※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Kedai Bubuh で 朝...

TrattoriaがAmedに... >>
2017年 07月 23日
Aquamarine Beach Villa @ Ibus Beach, Amed ('17年5月)
d0368045_13254026.jpg
直前トピのトラットリア・アメッドが併設されているのがアクアマリーンビーチヴィラ
こちらはアクアテラスよりも3~400mほどバニュニン方面に向かったところにある
Villa Aquamarineのオーナー@アランがイブスビーチに新しく作った物件とのこと。
建築中から「時間とお金かけてるなー」って感心してみてたんですけど
なるほど彼がオーナーなら物件がちゃんとしてるのはうなずける!
ヴィラ・アクアマリーンもとてもいい感じ~だし、アランがお隣のバトゥタンガの
本館&新館を引き継いでからはバトゥタンガも以前よりいい感じ~になってる現在。
でもそれらの2軒はオーシャンフェイシングだけど敷地にビーチ部分がないから
新しい系列宿がオンザビーチだっていうのはこれまた別の魅力があって楽しそう★

さて、そのAquamarine Beach Villas は1ベッドルームから3ベッドルームまで
敷地内に点在しているんですが、見に行ったときはまだ3ベッドルームが出来てなくて
(トラットリアのオープンと同じぐらいのタイミングで3ベッドルームも既に完成)
私もまだ3ベッドルームは見ていないんですが、1ベッドルームと2ベッドルームは
いくつかお邪魔して来たのでこの機会に開業したての状況を記録しておこうと思います。




場所はIbus Beach。 Trattoria Amedの看板のすぐ隣を海側に入ると
セキュリティ小屋かレセプションかは不明だけど小屋の前に駐車場がありまーす
d0368045_13333285.jpg
ここから海へ続く階段の途中にヴィラが点在しているんです
d0368045_1333913.jpg
上の写真ではわかりにくいんですが、屋根を見てください。
瓦が竹でできていて凝ってるんです~。これだけで私的にトキメキポイントなんですけどw

多分おいおいウェブサイトができると思うんですが'17年5月(&6月)の時点では
名刺に書いてあったURLも「ページがみつかりません」になるし
booking.comなどの予約サイトでも、以前からあるVilla Aquamarineの予約は
できるけれどヴィラの方はまだエントリーだけのようで 春の時点ではAirbnbのみでの
取り扱いとなってました。ただし、ヴィラにはそれぞれ固有のヴィラ名がついているので
Airbnbには アクアマリンビーチヴィラではなく 各ヴィラの名前ごとに出ていました。

では1棟ずつ見ていきますね~ 。まず、階段を降りてすぐ右手にあるのが

2Bed Room の Villa Syrena (https://www.airbnb.jp/rooms/16590509)
d0368045_13344284.jpg
半屋外のリビングから一段下がったところにあるのはこのヴィラ用プライベートプール
d0368045_1355346.jpg
こじんまりとすっきりしたキッチン&ダイニング&リビングエリア
d0368045_13584662.jpg
各ヴィラごとに リビングの色合いも、飾ってある絵や置物も、家具の雰囲気も
それぞれ趣向が違うんですが、それらのどれもがモダンすぎるわけでもなく
コテコテにインドネシア風というわけでもなく、丁度いい具合に風情があって
アジアの南の島らしさを残しつつ快適で居心地の良い空間になっているんです。

こちらは半屋外のLDK部分の背後にあるマスターベッドルーム。
d0368045_1444664.jpg
家具もなんかちょっとかわいいw
d0368045_145739.jpg
副寝室はツインベッド仕様。壁に飾られてるタペストリーが可愛いんです~。
d0368045_1452190.jpg
このヴィラのバスルームはこんな感じ。バスタブはなく、固定シャワーのみ
d0368045_1455546.jpg
アクアマリーンビーチヴィラズでは2ベッドルームのお部屋は
「ファミリーヴィラ」という定義のようで、寝室が2つあってもバスルームは1つなんです。
バスルームからは主寝室、副寝室ともに繋がる扉があるのでどちらからでも行けますが
家族ならまだいいけど友人同士のグループだとトイレとシャワーの順番待ちで
ちょっと気を使ってしまって不便かな?という心配はあります。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、Villa Syrena から海に向かって左側(ちょい下?)にあるのが

こちらも2Bed Room の Villa Manatee ( https://www.airbnb.jp/rooms/14377943 )
d0368045_14105125.jpg
このヴィラへの入口の扉も個性的でしょう??

