※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Pison Coffee @ ...

Rade Guest Hous... >>
2017年 02月 02日
TOIRO @ Jl. Batu Belig, Kerobokan ('16年10月)
f0319208_341715.jpg
いつも南部方面に行ったら、東へ戻るときにむっちゃんやえりちゃんに何か気の利いた
(東では手に入らないような)手土産がないか探してるんですが、南から東へ直帰ならともかく
戻る前にウブド滞在を挟んだりすることが多いので 鮮度が重要なものは「ハイ消えた!」だし
たとえ南から直帰でも 大抵がバイク移動なので いくら保冷剤と保冷バッグを持参していても
ケーキとか繊細なものは持ち帰るのに一苦労だから 車移動の時のみのお楽しみ。
そんな中、'16年6月にJl.Batu BeligにTOIROという和菓子のお店がオープンしたので
和の生菓子だったら東への手土産に出来るんじゃないかと秋バリで食べてみる気満々。

まずはちょっとお試しを兼ねてはるららお義母様合流時の夜のお茶タイムのお供として
生菓子を2つほど買ってみたらと~ってもおいしかった上、お店の人も親切で好印象。
1つ1つプラスティックのボックスに入れてもらえるから持ち帰り時の型崩れも最小限で
済みそうだなーと思ったので、その数週間後に日帰りでバイクで町方面に出た時
枠がしっかりしてて背負えるバッグと保冷剤を持参して、東までのテイクアウトに挑戦★

ちうわけで、和がしのTOIRO の商品と 食べ比べてみた結果をメモっておこうと思います




Jl.Batu Beligの店舗前。看板も めっちゃ可愛い。(デリバリーバイクがあるね!)
f0319208_345318.jpg
和菓子とお茶だけを扱ってるのかと思ったらカフェレストランとしても営業していて
食べものではおすしとかサンドイッチとかランチプレート的なメニューもあるみたい。
お店は小さいけど日本のテイストを取り入れてて妙に落ちつくわーこの感じ。
f0319208_35780.jpg
うん、外国人がデコるフェイクなジャパンテイストや 本格的に凝った日本ノリじゃなくて
普通に日本にある可愛い和風カフェって感じで、さすが日本人オーナーだな、と。

ティーセレモニーができるtatamiスペースもあるのね。
f0319208_353975.jpg
すっきりとしたカフェカウンターも!
f0319208_371761.jpg
コーヒーにもこだわってるってのがよーくわかるディスプレイで珈琲に対しても期待しちゃう!
f0319208_3112435.jpg
このマシーン、かっこいいなー
f0319208_373020.jpg
ガラスケースの中には色とりどりの見本が並んでます
f0319208_341715.jpg
もう、目で見るだけで楽しくなってしまう。
和生菓子だけでなくお茶やコーヒー豆やジャム(コーヒ&抹茶ジャム)も売ってるのね
f0319208_36858.jpg
お義母様と、ガラスケースを覗いてキャッキャしてたら 日本人のオーナーさんが出てこられて
この日にある生菓子全商品の現物見本を出してきてくださいました
(再訪時も出してくださったのでもしかしたらこれは2回目に行ったときの写真かも?)
f0319208_362374.jpg
1つ1つの商品に対する日本語の説明書もあります
f0319208_3264456.jpg
でも、オーナーさんに直接「チョコとかじゃなくて あんこが入ってるのはどれ?」とか
「これは何が入ってるの?」とか聞いてその都度説明してもらえて 選ぶのが楽しかったです

2回目に行ったときはこの時点で夕方5時とかで、アメッドに直帰はするつもりでしたが
私のノロノロ運転(しかも鳥目)で日が暮れてからの走行はむっちゃんとこ到着が8時半かな?
ってことはママカフェで一旦味わってるとアクアテラスに行けるのは9時すぎてしまうから
ちびっ子たちが寝ちゃってる。和の生菓子って当日中に食べなきゃいけないという印象があって
明日でも美味しく食べれるものを選ばなきゃいかんなーと思って悩んでいたら、大将曰く
「冷蔵庫に入れておけば明日でも美味しく召し上がっていただけますよ」とのこと。ヤッタネ!

