※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< みんなで食べるBistoro ...

aiさんと過ごす Aquate... >>
2017年 04月 01日
aiさんと過ごすAquaterrace Beach Room プールやスパ編 ('16年5月)
f0319208_2361378.jpg
'16年5月のアクアテラスビーチルーム滞在記録。約1年近く前の話なので現時点では
もっと細かい点でより一層良くなってたり便利になってる部分があるかとは思いますが
本日は滞在時点でのプールやスパや宿で手配してくれるアクティビティなどの記録です。
アクアテラスのいいところは、お部屋が快適なのはいわずもがなですが(※お部屋編※)
本館・新館共にそれぞれ2か所のプールとスパがあって気持ちいいプールをのびのび使える上
スパは宿泊ゲストは半額で利用できるのもマッサージ好きさんにはお得なポイントだし
レストランの食事だっておいしいから、お宿の中だけでも滞在を完結できるってところ。

アクアテラスに移動する直前まで 私達は W Bali (※ここ※)に滞在していたけれど
スミクロ界隈が便利なのをいいことにずーーっとおでかけでせっかくの大きなプールで
aiさん比ではあまり遊べなかったから ここに来たら朝から晩まで親の仇のようにプール漬け。
そんな様子も含めてビーチルームのプールやスパなどの設備をメモっておきます。

※注※ '17年4月現在。ビーチルームのプールに漏れが発覚したようで只今絶賛大規模修繕工事中のようです。
えりちゃんいわく、GW前頃まではビーチ側のプール工事が続くとのことで、
ビーチルーム側のプール利用不可および工事音や作業員の往来などでゲストに不便をかけるため
ビーチルームに泊まるなら工事完了後に行かれること推奨!(えりちゃんのFBなどで確認してみてね!)




★ '15年9月に同じL1の部屋で過ごした記録は ⇒ こちら ★
ビーチルームの他のお部屋は⇒ こちら。'15年春のアクアルームは⇒ こちら
(また、過去のレストランでの食事やスパ利用や滞在の記録は上記過去記事内のリンク先で遡ってみてください)
f0319208_2532818.jpg
アサイチからプールサイドを陣取るaiさんwww
f0319208_2561256.jpg
ここで、漁から戻ってくるジュクンの群れを眺めたり
f0319208_3285811.jpg
朝早くから出かけて行ったボートシュノーケルチームの帰りを迎えたり(この日の朝は曇り)
f0319208_341280.jpg
そのまま目の前の海でシュノーケルの続きをするC奥様とM奥様ご夫妻を眺めたり・・・
f0319208_3291643.jpg
カヌーで海のゴミ拾いをするスタッフ&まはちゃんをからかったり・・・
f0319208_3424354.jpg
海から上がってきてプールではしゃぐまは太郎を見守ったり・・・
f0319208_3565989.jpg
というか、まは太郎(アクアテラスのお嬢さんですw)プールでおおはしゃぎ。
f0319208_2382478.jpg
以前はめっちゃくちゃやんちゃだったので秘かにまは太郎と呼んでいたんですけど
近年ではしっかりとお姉ちゃんらしく聞き分けがよくなってものすごい扱いやすいんよ~
私が片付けとかでバタバタしている状態でうちに遊びに来た時でも色々手伝ってくれるし
2人でご飯食べに行ったり近所におでかけしても全然手がかからなくて、太郎度激減。
というか私個人が子供の扱いがあまり得意でなく、大人と同じように接してしまうので
ヤなことはヤダというしダメなものはダメっていうけど、できそうなことは賛成するから
「ちょっとお姉さんになったはまちゃん」の年頃だと、そこそこ大人扱いしてもらえる
ことが少し嬉しかったり、お互いほとんど遠慮がない分ラクなのかもしれないなー
f0319208_2554461.jpg
ここではプール大臣のaiさんの本領発揮です
f0319208_257867.jpg
f0319208_2575967.jpg
天気がいいからロースおじさんも洗ってひなたぼっこ
f0319208_2584119.jpg
陽射しが暑くなってきたらプールサイドのデイベッドのカーテンを降ろすと涼しいよ
f0319208_336316.jpg
このディベッドはビーチルームの4部屋4組分あるから取り合いせずに済むのもナイス!

