのエリアね)でのわくわく徘徊記録。

お義母様ご夫妻は4/27の夜にバリに到着されてからビンギンの素敵ヴィラに4泊され
5/1にスバックサリ通りのヴィラに移動されてそこでは5連泊の予定。
ご主人はお仕事の為5/5の深夜に帰国便に搭乗されますが、滞在延長されるお義母様は
5/6から約1週間単独ウブド滞在とのご計画なので、じゃー私も5/4ぐらいから
Berawa あたりで2泊し、5/6からはウブドに行って3泊ぐらいおつきあいするわー
ウブドでは せっかくだからまたちょっと環境の違う宿に泊まるから遊びに来てね~
なんて話をしていたところ、結局直前になって予定より1日早い5/3の南部入りが決定。
急すぎてその日の宿はとっていなかったので、1泊だけだしお義母様たちが滞在されてる
ヴィラのすぐ目の前の安宿で"風呂入って寝るだけ”を決め込み、2泊目からは元々予約
していたホテルに移ることになりました。TOP写真はその宿のタオルアートとお部屋の庭。
タオルアートって、使う時にしわしわになってるから大嫌いなんですけど
(勿論 利用の分のタオルが余分に用意してあれば全く問題ないです。)
この きちんとウダンを巻いて「OM」してるおっさんはバリらしくてめっちゃツボ!
こういう風情のあるタオルアートなら大歓迎。滞在中はずっと部屋に飾っておきました。
この写真はチェックアウト前だから私が動かして全体的にぶかぶかになっちゃったけど。




※ 2017年 5月3日(火) ※ はりきってバイクでアメッドを出発でーす

10:30頃アメッドを出て1時前には南部に到着したので、お義母様たちのお宿に
襲撃する前に ちょっと腹ごしらえ @TORIMEN UMALAS
f0319208_16442633.jpg
ここ、去年の秋バリでお義母様と2ケツで通過時にまだ工事中で看板だけあって
「こんなんできるんやー」と気になって、3月のちゃりんこ渡バリ時にその話をしたら
「おいしかった」と報告いただいたので食べに行ってみた次第。なるほど美味しいよ★
とにかく、熱いものがあつあつででてくるということのすばらしさを実感する。

お義母様たちを襲撃する前に、本日限りの安宿にチェックイン (ご夫妻のヴィラの目の前w)
f0319208_177932.jpg
お湯も出たし、1泊25万ルピアだし共有キッチンもあるし文句はございません
でも、同じ価格帯で同じように近い位置ならば半年前に泊まったRade (※過去記事※)
の方が湯沸かしポットもあったし新しくてきれいだったから好きだなー。
でもテラスの使い勝手は今回の宿(名前すら忘れたw)の方が寛げたかなという感じ。
この安宿、Jl.Subak Sariのあおばの隣のガタガタ道を一番奥に入るんですけど
なんと、お義母様たちが滞在されてるヴィラが、その『あおば』の目の前なんですわ
ちうわけで、ご夫妻がお寛ぎ中のKomea Villa へ突撃~
f0319208_17144323.jpg
この時点でお二人はすでにこのエリア3日目に突入されていたので
この2泊3日であんなもの食べてこんなとこ行ってどこが美味しくて、あそこもリピート
したよーなんていろいろとおしゃべりもはずむ収穫報告会状態。やっぱバイクは便利。
常にお義母様に「あっち行こう」「こっち行こう」とバイクの運転を任されてるから
たまにはのんびりしたい旦那様と、まだまだ徘徊&地域内パトロールがしたいお義母様。
では夕食までは私がお義母様のアテンドをさせていただきますわ★、とOJEK交代。

まずはそのままJl.Subak Sariを北上しJl.Pantai Berawaを更に北上。
途中でウマラスのJl.Bumbakにワープする道を通ってBumbakをパトロールし
またまたBerawa通りに戻ってきて このお店に吸い込まれる。
f0319208_17252666.jpg
アンティークなポットやカップや缶でひとしきりキャッキャした後は
私が明日から滞在するホテルへの行き方を予習。その道中、いろんな新物件などに
目を奪われながら地域内のこの半年の変化・進化・発展ぶりにまたまた驚く。
約束の時間に部屋に戻る前にちょっとジュース休憩@ The Joglo
f0319208_17293310.jpg
バトゥボロンのIn The Rawの場所が改装だかなんだかで工事中だったので
ここで 過去記事 Absolutely Appleが買えるかと思ったんだけど
In The RawのCPはおいてあるけどNo.15のAppleはメニューにすらなかった(泣)
でも、フレッシュジュースとしてのリンゴジュースはあったのでそれを飲みました。

