※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Bukit Sausage @...

Warung Coco Res... >>
2017年 07月 07日
Warung Coco Resort Nusa Penida ~パブリックエリア編~ ('17年5月)
d0368045_17174860.jpg
お部屋の設備・備品が十分な上に、気持ちの良いパブリックプールがあって
観光で疲れた体を癒すスパが併設されていて観光客向きのレストランもあるという
設備面の充実に感心するのは(離島なのでなおさら!)もちろんのことなんですが、
それらがどこもお掃除が行き届いていて お庭に至るまでメンテナンスがきちんとなされて
いることや スタッフが良かったという点で 非常に気に入ってしまった Coco Resort

直前トピではお部屋について記録しましたが(※これね※)、本日はプールや
レストランやスパなどについて利用時点での感想などをまとめておこうと思います。




チェックイン直後、おっさんが「プールに入る」っていうもんだから
部屋で寛ぐとかお腹すいたとか言う以前に プールに集合することになりまして・・
d0368045_171854100.jpg
時刻は既に5:30とかで、日が暮れちゃうと体が冷えるから今のうちにプールで泳ぐぞ~!
d0368045_17281088.jpg
エンジェルズビラボンで水着の短パン仕込み忘れて泳げなかった分はりきるK子さん
d0368045_17192279.jpg
K子さんママンは膝を悪くされているとはいえ、日本ではほぼ毎日スポーツクラブの
プール内を何往復か歩くという運動をされているのでここでもプールウォーキング実施
d0368045_17193463.jpg
でも、ここのプールは縦長のラインに歩くとどんどん深くなって足がつかないので
足の着くエリアで短いラインを何度も往復する作戦でエクササイズ。

自分がプールで遊ぶと言っておきながらK子さんママンが水着に着替えてプールに
やって来たころにはすでにひと泳ぎを終えてプールからあがって「お腹すいた」と
言い出したおっさん。かといって一人でご飯食べに行くのは嫌なんだそうで
「みんなが遊んでる間ににシャワー浴びてきなはれ」っていうと「先にご飯食べたい」
(つまり、私にプールから上がってレストランに行こう、と言っている)とのこと。
うちのおっさんが団体行動や周りの都合を一切考えないマイペースな性分だから
私とはタイミングが全く合わない(つまりお互い間が悪い)というストレスに加え
お腹すいた時と眠い時は絶対に待てないとよく知っているので面倒だなーと思いつつ
もうちょっとプールで遊びたかったけどとりあえずおっさんを黙らせようと思って
レストランからメニューを借りてまずはおっさんにメニューだけ先に決めてさせてたら
K子さん母娘も「じゃー私達もそろそろ引き上げて着替えてレストランに行くねー」って
なんだか急がせてしまったみたいで悪いなーと思いながら 自分も軽く着替えて
慌ててK子さん達も着替えたようなのでおっさんに「レストラン行くよー」って言ったら
「今からシャワー浴びる」だってwww(ちなみにおっさんの風呂は時間がかかる。
シャワーそのものというより風呂上がりの出かける支度が女子並みに時間がかかる。)
なんじゃそれ。みんながあなたに合わせて急いでプール遊びを途中で引き上げたのに!
いやもうほんまにこの気分次第でマイペースすぎて行動が読めないストレスときたら(怒)
私と2人の時なら家族間だからいいのよ。お友達との旅行はちょっと考えようよ~
結局おっさんがシャワーを浴びてからみんなでレストランへ・・・・
d0368045_17194993.jpg
レストランは敷地の奥、プールよりも一段高い位置にあります。

離島なので食材はほとんどがバリ本島から運んでくるためメニューに制限はありますが
一応ビーフステーキがあったので楽しみにしていたんですが売り切れで玉砕www
メニューを選び直して、テーブルにお料理が揃った頃には あたりはすっかり夜の色。
d0368045_17221285.jpg
おっさんのオーダーしたマッシュルームスープ (Rp.38,000NETT)
d0368045_17225090.jpg
ステーキがハビスだったのでおっさんのメインはビーフサテ (Rp.74,000NETT)
d0368045_17231455.jpg
とりあえずおっさんはおっさん独自のオーダーをさせておいて
私達女3人は4品ほどオーダーしてわけっこ(味見しあいっこ)する作戦です

