※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< Sisterfields Ca...

The Haven Suite... >>
2018年 01月 10日
The Haven Suites Bali Berawa HVSOV#123編+おまけ('17年5月)
d0368045_18463378.jpg
ちうわけで、ザ・ヘイヴンスイーツ バリ ブラワのパブリックエリア編(※これな※)
に続いて、今回は滞在したHaven Suite Osean View #123のお部屋の記録。
どうせ滞在中ははるららお義母様ご夫妻と待ち合わせてバイクで徘徊ばかりしてるから
一番安いカテゴリーのお部屋でも十分だったんですが、せっかくだからオーシャンビュー
のお部屋にしてみよう!と思って選択したんですが、この時点ではビルディング棟の
海に近い位置の2階とかに位置する部屋なのかな??なんて思っていたんです。
そしたら、そうではなくてビルディング棟から一段下がったところに海側に面して
並んでいる、庭付オーシャンフロントのお部屋が該当部屋だったという嬉しい驚き。

お部屋そのもののモダンさもありつつ木のぬくもりもあってそこそこのトキメキも
感じられてリゾート気分も高まるという点や備品の十分さへの高評価に加えて
ラナイ~芝生(庭)~その向こうに海 というセットが大好物の私にとっては
お部屋のガーデンテラス部分の存在はもうたまんねぇとしか言いようがなくて
細かいことを言えば気になる部分もあったんですけどそんなことが吹っ飛ぶほど
このホテルをめちゃめちゃ気に入ってしまった'17年の5月の滞在でした。




パブリックエリア編でも載せたけど、レセプションからのリゾート風景。
d0368045_18273677.jpg
私は、オーシャンビュースイートのカテゴリーを予約していたんですが
チェックイン時に「アップグレードしました」と言われてアサインされたのが
リゾートの上階にあるデュプレックスファミリースイートの海に近いお部屋でした。
その部屋のバルコニーからは直接夕陽も見えるような眺めのいい位置で、
アップグレードはとてもありがたかったんですが、この時の私は単独滞在で
1人の時にベッドが複数あるってのはなんか落ちつかないんよねー
せめてメインフロアーがベッド1台でロフト部分がツインとかならば
生活範囲はメインフロアーだけに徹して2階部分を無視して過ごせるんだけど
Duplex Family Suiteは1階部分がツインでロフト部分が1ベッドなので
とてもいいお部屋だったけど自分が過ごすスペースとしてはなんかしっくりこない。
で、アップグレードはありがたいけど 普通にもともと予約していたカテゴリーの
部屋に戻してください と丁寧にお断り。だって広すぎておちつかないからw

本日は満室だそうで部屋割りの仕切り直しでレセプションはちょっとわらわらしたけど
フロントのお姉さんたちは嫌な顔一つせずちゃきちゃきと手配し直してくれました。
私が元々予約した部屋はヘイブンスイートオーシャンビューというカテゴリーで
その部屋にはレセプションから直接エレベーターやスイート棟内を通っていく経路がなく
レストランやプール周りをぐるっと回らなきゃ辿り着けません。(道中階段あり)
つまり、ビーチに出る橋の手前、階段の途中まで行くっちゅうわけですな。
※もしかしたら館内から行ける別の通路があるのかもしれないけど案内されたのがこの道でした※
これな。まっすぐ行ったら橋だけど途中でUターンポイントがあるのじゃ。
d0368045_1828422.jpg
階段を少し降りたら背後に、一見「それスタッフ用通路?」みたいな空間があって
そこを進むと、オーシャンビューのお部屋に繋がる通路に出るんですぅ~
d0368045_18281874.jpg
リゾート全体が明るい感じなのにここは地下通路的な位置にあるので
一見従業員通路なんですけど スタッフの後をついていきますと・・・
d0368045_18255079.jpg
なんか、一番端っこの部屋にアサインされたぞ! HVSOV #123
d0368045_18285269.jpg
遠回り余儀なしで地下通路の一番奥ってのはちょっと面倒だけど
お部屋に入ったらそんな面倒くささはふっとんじゃったわい
d0368045_18295599.jpg
このお部屋の場合、入って右手の扉がバスルーム。ときめくバスタブがお出迎え。
d0368045_18303230.jpg
バスタブの背後の扉は単なる飾りで開閉はできなかったと思います。
この部屋には全身鏡がなかったと思うんですが、バスタブの背後の壁が鏡仕立てに
なっている部分があるので、空間も広く見えるしお出かけ前に足元までチェックできて
全身鏡がないことに関してはこの部分で代用できたので不満はございません。
こっちサイドにはシャワーブースとトイレが並んでいます
d0368045_1831321.jpg
バスタブからシャワーブースまでも近かったから泡風呂の後に泡だらけで歩く範囲も
最小限だったし、なんせこのバスルームはおでかけ気分が高まって嬉しかったです。
滞在中に寝込んでいた時間帯が多かったこともあって 病気の時にわびしくないって重要★
もちろん ベイスンもダブルです。
d0368045_18302242.jpg
十分にバスアメニティも揃っています
d0368045_18304960.jpg
ベイスンのところのブラインドからは寝室側からの光が差し込みます
d0368045_18475991.jpg
で、そのベッドルーム。
d0368045_18115944.jpg
ベッドの上に鎮座ましますタオルアートは「お祈りするおじさん」(※過去記事参照※)
d0368045_18343497.jpg
ま、おじさんかお兄さんか少年かは知りませんけどウダン巻いてるから男性でしょう。