一旦お義母様のヴィラに戻って旦那様と再集合してからは夕食にでかけます★
やってきたのが SCRATCH (※ 過去記事 その1 / その2 ※)
f0319208_17465811.jpg
相変わらず何食べても美味しい。メニューが変わってて、レバーパテももうなかったし
ステーキもいろいろ選べるソースではなくマッシュルームソース1本に絞られてたけど
3人でサラダ1つにメイン3つを頼んだところ、どのメニューも大満足で満腹丸です。

食後はお約束の Gusto Gelato (※ 過去記事 その1/ その2 / その3/ その4 ※)
f0319208_17585096.jpg
今回私はチョコレートチリとアボカド!チョコチリのベースはジャンドゥィヤだね★

その後は仲良くJl.Subak Sariまで2台のバイクで連なって戻り、本当に目の前で
「じゃーおやすみー」ってそれぞれのお宿に帰還。あまりにも近すぎるw


※ 2017年 5月4日(水) ※ お買い物Day。この日はまだめっちゃ元気だったぞ。

はるららお義母様ご夫妻はヴィラ滞在に含まれているたっぷりの量の朝食を
ヴィラで召し上がられるので、私はソトアサソロ活動★(宿の朝食はスキップ)
いつも混んでるから躊躇するけどどうしてもこれが食べたかった!@Sister Fields
f0319208_1883348.jpg
てか、EXPATのコーヒーが飲みたくて(シスターフィールズもお隣のEXPATのコーヒー)
丁度開店直後でお店も混んでいなかったのでこの機会にパンケーキ目当てで飛び込み。
このパンケーキの上に乗ってる緑色の何かでコーティングされたナッツが激ウマで、
「これ売ってないの?」って聞いちゃった。そしたら厨房に聞いてくれた結果
「サプライヤーからの大量仕入れなので小売りできない」とのことだったんだけど
こういうお店っていわゆるブレ優先という感じなんだろうなーぐらいに思ってたから
以前は白い人たちと一緒に行ったので、今回ちんちくりんのおばはんが1人で行くと
アウェイ感があるのかもしれないなーなんて余計な覚悟をしていったんですけど
ところがどっこい、めっちゃ感じいいしー。途中で混んできてピッコロお代わりしたのが
なかなか届かなかった時もずっと気にかけてくれて「ごめんね、すぐ来るから」って。
価格帯も高めだし気取ったカフェだと思って敬遠してたけどめちゃ感じいいやんwww

せっかくカユアヤ近くまで来たのでもう少し足を延ばしてKOOPでアイスコーヒー調達
f0319208_18203526.jpg
お義母様は生ジュースが大好物なので手土産にとフレッシュジュースの種類を聞くと
なんとリンゴジュースがあるってことで、砂糖と氷抜きでテイクアウト2つ追加~
甘いもの大好きのはるららご主人へはAngelitaのケーキを差し入れ
f0319208_18233264.jpg
この日の夕暮れ時は、私が移動する先のホテルがビーチフロントなので
私の滞在先で夕景を見ようということになってたのでケーキはその時に食べようね★

そして、一旦コメアヴィラのお義母様のお部屋に「おっはよー!」とケーキ等を預け
冷蔵庫で保管しておいてもらいつつ 私は安宿をチェックアウト(荷物はフロント預け)
改めて朝10時頃から「ご主人のTシャツと短パン選び」という名目のお買い物ツアー。
デウスのチャングー店ではお義母様しか購入されなかったようなので
もしかしたらラインナップ少し違うかもしれないから支店に行く??
ドリフターもビンギンになかったものがあるかもしれないし、元オベロイ通りあたりに
行けばサーフブランドのショップもあるからその辺りを中心にハシゴしましょう!と。

