※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< まずは Pura Goa Gi...

Air Asia Premiu... >>
2017年 06月 13日
Gangga Express のスピードボートで行く Nusa Penida ~往復まとめて~ ('17年5月)
f0319208_20393748.jpg
この春バリでもいろいろな思い出がもりだくさんすぎて、どう端折っても
残しておきたい個別記録は次の秋バリのスタートまでに全部終えられそうにないので
目安としては1年位かけて(次の秋の分も含めて)進めていくつもりではありますが
まずはヌサペニダプチ旅行でのえとせとらを時系列で記録しておきたいと思います。

そもそもペニダ島行きが現実味を帯びてきたのは丁度1年前に3105さんと
レンボンガン&チュニガンに行った時
なんですけど、あの時に島でのバイク徘徊の
楽しさに目覚めてしまったことや、ペシンガハンからCaspla社のスピードボートが
5万ルピアかそこいらでペニダ島まで出ているという看板を見つけたもんだから
この春のプチ船旅はヌサペニダかなー?なんて漠然と考えてました。
K子さんも「行く行く~」ってノリノリだったので現地でバイク借りて遊ぼうね~
とか言ってたんですけど、5月に入ってK子さんのママンがバリに来られることになり
さらにうちのおっさん(旦那)も「時間作って行きたいー」とか言い出したもんだから
滞在中のダイジェストでも記述した通り、シニアチームでの決行となりましたの。
出発地点はアメッドの我が家なのでパダンバイから行くのが一番近いんですが
やっぱりどんなものか?と乗ってみたいのは片道5万ルピアのスピードボート。
ところが、ペシンガハン(ゴアラワのすぐ近く)から乗る予定のボートは故障してて
その時は運航休止中だとかw そこのオフィスには同じ会社のサヌール発着便にのるように
アドバイスをされたんだけど、サヌールまで行くのも遠いしサヌール発、高い
そしたらクサンバから同じ価格でガンガエクスプレス社のボートが出ているらしく
ホームページもわりとちゃんとしてるしFBにも動きがある。K子さんが問い合わせると
とても的確な応対で信用できそう★ってことで決行2日前に急遽利用が決定。
そしたら、格安便だと覚悟をしていたにもかかわらず予想以上に快適で嬉しい誤算。
ということで本日は往復分まとめてGangga Express社のスピードボートの記録をば!




そもそもヌサペニダに行こうと真剣に思い始めたのが1年前にこの看板を見てから
f0319208_2044533.jpg
このCapsla社のスピードボートはPesinggahan発着便で
ゴアラワ寺院の少し西にあるサテイカンで有名なMerta Sari (※過去記事代表※)
曲がる道の丁度海側正面にボート乗り場があるんです。 これね!
f0319208_20445629.jpg
ところが、決行2日前に念のためにオフィスに電話したらボート故障で運休中ってw
電話では「サヌールに行け」と言われたらしいんだけど「えー遠いし高いよ~」とw

もしも私とK子さんの2人で気ままに行くのであれば、迷わずパダンバイから
バイクごとフェリーに乗せて行くという手も楽しいなーと思ったのですが
シニア2名の同行が決まっている為バイク移動は無理だし、おっさんやママンの為にも
ある程度は予定をたてて段取りもしておかないといけないよねーなんていう
プレッシャーもあって、しょうがないからサヌールから行くか!とサヌール発着便を
検討し始めた時、「あれ?たしかクサンバからの便、あったよね?」と思い出したYO!

調べてみるとボート会社はガンガエクスプレス社。乗り場は クサンバのトリブアナ
ペニダ島側へはBuyukへ行く便とSampalanに行く便が出てるみたい。
「これ、いけるんじゃね?ペシンガハンからは2.5Kmなので当初の予定と距離的にも
そんなに変わらないし、値段も安そうだよ★」って早速K子さんに問い合わせしてもらい
運航状況と金額などを確認。トリブアナからサンパランまでの所要時間は約20分
金額はローカルさんおよび一時滞在許可の査証がある在住者は片道5万ルピア(約420円)
ツーリストは75,000ルピア(約635円)とのことで、迷うことなく利用決定~。

'17年5月時点でクサンバには2つほどスピードボートが出る浜があるんですが
ガンガエクスプレスの出るトリブアナはもう1社の浜よりも東側の浜になります
(もう1社の名前とどこ方面へ行くボートなのかは確認してませんさーせん。)
f0319208_20451892.jpg
のどかな浜にあるこじんまりとした乗り場およびチケットオフィスで
ビーチまでの車道の脇にちゃんと屋根付きの駐輪所もあるからバイクで来ても安心。
利用者はほとんどが地元の人で、外国人観光客の姿はほとんど見かけませんでした。
f0319208_20454624.jpg
チケット売り場も待合所も 想像していたよりも小ぎれいだったのが嬉しい誤算。
f0319208_20542359.jpg
K子さんのママンもご機嫌です★
f0319208_20521514.jpg
まもなく、ヌサペニダ方面からスピードボートが来たみたい・・・
f0319208_20522878.jpg
でも、沖に浮いてるボロい船のそばでごちゃごちゃやってるかと思えば
すぐに、スピードボートはその場を離れてしまったよ。あれ?何してんのかしら?

