※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Karsa Cafe で朝のひ...

River Sakti Res... >>
2017年 08月 04日
River Sakti Resort レストランとプール編 @ Bentuyung, Ubud ('17年5月)
d0368045_16502697.jpg
'17年5月のウブド滞在中に2泊したRiver Sakti Resort。先日のお部屋編に続いて
今日はレストラン(というかダイニングエリア)での朝食やアフタヌーンティーの
様子を中心に、パブリックスペースでの諸々を記録していきたいと思います。

こちらは1棟丸貸しのヴィラとしても利用できるのですが、シェフやキッチンスタッフも
常駐されているようなので キッチン・ダイニング・ラウンジのあるフロアーが
宿泊者のレストランスペースになっており、そこかルームサービスで朝食がいただけます。
ランチやディナーに関してはメニューはないけれど一般的な料理ならば前もってオーダー
しておけば用意してもらえるそうです。(ロマンティックディナーなどは相談の上で!)
マネージャーさんいわく「急に和食とか専門的な分野の料理はちょっと無理だけど
キッチンスタッフの可能な範囲の料理ならここで用意できますよー」とのこと。
バイク持ち込みでフットワーク軽めの私達は、ランチも夕食も外に出かけてしまうし
朝だって宿の朝食はスキップしてウブド内でのソトアサを楽しみにしているんですが、
チェックインした日のアフタヌーンティーのパンケーキがふわっとしたタイプで
お料理にも期待できそうだったので、この際朝食もお試ししてみることになりましたの。




まずはキッチン・ダイニング・ラウンジ・プールなどのあるフロアーへ・・・
フロントオフィスや私達のお部屋(#906)から1階分下に降りまーす
d0368045_1651362.jpg
階下の広いフロアーの右手にはラウンジスペース
d0368045_16532087.jpg
(このフロアーにはラウンジ部分の右手に1部屋、#909の客室があります)

左側にはダイニングスペースとキッチン。
d0368045_16521187.jpg
キッチン奥にはシェフとトレーニングの少年スタッフたちが待機しています。
d0368045_16584027.jpg
チェックイン時に午後3時~5時まで使えるアフタヌーンティーの券をいただいたので
(多分ルームサービスでも頼めると思うのですが)レストランに降りてみました。
その時はゲストが私達とまだチェックインしていないもう1組だけだったようなので
ダイニング内でも喫煙OKと聞いたのですが、一応気を遣ってプールサイドの外席へ・・・
d0368045_17232227.jpg
この席のあるデッキから真下を見おろすと#911のお部屋のテラスと川が見えまーす
d0368045_17262040.jpg
右下にはささやかな滝ビュー。
d0368045_17264532.jpg
振り向けばプールと宿泊棟
d0368045_16574072.jpg
アフタヌーンティーは、2人ともコーヒーをオーダー。
その時に「今日のお菓子はピサンゴレンですがよろしいですか?」と言われたので
「私、バナナ苦手なんでお菓子はいらないのでお義母様の分だけお願いします」と
答えたんです。 もともとお腹もすいてない状態で「試しにお茶しておこう!」のノリ
だったから、お菓子が届いてから「バナナならいらんわ」となると勿体ないし
作ってくれた人にも悪いから 先に教えてくれるのは嬉しいよね~なんて言ってると
あれ?なんか2人分きたよwww
d0368045_1725614.jpg
バナナ苦手なら代わりにパンケーキを用意したから2人とも食べてね!とのことで
なにそれその気の利かせ方w ピサンゴレンの口になってたお義母様には申し訳ないけど
このふわふわタイプのパンケーキを見たら「こっちで正解やなw」って。
d0368045_17252860.jpg
なんせうちらー、ふわっとしたパンケーキ大好物やからご機嫌。
d0368045_17253856.jpg
西日の時間帯でめっちゃまぶしかったけどなwwww
d0368045_17255259.jpg
それにしてもこのシンプルなパンケーキ、とても美味しかったんです。
d0368045_17244561.jpg
でもな、この時間にパンケーキ2枚ずつ食べたら夕食時お腹すかへんから困ったもんやw
一応7時からのスアラサクティを観る前に町に降りて諸々買い出し&軽く夕食をして
7時前に宿に戻ってから歩いて観に行く予定だったんですが、この後町に降りてからも
お腹がすく気がしなくて 町で食べてくる予定は撤回。鑑賞後に部屋でお夜食をたべよう
ということで、焼きもろこしやらWBAでナシジンゴやらぺぺスやらを買い込んだというわけ。
いやまさかアフタヌーンティーでこんなにがっつりパンケーキがつくとは思っていなくて
その日の胃袋の調整予定が崩れちゃったけどこれはこれで嬉しい誤算になったよね~。
d0368045_16593213.jpg
もともと、私は割引クーポン利用で1泊5500円ぐらいでこの宿に泊まっているので
いくら宿泊代に含まれててもこのクラスの宿の朝食はまぁよくあるタイプだろうから
町に降りて好きなもの食べる方がいいわーと思って泊まる前から朝食スキップを決めて
いたのですが、このパンケーキが好感触だったので「ちょっと朝食も気になるよね」状態。
翌朝は、せっかく2人でエントリーしているのだからとりあえずソトアサには行くけど
その前に宿で1人分だけ朝食をお試しオーダーしてみよう、ということになりましてん。