で、ベッドの寝心地が合格~なのはモチロンですがその他にいいなーと思ったのが
寝て天井を見上げたら木なんですぅー。これは漆喰よりもおちつくー。
d0368045_18482455.jpg
ベッドの足元サイドにはデスクスペースがあり、デスクを挟んでクローゼット。
d0368045_18354847.jpg
セキュリティボックス、部屋履き、バスローブ、リゾートバッグ
ランドリー用のバッグや料金表など必要なものはこの中に揃っていましたが
ハンガー位置が低いので長いリゾートワンピなどは裾が曲がってしまう高さなのと
洋服などの収納スペースとしては2人利用なら手狭かな?と思いましたが
ころころピギー1つでやって来て1人利用の私にはその点は問題なしです。

そしてデスクサイドのもう一方にはミニバーの棚。湯沸かしポットもここにあります
d0368045_1836617.jpg
冷蔵庫は冷凍スペースがない透明なタイプなので、いつも保冷剤を冷凍しておいて
帰りに買い出しをしたものを冷やして東へ戻る私にはマイナスポイントなんですが
(Gustoのジェラートとか買ってきて冷凍庫で保存して風呂上がりに食べたいしな!)
保冷材の冷凍ぐらいならスタッフに頼んでおけばホテルが預かってくれるだろうし
日々の氷もルームサービスで持ってきてもらえばいいと割り切って過ごしました。
ちなみに、この冷蔵庫内に最初入ってたソフトドリンクは無料だったんですよー。

各部屋にドルチェグストとカプセルのストック(無料)もありまーす
d0368045_18383873.jpg
でもここにあったカプセルのカプチーノは甘すぎたんよね~。
で、結局エスプレッソばかり飲んでたわー。あとアップルティーとか(これも甘すぎたけど)
私はドリップ用のコーヒー豆とフィルターとカラフェ+ドリッパーを持ち込んでいたので
お部屋では自作のドリップコーヒーばかり飲んでたけど、マシーンがあるのは嬉しいやね。

で、お部屋にルームサービスのメニューとかのダイレクトリーがないので戸惑っていたら
ダイレクトリーは全部TVモニターで確認するシステムになっているとのこと。
d0368045_18402033.jpg
もちろん各所へのオーダーや連絡はお部屋の電話でするんすけどね

そうそう、電話と言えばこの部屋内に居る間は私のバリ携帯の電波が入りにくく
後で気づいたらプルサが0になってたんです。(繋がらなかったのが電波のせいなのか
プルサのせいなのか両方の理由なのかは だいぶん後で気づいたので未確認)
で、うちのおっさんが何度も携帯に電話して来たらしいんですが寝込んでいて気付かず
最終的にはホテルに直接電話して来たらしいんです。で、「嫁を電話で呼び出してくれ」
とフロントスタッフに言ったらしいんですけどフロントは私に直接はつながずに
メッセージを伝言するという形で、電話を切ってから私の部屋に内線で伝えてくれた。
それって、不親切って言う人もいるかもしれないけど私としてはそれでこそホテルの
正しい対応だと思うんです。昔だったら旅行中に日本の家族からの緊急の連絡とかで
すぐ繋ぐことも必要だったかもしれないけど いまや、みんなスマホや携帯で個人的に
ダイレクトで連絡を取れる世界なんだし、世の中の動向としては家族やツアー会社を
名乗る偽電話だったりしてその後のトラブルに繋がる可能性もあるわけだし
むやみに所在を知らせたり安易に部屋につながずに伝言としてゲストに伝えて
その後ゲストがかけ直すなりアプリで連絡とるなりすればいいと私は思うので
このホテルの対応は私的に【大正解】って思うんです。
ちなみに、Wi-FiはがっつりサクサクだったのでSkypeなりWAなりで連絡してくれば
話は早かったのに(私がメッセンジャーもラインもやってないので他の人よりも
オンタイムで連絡がとりにくいという点はあるけど)なんで頑なに電話使うかな?
ま、そんなこんなで私なりにホテルのホスピタリティーにも安心したというお話です。
(その後にもし旦那と名乗る人からまた電話が入った場合は ほんとに旦那だから
その時は部屋につないでよいよーってレセプションには伝えておきましたけど)

