※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< オカメとバイクでお買い物に行く...

Gratitude Cafe ... >>
2017年 08月 16日
Villa Genie を見に行くの巻 @ Penestanan Kelod, Ubud(’17年5月)
d0368045_23483969.jpg
直前のブログ記事で、ルナゲのあるプネスタナンクロッドの細道の開発が
他エリア同様すんげーことになっていると書きましたが、渡航ごとにルナゲには
立ち寄っているとはいえ私の場合 ルナゲより奥のエリアに行くことは滅多にないんです。
思い起こせばルナゲより奥のエリアに行ったのは '12年のゴールデンウィークに満室続きで
宿にあぶれてしまった時、同じようにルナゲ満室でその奥のエリアの2BedroomVillaに
単独で滞在中だったルナゲのリピーターの大王(力小さん)と交渉して、空いている
副寝室棟のに泊まった時に行ったっきり。(※このダイジェストの時ね※)
当時はまだ奥の方は周囲には田んぼが広がってて風呂場から見える田圃に癒されたっけ。

そんな中、5年前に1泊したのとは別のオーナーさんで別のヴィラではありますが
同じように奥のエリアにあるヴィラで外人さん所有の2ベッドルームヴィラを2棟分
今年からルナゲの大将ワヤン君がマネージャーというか管理することになったようで、
予約もルナゲが代行しているとのことなので、この機会にそのヴィラを見に行こう!と
まさに5年ぶりにプネスタナンクロッドの奥の方へオカメと共に行ってみましたの。
というわけで、本日はワヤン君が管理人を務めるVilla Genie の記録です。




では、まずルナゲからその先の道へと出発でーす
d0368045_2350227.jpg
以前からヴィラなどはぽつぽつ建ってたけど、ここまで建物の密集地帯になるとはね~
d0368045_21551436.jpg
どんどん進んでいくと、緑に囲まれた小奇麗なリゾートが出現
ここが Saka Village Resort だったのね!!気になるわー。
d0368045_23502562.jpg
更に奥に進んでいくと、ようやく少しは田んぼが残ってるエリアになり・・
d0368045_23504360.jpg
こうなるともはや私が5年前に転がり込んだヴィラの場所もわっかんねーなw
なんて言いながらオカメの後をついて更なる細道を進むことしばし・・・・
d0368045_2351158.jpg
茶色の壁で囲まれた2つのヴィラの前に到着~。正面にはセキュリティーの小部屋
d0368045_23512390.jpg
セキュリティ小屋の前には数台のバイクが停められるようなスペースがあり
それを挟んで左右にゲートがあります。それぞれが2ベッドルーム&プールの設備を持つ
独立したヴィラで 以前はBooking.comに まとめて【Angie & Genie Villas】と出ていた
ので、それぞれが Villa Genie とVilla Angieというのかな?(オカメに未確認ですがw)

セキュリティ小屋に向かって右手のヴィラにはゲストがご滞在中だったので
丁度この時ワヤン君が庭掃除をしていた左手のヴィラを見せてもらうことになりました
(春バリに突入する前にオカメから送られてきた写真には写真名にVilla Genieと
書いてあったので、この日見たヴィラがVilla Genieと仮定して話を進めますね~)

ヴィラの門にはパッションフルーツのつるが巻き付いてて実がなってて南国気分★
d0368045_23514421.jpg
ヴィラの敷地に入ると、プールサイドのサンデッキのスペースの上に
わっさわっさと実ったパッションフルーツの実やツルを剪定中のワヤン君が目に入るw
d0368045_2353996.jpg
このパッションフルーツの木がプールサイドにいい木陰を作ってるんだよね~
(ちなみに、この時ゲストがご滞在中のもう1棟のVillaはパッションフルーツが育ってなくて
プールサイドもひなたになっていたとのことなのでコンディションに依るみたいです)

私の写真ではしょぼすぎるので、以前にオカメから送られてきたヴィラの宣材写真を
ちょくちょく挟みつつ紹介していきますね~(右下にVilla Genieの署名入りが宣材写真)
d0368045_23532920.jpg
ウブドは涼しいから入る機会は少ないとはいえ プライベートプールがあると嬉しいよね
d0368045_23534251.jpg
ちなみに、ワヤン君が緑を剪定中だったサンチェアのエリアはこんな感じ。
d0368045_23574252.jpg
門を入ってすぐ右手、棟の外壁に面したお庭部分にはシャワースペース
d0368045_23543463.jpg
ここに外シャワーがあることで、プールに入る前後に浴びれるのが便利よね
で、その外シャワーの奥にはバスルームへ続く扉があるのも動線がバッチリでナイス★

一方、敷地の一番奥の壁際には憩いの空間。つまり喫煙スペースになってます
d0368045_23544697.jpg
目の前は塀なので眺めはありませんが喫煙スペースがあるだけでも私には万々歳。