15時をすぎたらアフタヌーンティーをオーダーしてプールサイドでいただけるし・・・
f0319208_2592911.jpg
※滞在中のアフタヌーンティーの内容はお部屋編の方で記録しています※

そのままプールサイドで夕方の空や海を眺めるのもいいよね~
f0319208_30547.jpg
到着日なんて腹ペコaiさんは夕食前に白ご飯をオーダーして、私がテイクアウトして来た
Mak Bengのスープ(※これ※)を器にいれてもらってプールサイドで一気食いしてたし
f0319208_31333.jpg
これなw
f0319208_314735.jpg
そろそろ夕陽の時間帯かな~
f0319208_33246.jpg
これは別の日の夕陽の時間帯
f0319208_35949.jpg
空や海だけでなくプールも色が変わるのがいいよね
f0319208_331510.jpg
陽が沈んだ後がいいんよね★
f0319208_36298.jpg
f0319208_362711.jpg
aiさんとまはちゃんはまだプールに浸かって遊んどるw
f0319208_335249.jpg
まはちゃんに「私も浮き輪に乗せてよ~」と絡まれ 「え~?邪魔やん~」ともめる2人ww
f0319208_375449.jpg
その後も浮き輪攻防戦が繰り広げられ
f0319208_382845.jpg
最終的にこんな仲良しショットにおさまりましたw
f0319208_381129.jpg
ツンデレなカップルかよ!
f0319208_2361378.jpg
すっかり日は暮れましたが・・・・
f0319208_372373.jpg
aiさん、夜になっても入っとるしw
f0319208_31079.jpg
滞在中の私達は、2日目午前中にaiちゃんがJelelukにシュノーケルに行くことと
3日目のランチをバイクでバリアスリまで一緒に食べに行って(※これね※) 帰りに露店で
ドリアンを買うことぐらいしか徒歩圏外へ外出する予定を立てておらず、その他は
aiちゃんがすぐ近所の洞窟ヨガや隣村のライフのヨガに参加できたらいいね、ってぐらいで
主な目的はプール遊びを楽しんだり、スパでマッサージを受けたりと敷地内で完結できる
事がほとんどだったから ほんとに3泊4日間を満喫させてもらいました。大満足。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、宿泊ゲストは半額になるスパも滞在中のお楽しみ事項。
私はマッサージを受けることが苦手なので普段から滅多に利用することはないですが
ビーチルーム側のスパには アクアルーム・テラスルーム・レストランのある本館のスパ
にはない、クリームバス対応のサロンスペースがあるのが私にとって嬉しいポイント。

滞在中はaiちゃんもC奥様もマッサージでこちらのスパにお世話になりましたが
その時はスパの様子を激写しに行かなかったのですが、5月中旬に3105さんが
アメッドに来られた時にビジターとしてクリームバス(ヘアスカルプケア)の
トリートメントを受けに行かれたので、その時の写真で記録しておきます。

ビーチルームのスパは、ビーチルームのレセプションを降りたところにあります
f0319208_3231910.jpg
f0319208_3111032.jpg
ちゃんとトイレも別途個室になってるのがいいよね
f0319208_3223880.jpg
海側に回り込んでみるとこんな感じ。
f0319208_3112663.jpg
客室棟やプールはもっと先のエリアにあるので、ビジターさんの利用時も
敷地内を遠くまで歩かずに済むのが便利だし、滞在ゲストの寛ぎの邪魔にもならず
それでいてビーチルームの素晴らしいロケーションを感じることもできるのが
さすがにうまい事作ってあるなーと感心せずにはいられません。