ちなみに、この日は示し合わせて 私とはるらら旦那様がおそろいのTシャツです(爆)
数日前にビンギンにて はるらら奥様爆笑で了承のもと おそろいを購入www
f0319208_1830413.jpg
この日はスミニャックスクエアを含む6~7件ほどはしごして・・・・
f0319208_18425049.jpg
無事にはるらら旦那様のタウン用ショートパンツやお洋服購入~
私の戦利品は代表でこちら。これめっちゃ気に入ってる
f0319208_18441886.jpg
買い物欲が満たされた後はお茶タイム@ Pison Coffee(※過去記事※)
f0319208_18505749.jpg
ほっと一息落ち着いたところで、ランチは鶏食べにいきますよー@Fat Chicken
f0319208_18524557.jpg
Jl.Nelayanにもあるけど、ちゃりんこトーマスからムルタアグンにも出来てると聞き
3人いれば鶏1羽いけるやろ!(はるらら旦那様は鶏がお好き)とやってきたんですが
お店ののどかな雰囲気もいいし、鶏もセットの芋もコールスローも美味しいし安い★
食い散らかして満腹になったところでそろそろ14時なので、私はお宿移動で~す。
夕陽の時間になったら移動先にご夫妻で遊びに来てくれるのでそれまで各自自由時間。

というわけで、チェックインしにやってきましたThe Haven Suits Bali Berawa
f0319208_18585522.jpg
チェックインからフロントスタッフと和気藹々。この子達、めちゃ感じイイ。
f0319208_18583364.jpg
私は、8部屋あるオーシャンビューのスイートのカテゴリーを予約していたんですが
最初にアサインされたお部屋は、5階のファミリースイートでアップグレードらしい。
ここならテラスからサンセットが見える好ロケーション
f0319208_1915937.jpg
でもな、でもな、ファミリースイートってメザニンタイプのお部屋で
1階にツインベッド、上にダブルベッドという造りになってるんですわ。
私、単独泊の時のツインベッドの佇まいが苦手なんですー。せめて、1階がダブルで
上階がツインだったら、上階は使わず無視して過ごせるんだけど・・・おろろん。

で、「UGはとてもありがたいし感謝してますが申し訳ないけど1人泊の時の
ツインベッドの無駄なスペースが許せない性分ですねん」と丁重にお断りして
当初の予定のオーシャンビューのカテゴリーに戻してもらう。
そしたらオーシャンビューの部屋は、プールなどのある位置より一段下の
ビーチに向かって平行に8部屋並んだスペースに位置しているのでテラスとお庭から
目の前の海ビューなんです。(この、お庭があるのがものすごく好き!)
f0319208_19145118.jpg
残念ながら太陽が沈む瞬間はこのお庭からは死角があって見えませんが
この時期、常にどん曇りで入道雲の中に日が沈む感じだったので、日が落ちてから
ビーチに行って夕景を見ればいいや!という感じで日没時の目論見を考えたり・・・
お部屋のテラスの庭から見る西日
f0319208_19364959.jpg
夕方にはるららご夫妻が遊びに来てくださったのでお庭にサンチェアを持ってきて
サンセット・ケーキ&ティータイム
f0319208_19392128.jpg
各部屋にドルチェグストが完備なんですが私は持ち込みのドリップコーヒー利用
f0319208_19414999.jpg
ビーチに面しているからセキュリティーがどうなの?と思われるかもしれませんが
ここ、目の前に川があってビーチに行くには川をこえなきゃいかんのです。
パブリックエリアから海へ行くには川に筏みたいな橋が架かってて夜は門が閉まります
f0319208_1926566.jpg
で、このビーチが丁度Tibubenengのお寺(名前わからん)から入る
パブリックビーチになるので、昼間は入り江の所で子供がマンディーしてるし
夕方はカキリマが出てローカルさん達がわらわら集まってきてとてものどかなんです。
ちうわけで、私達もビーチへと繰り出しましたよ!
f0319208_19433990.jpg
うっすら水鏡になった砂の上で、はるららご夫妻に無理矢理2人でハートをつくる
ポーズをさせて写真を撮ったり、カキリマをひやかしたり、ローカルさん達と会話したり
この時の時間は、あの騒がしい南部に居るとは思えないほど隔離された世界でした
f0319208_19472464.jpg
この夏にはこのホテルがビーチクラブを作るようなので今後お隣の浜のように賑やかに
なってしまうかもしれないけれど まだ静かで平和な海辺の村のヒトコマを見れたことは
今回「今の段階でここに泊まって良かったなー」って心から思いました