では、ヴィラの建物の中に入ってみましょう~
d0368045_23585759.jpg
プールに面した大きなガラス扉の前にリビングスペース
d0368045_003581.jpg
こちら側はダイニングスペース
d0368045_005999.jpg
正面奥にキッチンスペース。フルキッチンの設備です。
d0368045_014483.jpg
私の撮った適当写真ではわかりにくいので、ヴィラの宣材写真で見るとこんな感じ
d0368045_23582392.jpg
そして、そのキッチンエリアを挟んだ両側に同じ設備の寝室が合計2室あるんです。
d0368045_032417.jpg
d0368045_044884.jpg
寝室においてあるクローゼットは扉に全身鏡付き。(セイフティボックスもあり!)
d0368045_05183.jpg
そして、寝室からバスルームの扉を開けるとバスタブがどどーん。
d0368045_054416.jpg
バスルームの奥にトイレと洗面スペース(シングルボウルですが)
d0368045_06685.jpg
もう1方の奥にはシャワースペース。そこから直接外へも行けます。
d0368045_061885.jpg
だいたい2ベッドルーム、3ベッドルームのヴィラだと 1部屋は主寝室扱いで
バスタブもあるけど、その他は副寝室扱いでシャワーのみとかのパターンが多いですが
この2ベッドルームヴィラのよいところは 2つの寝室どちらもが同じ設備だということ。

もう1方の寝室は丁度この時シーツなどを交換中で準備中でしたが・・・
d0368045_071173.jpg
ね、バスルームはもう1方の寝室と同じ造りでバスタブもあるでしょ?
d0368045_073538.jpg
こちらのお部屋もシャワーと逆側の奥にシングルボウルの洗面台とトイレ
d0368045_074720.jpg
この作りだったら、ファミリー利用や3-4人で利用時に使えるというだけでなく
お友達と2人利用でそれぞれが1つずつ寝室を利用しても不公平にならなくていいよね!
一応1つのヴィラでの定員は2ベッドルーム利用で4名とのことですが 1名や2名の利用で
寝室を1部屋だけ使う場合は、片方の寝室に鍵をかけて使えない状態にして
1部屋利用の少しお安くした料金設定もあるようです。
また大人数の時は、セキュリティ小屋を挟んでシンメトリーになってる同じ設備の
もう1軒の2ベッドルームヴィラとあわせて4ベッドルームとして借りることも可能とか。

ホテルヴィラではなく完全なる「貸しヴィラ」状態なので朝食もつきませんが、
買い出ししておいてキッチンで作るもよし近所のカフェやレストランに行くもよし。

あと、お掃除のスタッフの青年はお掃除時間帯のみの訪問とのことで
常駐のスタッフはいませんが(セキュリティ小屋も今は無人だと思う)
ルナゲの大将のワヤン君が管理人としてここのマネージメントを任されているとの
ことなので、何かあればルナゲに連絡を取ってケアしてもらうことができるようです。

オカメ(kemeちゃん)いわくお掃除で雇っている男子はめちゃくちゃ几帳面だそうで
ワヤン君も仕事が丁寧な人なのでメンテナンスもちゃんとしていると思われます
この日も床とかピッカピカでしたwww
d0368045_064853.jpg
で、オマケと言っちゃー何ですが オカメに案内されて寝室から庭に出てきたときに
パッションフルーツ剪定中のワヤン君がくれたもぎたてパッションフルーツが
めっちゃおいしかったんですけどww(中身オレンジ色のタイプ)
d0368045_082090.jpg
この辺りまで奥に来ると(バイクも通るっちゃー通るだろうけど)
交通量はかなり少なめなので周囲の騒音もそんなにしないってこともあって
静かでのんびりと過ごすことが出来そうで なかなか興味深いヴィラでした。

今の所オーナーさんがairbnbでVilla Angie , Villa Genieとして出ているぐらいですが
問い合わせや予約は ルナゲ(ワヤン君かkemeちゃん)も受け付けているとのこと。
私はいつもルナゲに行く時はお座敷トーク目当てで1人で行くことが多いから
なかなかわざわざヴィラ1棟を借りて云々・・という機会はなさそうで残念ですが
何人かでルナゲへ押しかける時はぜひ1棟借りて、オカメやルナも呼びつけて
出張お座敷気分でわいわいできたら楽しいだろうな~~なんて考えています。

というか、こっち方面がこんなに建物増えてるという事実に今更驚いてるんですが
また時間があるときにでも奥の細道探検隊になってみたいなーと思ってます。
オカメいわく「プネスタナンからビスマまで川を超えて散歩したらわりと近いよ」
だそうで、その「ほぼローカルしか使ってないルート」にも挑戦してみたいわ~★


Villa Genie Angie and Genie Villas

ADD : Jalan Penestanan Kelod.
PHONE : 連絡先は ルナゲ(Runa Guest House) でよろしいかと思われます
ちなみにルナゲのサイトは http://keme.exblog.jp/
FBページは https://ja-jp.facebook.com/runaguesthousebali/ なので
そちらからオカメ(kemeちゃん)かワヤン君にご連絡ください。


※ 上記は'17年5月の訪問時点での記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-08-16 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/237326379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オカメとバイクでお買い物に行く... Gratitude Cafe ... >>