スパの入り口のスペースはちょっとしたショップになっています
f0319208_3115095.jpg
各お部屋に置いてある小物なども気に入ったらここで購入できまーす
f0319208_3153716.jpg
センセイシャの商品も20%オフだよ~
f0319208_312172.jpg
マッサージ用のトリートメントルーム内はこんな感じ。
f0319208_3212427.jpg
海の目の前だけどお部屋は壁に囲まれている為室内から海は見えません。
f0319208_321423.jpg
シャワールーム。
f0319208_3215532.jpg
もう少し自然の風を感じた開放的な空間でトリートメントを受けたい方は
以前からある、丘側のスパ・アクアテラス(ビストロアクアテラスの上階です)もあるので
マッサージに関しては空き状況さえ合えばどちらのスペースで受けたいかを予約時に
リクエストすればOKかと。(ヘアトリートメントはビーチルーム側のみの設備です)
※ 以前からあるHill Side側のスパ設備に関しては⇒こちらの過去記事内などでどうぞ ※

そして、'15年9月より増設されたこのビーチ側のスパの特色と言えばこのスペース
f0319208_312514.jpg
※ '16年9月に私がここでクリームバスを受けた時の記録は⇒こちらのトピ内 で!※

'16年5月は3105さんもこちらでヘアスカルプのトリートメントを受けられました
f0319208_3154789.jpg
あ!以前は2種類だったMAKARIZOのプロダクツの選択肢が3つに増えてる★
f0319208_3162425.jpg
海を背にしてのトリートメントだけど鏡に青が映るのがいいよね!
f0319208_3164966.jpg
仕上げのドライヤー中
f0319208_3185556.jpg
トリートメント後は海を見ながら水分補給のリラックスタイム
f0319208_325294.jpg
目の前に広がるのは海~!
f0319208_3192327.jpg
屋内ではなく開放的な空間でのクリームバスなら、アメッドエリア内だったら
The GriyaのChanna Spaもあるけれど(※この過去記事内参照※)環境的には
緑を感じながら受けるにはChannna Spa , 海を感じながら受けるにはAquaterrace
っていう風にそれぞれの特色があってしっかりと棲み分けできてるなーと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その他、丁度スパから右手前にある2人掛けチェア型ブランコも可愛い~
f0319208_3301825.jpg
えりちゃんのお母さんが暮らしているお部屋のすぐ近くにあるから基本はご家族用かな?
お庭部分は広くはないながらも敷地の緑も育ってきていい感じ~
f0319208_3303575.jpg
ビーチルームのすぐ下は大きな石がごろごろした岩場ですが・・・・
f0319208_330516.jpg
海に向かって左手の階段からグッドカルマのデラックスバンガロー側に降りると
砂浜のビーチに出ることができまーす
f0319208_3342882.jpg
私達はビーチに降りてグッドカルマのレストランにコロッケを食べに行ったのですが
振り返ってアクアテラスを見てみるとビーチルームはこんな感じです
f0319208_3371616.jpg
ズ~~~ム!!
f0319208_3373626.jpg
こうやってビーチ伝いに散歩がてらプチお出かけできるのも楽しいし
ビーチが敷地すぐそばにあるので、プールじゃなくてビーチで日光浴派の人にもイイし
ここからボートシュノーケルやボートフィッシングに直接エントリーできるのも便利。
更に、アクアテラスはカヌーも常備していて使い方のわかるスタッフも居るので
カヌーのアクティビティを依頼することもできまーす
f0319208_3382883.jpg
他にも、地域内のヨガクラスなども手配してくれるのでaiちゃんはC奥様と一緒に
またまた洞窟ヨガに挑戦!洞窟まではビーチルームの入り口からすぐなのも手軽でよろし!
私は部屋で留守番をしていたので、C奥様が撮ったaiちゃんの写真を見せてもらいました
f0319208_3455056.jpg
※洞窟ヨガの過去記事は⇒こちら
また、今回はaiさんはライフのヨガに参加してきました。とても良かったそうです。
一応スケジュールはありますが、何名かの参加者がいないとキャンセルになるらしく
要予約とのことなので、希望者はえりちゃんやスタッフ相談してみてくださーい
Life In Amedのヨガクラス。※クリックで少し大きくなるよん※
f0319208_3513912.jpg
Lifeはアクアテラスから1Kmほどの距離なので歩いて行けなくもないです。
(私は家が近いので忘れ物取りに行くついでにバイクでaiちゃんの送迎をしましたがね)

