※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< River Sakti Res...

Betutu Ayam Pak... >>
2017年 08月 02日
River Sakti Resort お部屋編 @ Bentuyung, Ubud ('17年5月)
d0368045_11192526.jpg
'17年ゴールデンウィークのはるららお義母様とのウブド滞在。
お義母様はテガルサリのSDXウッデンのお部屋に1週間ほど連泊されていたのですが
その時期の私のプチお出かけはウブドでは3泊がリミットだったので そのうち2泊は
お義母様が普段徒歩では行かないエリアに滞在して 環境の違う宿に遊びに来てもらえば
楽しいよね~、なんて話していて今回の滞在先はブントゥユンのお宿に決めたのですが
丁度チェックインする日の夜にすぐ近くでスアラサクティの公演があるとのことで
お互いスアラサクティのジェゴグはかつて爆笑するほどお気に入りだったので
「久々に見に行こうよ!で、その日は私の泊まる宿にお義母様の名前ももエントリー
しておくからその後は1泊泊まっていきなよー」ということになったんです。
で、たまたまその翌日はロビナ在住のK子さんがウブドに来てるとのことだったので
「じゃー2泊目はK子さんの名前を入れておくから泊まっていきなよー」って
1泊ずつパートナーを変えて一緒にお泊りすることになりましたの。ふふふ。

そのお宿がサクティ村にあるRiver Sakti Resort. 全部で6ベッドルームあるヴィラで
丸ごと借りることもできますが、1部屋ずつの貸しもしているとのことなので
私達はそのうちの1つのお部屋だけを予約して滞在することになりました。
で、本日はそのRiver Saktiのお部屋についての諸々を記録しておこうと思います。




場所はSuweta通りを3Kmほど北上した左手で、Pondok Ganeshaお隣
d0368045_15152539.jpg
入口(玄関)はこじんまりとしていて 洒落た普通のおうち風
d0368045_153243.jpg
(駐輪、駐車スペースは門より手前の道沿いにあります。)

これはどの位置から撮った写真だったかを忘れたんですけど
d0368045_15174842.jpg
門から中に入ると下り階段があるのでそちらを降りていくと
こちらもまたこじんまりとしたフロントオフィスのあるフロアに出ます。
こちらがフロントデスク。ちゃんと防犯カメラまであるのねー
d0368045_15464399.jpg
フロントデスクの先には、ロビー的なくつろぎスペース
d0368045_1518762.jpg
ウェルカムドリンクはこちらでいただきました
d0368045_15202788.jpg
ウェルカムドリンクはまず「温かいものがいいですか?冷たいものがいいですか?」と
聞かれました。どれがウェルカムドリンクと決まっているわけではないようで
私はジンジャーティーをお願いしたかと記憶しているんですが
確かお義母様はスイカジュースを飲んでおられましたが、2日目にK子さんと
選手交代した時にはK子さんにも改めてウェルカムのメロンジュースが出てきました。

テラスの先を見おろしたら田圃とジャングル。目の前は丸刈り期だったけどw
d0368045_15212724.jpg
丁度お宿の横を川が流れているのでプチ渓谷ビューでもあるんです。

チェックインの時に私達が女2人だったのを見て、マネージャーさんが
「ダブルのお部屋を用意してたけどもしかしてツインの方がいい?」って聞いてくれて
そうよねー2泊とも女2人だしツインがあるならツインでもいいかも??って迷っていたら
「2部屋案内するから好きな方に決めたらいいよ」ってめっちゃ臨機応変で気が利く~。

そして私達はウキウキ気分で#906と#911の2つのお部屋をみせてもらって
スタッフさんいわく「殆どのゲストが下の部屋(私達が見たうちのダブルの方のお部屋)
を選ぶ」と仰っていたけれど 私達は階段の昇降が多い一番下のフロアーの部屋より
レセプションの隣で出入りしやすくてツインベッドだった#906のお部屋にしました
#911の方も眺めやプライバシーの点などではとても良かったのですが
#906のお部屋への一番の決め手は、個人的には位置やツイン仕様だということよりも
バスタブとシャワーが同じスペースにあるというバスルームの造りだったんですw

(ダブルの方のお部屋は後半に記録しますが)まずはうちらーが滞在した#906
(写ってるのは案内してくれたスタッフ)
d0368045_15493696.jpg
お部屋はそんなに広くはないけど快適です。TVもデスクスペースもあるしな!
d0368045_11192526.jpg
館内はWi-Fiもサックサクで、川のほとりなのに虫害もなかったです
(各お部屋内に液体の電気式の虫よけがおいてありました)
各部屋の壁際に冷蔵庫やコーヒー&ティーセット、電気ケトルも完備です★
d0368045_15503268.jpg
丸貸しで切るヴィラって、共有のキッチンやリビングスペースがあるのもあって
各寝室には冷蔵庫やティーセットがないパターンが多いですがここは各寝室にあるのが◎!

冷蔵庫内のミニバーはビンタン(3万ルピア)と コーラやスプライトなどの
ソフトドリンク(25000ルピア)しかないですが、お水は無料でもらえたと思います。
すぐ近くにローカルなトコワルンがあるのでお水やソフトドリンクはそこで買えるしな!