リビングの写真がこれしかなかったので・・・
d0368045_14111364.jpg
Airbnbに載ってたお宿提供の写真を拝借
d0368045_14301724.jpg
こちらのヴィラのキッチンスペースはこんなカラフル
d0368045_14113419.jpg
参考までに、これもairbnbに掲載されてる宿提供の写真から。
d0368045_14303774.jpg
そして、主寝室はこんな雰囲気。
d0368045_1414306.jpg
一方、ツインベッドの副寝室は爽やかな青が基調
d0368045_1415149.jpg
副寝室から見た海~! あ、今から部屋にTVを設置するのね★
d0368045_1416499.jpg
ダイニングに飾ってあったバリの正装した女性の絵や主寝室の踊り子さんの絵も
コテコテじゃないながらも「ここはバリですよー」ってアピールしてていいなと思ったけど
副寝室のこのタペストリーも南の島の田舎らしさがあって何気に可愛い★
d0368045_14173562.jpg
で、こちらが主寝室と副寝室で共有のトイレ&洗面所
d0368045_14182069.jpg
その奥にあるシャワーブース。やっぱりここも固定シャワーのみなのね。
d0368045_14185023.jpg
やっぱりここも2ベッドルームではあるけれどファミリー対応のヴィラという造りで
バスルームが1つなのがちょっと残念だわー。シャワーも固定シャワーしかない上に
多分外人仕様でシャワーの位置が私のようなちんちくりんには高すぎると予想www

ちなみに、このヴィラにもリビング前方にプライベートプールがあるんですが
プールやプールサイドのサンデッキなどの写真を撮り忘れております。すんません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

続いては、たしかVilla Manateeよりも海に向かってかなり左手にあった

同じく2Bed roomの Villa Pura Maia ( https://www.airbnb.jp/rooms/16432347 )
d0368045_14572060.jpg
すぐ左手前方にプライベートプール。そして前方は青い海~
d0368045_151482.jpg
キッチン側の参考までにまたまたAirbnbに掲載のお宿提供写真。
d0368045_145495.jpg
リビングから寝室へ行くにはこちらへ (扉が見えてるのは副寝室側)
d0368045_14595877.jpg
こちらは主寝室。
d0368045_1501445.jpg
この部屋のクローゼットやベッドなど家具は他の部屋よりアジアンテイスト多め。
d0368045_1502859.jpg
副寝室の写真を撮り忘れたのでまたAirbnbのページから拝借
d0368045_14544622.jpg
2ベッドルームヴィラというよりファミリー向きヴィラと言われた意味は
ヴィラのバスルームが1つでみんなで共有っていう点もそうなんだけど
どことなくツインのお部屋がどのお部屋も子供でも喜びそうな絵やタペストリーが
飾ってあるように思えて「副寝室は子供部屋 」ってコンセプトなのかもしれないね。

こちらが、このヴィラのバスルーム。やっぱり固定シャワーのみ。
d0368045_1503934.jpg
寝室側から見たダイニング・リビングスペース。そしてプール&海
d0368045_1505293.jpg
この部屋でもプールの写真撮り忘れてるけど、これだったら位置関係わかるかな?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

上記はすべて、カテゴリー的にファミリーヴィラとスタッフが呼んでいた2ベッドルーム
ですが、見学した時点で 1ベッドルームのヴィラも2棟あったので次はそちらを・・・

1 Bedroom Villa Rinjani ( https://www.airbnb.jp/rooms/16434612 )
d0368045_145734.jpg
各ヴィラ、入り口のアプローチもそれぞれ違うから続けて見学するのが楽しいわー
d0368045_1432657.jpg
このヴィラのリビングスペース。
d0368045_1544823.jpg
もちろん キッチンやダイニングスペースもあるよ~
d0368045_1575917.jpg
このヴィラのインテリアで一番気に入ったのがこの飾り皿。
d0368045_15131135.jpg
寝室がこちら。家具は流木系のナチュラルテイスト? 部屋が明るーい。
d0368045_1512107.jpg
そして バスルーム。
d0368045_15123922.jpg
2ベッドのヴィラと違う点は、シャワーブースに屋根がないということ。
d0368045_15125268.jpg
田舎の海辺に来る白い人たちはワイルドな自然を感じるのを好む方が多く
外シャワー(青空シャワー)は大変人気があるのはわかりますが、私個人の思いは
「雨降ったらシャワー浴びれないのかよ~?雨降ってもお湯シャワー浴びたいよ~」
という希望もあるので 屋根なしシャワーは微妙かな。(天気が良ければ問題ないですけど)

あ!このヴィラのプライベートプールは何故か写真が残ってる。
d0368045_15215515.jpg
どの部屋のプライベートプールもリビングの前方(数段下方の位置)にあるんです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