実際に過ごしてみて、私の部屋は端っこでとなりがスタッフルームだったのと
造りの問題なのか隣の部屋の水関係の音がものすごく響いてびっくりすることも
ありましたが、私個人的にあまり音が気にならない性分なのと、1泊1万円ちょい
ぐらいだったのでコスパ的には満足でした。あと、重箱の隅をつつくとすれば
クローゼットが小さすぎるかな?私は洋服最小限で来てるので問題ないけれど。

夜7時に川にかかる橋の門が閉まるのであわててお部屋に戻り、次は夕食へGO~!
はいはい 恒例の Deli Campur Asia ですよ (※過去記事代表※)
f0319208_19521529.jpg
食後はおとなしくそれぞれのお宿に帰ってお風呂に入って就寝です。
余談ですがTOP写真のタオルアート(スンバヤンするバリおじさん)は
私が位置を動かしたり、花を挟んだり、お部屋の掃除係へのチップを挟んだりで
ひとしきりこれで遊んでいるのでTOP写真では巻いたタオルが全体的にゆるゆるですが
初日はしっかりと腕を高く掲げて顎を引いてお祈りする体勢だったんです~。
f0319208_22345533.jpg
今思い返すと、この時点では私は何の問題もなくすこぶる元気でした。


※ 2017年 5月5日(木) ※ いぇ~い!Cinco de Mayo (5/5) なのに・・・・

シンコデマヨといえばメヒコの(主に)プエブラ州の祝日。きっとメキシコ料理のお店
とかはパーリィー必須。このタイミングで南部滞在してんだから 珍しく明日は夜遊びに
繰り出しちゃおっかな~飲むのはコーラだけどさ!・・・などと漠然と考えて寝た昨夜
f0319208_2043876.jpg
だがしかし、起きたらなんだか熱っぽい。足もヒエヒエでちょっとヤバいぞ。
お義母様に「熱があるかもしれないから午前中は安静にしておく。ランチから合流する」
と連絡したら 「今からコインランドリー行くついでによく効く薬を届けてあげる」との事
まもなく、抗生物質と私が持参している以上の威力の解熱剤をとどけてくれたYO!
ソトアサに行く体力もなく、宿泊料金に含まれているホテルの朝食にすら行けない状態で
薬を飲んで2時間ほど寝たら強力解熱剤のお陰で熱はひいたみたいなんだけど
何故か胃がキリキリ痛いよぉーー。腸やお腹は全然大丈夫。とにかく胃が生理痛並み。

なんとかお昼はVeda(※過去記事※)で合流して私は野菜のスープでその場しのぎ
f0319208_2016594.jpg
この日ははるらら旦那様が深夜便で帰国されるので午後2時からマッサージで
その後は最後の時間をずっとヴィラ内でのんびり過ごされることになっていたので
一旦ここで解散。解散後、元気だったら単独でここにお茶に行こうと思ってたのに
f0319208_201913100.jpg
バイクに乗っててちょっとした振動で胃がキリキリいたむんですわ(泣)
ブラワエリア⇔バトゥボロン界隈間のショートカットロードのガタガタが響く響く。
幸い、お腹(腸)は全然平気だったのでトイレの心配とかはないんだけど吐きそうだし
貧血の時みたいな冷汗はでるし手は痺れて来るしで早々にホテルに戻ることに。
あーん、シンコデマヨなのに安静にしてなきゃいかんなんて悲しすぎるぜ。

夕方、また熱が出てきたのでお義母さまにいただいた強力解熱剤を飲んで
夜にお腹がすいたとしても、ルームサービス(24時間対応)のメニューって
がっつり夕食的なモノみたいだから今のうちに柔らかいもの頼んでおこう!と
(レストランでは夕方5時か5時半頃まで朝食メニューがアラカルトであります)
ホットケーキと、オレンジジュース2杯(氷抜き)とブレッドバスケットをオーダー
f0319208_20255831.jpg
このホットケーキ、おいしかった~。オレンジジュースもおいしくて体に染みたぁ~

そして、夕焼けも知らぬままとにかく爆睡。夜9時頃一旦目が覚めたので
お義母様に「ご主人のお見送り行けなくてごめん」とメッセージして朝まで爆睡。
私の場合、だらだらしてたり油断してると体調悪くなることもあるんだけど
遊びの真っ最中でこんな調子悪くなったのってなかなかないわ。やっぱり年やな。
でもさ、わびしい安宿で寝込まなくて良かった。ここで良かった・・とポジティブw


※ 2017年 5月6日(金) ※ 胃はまだ痛いが熱は下がったぞ!気合でウブドへ移動だぞ!