というわけで、翌朝。(朝食は7:30~10:00で 特に時間や内容の予約は不要です)
d0368045_17291539.jpg
参考までに'17年5月時点での朝食メニュー ※クリックで大きくなるよん※

d0368045_1727859.jpgd0368045_17273160.jpg


夜のうちにかなりの雨が降っていて、朝起きた時は上がっていたけれど
レストランエリアに着くなりスコールが! この後お粥屋目指してソトアサで北上するのに
大丈夫かな?と思いつつも 雨の景色もうっとりするぐらい美しいので見とれてしまう。
d0368045_17295595.jpg
北の方は晴れてたので案の定この後のお出かけには影響しなかったんですけどね
d0368045_1732688.jpg
朝のキッチンではトレーニングの少年たちが上司の指示に合わせて奮闘中
d0368045_17293487.jpg
この子たちが、ちょっとたどたどしいんですけどめちゃ一生懸命で和むんです。

まさか「外に食べに行くのを楽しみにしてるからここでは食べない」とも言えず
翌朝のこともあるので「私達は普段から朝食を少量しか食べない」というテイで
1人はコーヒーとジュースだけ、あと1人はABFのセットでパンは要らない・・という
変則オーダーで依頼してみたよ!(さて、少年たちにうまく伝わっているか・・・)

ABFについているフルーツプレートはお義母様へ
d0368045_17323023.jpg
パンは要らないって言ってるのになぜか2人分運ばれてきたww
d0368045_1732513.jpg
このあたりが少年たちにうまく伝わってないみたいなんだけど一生懸命なので許す★
私のスイカジュースと珈琲も来たよ~
d0368045_17333987.jpg
かいがいしくお水のサーブもしてくれる少年たちwww
d0368045_1733534.jpg
別の少年はキッチン内にて盛り付けで真剣。
d0368045_17355350.jpg
卵料理は味見程度に2人でわけっこ。分けやすいゆで卵にしてみた。
d0368045_1734797.jpg
私が気に入ったのは付け合わせ。これも好きな食材を選べるんです!
d0368045_1734193.jpg
オーダー時に「マッシュルームはハビスです」って言われたので
芋とトマトにしたのに、なぜかマッシュルームもついてるやんw って喜んでいたら
「たった今 仕入れが来たからすぐ使ってみた」って。ちゃんと対応してくれてたのね。
そやな、仕入れの人 さっき来てたな。
d0368045_17344777.jpg
付け合わせには他にハムやベーコンなども選択肢にあったんですが今回は頼まず。
ベイクドのトマト・ポテト・マッシュルームがあるだけで個人的には高評価です。
ちなみに、翌日のK子さんの卵料理の付け合わせはパプリカやカリフラワーやブロッコリー
などもあったようなので その日にある食材で対応してくれるみたいなのも嬉しいポイント。

そして、はるららお義母様がテガルサリに戻り代わりにK子さんを連れ込んだ2泊目。
(ホテルの人には前もって2泊目のメンバーが変わることを了承してもらっています )

