※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Rade Guest Hous...

Dim Sum House と... >>
2017年 01月 30日
The Savage Kitchen @ Canggu Plaza, Canggu ('16年9月&10月)
f0319208_1431924.jpg
チャングークラブの近くに飲食店やショップがいくつか入ったチャングープラザがありまして
以前Desa Seniに泊まった時(※5年ほど前の過去記事※)にはまだ建築中だったから
多分その次の渡航の'12年春バリの頃にオープンしたと記憶しているんですが
トラットリアのチャングー店が入ってたり、SUSHI BARって書いたお店があったり
今はもうないけどブラジリアンレストランが入っていたりと チャングークラブにくる
在住外国人の利用を見越してなのか入ってる料理屋が多国籍やなーw と思ったんですが
正直、この付近は在住外国人が開いた通り沿いの小さな店舗の方が魅力的だったので
チャングープラザ内の店舗にはあまり食指が沸かなかずいつも前を素通りでした。

そんな中、’16年秋バリで9月の単独徘徊中に 在住の友人に頼まれてアメッドの塩や
その他東部からの調達品を渡すことになっていたんですが特にアポをとってなかったので
友人がチャングーの仮称・アジト(ハワイ繋がりの腐れ縁ヌ達と8年程前に建てた隠れ家)
に取りに来てくれた時、私は別の在住外人さんと会うために外出中w (※この時ね※)
改めて連絡を取ってみると、翌日の朝7:30ごろからチャングークラブに行くらしいので
それなら私はチャングークラブの近場で朝食をとることにするから、行く前にそこに寄って~!
でもそんな早朝から開いてて待ち合わせに使えるカフェはあるの?と悩んでいたら
プラザに新しくできたSavege なら朝6:30から開いてるからそこでどうよ?」との提案。
じゃぁ私はそこに居るから7時頃に寄ってね~ということで翌朝の朝食での利用決行。

その後、10月のはるららお義母様合流時にお義母様からのリクエストもあって
夕食で再訪したので 本日は2回分まとめてSavege Kitchenの備忘録です。




場所は、チャングープラザの一角。車道から直接入れる位置にも入り口があります
f0319208_1522251.jpg
7時頃が待ち合わせの目安だったけどはりきって6時半にはお店に到着しまーす。
f0319208_1523847.jpg
通りに面した入り口から入ると、気軽にテイクアウトできるような雰囲気になっておりました
f0319208_1525979.jpg
おっと、朝食メニューも充実の模様
f0319208_1531435.jpg
店内は 朝食やブランチにピッタリの健康的で明るい雰囲気
f0319208_153274.jpg
パティオのようになった外席(中庭席)の、奥の建物もSavege Kitchenのお席のようで
エアコンが効いていてこちら側よりもエレガントな感じになっているみたい(主に夜用かな?)
f0319208_154580.jpg
ま、スモーカーの私は喫煙可能な中庭席一択ですけどね。
f0319208_1542555.jpg
奥のソファーみたいになったエリアはテーブルが小さいので、バーやカフェ利用に適している感じ
f0319208_15617.jpg
Caffe Latte (Rp.30,000NETT)
f0319208_1562531.jpg
しっかりたっぷりで、朝向きのラテでした。
Granola, Coconuts, Chia Pudding,Orange, Strawberry (Rp.65,000NETT)
f0319208_1565576.jpg
バナナが入ってないものを選んだのか、バナナ抜きにしてもらったのかは忘れましたw
普段、ココナツベースのものは避けがちなんですが これはナッツやグラノーラ、ベリーなどの
大好物が大集合だったので美味しくいただきました。私はこれだけしかオーダーしてないから
量的にはイイ感じだったけど 例えば普通にオムレツとか頼んだら 今回の1品までは
食べきれないだろうからデザートサイズのものもあったら朝食がより一層充実するのになーと。
f0319208_1571377.jpg
この日は無事にここで友人に頼まれものを渡すことができて 私も7時半には退散。
前夜は仮称・アジトに泊まったけどクニンガン・日曜と続いて、行きたいのにお休みのお店も多く
思うように動けていないこともあり、アジトの立地では不便なので、この日はこの近くの安宿に
移ることに決めておりまして、この時点で既に荷物は乗せてきたので朝から荷物だけ置きに行き
「午後3時ごろにはチェックインしにくるねー」と伝えてそのままヌガラへ(※この時の話ね※)

そして10月のはるららお義母様合流時。お義母様がどこかのサイトで料理の写真を見たらしく
「ツナのグリルがめっちゃ美味しそうだったからSavegeであれを食べたい」とリクエスト。
グリルものとかステーキとかならお義母様にはSCRATCH(※過去記事※)のお料理も
是非食べていただきたいけど、(リピートネタなので個別トピは後日のUPになる予定ですが
ステーキはもちろん'16年春にスクラッチで食べたレバーパテも絶対お義母様好みなんよ~)
3泊4日ぽっきりのエリア滞在期間じゃ胃袋に無理は禁物。最終夜、どっちかを選ぶしかない。
スクラッチはきっと次に来た時も間違いなく健在だろうから今回は新しい店に行っとくか!
今日はお肉よりお魚食べたい気分だしな!と、速攻その日のディナーで席を予約。