朝起きたら汗びっしょりで熱は下がってたから速攻お風呂に入る。いい湯だな~。
昨夜ご主人が先に帰国されたので、今日の朝は私が迎えに行くからこっちのホテルで
一緒に朝食を食べよう!(2人分でエントリーしてるのでホテルにも話はつけといた)
ということになってたんですが、昨夜の時点で私が「迎えに行くよ」と言える状況ではなく
ヴィラの朝食は前日にオーダーしなきゃいけないのでお義母様は昨夜のうちに
ご滞在中のヴィラで朝食をオーダー済みとのこと。午前中はお互いゆっくりして
お昼までに私が復活しておけば、その後のランチやお茶をご一緒して
各自夕方までにウブドへ向かいましょう(私はバイクだよ!)ということになりました。

とりあえず、まだ痛む胃をかばいつつも歩ける状態になったのでホテルの朝食会場へ
f0319208_20381619.jpg
私は喫煙者なのでもちろんこちらではなく外席(バー側)に席をとりましたけどね!
ビュッフェコーナーには、ジュースや野菜類、パン、フルーツなどが並んでて
メインはアラカルトメニューの中からオーダーをするという仕組みになってました
プレゼンテーションも気が利いていて美味しそうなアラカルトメニューの中
胃に負担をかけれない私は ブブールアヤムを選ぶっきゃない!(好物だからいいんだけど)
f0319208_20411989.jpg
朝食のメニューやビュッフェに並んでいたものは写真を撮って来たので
またおいおい個別トピで記録しておこうと思ってます。個人的には気に入ってます。
お部屋は造りと位置の問題でちょっと周囲の水回りの音が響きすぎだったけど
お部屋そのものの雰囲気は風情もあってそこそこときめきもあって設備も十分だし
オーシャンフロントに位置していてそのビーチも素朴でよかったしレストランも合格~!
しかも24時間営業のスパも併設してるとのことだし、徒歩派には場所は不便だろうけど
ななななんと!無料で自転車貸し出しサービスもあるとのことだから利用価値あると思う。
まだ新しいこともあって、お値段がオーシャンビューのカテゴリーで1万円程度で
朝食付きのプランがあったのでものすごくコストパフォーマンス的に満足しています。

ただ、たまたま私の携帯の調子が悪かったのか、wi-fiは大丈夫なんだけど
私の滞在していた部屋が携帯の電波が入らなくておっさんと連絡が取れず
更に私のプルサがハビスになっていたのにほぼ1日寝込んでいたから
連絡が取れないと心配したおっさんが周囲を巻き込んで外では大騒ぎだったらしい。
ははーん、シンコデマヨで南部で遊びほうけてると思われていたな、こりゃ。
てか、モバイル機能に頼らずにメールかスカイプしてこいっつーのww
(私はラインもFBもメッセンジャーもやっていないのでね。)

それにしても日本語の上手なレセプションのかわいこちゃんに、最後まで癒された~
f0319208_20501088.jpg
11時半頃にチェックアウトして荷物はお義母様のヴィラに預かってもらい
(数時間後にお義母様が乗るタクシーに乗せてウブドまで運んでもらうのよ★)
胃以外は 熱も体力もほぼ回復したのではるららお義母様とランチにでかけまーす。
やはり胃が心配なので ここはサクッと軽く シクロフォーを!
f0319208_2054368.jpg
目の前の田んぼ状況、最高☆☆☆
f0319208_20563320.jpg
そして、食後のデザートは半年前から「あそこ行きたいね」って言ってた
ウマラスのチュロス屋さんへ!(ルーフトップ席にいきたかっただけw)
f0319208_20581063.jpg
残念ながら目の前の田んぼは丸刈り&焼き畑後でしたけど
焼き畑跡で凧揚げして爆走する子供たちを見ながらラテとチュロの休憩、楽しかった~
f0319208_20595296.jpg
さぁこれでクタウタラ方面でのお義母様との恒例合流時の諸々はメモし終えました!

というわけで、次回は5/6夕方~5/9午後までのお義母様とのウブド編になりまーす。

※上記はすべて'17年5/3~5/6午後までの訪問・滞在時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-05-18 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23888244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '17年春バリ その5... '17年春バリ その3... >>