こちらはお義母様と一緒に買いに行ったときの戦利品
f0319208_375354.jpg
1人1つずつの合計2個だけしか買わなかったんですがオマケで1つ余分にもらっちゃったー
再訪時もいくつかオマケを入れてくださいました。サービス良すぎ!!
f0319208_392632.jpg
まずは、初回の戦利品。(一番奥のものがオマケでいただいたものです)
f0319208_38999.jpg
こちらは、2回目の1箱目
f0319208_310966.jpg
2回目の2箱目 (2つオマケをいれていただいたようです)
f0319208_3102819.jpg
それぞれの商品はのちほど感想とともに記述していきますね。

お店を出る時は2度とも大将が丁寧にお見送りしてくださいました。恐縮w
f0319208_3201852.jpg
では、商品について1つずつ説明していきますね~(写真が残ってるものだけですが)

Baby Cheek (Rp.18,000) 米粉と卵白の衣に小豆餡のお菓子です
f0319208_38239.jpg
見た目よりも衣の食感が軽くてふわとろもちっとまさに赤ちゃんのほっぺ!(リピ買いしました)

New Energy (Rp.20,000) 季節商品で雨季明けの野山のイメージだそうです
f0319208_383930.jpg
緑色は抹茶の求肥だそうで、こちらも中身は小豆餡です。(リピで2個買いしました)
これってバリの人にも見た目がクレポンっぽくて馴染みやすいんじゃないかと思ったりw

May Be Happy (Rp.25,000) お供えの白い花のイメージだそうです
f0319208_39656.jpg
こちらは、オマケでいただいたんですが中は白いんげん餡にキウイが入ってるんです
私、あまり変わり餡は好きじゃないんですが、フルーツ大福的だと思えば全然違和感がなく
ちゃんと「和菓子」してるけど トロピカルな風味とチャナンを彷彿させる見た目が
バリと融合しているなーって思うと、改めて「和菓子の世界観って素敵」って思いました。

Beauty Before a Joyful (Rp.25,000) バナナの花がモティーフだそうです
f0319208_3151197.jpg
これ、2回目のオマケでいただいたんですが 自分で選んだわけではないので
中に何が入ってるかとか商品のコンセプトを説明読まない状態で小豆餡が見えてたので
むっちゃんちで味見する時に「私、これー!」って食べてみたら、あんこからバナナの味がw
バナナ餡ではなく小豆餡の中にバナナ(の風味)が入ってるという感じだったので
バナナが大の苦手な私でも食べれないことはなかったですが、バナナが苦手じゃない人なら
めっちゃ美味しく思えるんだろうな~。あー私が食べてしまってごめんなさい・・・って感じです。
そういえばたしかに、この紫はバナナの花の色!説明のリーフレットを読んで納得。

むっちゃんとこでは、到着が既に8時過ぎでママカフェの照明も暗めなので
ちゃんと写真を撮っていないのですが、むっちゃんと当時のゲストのKNさんには
New EnergyBaby Cheek (この2つは初回購入分の個別写真にあり)
その他、Murmurという抹茶の、Loiteringというチョコの、蒸し菓子をそれぞれ渡しました

で、翌日明るい時間にアクアテラスで その他の購入品を試食大会~
f0319208_3211978.jpg
ラインナップはこの7品
f0319208_315373.jpg
再登場の New Energy (2つ買ったからそのうちの1つ)
f0319208_316644.jpg
Gunung Batur (Rp.18,000) バトゥール山がモティーフだそうです
f0319208_3162877.jpg
こちらも、小豆餡のお菓子なんですが生地がもち米でシナモン入りなんです
食感的には小さくて上品なおはぎ的。えりちゃんいわく「これが一番"和菓子"やな」って。
確かにシナモン苦手な人はいるだろうけど、生八つ橋だってニッキ味だし 違和感ないわ。