3日目朝食は、私はテガルで朝食がついていないお義母様におつきあいしてソトアサですが
K子さんはこの日、影武者のお料理教室に参加されるお友達に便乗参加ってことで
10時には影武者にお送りしなければならない為、お疲れ気味で遅くまで寝ていたいだろうし
私がソトアサから戻ってくるまでは宿でゆっくりしときよし~って宿の朝食を食べるように
オススメしておきましてん。(つまり K子さん置き去りで私だけソトアサwww)
d0368045_17363677.jpg
私がWatercress Ubudでのソトアサを終えて慌てて戻って来たのが9:15

そしたらK子さん、「さっき起きて今朝食オーダーしたとこ~」だってw
フルーツは ヨーグルトw/フルーツ にしたらしい。
d0368045_17382660.jpg
パンとコーヒーがやってきた。マネージャーさん自らコーヒーをサーブ。
d0368045_1738389.jpg
K子さん、卵料理はオムレツにした模様。
d0368045_1742850.jpg
付け合わせも トマト・芋・ソーセージにお野菜にとフルコースやんけwww
d0368045_17402239.jpg
この日はパプリカやカリフラワーやブロッコリーもあったのね。これは嬉しいぞ★
で、私が不思議に思ったのは、お皿のお魚の絵は 前日はトマトケチャップで描かれて
いたんですけど K子さんのお皿の絵はテーブルサンバルで描かれているよね?
多分、トマトケチャップがイイかサンバルがイイかなんて聞かれなかったと思うのだけど
私は普通のサンバルやサンバルマタなら食べますが テーブルサンバルの味が大嫌いなので
前日の時点では「ここはケチャップがデフォルトなんや~よかった~」って思ったけど
K子さんの場合は在住15年越えだし会話の中からサンバルの方がお好みだろうと
察してのこの結果だったんだろうか。そこんとこは確認していないので今でも謎です。
もりもりと完食されるK子さん。 ご満足のご様子
d0368045_17425611.jpg
てか、さっきフルーツはヨーグルトで食べてたのにジュースも頼んでたんですか?

私達がチェックインした日は私達の他にゲストは1組ぐらいだったみたいなんですが
翌日は更に3組ぐらいのチェックインがあったようで プール利用者もちらほら
d0368045_17365365.jpg
最大でも6組しか利用がないのでゆったりと寛げる居心地のいい空間でした
d0368045_1737281.jpg
近年では中心地から外れたところでないと静けさは味わえなくなってきてるので
郊外での滞在を求める人も多くなってきてるとは思うのですが、お買い物やら食事やら
やっぱり郊外での滞在になると徒歩派の旅行者には不便な部分は否めない。
私はいつだってバイク持ち込みでフットワーク軽めなので問題ないのですが
定時便とはいえ中心地までの無料シャトルサービスがあるのは強みだと思います。

町までの無料シャトルはウブドまでのドロップオフが10:00, 15:10, 19:10の3本
ウブドからのピックアップが 15:00, 19:00, 22:00の3本とのことなので
踊りなどを見てちょっと夕食をしてから22時の最終便で宿に戻ることもできますよー。

設備も居心地もサービスもとても良かったのでここはリピ★ありです。
「直予約なら1泊85万ルピアでよいよー」と言われたのですが(この時は割引クーポン
利用でそこからさらに値下げだった) ここは評判も良いからそのうち値上げするだろうし
直で85万ルピアがまだ有効なうちにリピート出来たらいいなーと考えているのですが
ウブドに行ったら泊数が少ないのもあって まだまだ他のエリアにも泊まってみたいし
日中ほとんど出かけていることを思うと1juta越えちゃうと他の選択肢もでてくるし
でもあのお風呂はほんとに気持ちよかったからまた泊まりたいなーと悩ましい限りです。


River Sakti Resort

ADD : Jalan Suweta, Bentuyung (Sakti Village),
PHONE : +62 (0)361 4792461
(Whatsap & Line (62)87860013278 )
E-Mail : reservation@purivillasbali.com / info@purivillasbali.com
URL : http://www.riversaktiresort.com/


※ 上記はすべて'17年5月の滞在時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-08-04 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/237326229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Karsa Cafe で朝のひ... River Sakti Res... >>