※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Pondok Tropical...

お義母様と合流時のお約束は D... >>
2017年 03月 17日
Tegal Sari Tower Room#34からの定点観測 ('16年4月編)
f0319208_15375293.jpg
ブロックされてる期間が長い割には何やかんやいうても幸い1年に1回は泊まる
機会が訪れるテガルサリタワールームのてっぺん@#34 (通称・塔の上)
5階分の階段を上らなきゃいかんかったり基本的にはルームサービスもNGだったり
テガルサリの一般的なお部屋の料金に含まれているエリア内無料送迎も対象外だし
お掃除やシーツ交換の度に別料金がかかるといういろんな制限がある特殊なお部屋ですが
不便だろうが風呂が狭かろうが、周囲の風景が変わろうが今でも私はこの部屋が大好き。

初タワーだった時以降、テガル内だけでも3階建て+屋上のニャリアン棟ができ
北西側には3階建て+屋上のAnumana Hotelが建ち、田圃を挟んで西側にも
3階建て+屋上のEvitel Hotelが建ち、西側と南側に広がった田んぼエリアも
村の駐車場が作られて一部田んぼが駐車場の通路になってしまっているから
最初に感じた孤独感の気持ちよさと、見晴らしの良さは薄れてしまっているけれど
こうなったら「その時その時の様子をこの棟の上から見届けてやるぞ!」の気分。
ちうわけで、'16年の4月時点でのTegal Sari Tower Room#34 定点観測記録です。




※ 過去記事の ⇒ '12年秋の眺めと外観編 / '12年秋のお部屋編 / '13年春の眺め
'13年春のお部屋の変化編 / '13年秋の滞在時編 / '14年春の滞在時編 /
'15年春の滞在時編 / などで各時期のこの部屋からの景色の変化を記録しています!※


'16年4月末。 1年ぶりのチェックインです
f0319208_15383120.jpg
なんだかんだで合流者やお友達がテガルサリに泊まっていることが多いので
敷地内には渡航ごとに来ている気がするんですが、ウェルカムドリンクも1年ぶり
f0319208_15385055.jpg
田圃、イイ感じかも~❤︎
f0319208_16312143.jpg
よ!久しぶり~。
f0319208_15392624.jpg
慣れってすごいよな。この階段、もはや全然怖くないししんどくない自分がいる
f0319208_1540039.jpg
1年ぶりにチェックインしたこのお部屋で 以前と変わっていたことと言えば
テラスにこんな簡易テーブルが設置されていたこと
f0319208_154138.jpg
これ、別に屋内に持って入ってもいいので夜は屋内で使いましたけどね
以前からちゃぶ台的なものがあれば便利なのにと思っていたからこれは嬉しい★
ただし、真ん中から折りたためるようになってるのにストッパーがないから
卓を広げたまま移動させようととするとパタンとVの時に畳まれてしまうので
テーブルの上に物をおいたままの状態で移動させようとするのは大変危険です。

バルコニー(テラス)からの景色。
f0319208_15432216.jpg
こうなると田んぼの中にできた駐車場スペースおよびそこまでの車道部分も
見えるんですけど、建設前に想像していたよりも緑の邪魔をされてない感じかな?
そりゃー以前のように遮る物なく田んぼがどどーんの方が気持ちいいけど
コンクリの高層建物がばーんと建つよりはまだ今の時点だと許容範囲って感じ。

南東側は田んぼは以前通りに健在ですが通り沿いの3階建てが増えたよね。
f0319208_15434212.jpg
徐々に東側を向いてみると・・・・
f0319208_1545034.jpg
でた!#34のトイレから目が合うEvitel Hotel ださいわー。
f0319208_15451179.jpg
まぁでもその風情のない外観が今のバリの発展具合を示していて象徴的なのかもな。
(別にDisってるわけじゃないよ。位置的に屋上からは朝日も夕陽も見えていい感じだろうし。)