お部屋の設備や備品については「あったらいいな」と思うものがほぼそろっていて
写真には写ってないけどクローゼットにはスリッパやバスローブも用意してありました
たしかそのクローゼットは引き戸タイプだったんですけど半分が全身鏡になってたかと。

で、私が気に入ったのがこのお部屋のバスルーム。
d0368045_15514731.jpg
どのお部屋もバスルームは外の景色が見える窓際に面していると思うんですが
シャワーブースが独立していてバスタブと隔離されているパターンが多いんです
でも、この部屋の風呂場はバスタブから濡れたまま上がってシャワーを浴びれるタイプ!
d0368045_16312344.jpg
この写真ではわかりにくいかもしれないけどバスエリアはガラス戸を
開けた向こう側にあって、まずはシャワーエリアで奥の窓際にバスタブがあるんです。

窓の向こうはお部屋のテラスの延長部分。外が気になる場合はブラインドを降ろせば
隠れるけど、ばばーんと窓を開けて外の緑と空の青を愛でながらのバスタイムは最高☆
d0368045_16087.jpg
バスタブについてるハンディシャワーはシャワーモードが変えられるのですが
ミスト系の細かなシャワーなのに強い水圧のモードがお気に入り
d0368045_1603632.jpg
朝から泡ぶろに入ってこのミスト系のモードにしたらリラックス度満点でした。
湯量も水圧も十分でお風呂に関するストレスが全くなかったのもよかったです。

私はいつも自分のお気に入りのシャンプー・コンディショナー・固形石鹸・バスバブル
などの携帯セット一式を持ち込んで それらを使っているので
備え付けのシャワージェル・シャンプー・コンディショナーの使用感は不明です
d0368045_161414.jpg
ベイスンはシングルで洗面所自体もそんなに広くはないのですが
一通りのバスアメニティも揃っています
d0368045_1611749.jpg
ちゃんとドライヤーもございます
d0368045_1613046.jpg
新しい宿ということもあって、タオルやリネンもきれいでとても気持ちよく使えました。

ベッドの寝心地もよかったですよ~
d0368045_15532335.jpg
こちらはささやかなウェルカムフルーツ
d0368045_16142249.jpg
宿泊費に朝食やアフタヌーンティーはついているけれど、ランチやディナーは
前もってスタッフにお願いしないと用意はできないとのことなんですが
どこかから何かをテイクアウトしたりデリバリーをしてお部屋で食べる時も
スタッフに言えば共有スペースのキッチンから食器を借りれるから問題なし!
(キッチン・レストラン・朝食・アフタヌーンティーのことは次トピで!)
d0368045_155349.jpg
で、個人的に絶対必要なのが寛げるテラス。だって貴重な喫煙所なんですもんw
d0368045_15512948.jpg
テラスから見下ろせばプール。そしてその先には川向こうの景色~
d0368045_1634415.jpg
つくづく目の前の田んぼがハゲハゲなのが残念だけど、それでも気持ちよかったよ~

参考までにお部屋にあったダイレクトリーの一部 ※クリックで大きくなるよん※

d0368045_16172276.jpgd0368045_16204294.jpg


中心地からは離れているけど定期の無料シャトルもあるし(私はマイバイク移動だけど)
マネージャーさんはめっちゃ気が利くし、不便なことなんて何一つなかったです。

丁度私達の部屋の1階下に、客室が1部屋とキッチン&ダイニング(レストラン)
そしてリビングスペースとプールがある作りになっているんですが
プールサイドから見上げたらこんな建物なんです
d0368045_15461534.jpg
全部で6部屋ある中で、私達のお部屋(#906)と同じフロアーに
フロントオフィスを挟んで客室が3部屋。その下に1部屋と広い共有スペース。
あれ?これじゃー全部で4部屋じゃね?じゃーあと2部屋はどこ??と思うよね~~??

残りの2部屋はプールのあるフロアより1段下がったところにあるんですー。
丁度、チェックインの時に「どっちがいい?」と選択肢にあげられた#911が
その位置にあるので この機会にそちらのお部屋も記録しておきますねー。

#910 と #911 へはプールサイドから専用の階段をおりまーす
d0368045_1538125.jpg
この写真の扉は物置か何かかとw
d0368045_15382583.jpg
#911のお部屋は地階の奥になりまーす。
d0368045_1539446.jpg
お邪魔しまーす。
d0368045_15401326.jpg
お部屋の形が違うので家具などのレイアウトはそれぞれ違うようで、このお部屋は
うちらーの部屋でテラスにあったテーブルセットが入り口にセットされていました。
d0368045_15403032.jpg
その奥にデスクやミニバー、ティーセットなど。そしてクローゼット。
d0368045_15415727.jpg
お部屋に入って手前にダブルベッドの寝室エリア。#906より少し狭く感じたかな?
d0368045_15414077.jpg
その並びの奥にバスルーム。
d0368045_1542127.jpg
このバスルームも明るくて洗面所が広めで素敵だからいい感じなんだけど、
ここはシャワーが個室でバスタブからシャワーブースへの動線が少々面倒くさいかな?
でも、このお部屋は1人利用でプライバシー重視の場合とかは適してると思う。
テラスからの眺めは右手に小さな滝も見えるから眺めもいいし!!
d0368045_15441843.jpg
どうもこの階のお部屋は川に近いので蛍が見える確率が高いとのことです。
地階にあたる部分だけど想像以上に明るくて、プールなどから見えないという点もあって
プライバシー重視の人や人目を気にしたくない人は#910や#911がいいかも???

ちなみに 滞在時点での1部屋の料金は 2人利用の朝食・アフタヌーンティー付きで
直予約で85万ルピアとのことでしたが、私はairbnbのクーポンを使ったので
2泊で11000円程度だったんです。1泊5500円でこの内容だったらめちゃ安くね??
ちうわけで、次はリバーサクティーの朝食やパブリックスペースなどの記録です。


River Sakti Resort

ADD : Jalan Suweta, Bentuyung (Sakti Village),
PHONE : +62 (0)361 4792461
(Whatsap & Line (62)87860013278 )
E-Mail : reservation@purivillasbali.com / info@purivillasbali.com
URL : http://www.riversaktiresort.com/


※ 上記はすべて'17年5月の滞在時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-08-02 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/237326187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< River Sakti Res... Betutu Ayam Pak... >>