※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Gangga Express ...

'17年春バリ その1... >>
2017年 06月 11日
Air Asia Premium Red Lounge を利用してみた + おまけ @ KLIA2 ('17年4月)
f0319208_16471243.jpg
いつも帰国後の個別トピ1発目はエアライン・エアポートネタにしているので
今回は久々に利用した復路のガルーダ直行便のことにしようかな?と思っていたけど
写真もほとんど撮ってないし、機内では快適に爆睡していたからよく覚えてないので
ちょっと記憶が遠いけど 往路エアアジアX乗り継ぎ地のKLIA2で3時間利用した
エアアジアプレミアムレッドラウンジについて記録しておこうと思います。

こちらのラウンジはKLIA2インターナショナル乗り継ぎのサテライトビルディング内に
設置されていて去年の秋にオープンしたのですが、エアアジアのプレミアムフレックスや
プレミアムフラットベッドのお席の人は搭乗券を持っていたら3時間無料で使えるとのこと。
もちろん、お金さえ払えばエアアジアの普通の席のお客さんのウォークインでの利用も可能。
エアアジアXに乗り継ぐ人なら少しお安く事前予約もできるのですが、私は往路の利用で
乗り継ぐ便がエアアジアインドネシアの機材(Dで始まる便名ではなかった)ということで
事前予約ができず 当日飛び入りの3時間79マレーシアリンギで利用してみました。
この日は夜11時前に到着して翌日のDPSへの出発がもともとは9:30とかだったので
2:30-8:30はSama-Sama Express KLIA2(※過去記事※)に予約済みで「ちゃんと寝る!」
と決めており、到着から2:30までの時間つぶしと体を休めることも兼ねて
エアアジアのPremium Red Loungeをお試し利用してみようという魂胆です。




f0319208_17102320.jpg
KLIA2開業まもなくの頃からカミングスーン!の張り紙がしてあったんですけど
暫くオープンする気配がなく「soonていつやねんw」とその都度ツッコミをいれてた
エアアジアのこちらのラウンジも2016年の秋にやっとオープンしたとのこと。

この春は往路が深夜帯長めの乗り継ぎ時間だからいつものようにサマサマで6時間は
ベッドをおさえておきつつ、こっちも中を見てみたい!との好奇心による利用です。
扉を開けるとフロントスタッフがお出迎え
f0319208_17152568.jpg
ここで次の搭乗券を預けて3時間分のお金を払ってwifiのパスワードをもらったり
中の設備の使い方を軽く説明してもらいます。ちなみに中には喫煙所はないので
煙草を吸う時は外に出て下に降りていつものサテライトターミナル内喫煙所に行きますが
この出入りに関してはフロントに「喫煙所行ってくる」「帰って来た」の挨拶だけでOK
深夜帯ってこともあり利用客が極端に少なかったのですぐ顔も名前も覚えられてしまつたよ。
フロントから奥へはこんな感じの動線
f0319208_1719039.jpg
まずは、ラウンジ的なソファー席がありまして・・・
f0319208_17202267.jpg
さらに奥には広めの食堂のような雰囲気のテーブル席
f0319208_17211411.jpg
壁際にドリンクや軽食のビュッフェコーナーがあります
f0319208_17235751.jpg
内容は深夜ってこともあってしょぼいのか、普段からしょぼいのかはわからないし
私も食べる気すらしなかったので何とも言えませんが 食べる目的では行かない方が
ベターかと思います。一応館内はマックも24時間営業だし階下の麺屋さんもスタバも
わりと遅い時間帯まで営業していたのでKLIA2内に食べるものはありますんで。
私は冷蔵庫内からコーラやお水、あとはコーヒーを飲んだ程度
f0319208_17312239.jpg
一応コーヒーはその場で豆を挽くタイプのマシーンでしたが
豆が悪いのかどうか知らんけど出来上がったものはめっちゃまずかった記憶ですw

ちなみにアルコールは有料で提供とのことでしたが、自由に飲んでいい冷蔵庫の中に
缶のタイガービールは入っていたように思うのでタイガーは無料なのかな?(未確認)
無料ビールがあるなら呑み助さんにはラウンジ利用はそこそこ値打ちあるよね。
ラウンジオープン時の情報では、珈琲もビールも別料金という価格表が出てましたが
この時はビールの入ってる冷蔵庫に特に鍵もかかってなかったし、そのエリアには
スタッフも常駐ではなかったしコーヒーやティーメーカーも無料で自由に使えましたYO!