熱で寝込んでいた2日目の夕方、夜中にお腹減ったら困るからルームサービスを
頼んでみました。柔らかくて食べやすいものをと思ってこんなラインナップ。
d0368045_203511100.jpg
ルームサービスは窓辺のディベッドソファーのところに置いてもらいました。
このディベッドソファーからはテラスやお庭越しに海が見えるのがいいんよね~
d0368045_18394930.jpg
じゃ、この部屋で一番気に入ったポイントであるお庭に出てみましょう~

テラスの一番内側にはゆらゆら椅子とテーブルのセット。ここが私の喫煙所★
d0368045_18511219.jpg
他の部屋のバルコニーより広いのでここに自分たち用のサンチェアもあるんですー
d0368045_18514047.jpg
その先は小さいけどプライベートガーデンになってるんです!
d0368045_18535560.jpg
目の前に川があるから意外と海までの距離はあるけど
この川が防犯の役目も果たしてくれてていいんじゃない??との感想。
d0368045_1984560.jpg
d0368045_1854555.jpg
で、ここから見る朝昼晩の風景がまたのどかなんですわー
d0368045_18573743.jpg
熱だして寝込んでいたから見るだけ見て写真は撮ってないけど
朝はこの浜で白い服の地元民御一行様がスンバヤン(お祈り)してたし
夕方からはカキリマもちらほら出現してたし
d0368045_18575185.jpg
地元っ子たちは浅い入り江になった部分で水遊び
d0368045_18581248.jpg
この時期、太陽が沈む位置はこの部屋からは死角になって見えない方向だったけど
いずれにせよこの数日間は日没方向は分厚い雲で覆われていてどうせ見えないや
d0368045_18584263.jpg
とにかくこのテラス部分の小庭になってる部分の存在は大好物でした。
庭側からみた私の部屋のテラス部分。
d0368045_1852103.jpg
チェックイン当日の夕方にははるららお義母様ご夫妻が遊びに来てくださったので
サンチェアを平らにしてベンチに見立ててお庭でピクニック気分を味わいました~
d0368045_18592268.jpg
午前中にAngelita(※過去記事代表※)で買っておいたケーキでティータイムです
d0368045_1924582.jpg
コーヒーはお部屋のドルチェグストではなく持ち込みのドリップコーヒーを利用
相変わらずここのケーキは美味しかったです。
d0368045_2046699.jpg
ちなみにお部屋の備品のティーカップは透明のカップ&ソーサーで可愛かったよ!

で、オーシャンビューなのになんで海じゃない方向を向いているのかと問われれば・・・
d0368045_1911758.jpg
ちょっと時間は早いけど夕陽のおちる方向を見ているのでありまーす
d0368045_1925792.jpg
ビーチまで出たら見渡せるんだろうけどこの位置のお部屋のテラスからはこんな感じ。
でもな、この自分たちのお庭で自由に寛げるのがめちゃ居心地よかったんよね~。
端っこだったことと隣とは植栽で区切られててプライバシーもバッチリあったし
私の個人的なこのホテルへの高評価はこのテラス部分の存在をなくしては語れません!

今ではだいぶん値上がりしていますが、私が予約した時点では一番安いプールビューの
お部屋が1泊7500円とかで、オーシャンビューのお部屋は1泊11000円だったんです。
南部で11000円程度で庭付きオーシャンフロントの新しいお部屋ってすごくないですか?
というわけで、コストパフォーマンスの点でも非常に満足だったんです。

もちろん、良い事ばかりではなくちょっと気になったこともあったんですよー
それが「周囲の音がものすごく響く部屋だった」という点で、隣の部屋の人が
お風呂のお湯を溜めてると、お湯の音というよりも板を打ち付けるような音が
バリバリッ ベリベリッって聞こえてくるんです。(もしかしたら上の部屋かも?)
で、逆側の隣がスタッフオンリーの小部屋になってたんですがここからは
昼間に洗濯機が回ってるんじゃないかと思うような騒音が聞こえてくるんよねー
多分、普段なら昼間は出かけっぱなしなので部屋にいる時間が少ないだろうし
居てもお気に入りのテラスやお庭で過ごすことが多かっただろうから
そうだったとしたら気にならなかったのかもしれないけど、今回は昼間に寝込んでて
普段以上に部屋の中にいることが多かったから気になりすぎたのかもしれません。
もしや熱が出て変な夢でも見てたのか?と 気にしないようにしてたんですが