するとまもなく地引網隊みたいなのがわらわらと出てきて綱引きをはじめたww
f0319208_2052439.jpg
引っ張ってた船が浜に着くと、簡易桟橋を設置してお客さんの足が濡れないように
道を渡してくれていたので、船に乗ってた人はそこを通って降りてきたみたい。
一方、今から乗る私達もその簡易桟橋を通ってあのボロいお舟に乗るのねwwww
f0319208_205546.jpg
ちなみに私達はここの乗り場での前知識が一切なかったので
てっきりアメッドからロンボクやギリへ行く時(※過去記事※)や、サヌールから
レンボンガンへ行く時(※過去記事※)のように、ざっぶんざぶん膝ぐらいまで浸かって
ボートに乗り込むもんだと思い込んでいたから、簡易桟橋がかかってるだけでも
シニア2名を連れている私達にとっては「おー、よいサービスではないか!」と感激。
チケットは、船のクルーに直接渡しまーす
f0319208_20561693.jpg
このチケット、仕事のヴィザだったり在留許可のヴィザにあたるものを持っている人は
ローカル料金になるんですが、該当査証保持者のK子さんやうちのおっさんはともかく
なぜかツーリストとしてのヴィザ(VOAとその延長分)しか持ってない私までが
SIM C(インドネシアのバイクの免許証)を見せたらローカル料金になりまして
(というか、私の場合既に見た目がインドネシア人だったんだと思うわー)
さすがにK子さんのママンは観光客料金でしたがそれでも75000ルピアって安ぅ~。
ちなみにペラッペラのピンクのチケットがローカル料金用。青いのが観光客用。

チケットを見てみると 5万ルピアの内訳が乗船代45000と桟橋サービス代5000ルピア
と書いてあるので、ロープ引っ張って簡易桟橋&階段を設置してくれる地引網隊も
チップあげなくてもちゃんとそれがお仕事になっているのね。明快でよろしい。
f0319208_2056448.jpg
地引網隊が両脇から支えてくれる簡易桟橋を渡って、まずはボロい舟にのるよ~!

この時点で、段取りを知らない私達は「え?この変なボロい船で行くの?てか
これってスピードボートじゃないよね?ジュクンとかについてるようなしょぼいエンジン
しかついてないよね?え?これで20分で着くの?いやいやそんなわけないやろwww
やっぱり5万ルピアのからくりはこういうことなの?」と頭の中ハテナの嵐。
f0319208_20572640.jpg
全員がこのおんぼろ舟に乗り込んだら、しょぼいエンジンがかかって
少しだけ沖まで進んだんです。で、ちょっと進んだところで停まったぞw
よーく見てみると、うちらの乗った船にスピードボートが横づけしにやってきた
なるほど、ここからスピードボートに乗り移るのね。あーよかった★
f0319208_20575997.jpg
K子さんはママンと並んで親子仲良く。わしはおっさんと並んで夫婦仲良く座ります
f0319208_22112222.jpg
一応席は確保したけどこのボート、大繁盛でめっちゃ混んでるんですけどwwww
f0319208_2213324.jpg
前方も満員御礼状態。
f0319208_22135581.jpg
スピードボートそのものはわりと小型ですが、外観も内装もとてもきれいで清潔で
規模は小さいけど観光客用と言っても過言ではないぐらいのレベルでした。