このパントリーの横にトイレやシャワーの設備があるんですがロッカーの利用も可能
f0319208_17333451.jpg
トイレは2or3組あったかと・・・
f0319208_1734757.jpg
もちろんシャワーもありまっせー。
f0319208_17342196.jpg
で、食堂チックなフロアーの奥には、飛行機ビューのちょっと暗めのスペースも!
f0319208_1737403.jpg
私は最初、ここのソファーでお茶飲んでたんですが
すぐ隣に階段があるのが気になったので上ってみましたよ~
f0319208_17382590.jpg
そしたら、めっちゃ静かな雑魚寝ラウンジが登場☆
f0319208_17392736.jpg
しかも、誰一人他のお客さんが居ないので一番奥で寝転がり放題
f0319208_1740687.jpg
充電用のアウトレットなどもあるので(差込口はBFタイプ)
充電しつつスマホ片手にクッションに寝っ転がってぐうたら三昧していたら
深夜になるにしたがってお子さん連れのファミリーが子供を寝かせにやってきたり
若い旅行者が仮眠しに来たりしてこの場もなかなかの人口密度になりましたが
みなさんうまーい具合にテーブルやクッションを利用してそれぞれの個別エリア
のように空間を作り上げていました。(このフロアー自体はそんなに広くない)
ちなみに、窓の外は待機飛行機ビューです
f0319208_17464040.jpg
レッドラウンジ内にはVIPROOMとかもあるみたいなんだけどそこは侵入してません。

KLIA2はもともとLCC用のターミナルなので節約したい人が多いのだろうし
新しくて床もまだきれいだし椅子や無料の休憩スペースなどもたくさんあるので
深夜帯でもそこらへんで陣地作って寝てる人も多く、ビジネスクラスで最初の3時間が
無料とかの人でない限りわざわざお金払ってまで利用する人が少ないのかな?
とも思うんですが、4~5時間の乗り継ぎ時間で気兼ねなく寝転がりたい時は
79MYR(約2000円)ぐらいならここで充電しながらダラダラするのもアリかな?
6時間以上の深夜乗り継ぎなら私は絶対サマサマエクスプレスで個室とるけどなw

というわけで、2時過ぎにレッドラウンジを出た後喫煙所でニコチン補給したら

********以下、オマケです**********

次は Samasama Express KLIA2へチェックインしますよー
f0319208_181665.jpg
以前にも個別記録しているので今回のサマサマの事はオマケ程度の記述にしますが
今回のお部屋は初回利用時同様 一番安いスーパーシングルルーム
f0319208_1812496.jpg
2回目利用時は一般的なダブルルームでベッドももう少し大きかったんですが
たった6時間の利用だから私にはこの一番小さい部屋で十分だべ。

で、同じカテゴリーで同じシングルベッドのお部屋だった初回利用時と違っていたのが
カーテン明けたら待機飛行機が見れたということ★
f0319208_1843353.jpg
初回利用時も2回目の利用時も部屋の奥は壁だったから、これは嬉しい!
f0319208_18101994.jpg
ちなみに、このスーパーシングルルームはROOM NO.69でした
このカテゴリーはbooking.comとかにはでてないので直予約限定になりますが
次にまたKLIA2でサマサマエクスプレスを利用する時はこの部屋番号をRQしようっと♪
次回の秋バリはKLIA2を利用する予定がないのでいつになるかはわかんないけどなっ!


AirAsia Premium Red Lounge KLIA2

ADD : L3 Satellite Buirdng (Sky Bridge side), KLIA2 Airport Terminal,
PHONE : +60 1-600-85-8888
URL : http://www.airasia.com/my/en/inflight-comforts/airasia-premium-lounge.page


※おまけ※
Sama-Sama Express KLIA2

ADD : L3 Satellite Building, KLIA2 Airport Terminal,
PHONE : +603 8775 6600 FAX: +603 8775 6666
E-MAIL : RESERVATIONS.SSEKLIA2@SAMASAMAHOTELS.COM
WEB SITE : http://www.samasamaexpress.com/klia2/


※上記はすべて'17年4月の訪問&利用時時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-06-11 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/237081871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Gangga Express ... '17年春バリ その1... >>