最後にもう1棟の1ベッドルームのお部屋。海に向かって左側の上の方にあったかと・・。

1Bedroom Villa MaKara ( https://www.airbnb.jp/rooms/16429822 )
d0368045_15324488.jpg
このヴィラを見た時は夕方で薄ぐらくてブレブレ写真が2枚ポッキリなので
ここでもAirbnbに掲載の写真を拝借して リビングダイニングの様子はこちら
d0368045_15331829.jpg
このヴィラの寝室はこんな感じ
d0368045_153349.jpg
バスルームの写真も撮ってないのでこちらもairbnbの写真より。
d0368045_15411485.jpg
やっぱり1ベッドルームヴィラのシャワーはここも青空シャワーなのね・・・。
参考までにこのヴィラの外観 (こちらもAirbnb掲載写真より)
d0368045_15413261.jpg
私個人では ご近所への気分転換お泊りと考えると1bedroom villaで十分なんですけど
雨の心配だけではなく 日中のプールや海後のシャワーで日焼けすることを考えると
やっぱりシャワーの所には日よけ及び雨除けで屋根があってほしいんよねー。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

海まで続く敷地内のお庭の緑もいい感じ~
d0368045_1519337.jpg
階段降りればIbus Beach !! (写真はairbnbの掲載ページより)
d0368045_15194467.jpg
この時は満潮で浜がなくなってたんですけどw
d0368045_1520826.jpg
ビーチにはお宿の設備としての海のアクティビティデスクもありまーす
d0368045_15204918.jpg
この小屋がビーチバーとかの設備になるのかな?なんて思ってたんですが
この時点ではアクティビティデスクとしてしか稼働してなくて真相不明です。
GW中に一緒に見学に行ったM奥様ご夫妻もごきげんさんです★
d0368045_1521227.jpg
こちらは後日C奥様と夕方に行ったときの写真ですがバレも点在しています
d0368045_1524618.jpg
こちらはビーチの近くにあるトイレ。海遊び時に必要必要。
d0368045_15235277.jpg
各所寛ぎスペースもあって、今後植栽が育つのが楽しみ~
d0368045_15242547.jpg
そして、これはトラットリアのOPパーティーの時にまはちゃんと行った夕暮れ時の海
d0368045_15254074.jpg
朝日がでる真正面なので夕陽は見えないんですけどね
d0368045_15261053.jpg
見上げるとこんな感じでヴィラが建ってるんです
d0368045_15263861.jpg
もちろん朝日も見れるよー (写真はサイトから借用)
d0368045_15471419.png
イブスビーチから見る朝日については、この浜の2軒隣りの
Stair Way To Heavenという宿から見たものが過去記事(※これな※)にあるので
参考にしてくださいな。同じ浜上なので朝日の出る様子は殆ど同じかと思います。

大好きなイブスビーチにできた素敵ヴィラなので近いうちにぜひ泊りに行こうと
思ってるんですけど、今の所第一印象では 1ベッドルームだったらリンジャニ。
2ベッドルームだったらマナティーが希望かな~。リビングのコンパクトさは
シレナが好みなんだけど、位置がマナティーの方が開放感があるんよね~

その他に、丁度トラットリアの真下に当たる位置に3ベッドルームヴィラ
6月に入ってから無事にオープンしたようですが、そこはまだ見ていないので
開いてる時にまずは3ベッドルームを見学させてもらおうっと!
3ベッドルームヴィラにはせめて2つのバスルームがあればいいなー。あわよくば
バスタブもあれば嬉しいけど、その辺は白人オーナーさんだとあまり期待できないかな?

参考までに、基本的に宿泊料金には朝食はつかないようですが滞在ゲストは
朝食はトラットリアのスタッフに言えば有料で注文できるようです。
きっと宿のゲスト用の朝食用のメニューは別途用意してあるのだと思われます。

この浜はまだ主要会社(インドサット&テレコムセル)の携帯の電波が入らないので
(’17年春の時点ではチュリアしかつながらない。もしかしたら他にあるかもしれんが)
間違いなく回線は契約してあるしトラットリアでwi-fiをつないだ時にヴィラの方の
回線名も表示されたので 停電や電話会社の不具合がない限りは繋がると思います。


Aquamarine Beach Villas

ADD : Jl. Amed - Seraya, Ibus Beach, Banyuning
E-Mail : 名刺では info@aquamarinebeachvillas.com
URL : 名刺では www.aquamarinebeachvillas.com だそうですがページがありません。
(前からあるVilla Aquamarine のFBは⇒ https://www.facebook.com/Aquamarine.Bali/ )



※ 上記はすべて'17年5月と6月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-07-23 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/237128112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Kedai Bubuh で 朝... TrattoriaがAmedに... >>