※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< また来たよ~!朝のWaterc...

Tegal Sari Towe... >>
2017年 03月 19日
Pondok Tropical ~Room#03~再訪記録 @ Jl.Guning Sari, Peliatan ('16年9月編)
f0319208_21503828.jpg
'16年9月のシルバーウィークで渡航予定だったバリ友さんに
昼間はこの宿に遊びに来てもらって田んぼビューを謳歌しよう!という目論見で
お試しに'16年4月に一度泊まってみた結果 とっても気に入ってその場で秋の3泊を
確保した Pondok Tropical ですが、無念なことにバリ友さんはご家族都合で9月の渡航が
直前にキャンセルになっちゃったよ~。それでもこのお宿に泊まるのは楽しみだったのに
日程的には3泊目となる日におっさんから出張先の西ジャワのバンドゥンに呼び出され
しかもその日は午前中にイミグレ(しかもデンパサールではなくジンバランの方!)に
VOA延長の写真撮影で呼び出されるという落ちつかないスケジュールになってしまった(泣)
結局3泊目のお金は返金されなくてもいいから2泊でチェックアウトすることに
なったけど、たった2泊だけでもやっぱりここに滞在出来て良かった★
だって、前回の滞在で「ここがこうならもっといいのにな」と思ったことが
約5か月を経て確実に改善されてて お部屋の設備もちゃーんと進化していたから!

というわけで、本日は'16年9月のPondok Tropical 再訪時の備忘録です。




※'16年4月の初回滞在時の記録は⇒ こちら で※

Jl.Guning Sariから バイクでの昇降に気合が入るこの細道をのぼり・・・
f0319208_0145680.jpg
このあぜ道をズンズン進み 、ブラッワンギの工房を横目に更に奥へと向かうと
f0319208_23235930.jpg
田圃の左奥に目指すお宿が見えてきましたよ~
f0319208_2324133.jpg
・・・というわけでPondok Tropical の 前回と同じお部屋に到着です。
f0319208_23273110.jpg
早速寝室に入ってみますよー
f0319208_23285493.jpg
前回同様お部屋内はピッカピカでした。気持ちいいわー
f0319208_2329784.jpg
前回とはクッションカバーやベッドランナーが変わっていたんですが
f0319208_23295039.jpg
一番の嬉しい変化は、お部屋内の冷蔵庫の存在!
f0319208_2330071.jpg
前回は用意を忘れられてた湯沸かしポットやコーヒーセットも今回は完備!
f0319208_23303692.jpg
祝☆熱望していたミニバーの設置 ☆
f0319208_23301498.jpg
選択肢の多い朝食メニュー ※クリックで少し大きくなるよん※
f0319208_0345619.jpg
朝食はスキップ&ソトアサするつもりだったんですがお部屋の居心地が良いので
検証の意味も込めて2回とも宿の朝食を食べてみたので後程記述しますね。

お部屋の備品的には冷蔵庫が設置された現在では特に他に不便はなかったんですけど
1人泊だったんですが用意されるタオルは大きなバスタオル1枚なんよね。
洗面所用などの手をふくタオルやフェイスタオルもなかったような気がするから
女子は不便ではなかろうか。特に私のように超ロングヘア持ちならなおさら。
あ、でも私は安い宿に泊まるときはマイスポーツタオルと髪用のマイ速乾タオル
を常に持ち込んでいるので特にエクストラタオルは請求はしませんでした。
でも、こちらはスパも併設されていることもありタオルは十分あると考えられるので
取り替えて~って言えば滞在中のタオル交換はきっとその都度してくれると思うし
エクストラタオルもお願いしたら快く用意してくれると思われます。(未確認だけどw)