でも3日目の朝、お風呂にお湯を溜めている間テラスで寛いでいたら
自分の部屋の風呂場の湯を溜める音がかなりの音でテラスまで聞こえたので
やっぱり私が滞在したお部屋は防音的にはゆるい部屋だったのかな?と思います。

これは私の部屋の庭から横並びのお部屋の庭をみた写真ですが
d0368045_20124510.jpg
なんつーか、明らかに私の部屋だけ壁の素材とか建ち方が違うんで
もしかしたら、この部屋は何か直さなきゃいけないポイントがあって
それもあって最初5階のファミリースイートにUGしてアサインされたのかもー?、と。
つまり、この部屋だから両隣の生活音が響きすぎてたのかもしれないという疑惑もあり
'17年の秋には、お庭付じゃなくてもいいから一番安いカテゴリーのプールビューの
他のお部屋でもう一度その点を検証するためにも滞在したいなーと思っていましたが
あっという間に満室になっちゃってたのでその希望もかなわず、いまだに謎多しw

パブリックエリア編(※これな※)でも書いたように、陽が落ちたらビーチまでGO~★
d0368045_19123950.jpg
ちなみに私が予約したHaven Suites Ocean Viewのカテゴリーは8部屋あると書いてあり
こっちサイドの一番下に3部屋(写真右から #123, #125,#126です)
d0368045_1915119.jpg
こっちサイドに写真右から#127~#131までの5部屋ありますが・・・
d0368045_19145044.jpg
オーシャンビューが8部屋と書いてあったので単純にこの並びの8部屋が
ヘイブンスイーツオーシャンビューなのかな?と思っていたところ
その中で#126はちょっとお庭も広くBRWOFというハイカテゴリーだそうで
ビルディング棟の一番海側の端のプールのグラウンド(2階)#221 と3階#320
#126と同じカテゴリーだとのこと。ブラワスイーツのオーシャンフロントの略かな?
で、#130と#131に関してはまた別のカテゴリー名でBRSOFと書いてあったので
これがブラワロイヤルスイーツというカテゴリーになるのかな?とほんのり予想。
でも、カテゴリーわけの表を見せてもらったら他に謎の表記もあるので確証ナシです

そうなってくると気になるのが、最初に通されたデュプレックスファミリースイート。
これらはビルディング棟の見た目3階と4階部分に19部屋あるとのことです。
通常のお部屋はすべてキングサイズのベッド1台なのでお友達同士での滞在時などは
このお部屋をチョイスするのもありかなーなんて思うので備忘録兼オマケのノリで
DFSOV#520の写真を残しておきますね。※クリックで大きくなるよん※
d0368045_20102059.jpg
いいなーと思ったのが、デュプレックスタイプの1部屋なのにちゃんと2階にも
シャワーブースとトイレがあること。定員で大人4人が泊まれると思うんですが
3人以上になると(しかもそれが女子なら)お風呂やトイレのタイミングが困るよね~
でもこのお部屋なら片方が長風呂中でも2階のトイレに行けばいいから便利★
この部屋のテラスからのビュー
d0368045_18222864.jpg
ここからなら海も見えるし沈む夕日も見える角度!!
最初に「アップグレードです」とここにアサインされた時はこの眺めに惹かれたけど
最終的にはお断りして地続きで海の見えるお庭がある部屋になって良かった~

お部屋からプールへドボンしたい人にはプールアクセスのお部屋もあるよ~
d0368045_18275429.jpg
いずれにせよ、どのお部屋も広さとロケーションが違う程度で(ブラワかブラワロイヤル
かどちらかにキッチン付きの部屋があるという話も聞きましたがその点も未確認)
インテリアやお部屋の雰囲気は基本的にどのお部屋も同じとのことでした。
そりゃぁ~私はこの時に滞在したHVSOVのカテゴリーがイチオシですけど
今料金を見たらなかなかの値上げっぷりだったのでプールビューでもいいかな?
そしてそのリピート滞在時には前回謎だった騒音の確認をしておきたいと思います。
あと、スンバヤン親父のタオルアートの作り方も教えてもらわなきゃな!


Haven Suites Bali Berawa

ADD : Jl. Pemelisan Agung,, Tibubeneng, Banjar Berawa
PHONE : +62 (0)361 9347299
E-MAIL : reservation.berawa@thehavenhotels.com
URL : http://phm-hotels.com/thehavenhotels/hotel/bali-berawa/
(FB) https://www.facebook.com/thehavenbaliberawa/


※ 上記はすべて'17年5月の滞在時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2018-01-10 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/238146864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Sisterfields Ca... The Haven Suite... >>