もしかしたら天候や海の状態にも依るのかもしれませんが、乗り心地も
今までバリで乗ったスピードボートの中で一番揺れも少なく快適でした
f0319208_22143827.jpg
20分ほど乗ってうとうとしかけた時、ペニダ島に近づいて来たみたい
レゴみたいなフェリーがおるwwww
f0319208_22151719.jpg
あれに見えるがサンパランの船着き場
f0319208_22153020.jpg
ボートは海に突き出たデッキ部分に停泊しまーす。
f0319208_22154380.jpg
大きな荷物がある人は屋根の上に乗せているので係員が卸してくれます
f0319208_22165581.jpg
サンパラン側でも乗客は足を濡らすことなく上陸および乗船することができるんでーす
f0319208_22178100.jpg
こんな感じ。てか足元の海がキラキラして透明できれい!!!
f0319208_22172052.jpg
黒砂のビーチから乗って来たから到着した途端のこの浜の感じは高まるわー
f0319208_22174999.jpg
舟を降りると、おっさんが連絡をしてくれてた現地の係員が待っててくれました
f0319208_22183345.jpg
私とK子さんはこの人がドライバーでこの人の車で移動するのだと思ってたんですが
どうも、単なるおっさんの知り合いの知り合いでこの人が仲介してドライバーを手配
してくれた模様。そういうふうに間に人を挟めば挟むほど料金が高くなるのだけど
普段から人使いの荒いうちのおっさんはそういうこと全く考えないでいつも誰かに
丸投げしてすごい値段を請求される上にディスカウント交渉もうちらに丸投げってw
料金やルートはまだクサンバに居る時点でK子さんが電話で交渉をがんばってくれた
のですが、あんなに電話で説明したのに運転手は別の人ってことになると
また1から今から行く場所と本日の行動ルート説明をしなきゃいかんのでトホホ。
でも仲介さんも運転手さんもとても良い人だったので結果オーライです。

サンパランの船着き場のまわりはこんな感じ
f0319208_2218523.jpg
ミニスーパーはないけど ローカルワルンはちらほらあります
f0319208_22192183.jpg
味はわからないけど一応ナシチャンプルなども食べれるみたい
f0319208_22213977.jpg
もともとペニダ島そのものが本島からの物資運搬に頼っている部分が大きいので
バリ島本島よりも物価が高いのも承知の上だし、船着き場などのワルンでは
ジュースなどもきっと高いと思って覚悟していたんですが、パルピーオレンジが
7000ルピアだったので「あれ?コンビニとそんなに変わらないやんw」って印象。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして2日後の復路。 特に予約は不要で15分前に直接船着き場に行けばいいのですが
念のためにオフィスに電話して「14:15発に4人乗るからねー by K子」的な宣言は
ちゃっかりしておいた上で けっこう早めに船着き場に到着
f0319208_22222231.jpg
復路も往路と同じく3人分ローカル料金でK子さんママンは観光客料金になりました。
f0319208_22235977.jpg
よーく見るとFree Wifi, Free Coffee って書いてある!
f0319208_2247526.jpg
駄菓子屋のするめいかのプラスチックボトルみたいなやつにバリコピと砂糖が入ってて
一応混ぜる用のスプーンもおいてあって、冷水とお湯が出るウォーターサーバーがあって
プラスチックのカップがおいてある。さすがにバリコピを作って飲もうとは思わないけど
このプラスチックのカップがめっちゃ役に立ったんよ~
・・というのも待ち時間に食べようと思ってホテルでサンドイッチをブンクスしていて
f0319208_22345230.jpg
更にK子さんはチェックアウト直前まで冷蔵庫で冷やしていたビール持参だったんでーす
f0319208_2242597.jpg
なので、船着き場で乾杯するのにプラスチックのカップが活躍したってわけです。
(お酒飲まない私はお向かいのワルンでパルピーオレンジを買って飲みました!)
このサンドイッチとフライドポテトが美味しくてご機嫌で時間潰ししていると
いよいよボートが船着き場に到着したようで・・・・
f0319208_22224711.jpg
そろそろの時間になると乗客はチケット売り場から一旦桟橋の前の待合所に移動します
f0319208_22444120.jpg
ここでも乗客は私たち以外ほぼローカルさんです。(他に白人男性が2-3人いたぐらい)
f0319208_22472899.jpg
家族でスンバヤン帰りの人達も多く、待ってる間にカタコトなコミュニケーション。
f0319208_22474415.jpg
私は、おっさんがホテルで気に入った植物を挿し木用にもらって包んでもらったのを
持たされていたので、ローカルさん達に「それは何の薬だ?」と聞かれまくって困惑。
こういう何かわからん草とか木を持ってたらみなさん薬草って思わはるんやな~
でもそのおかげでコミュニケーションのきっかけというか話題が出来ておもしろかった★