前回泊まってみて、テラスは気持ちいいんだけど陽射しの暑い時間帯とか夜に
部屋の中で作業したりだらけようと思っても作業デスクもゆったりソファーもないのが
ちょっとマイナスポイントかな?と思ってたんですが、今回はその前回の感想を
活かして 外の足が延ばせるチェアを1脚、屋内に移動させてみた
f0319208_0251458.jpg
更に、ベッドサイドのサイドテーブルを1台持ってきて作業台にしてみたw
f0319208_23325927.jpg
あーこれで エアコンの効いた屋内での卓上作業もはかどるわ~。でも通信状態は
良い時と切れる時のギャップが激しく、接続状態は油断ならないものがありました。
私の場合は、大事な通信はバリ携帯方のデータ通信を使い、ラップトップは写真整理や
書類作成などオフラインで利用することが多かったので問題はなかったですが
改善点をのぞむとしたらまずはその部分かな?(次には改善されていそうだけどね)
それでも扉がガラス張りなんで部屋は明るいし見える景色は緑の絨毯だしやっぱ最高☆
ベッドに寝転がって見上げる青空も最高☆
f0319208_23321374.jpg
そしてこちらがバスルームとワードローブのあるゆとりのスペース。
f0319208_23354819.jpg
ヘアドライヤーもあるよー。
f0319208_23363389.jpg
こちらはシャワーブース。天井シャワーとハンディシャワーの2本立て
f0319208_2336019.jpg
湯量は問題ないんですが水圧がやっぱり私の長髪のシャンプーを流すには一苦労。
f0319208_23361731.jpg
あと、以前よりもちょっとシャワーの目詰まりもあったかな?とほんのり記憶。
でも高級ホテルではないのだからこの水圧なら(覚悟していれば)許容範囲。
塔の上だってこんな感じだし、この価格帯の宿ならこんなもんじゃないでしょうか。

風呂と言えば、気になるのがテラスにあるバスタブやんねw
f0319208_23371485.jpg
前回は朝水着で入ろうと思いながらダラダラしてるうちに入るタイミングを逃したけど
今回はこのでかいバスタブにちゃんと十分な量の湯がはれるのか検証せねばと思い
張り切って湯を溜めてみたよ!(しかし、わけあってたまった湯の写真はない)
f0319208_0211371.jpg
何故湯の写真がないかというと、湯量的には熱いのがじゃんじゃん出たんですけど
あまり使う人がいなくてここまでの水道管が錆びているのか湯が黄色いw
バスタブ用の蛇口から出てくる水が既に黄色味を帯びてたんですーー。
洗面所の水、トイレの水を含めてバスルームの方の水そのものは大丈夫なんですけど
シャワーの方は溜めないのでわからないだけであっちも湯は黄色いのか?とビビって
検証してみたんですがそっちは異常なさそうだったのできっとこっちに繋がってる
部分の水道管が原因なのではないか??と思うんだけど体を浸ける気にはなれず
かといって溜めた湯が勿体ないので入浴剤を入れて色をごまかして足湯にしましたw
このあたりのことはまた今後改善されると信じております。ふふふ。
f0319208_0205298.jpg
この眺め、贅沢だよね~
f0319208_0193189.jpg
ところで、この奥の左手に何か物件があるのがわかりますでしょうか?
f0319208_035667.jpg
ズ~~~ム!!こちらはFirefly Bamboo Eco Cottage というお宿
f0319208_063659.jpg
三角屋根の塔みたいな妙な物体もお部屋だとのことですけど、
前回の滞在時('16年4月)にブラワンギでaiちゃんがシャンプーバーの切れ端を注文して
「明日の朝でいいよ。私がすぐそこの宿に泊まってるから明日取りに来る」と言ったら
スタッフに「バンブーに泊まってるのか?」ってかなり食い気味で言われたんよね。
「ちゃうちゃう。その手前のベジアユスパの敷地のポンドック。」と訂正したんですけど
あのスタッフの食いつきぶりは何だったんだろう。親戚なのか?と感じる一方で、
今は広い部屋もできてるみたいだけど当時はおでんみたいな1人1200円ぐらいの部屋
の存在しか知らなかったから「私、そんなゴリゴリのバックパッカーに見える??」
と 実はちょっとショックだったんですw デング流行ってるのに網部屋は無理~って。

ちなみに、このテラスとバスタブのある場所ですが、そのバンブー側から見たら
どんな感じなのかな?と思って田圃道のこの宿の更に奥まで行ってみたら
奥から見るとポンドックトロピカルはこんな感じだった。
f0319208_0500100.jpg
ズームするとこんな感じ (私の部屋のテラスの左下はスパ設備の部分)
f0319208_019841.jpg
あーこれだったらテラスの風呂に真昼間に入ってもあんまり気にならんな。
いや、美観を損なうという点で他人に迷惑かけるのでちゃんと水着は着ますけどね!
というわけで、一旦お部屋のテラスに戻りまーす
f0319208_042437.jpg
太陽が燦燦と降り注ぐ南向きのテラス。洗濯物がよく乾くんですわー。
f0319208_072444.jpg
てか、気になるのが少年の右後方の物体。あれ、何~?
f0319208_06579.jpg
夕暮れ時にはお部屋で、買ってきたトウモロコシ食べるー☆
f0319208_0133953.jpg
西陽~!曇りがちだったんでこの後の夕焼けもイマイチかな?と予想
f0319208_0112984.jpg
でもこの時間帯の光って好き~。
f0319208_0114674.jpg
この日はこの後、食事に外出して戻って来たのが暗くなってからだったと記憶。

