※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< お義母様と合流時のお約束は D...

お義母様のお気に入りは Hun... >>
2017年 03月 14日
Cafe Cous Cous 再び @ Jl.Bumbak Dauh, Umalas ('16年5月)
f0319208_322836.jpg
時系列豪無視で'16年の春バリ・秋バリまぜあわせていくつかのリピート物件の中から
緯度を上げつつの立地順で記録しているわけですが、本日は'16年春バリでの出来事から。

日程が直前で二転三転した5月後半のインド帰りのK子さんのお迎え&南部訪問時。
K子さんが帰国されたらお互いの拠点(私はアメッド。K子さんはロビナ)に向かう前に
南部で2泊ほどしようってことで Yuu飯に行くこととThe Santaiに泊まることが
第一目標だったんですけど、一応前日はThe Santaiの近くの安宿をとっていたんです。
結局はポートブレアからチェンナイへのフラキャンで帰国が1日遅れたK子さん。
かといって前泊の安宿はもうキャンセル料金がかかる状態での遅延判明だったから
丁度朝出張先からバリに戻ってくるうちのおっさんの仮眠所に使えばいいさと考えて
前泊の宿(※ここね※)には「夜チェックインできないけど翌朝仮眠所として使うから
お部屋キャンセルしないでねー」と事情を説明し、当日早朝にアメッドを出て空港まで
おっさんを迎えに行き、正午のチェックアウト時間までおっさんと運転手に部屋提供。
チェックアウト後は、昼ご飯に行ったり買い出しをしたりして3時ごろになったら
ザ・サンタイ(※ここね※)にチェックインして運転手を東部に帰す予定だったんですが
おっさんと運転手が前泊の宿で2人で仮眠している間の私は近隣をソロ活動する気満々。
だってせっかく朝から南部に来てるのに仮眠で時間を潰すなんてわしには考えられん!
しかも運転手が居る時のおっさんは食事はローカルワルンしか行ってくれないけど
こうやって2人を仮眠所に閉じ込めておけば私は私の好きな所で朝食をとれる~!
さぁどこでソトアサしようかなー。バイクがないから徒歩圏内でいける所となると
'15年秋の徘徊でお気に入りになった Cafe Cous Cousへ再訪で決まりっしょ★
・・・ちうわけで、本日は’16年5月時点の カフェ・クスクスでの朝食備忘録です。




※'15年秋のCafe Cous Cous 初訪問時の記録は ⇒ こちら

おっさんたちの仮眠所になったUma Sri Hotel (※過去記事※)からJl.Bumbak Dauh
に出て、南下すること約200m 7ヶ月ぶりのクスクス再訪ですよ~。
f0319208_3375910.jpg
外席では迫力のあるグループさんがもりもりと朝食を楽しんでおられました
f0319208_3271985.jpg
うん。やっぱりここのお店の雰囲気、好きだなー。
f0319208_329771.jpg
特に屋内席の一番奥の雰囲気は「うちがこんなリビングだったらなー」って妄想
f0319208_3291978.jpg
天井が鏡だったり、外席との仕切りもガラス戸だったり、タイルの使い方、木材の質
そして通りに面した小さなカフェだからスペースも限られているのに、インテリアや
周囲の植栽や卓上の小さなお花などで自然に溢れた爽やかな空間になってるんよね~。
f0319208_333126.jpg
'16年5月時点の朝食メニュー。※クリックで少し大きくなるよん※
f0319208_331738.jpg
お店に着く前はお腹もすいてたしほんとはガッツリ食べたかったんですけど
この空間に到着したら「また来れてよかった★」っていう気分だけで満ち足りてしまって
(眠かったのもあるけどなw)改めてメニューをじっくり選んでる気分でもなく
不覚にもなんだかテキトーに頼んじゃったよ。
f0319208_330336.jpg
でも、美味しかったから別にこれでよかったんだけどなw
まずは Morning Glory (Rp.38,000+税サ16%)
f0319208_3303467.jpg
オレンジとジンジャーとパイナップルのジュースです。うん。普通に美味しいよ★

Breakfast Wrap (Rp.48,000+税サ16%)
f0319208_33046100.jpg
ふわっふわのスクランブルエッグとほうれん草とトマトとフェタチーズが
全粒粉のソフトトルティーヤでラップされてて軽くささっといただくのに適した朝食で
めっちゃヘルシーなお味。結果論としては寝不足で体力低下中のこの時はこういう軽い
食べやすいもので良かったいう感想ですが、今思えばせっかくミドルイースタン料理の
カフェなんだから、朝食はシャクシューカとかを食べてみればよかった、と反省。
つか、自分の選択ミスなんだけど 私ソフトトルティーヤは大好物なんだけど
実は以前からホールウィートのトルティーヤってパサパサして苦手なんよね。と今更w
f0319208_3334012.jpg
というわけで、他のメニューも食べてみたいからまたこの辺りに来ることがあれば
朝食かブランチで再々訪できたらいいなー。でもほんとにクロボカンからチャングー方面は
行きたい店やお気に入り店だらけでなかなか胃袋の空きがなくて困ったもんよ。ほんま。


Cafe Cous Cous ~Moorish in Design & Flavour~

ADD : Jl. Bumbak Gg Pulau Bali, Umalas
PHONE : +62 (0)85 101 533 662 / +62(0) 82 144 113 800
DELIVARY AREAS : Seminyak-Batu Belig-Berawa-Umalas-Canggu
OPEN : Mon.-Fri. 08:00- 19:00 / Sat.- Sun. 08:00- 15:00
URL : http://www.cafecouscous.com/
(FB) https://www.facebook.com/cafecouscous


※ 上記はすべて'16年5月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-03-14 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23599830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お義母様と合流時のお約束は D... お義母様のお気に入りは Hun... >>