まずは サラダ・ア ラ・ ココ (Rp.44.000NETT)
d0368045_17232840.jpg
メニューではドレッシングが苦手なマヨネーズ系だったのでイタリアンドレッシングに
変えてもらったような記憶。こういうところで融通がきいたのもありがたかったです。

ツナステーキ (Rp.85,000NETT)
d0368045_1724191.jpg
スナッパーのグリル (Rp.89,000NETT)
d0368045_17241346.jpg
タリアテッレ アラ ココ (Rp.52,000NETT)
d0368045_17234892.jpg
どれも、特別絶品というわけではないけど普通にきちんと美味しかったです。
グリル系のメニューはよくあるチキンやお魚なので珍しいものではないけれど
その分逆にハズレはないというか、離島内のレストランとして安定していると思います。
d0368045_17242918.jpg
前日にヌサペニダに上陸してから単品もの(昨夜のアヤムゴレンね)とかインスタント系
しか食べてなかったので 久々に食事をした気分になれた点でも満足度が高かったです。

そういえば、ホットオレンジをオーダーしたらデンパサールからみかんを運んでくる
ボートが(注文していたのに)忘れられてて今日はオレンジがないと言われたので
おっさんが持ち込んでいたみかんを渡してホットオレンジを作ってもらったっけ・・。
(ちなみに、その分はさすがに料金にはついていませんでした。)

ちゃっかり者のおっさんは、うちらーの知らんうちにこっそりとマッサージの
アポをとっていたようで、食後にスパに行くというので スパを見に行ってみました

スパに行くまでにファミリー用のコテージなどの他のカテゴリーを見せてもらいましたが
ファミリールームは通常のお部屋より少し大きいだけで中はロフトというかメザニン
タイプになっていてその部分にもベッドがある造りで、ファシリティは同じでした。

スパはレストランよりも更に奥(階段を上った先にあります)
d0368045_17245529.jpg
夜だからわかりにくいけど建物はこんな感じ
d0368045_1725888.jpg
同じ建物の中にバーみたいなエリアがあって、スパは左手になります
d0368045_17284328.jpg
中に入ると、仕切りのないスペースにスパベッドが並んでる状態
d0368045_17253465.jpg
これ、家族とかならいいけど知らん人と時間が一緒になってしまったら
カーテンとかの仕切りがないので隣の人が丸見えやん!と突っ込む私とK子さん
d0368045_1726336.jpg
おっさんのマッサージが始まったのでスパを見に来た私とK子さんは退散退散。
d0368045_17285635.jpg
スパまで案内してくれたスタッフちゃん。めっちゃお茶目な女子でした
d0368045_17331980.jpg
’17年5月時点でのスパのメニューと料金表 ※クリックで大きくなるよん※
d0368045_182737100.jpg
夜も10時まで施術を受け付けているのも寝る前にマッサージなりフェイシャルなり
なにかリラックスメニューを受けてから寝ることができるのはありがたいよねー。
ホテルに併設のスパなので町スパ料金よりは高いけど、それでも良心価格!
115,000ルピアでおっさんを1時間放り込んでおけるというのはかなり助かりました。
その間に私はゆっくりシャワーを浴びて、K子さんのお部屋に遊びに行ってましたw