ディナー予約は2部制?で、夜6時半~と 8時半か9時~のどちらかを選ぶシステムで
私達は18:30にブッキング。 でもなんやかんやで18:10には到着していた気の早さw
f0319208_205183.jpg
まだ夕食には早い時間帯なのでこの時点でお客さんは少な目
f0319208_2183.jpg
予約している旨と名前を伝えると、屋内席になったレストラン部へ通されかけたんですが
喫煙できるパティオのテーブルが都合がいいことを説明して外席を陣取りまーす
f0319208_274125.jpg
てか、この後いろんなスタッフがかわるがわる何度か(しかもおろおろしながらw)
「予約がないと席を用意できないんですが予約してますか?」といちいち確認しに来ては
中庭席に座ってるのになんとなーく屋内席に案内したがる雰囲気なんですけど
こちとら煙草吸いたいから外席がいいんで「もうー何回言わせるの?伝達徹底しろよ~」
ってそこそこイラッとなったんですけど メニューを選んでからしばらくした頃に
最終的にホールの責任者みたいな人がタブレットを見て首をかしげながらやってきたので
私のスマホを見せて予約番号と確認画面を見せてお店の管理表と照合してやっと解決
いや、最初のスタッフにもこの画面見せたしwwww。なんやかんや言うてもバリやなー
それにしてもそんなに予約管理して着席制限せなあかんほど流行ってるんかいな?と
思ってたら なるほど、時間が経つにつれ店内を含めたテーブル席は満席状態でした。

というか、どうも通りに近い健康的にカジュアルな方はSavage Kitchenって書いてるけど
奥の建物はサヴェージ・ガストロノミーとなっているらしい。もしやキッチンとガストロノミーでは
メニューが違うの??もしかしたらそれでスタッフがわらわらしてたの???いまだに謎。

渡されたメニューはこんな感じ。※一応クリックで大きくなるよん※
f0319208_241518.jpg
思ったよりメインの料理の選択肢が少なすぎてちょっとがっかり。
でも今回のお義母様の目的はツナステーキなのでツナステーキがあればそれでOK。
スタッフのお嬢さんいわく、単品よりもSavege Creations(セットメニュー)がお得よ!とのこと。

Yellow Nutrient Juice (Rp.45,000NETT)
f0319208_28071.jpg
食事はSavage Creations からメインとサラダとサイドとソースを選びました
お義母様は待望の Tuna Steak + Salad + Side (Rp.135,000NTT)
f0319208_282150.jpg
グリーンサラダ、アスパラガスとブロッコリーのBBQ、サルサヴェルデソースだったかな?
アスパラガスはイイ感じなんだけど、そのブロッコリー、焼きすぎてないか??
ツナステーキは、ミディアムレアでお願いしたようですが 出てきたものは想像していたよりも
焼きすぎ気味だったようでちょっとイメージと違った模様。 お味は美味しかったですけどね★

私は Barramundi Fillet + Salad +Side (Rp.135,000)
f0319208_283547.jpg
サラダはブロッコリーとココナツと豆。サイドはワイルドマッシュルーム。ソースはタルタルで。
こちら魚の焼き加減は,皮がパリッと身がふっくらで焼き加減もバッチリで美味しかったです。
お義母様も味見をして「ツナよりこっちの魚の方が"アタリ"やね」と仰ってました。

この時間にもなると外席もお客さんで賑わっております。
f0319208_285948.jpg
な、繁盛しとるじゃろ?
f0319208_294932.jpg
確かに、ボリュームがあってガッツリたべれるけどヘルシーでフレッシュな素材を使っていて
オーストラリア人とかが好きそうな料理内容だし流行ってるのも納得はできるんですが
なんというか、友達に誘われたとかで機会があればリピートすることもあるだろうけど
この感じだったら「ここでなくっちゃ」的な唯一無二感に欠ける~って生意気なことを思いました。
多分、来店時の予約の管理と対応にちょっとイラッときてその時点で期待値を下回ったことや
思ってたよりも料理の選択肢が少なすぎたこと(多分現在はメニュー増えてると思うけど)や
自分たちの頼み方のせいかもしれないけどツナステーキの焼き加減が期待外れだったことや
お義母様のブロッコリーの房?の部分真っ黒やん。ようこんな炭みたいなんを出したな~(笑)
って点など、ちょこちょこツッコミたい気分もなきにしもあらずだった。というのが本心ですw
もともと高級レストランの価格帯ではないのでこのお値段だったら全然OKなんだけどね。
f0319208_2103387.jpg
お昼に行くと気軽に利用出来て開放的なのでリピートするなら朝~午後にかけてかな?
太陽の位置によってまぶしすぎる中庭席もあるけど朝6時から開いてるっていうのは強みだし。
あるいは、夜に行くとしても次はキッチンの方ではなくビストロノミーの方のメニューから
前菜・メインと選んでいろいろ味わえたら 今回のちょっと小姑な感想は取り消しになるかも??


The Savage Kitchen

ADD : Canggu Plaza, Jalan Canggu Club,(Jl. Taman Wisata ),Tibubeneng,
PHONE : +62 (0)81 916 414 541
OPEN : Sun - Sat / 6:30 ~ 21:30
E-MAIL : contact@thesavagekitchen.com
URL : https://thesavagekitchen.com/
(FB) https://www.facebook.com/thesavagekitchen/


※ 上記はすべて'16年9月と10月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-01-30 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23507213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Rade Guest Hous... Dim Sum House と... >>