乗船の準備が出来た模様。お!復路のボートは2階席があるやん!
f0319208_2248301.jpg
乗り込むときに「2階にあがってもいいよ」と言われたので
そりゃー高いとこが好きなバカ(私だよっ!)は上るでしょう上るでしょう。
私はK子さんママンと一緒にいたのですが、足の悪いママンは1階席に行ってもらって
あとから乗り込んでくるK子さんとうちのおっさんをそれぞれ1階と2階で待ちました。
お、運転席も2階なのね。
f0319208_22574148.jpg
私の席のお向かいはスンバヤン帰りの地元のイブです
f0319208_22575829.jpg
いぇ~い★ 出航でーす。
f0319208_22551873.jpg
帰りにも、レゴみたいなフェリーを確認。
f0319208_2259223.jpg
この日、アグン山は雲で見えなかったけど、見晴らしのいい位置に座って
海風を受けながらのボート移動はめっちゃ気持ちいい。揺れも少ないしめちゃ快適。
f0319208_22584786.jpg
みるみるうちにペニダ島が遠ざかってゆくよ~
f0319208_2302292.jpg
f0319208_2303719.jpg
出航からきっかり20分でトリブアナ(クサンバ)の沖まで来ましたよ~
f0319208_231417.jpg
クサンバの沖では見覚えのあるあのボロい船が迎えてくれますのw
f0319208_2312371.jpg
係員たちが手際よくロープを引っ張ってスピードボートと船を近づけまーす
f0319208_232137.jpg
1階の後方部分から乗客をボロイ舟に移動させられるように固定させています
f0319208_2342836.jpg
これで1階の乗客は難なく船へ移れるんですが、ここからが2階のおもしろいところw
2階席からボロ舟側にある梯子を伝って降りようとすると、ボロ舟の枠でハシゴを降りれないんです
f0319208_2344986.jpg
参考までに逆サイド・海側のハシゴの下はこんな感じ。サンパランで撮ったので海がきれいけどw
f0319208_235683.jpg
2階席の面々はこの海側のハシゴを使って降りることになるわけで、つまりは
足場のない海側のハシゴから1階の内側に降りて(くるっと回り込んで)1階後方から
ボロ舟に移るというアドベンチャーな体験を強いられるわけでございます。
f0319208_23175170.jpg
私はおもしろかったけど、私の正面に座ってたばーちゃんもこれを降りたんよね。やるなー。

全員がボロ舟に乗り移ったら、スピードボートは一旦その場を離れます
f0319208_23201251.jpg
その後ボロ舟はブルブルブルとエンジンをかけて浜側へ進みます。
f0319208_23212366.jpg
少しずつ浜が近づいてきたー!
f0319208_2322516.jpg
ある程度浜の近くまで行ったらその後は地引網隊が綱引きで舟をもっと浜まで近づけて
簡易桟橋と階段を舟まで渡して乗客が濡れずに下船できるように道を整えてくれます
f0319208_23224189.jpg
こうして私達も無事にクサンバの浜に到着しました~。わーい
f0319208_23231927.jpg
ありがとねー!スピードボート君。快適だったよ~
f0319208_2324258.jpg
というわけで、クサンバとペニダ島のサンパランを結ぶ格安スピードボートは
前知識がなかったせいで「安いしボロいかも?」などと覚悟して利用したにも関わらず
足腰が丈夫ではないシニア2名連れでも 水にぬれることもなく揺れも大きくなく
ボートそのものもきれいで、時間にもわりと正確で(10分程度の遅れはあったけど)
とても快適だったから また次回スピードボートで上陸する際はリピート利用アリです。

南部やウブドに滞在中の方なら、レンボンガン行きの場合と同じように
ホテルからの送迎つきでサヌールやブノアから大手のスピードボートがあると思うので
少々高くてもそちらの方が保険があったり、ボート乗り場までの移動費込みということで
結果的にはお安いのかもしれないからそちらをお勧めしちゃうと思いますが
アメッドから出てバイクか家の車で船着き場まで行くのがデフォルトな私にとっては
これからもヌサペニダに行くならパダンバイからフェリーにバイクごと乗せて行くか
クサンバからの格安スピードボートで行って現地でバイク借りるかの2択になりそうです。
今回はたまたまバハサ使いのK子さんが一緒だったのでちらっとSIMCを見せたら
ローカル料金になりましたけど、もともと払うつもりだった観光客料金でも
往復で15万ルピア
だからサヌールからのパブリックスピードボートの片道分より安い。

参考までに'17年5月時点での運行時刻表です ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_2333678.jpg
トリブアナの船着き場もサンパランの船着き場もローカル向きにしてはきれいし
のどかで擦れてなくていい感じなんですよ~。そういうところもめっちゃ気に入った★
そんなこんなで、大満足のスピードボート利用記録@ヌサペニダ編 でした。


Gangga Express

ADD : Br. Tribhuwana, Kusamba, Dawan, Klungkung, Bali,
PHONE : Tribuana: 081 936 261294
Sampalan: 081 805 464622, 081 23666 2476
Email : info@ganggaexpress.com
URL : http://ganggaexpress.com/
(FB : https://www.facebook.com/ganggaexpress/)


※ 上記はすべて'17年5月の利用時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-13 23:55 | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/237094465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< まずは Pura Goa Gi... Air Asia Premiu... >>