そして、お馴染み。私の()Tower Room#34 入室で~す。
f0319208_15461451.jpg
相変わらずベッドメイクばっちりで床もピカピカのテガルサリクオリティ健在。
f0319208_15464699.jpg
屋内設備で今回変化に気づいたことと言えば・・・・
f0319208_15544817.jpg
音がウルサイことでお馴染みのMiyakoの扇風機のパーツが一部行方不明(動くけど)
f0319208_15554758.jpg
エアコンのないこの部屋においてはこいつがなかなか酷使されている模様。
あと、Wi-Fiのルーターみたいなのが設置されてた。
f0319208_15553516.jpg
前からwi-fiは繋がってたんですけどより強力になったということなのかな?謎。

あと、関係ないけどこの1年前に私が破壊してしまったキーホルダー(※過去記事※)ですが
ちゃんと新しいのを買えるように料金調べてもらって代金も払ってきたのに
なぜ、こんなのがついてるのか??ものっすごい謎。(ま、ええけどw)
f0319208_15555780.jpg
ところで、1年前にめっちゃ増えてたハンガーやピンチは今回は最小限の数になってて
多分1年前は直前の住民さんが置いて行ったものだったようで撤収されちゃったのか
この1年間の住民さんが持って帰っちゃったのか、今は別の部屋にあるのかなどは謎。
思えば今回あった折り畳みテーブルも宿の備品じゃなくて誰かのものかもしれないから
その場合は次に行ったら簡易テーブルはなかった・・ってことも考えられるのかも?

バスルームの窓からの景色。
f0319208_15551667.jpg
この1年前はまだEvitelが工事中で、工事現場の人と目が合うぐらいだったけど
この時点でホテルが稼働していたので、テラスの人と目が合うのも現実的になってきた。

こちらはお気に入りのデスク前からの眺め。
f0319208_1558381.jpg
前々から薄々は感じていたけれど、この正面の高い木(テガルの植栽です)が
この部屋から見た場合、丁度夕陽が落ちる位置にあるというのが何とも複雑な思い。
(年月が経つごとにむくむくと育ってきてるからなおさら邪魔障害なんよね)

夕方になったのでバルコニーにクッションやマットを設置して外で寛ぎまーす
f0319208_15585894.jpg
こうやって見るとやっぱり以前のばばーんと田んぼ!っていう迫力は薄まったよなー
というか、スーパーデラックスの2つの辺のエリアからみえる田んぼの先に木々で
囲われてるエリアがあるんですけどあの向こうもおいおい何らかが建つことになるの?
どういう意図があってあそこにわざわざ木が植えられたのかいろいろと謎なんですけどw
もしかしたら単なる西側からの防犯的な説もあるのかな?ようわからんけど。
f0319208_15591311.jpg
夕暮れ時はおうちに帰っていく鳥さんを眺めながらケーキとコーヒーで寛ぐのが日課。
f0319208_1603275.jpg
森の向こうに落ちていく夕陽。やっぱりテガル敷地内の高い木が一番邪魔という事実w
f0319208_1615170.jpg
ところで、こっち側の奥の方なんですけど・・・・
f0319208_162115.jpg
これ、何?(ズームしてみた)
f0319208_162218.jpg
おっと!日没後の空の色がきれいになってきたよ~
f0319208_165518.jpg
色の広がりは鈍めだけどこれはこれで美しいわ~
f0319208_1651657.jpg
徐々に変わっていく空の色を見ながらのコーヒーブレイクは格別ですなー
f0319208_166415.jpg
奥の方の少しだけ水田の部分の水鏡もイイ感じにピンク色だー★
f0319208_1664515.jpg
まもなく夜の色に変わってきました
f0319208_1671783.jpg
そして、いつものように一番星がキラキラするのを確認してお部屋に退散。
(この後、ちょっと用事を思い出してスーパーに行ったんですけどすぐ帰って来た。)
日が暮れてからの田圃の中の駐車場への道は、通行しているバイクの灯が見えて
暗くて景色は見えないはずなのに 今まで田圃だったところが道路になってることを
昼間よりも夜の方が感じられたのが個人的にはちょっとショックだったなー。