Budugul (Rp.25,000) チョコ餡にドライフルーツが入ったニュータイプ!
f0319208_3165462.jpg
トロピカルフルーツがたくさん採れるブドゥグル高原をイメージしているそうです。
こういうのも、見た目は完全に和菓子なのに餡はドライマンゴーとドライパインが入った
フルーティーなチョコレート餡で面白い!(マンゴーも苦手なんですけどちゃんと味見したよ)
こういうオリジナリティのあるフュージョン和菓子ってもはやWAGASHIだね★

The Life In Rose (Rp.20,000) こちらも2度目にオマケでいただきました
f0319208_3171567.jpg
この商品は何種類かあるようなんですがグラティスでいただいたのはマンゴー。
マンゴーなので私は味見してませんが まはちゃんが「美味しい美味しい」って抱えて食べてました
見た目もお花(薔薇)で可愛いし蝶々も乗ってるからまはちゃんの女子心も満たされたようです。

Jewel (Rp.20,000) 中のムースは抹茶を選択。
f0319208_3173927.jpg
これ、今回個人的にも えりちゃんの感想も あーくんの食いつきっぷりも含めて大好評。
中身のムースはフルーツ系数種とチョコと抹茶など6種類ぐらいあるようなんですが、
各フレーバーのムースを葛で包んでプルンプルンでとろんとろんで 口の中でじゅわっと
ムースが溶けて少し弾ける感じで食感が楽しすぎる!抹茶ムースもいい味してたわー
あーくんも、その感触がお気に召したのかわしづかみでかぶりついてました。
f0319208_3214318.jpg
こちらはシーズン商品の Halloween (Rp.28,000) ハロウィンのお化けがモティーフです
f0319208_31802.jpg
見た目から、子供が喜ぶだろうな~。きっと中身はあんこじゃなくてチョコだろうな~と
想像した通り、中身はチョコレート。皮はちょっとしっかり目。てか、可愛すぎるやろw

こちらもシーズン商品 Pumpukin (Rp.28,000) ハロウィーンのかぼちゃやね
f0319208_3181860.jpg
これ、中身の事全然覚えてないんですけど めっちゃおいしかったんです。
もしや、かぼちゃ餡というかかぼちゃのきんとん的なものだったのかな?
あ、そうそうきんとんって言葉で思い出したけど(栗は入手が難しいかもしれないけど)
かぼちゃのきんとんとかお芋のきんとんとかならバリでもできると思うんだ~。
バリでも繊細な、餡そぼろのついた和菓子としてのきんとん、食べたいよ~。
でも和菓子のきんとんは本来賞味期限短いし あの常夏の気候で風味のコンディション保つの難しそうだね

では、改めて'16年10月時点の商品説明のページを。※クリックで少し大きくなるよん※
f0319208_32556.jpg
すべての商品の材料、デザイン、ネーミングにそれぞれ込められた思いがあって
その優しい思いがこんなに可愛い和菓子の形で表現されてるってほんとに粋だよね。
最初は「チョコ餡とかいらんねん。普通に白あんや小豆あんがいいねん」って思ってたけど
リーフレットで各商品の説明を読んで、実際に食べてみたら、現地のものからアイディアや
インスピレーションを得て うまーく融合させて すごいな~って感心しました。
気候の問題、材料の問題、ニーズの問題などもあって日本と同じような品ぞろえにするには
難しいかもしれないけど、ちょっと大胆な素材や南国の奇抜なアイディアを取り入れても
ちゃんと和菓子の精神がこもっていればそれはもう完全に「和菓子」だと思う。
季節感があって情緒があって繊細な日本の文化ってやっぱり素敵だなーって再認識です。
もちろんリピ★確定。他の和菓子も食べてみたいしカフェの方も利用してみたいもん


和がしの十色(TOIRO) Japanese confectionery Cafe & Restaurant

ADD : Jl. Batu Belig Kerobokan
PHONE : +62 (0)361 769072
OPEN : 10:00 ~ 22:00
URL : http://toiro-wagashi.com/
(FB) https://www.facebook.com/TOIROwagashi


※ 上記は'16年10月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-02-02 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23507218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Pison Coffee @ ... Rade Guest Hous... >>