そして翌朝。この日の朝食(宿泊代に含まれてます)は時間の約束などはせず
お互い適当に部屋ごとの行動でいいよねーなんて言ってたのに、結局2組とも
起きて行動し始めるのが同じような時間になったのでまたまた4人揃って朝食へ
d0368045_17315162.jpg
レストランでーす
d0368045_17321894.jpg
昨夜は暗かったのであまり写真を撮りませんでしたが中はこんな感じ
d0368045_17334023.jpg
コーヒー紅茶はお代わり自由のセルフサービスです
d0368045_1734643.jpg
'17年5月時点での朝食メニュー(部屋代に含まれます) ※クリックで大きくなるよん※
d0368045_17372210.jpg
横に金額が書いてあるのは、ビジターおよび朝食なし料金で滞在されている
ゲスト用の金額かと思います。私達は朝食が宿泊代に含まれていたのでジャッフルや
オムレツの中身でエクストラで追加した食材(卵とかチーズとかw)の分だけの請求でした。
この、エクストラでできる範囲内での融通が利くってのもポイント高いです。
とはいっても、慣れないスタッフがきょとんとしてるところをK子さんが強引に
「材料さえあれば出来ると思うからキッチンに聞いてきて!」って別料金を払うこと
前提で、インドネシア語でいろいろと交渉してくれたおかげなんですけどね。
d0368045_1744215.jpg
どの朝食メニューを頼んでも 選択肢は少ないけどジュースがつきまーす
d0368045_17431625.jpg
セット4を頼んだおっさんとK子さんママン そしてセット5を頼んだK子さんには
コーンフレークがついているのですが、湿気でふにゃふにゃにならないように
瓶で保存された1人分のコーンフレークスと牛乳とボウルが並べられました
d0368045_1123025.jpg
これ、自分で牛乳の量も調整できるし食べる直前にかけることができるし
見た目も可愛らしいのでプレゼンテーション的にもいいアイディアだよね。

K子さんの Happy Morning Set のメイン。緑はないけど付け合わせ多し!
d0368045_17442543.jpg
シニア2名が選択したHappy Morning Set 4のメインはジャッフル
d0368045_17452378.jpg
このジャッフルはフルーツのジャッフルかおかずジャッフルかを選べるのですが
もともとの選択肢のチーズとベーコンに加えておっさんが「卵も追加」とか言い出して
K子さんママンも同じように卵追加のボリューミーなジャッフルでお願いしていました。

で、不思議なのがこのセット4にはパンケーキもつくというボリュームw
d0368045_1746170.jpg
パンケーキっちゅーてもバリによくある薄いねちゃっとしたタイプやけどな!
d0368045_17454517.jpg
ジュースとコーンフレークとジャッフルとパンケーキという組み合わせは
シニア達には量が多すぎたようで私がデザート感覚でシュガークレープ気分で処理w
(ついてくるパイナップルジャムは既製品で甘すぎると思うので使わなかったけどな!)

私が選択したHappy Morning Set 2にはジュースの次にフルーツがつきます
d0368045_1744553.jpg
セット2のメインは卵料理。はいわゆるABFになります
d0368045_17443763.jpg
卵はオムレツにしてもらいました。本来はプレーンオムレツらしいのですが
ここも追加料金でトマトとマッシュルームとチーズを入れてもらいました。いぇ~い。
そしてパンが苦手なバリの薄い食パンではないだけで個人的に大合格~。

こんなに朝食ががっつりだとは思ってなくて4人とも大満足です~
d0368045_17473065.jpg
お部屋代についてる朝食なのでしょぼいだろうと思っていたんですが
セットの組合せ内容が不思議だったり、田舎ゆえに洗練はされていなくとも
このボリュームでしっかり朝ごはんを楽しめたのは嬉しい誤算。とても良かったです。

ベーコンチーズジャッフルへの卵追加(×2)とオムレツへのトマト&マッシュルームと
チーズの追加については それぞれがいくらかはわからないんですけどチェックアウト時の
レシートによると全部で合計18,000ルピア(NETT)で加算されてました。良心価格~
d0368045_17462494.jpg
ちなみにこの後、プールサイドに移動したのですが珈琲持って行っていいよ~とのこと。
ちゃっかりセルフサービスのコーヒーを注いでからプールサイドに持って行きましたわ
そういえば、プールサイド(うちらの部屋と反対側のライン)にも食事できるテーブルセットがあったし
プールサイドで飲食もオーダーできるので朝御飯もそちらでたべてもよいみたいです。