夜はテーブルを屋内に持って入って部屋の中で過ごしまーす
f0319208_1673676.jpg
風呂事情が厳しいので私にとっては3泊が限界のこの部屋なんですが
この時は1年前に適当に2泊でおさえた上にその後aiちゃんのGWの渡航が決まって
初日はウブドで1泊するからここ(私の2泊目)をaiちゃんに明け渡すことになったので
私がここで過ごせるのは1泊2日のみ。(2泊目もaiちゃんが居るから遊びに来るけど)
だったら、せっかくの塔の上からの定点観測の機会に出かけてる時間ももったいない。
チェックインする前にいろいろ買い出しをしておいて夜もテイクアウトで済ませて
滞在中はなるべく部屋とバルコニーで過ごせるように段取りしておきました。

そして朝。見晴らしが悪くなった北西側にバトゥカルが浮かび上がってきたよー
f0319208_16105020.jpg
北東側はこんな感じ。やっぱり太陽はエヴィテルから昇るようでw
f0319208_1694943.jpg
雲が邪魔してるけどなんとかアグン山のシルエットも確認★
f0319208_16102979.jpg
あ、太陽が昇って来た。空がきれい!
f0319208_161147100.jpg
やっぱりエヴィテルのルーフトップの建物の屋根からの日の出かー。
f0319208_1613286.jpg
東側のたんぼのコンディションは最高な状態。朝の光でキラキラしてる
f0319208_1614760.jpg
この方向は車道沿いの物件よりもテガルの敷地内の植栽が育ったことの変化の方が顕著。
f0319208_16143230.jpg
そして、問題の駐車場方面(南西側)
f0319208_1616119.jpg
最後に北西側。やっぱり朝は空気が澄んでていいね
f0319208_16301161.jpg
しばらく屋内のソファーでごろごろしたら・・・
f0319208_15562773.jpg
いつもの持ち込みポットでお湯をわかしてコーヒー淹れて朝食がわりのケーキタイム★
f0319208_16163244.jpg
この日はaiちゃんの到着に合わせて、翌日から泊まる予定のWのロビーに集合で
先にWへ大きな荷物を置き去りにする予定だったので朝9時にはウブドを出発する気。
塔の上はもう1泊とってるから慌ててチェックアウトする必要はないけど
私自身はこの日はPondok Tropical(※この時の過去記事※)で寝泊りすることにしたので
1年ぶりなのにたった1泊ポッキリで定点観測を終了しちゃうのはもったいなかったなー
f0319208_15402061.jpg
一応'16年秋バリの時期もはるららお義母様が#10のお部屋に滞在されていて
私自身もそのうちの1泊お世話になったので様子はうかがいに行ったんだけど
残念ながら'16年10月は先客様でブロックされておりました
f0319208_164504.jpg
次はいつ塔の上が空いてるタイミングでウブド行きができるのかまだ不明ですが
機会があれば 絶対にまたこの大好きな部屋に泊まってしまうんだろうな~って思う。
でも もう築5年とかになるからそろそろ建物自体にメンテナンスが必要なのかも??
なんせバリの建築信用してないから その点はいつ事故物件になるか怖いんよなー。
それでもやっぱり私はあの部屋の存在感に惹かれてしまう。困ったもんよw


Tegal Sari Accommodation

ADD : Jl.Hanoman, Padang Tegal, Ubud
TEL : +62-(0)361-973318 / 970570 / 9783434 / 971552 / 970701
FAX : +62-(0)361-970701
URL : http://www.tegalsari-ubud.com/enhanced/index.php
E-MAIL : info@tegalsari-ubud.com


※上記は'16年4月の滞在時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-17 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23688430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Pondok Tropical... お義母様と合流時のお約束は D... >>