例えば、Jemelukまででも車を依頼すると10万ルピアとかかかる地域内のトランスポート
事情だけれどバイクのトランスポートだとそんなに高くないかもしれないので
どこか行きたいところがあればえりちゃんやスタッフに相談してみてください。

C奥様はルンプーヤンまでのカーチャーターを依頼されていたのですが
1回目は雲が多くてアグン山が見れなかったから最終日にまたチャーターで
リベンジしておられました。この最終日の再挑戦も「朝起きてみて天気が良ければ
○時に出発。天気が悪ければ行かない」みたいな交渉を前もってドライバーと相談し
とっても臨機応変に対応してもらってました。 で、結果リベンジ成功!
f0319208_35927100.jpg
便宜上アメッドと呼んでいるけれど、実際にアクアテラスがあるエリアはアメッドの
海岸線エリアに入ってから8Kmも先なので、例えばウブドエリアで言えばウブドの王宮
からプリウランダリまでと同等の距離があるんです。もちろんその道中にTuck’ed Seや
JelelukやBunutanやLipahなど周囲にコンビニやワルン・レストランなどがあって
いろいろと便利になった上にダイビングやシュノーケルのポイントがある村もありますが、
海岸線の道路はアップダウンも激しくいかんせん徒歩ではどこへいくにも遠い。
そんな場所だからこそ、お宿の中に居ながらにしておいしい食事や技術のあるスパを
お手頃な納得できる価格帯で堪能できるのはものすごーい利点だと思うんです。

日ごろからよく言ってるんですが、眺めはいいけど部屋の設備がいまいちだったり
宿としてはとてもいいけど食事がイマイチだから近隣のレストランへ行くこと推奨
だったり、マッサージ頼んだら油擦りつけるだけのビーチのマッサージおばちゃんが
来たとかそういうところもまだ多く、もちろん全部がまともなところもあるけど
そういう所はすべてのお値段がかなり強気。 それを思うとアクアテラスのコスパの
良さはアメッドエリア内の同等設備のある他の宿を知っている人ほど納得できると思う。
あと、やっぱり私は日本人なので日本人目線での快適度を追及するならば
アクアテラスのビーチルームの動線の良さや使いやすさはストレスを感じないんよね。

ただ、アメッドへ来られる方は、もともとの目的がダイビングやシュノーケルだったり
あるいはBack To Nature的な素朴な昔ながらの田舎の雰囲気を求めておられたり
例えばスピードボートでギリ島へ行く前後の経由地点としてのアメッド滞在ならば
ボート乗り場から近いエリアの宿の方がイイというような事情があったりするし
やっぱりお宿にはちゃんとしたお庭がなくちゃねーなどの好みなどもそれぞれだし
価値観も様々なのでみんながみんな納得できるというわけではないでしょうけど、
ちょっと町の喧騒を離れてせっかく遠くの村に来たのだから海を見ながらのんびりと
お宿に引きこもりながらもちゃんと快適に過ごしたいなーって人にはオススメです。
特にそういったリラックス目的での滞在の時は食事に関してはかなり重要なポイント!
・・・というわけで、次は’16年春版のビストロアクアテラスでのお食事記録になります。


Aquaterrace Amed (Bed & Breakfast , Bistro & Spa)

ADD : Selang Bunutan Amed
PHONE : +62 (0)81-3379-11096
E-MAIL : aquaterrace.amed@gmail.com (日本語可)
URL : http://www.aquaterrace-amed.com/
** Visa , Master のクレジットカードは手数料3%で利用可能です **


※ 上記は'16年5月の滞在時点での記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-04-01 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23705393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< みんなで食べるBistoro ... aiさんと過ごす Aquate... >>