ちうわけで、残っているのは既に夜になった写真のみ。
f0319208_0124181.jpg
2泊とも夜中にめっちゃ雨が降ったのでテラスで前回のような満天の星は見れず就寝。
f0319208_013377.jpg
そういえば、前回「扉1つで続き部屋にもなる隣の部屋の住民さんの様子次第では
生活音丸聞こえで落ちつけないかも?」と書いたけど、今回も静かな隣人に恵まれ
お隣さんの朝食時(東のテラス利用)は東側のカーテンを閉めることを心掛けた程度で
寛ぐ気分の支障になることはありませんでした。静かだったお隣さん ありがとう。

夜中の雨はすごかったけど両日とも朝になると雨がやんでた☆
雲が多くて朝日はみれなかったけどね。
f0319208_0155878.jpg
朝食は、部屋にある朝食リストにチェックして前日におうちの人に渡しておきます
6種類のセットの中から選んで部屋番号と時間を記入して渡すだけなので超簡単。
でも、ロスメン系の朝食ってパンは私の苦手なバリパンだし南国フルーツも食べないし
バナナ苦手だからバナナジャッフルとかバナナパンケーキもNGだしオムレツとかも
ニンニクとチリが入ってるし6種類あっても私個人的には選択肢が少なすぎるwww

というわけで2日目の朝は、逆にバリ人の朝ごはん(つまり甘いおやつ)を選択してみた
Paket 6バリニーズケーキ と バナナ抜きミックスジュースとバリコピ
f0319208_083167.jpg
思ったよりも量と種類が多くてびっくりしたけどたまには朝のジャジャンもありだね。
f0319208_085840.jpg
3日目の朝はPaket5 でジュースとバリコピは同じままでメインをミーゴレンにしてみた。
f0319208_093320.jpg
早朝からのミーゴレンはBBAの胃袋には少々きつかった
f0319208_094915.jpg
でもバリパン食べるよりは全然OKなので、あって良かったミーゴレンの選択肢。
朝食に関してはソトアサを楽しみにしてるんで私にとっては特に重要ではないです。
朝の散歩がてら(ちうてもバイクで行くけどさ)町に出てテイクアウトして来て
お部屋でドリップコーヒー淹れてゆーっくりこのテラスで食べるのもいいし
冷蔵庫あるから前日にケーキやジュースを買い出ししておいてもいいしな!
f0319208_010388.jpg
だってこんなきもちいい景色を独占状態なんだぜ
f0319208_0102083.jpg
この時のお部屋代は1泊30万ルピア(税込) レート良かったから約2,400円
(実際は前払いで4月に払っておいたからその時のレートでも1泊2500円)
立地的に万人向けではないだろうし冷蔵庫が設置された現在は値上がりしてるだろうけど
バイク移動で立地の点は問題のない私にとってはほんとに値打ちのあるお宿でした。
もちろんおいおい3回目の滞在も検討しております。つまり、気に入ってます☆

つかこの部屋もいいけど実は私、前回も書いたように1階の一番安い部屋も気になってるんよね~。
もちろん決め手はテラスのソファーと天井ファン。そして屋内にあるのに田んぼビューのバスタブ!
田んぼのパノラマ感と部屋の明るさは2階の南向きのこの部屋が圧巻だけど、いつか1階も攻めてみたいw


Pondok Tropical Guest House Fancy Room (Beji Ayu Outdoor Spa)

ADD : Jl. Gunung Sari No.9, Peliatan (ブラットワンギの工房の更に南奥です)
PHONE : Pak Madeの携帯番号を聞きましたが個人番号なので割愛。
Jl.Monkey Forestの BEJI AYU SPAの支店が併設なのでベジアユに連絡を取ると
よいのかも?(私の予約確認レシートも、モンフォレのベジアユの領収書でした)


※上記はすべて'16年9月の滞在時点での備忘録です※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23688436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< また来たよ~!朝のWaterc... Tegal Sari Towe... >>