・・・プールに移動する前に ちょっと朝の敷地内徘徊
d0368045_17522826.jpg
お部屋はダブル(ベッド1台)とツインとがあるのですが
それらはお部屋によって元々決まってるわけではなくてその都度スタッフが
ベッド台やマットレスを運んでゲストの要望ごとに設置し直しているようです。
d0368045_1732376.jpg
レストランのそばのお部屋がマットレス置き場になっている模様
d0368045_17524242.jpg
お庭も椰子のジャングルの中なのに小奇麗にしてあるんですよー
d0368045_1753655.jpg
昨夜訪問した併設のスパは昼間に見るとこんな建物
d0368045_17323830.jpg
プール周りだけでなく、レストランの後方にも客室棟がありますよー
d0368045_17531941.jpg
敷地はわりと階段も多いのですが 裸足で歩けるぐらいどこも清潔にしてあって
通路が整っているので 膝を痛めているK子さんママンでもレストランと客室の
往復ぐらいならちょっとしたリハビリ気分で負担は少なく、大丈夫だったようです。

この日は12時にチェックアウトしてスピードボートに乗るための送迎カーが来る
1時頃まではランチを食べるなりプールで遊ぶなりリゾート内で寛いでおく予定なので
いい天気になってきたし 朝ごはんの後はプールでひと泳ぎといきますかー!
d0368045_17565995.jpg
サンチェアを陣取ってレストランから持参のコーヒーをちゃっかりセット
d0368045_17573568.jpg
午前中のプールはまだ水が太陽で温まってないから冷たくて気持ちいい★
d0368045_17584891.jpg
うちのおっさんもプールサイドで一休み
d0368045_181632.jpg
午前中からプールサイドでごろごろできるってしあわせ~
d0368045_1811893.jpg
K子さんは 今から荷造りするから水着濡らして洗濯物増やしたくない~って泳ぐのは断念。
完全日除けスタイルでプールサイドで寛いでおられましたw
d0368045_16264466.jpg
午後から次のゲストがチェックインの予定だとのことで、12時にはチェックアウトして
船着き場までの送迎車が着くまでレストランでランチでもしているつもりだったけど
お察しの通り、朝ごはんしっかり食べすぎて全員お腹すいてないんだわこれが。

かといって、1時半とか2時になる頃にはお腹はすきそうな予感がするから
レストランでサンドイッチのテイクアウトを頼んでおいて船着き場での待ち時間に
食べようということになり、チェックアウト後に改めてお持ち帰り品をオーダー
d0368045_1815217.jpg
ポテトはサンドイッチの付け合わせで自動的についてきたんですが
ツナサンドイッチとクラブハウスサンドイッチ各1人前を4つ切りにしてもらいました
どっちか忘れたけど片方は2つに切ってあったので厨房に差し戻して更に半分にしてもらい
自分たちで各1切れずつパックし直して船着き場で待ち時間にお弁当にして食べました。
これが、ボートに乗る前のちょっと腹ごしらえとしては丁度いい量で美味しかったです。

おっさんは、ガーデニングのスタッフに気に入った花や木の苗木や挿し木を
わけてもらってめっちゃご機嫌だし、レセプションの女子スタッフは有能だし
なんといっても不便な離島でここまでリゾート内がきれいにメンテナンスされてて
スタッフも素朴で田舎らしいゆるさもありながらちゃんとまじめに頑張ってて
設備的にも十分で、それでいて1泊50ドル程度だったというお得感は素晴らしいっす。
チェックインからチェックアウトまで大満足な滞在となりました。もち、リピありです!

ちなみに、お宿からサンパランのボート乗り場までの経路 ※クリックで大きくなるよん※
d0368045_2171661.jpg


Warung Coco Resort Penida
~Coco Resort Penida, Coco Grill & Lounge Bar, Coco Spa~

ADD : Jalan Crystal Bay, Desa Sakti, Nusa Penida, Kabupaten Klungkung,
PHONE : +62 (0)361 763102
URL : http://www.warungcocoresort-penida.com/
(FB : https://www.facebook.com/cocoresortpenida/)


距離感や位置関係の参考までにこの2泊3日間に行った場所。
緑の星印が滞在2日目の訪問地です。※クリックで大きくなるよん※
f0319208_1825049.jpg


※上記はすべて'17年5月の滞在&利用時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-07-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/237120535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Bukit Sausage @... Warung Coco Res... >>