※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< FIKA @ Jl.Panta...

Stairway To Hea... >>
2017年 01月 06日
Ji Restaurant Bale Sutra @ Batu Bolong, Canggu ('16年10月)
f0319208_15462093.jpg
'16年の秋バリ記録。東部ハツモノ編は前回のトピで一通りキリがつきましたしましたが
秋の南部・ハツモノ&初記録編が丸々残っているので ここからしばらくはここ数年個人的恒例の
スミ・クロ・チャングー方面と ブキッ方面(ジンバラン~ウルワトゥあたり)のハツモノ記録を
ハイペースで なるべくサクッと進めていきたいと思います。ただし、この秋も このエリア内で
はじめて入ったお店や 入店は初めてではないけど今までブログに残してなかったお店が
多すぎるので まずは Tugu BaliJi Rdestaurantのことを記録して、
その後はこのお店に近い順番からバトゥボロン通りのハツモノネタに進もうと思います。

なんせ、Tuguの不思議な世界観は私もはるららお義母様も大好物。ロンボクに出来た時は
Tugu Lonbokに泊まりたいがためにロンボク集合したぐらいだし(※過去記事代表※)
うちのおっさんもTugu Baliには何度か行っており、Tuguの雰囲気を気に入っているので
おっさんのジャカルタ出張に同行した時は夫婦そろって、Tugu系列のレストランへ訪問したり
(※ Lala Djongran編 / Dapur Babah Elite & Tao Bar編 / Shanghai Blue & Samara編※)
ことあるごとにTuguの世界に浸りたい気持ちはあれど、Tugu Baliに泊まってしまうと
せっかくチャングーに滞在していても楽しみにしている徘徊やカフェ巡りがおろそかになるんで
Tuguへはビジターとしてレストラン利用をするのが私にとっては一番現実的なんですが
Tugu Baliって、ダイニング的なエリアはあるんだけど レストランになった空間がよくわからず
(レセプションロビーのバー利用程度ならわかりやすいんだけど 私、お酒飲まないからな~)
だいぶ前にウ子ちゃんと館内を見学(※過去記事※)して以降、恋い焦がれ続けながらも
ビジターが通りすがりに気軽に食事利用するにはハードルが高いという印象が強かったんです。

そんな中、いつものPH氏から'16年の初夏に「Tugu Baliにバトゥボロンの通りから直接入れる
併設レストランが開業したよ、料理内容はジャパニーズフュージョンだよ」とのお知らせがw
ジャカルタのTugu系列のレストランも、プラナカン的だったり中華風だったり中東チックだったり
いろいろな文化とのフュージョンを感じたけれど、バリの店舗は「和との融合」ときましたか!
ちうわけで、チャングーに移動した日の夕方。早速 Ji Restaurantへ行ってみました。




案の定私達はバイクでぷいーんと向かったんですが、駐輪所に停めようとしたら
パーキングスタッフがすべてやってくれて、バイクなのにバレパーキング状態。さすが。
私のしょぼい写真では建築中の物件にしか見えませんが本物はもっと風情があって素敵です
f0319208_15474557.jpg
レストランの名前のJIは [寺】 なんだそうです。

中に入ったら インテリアも色合いもTuguの世界がばばーんと目に入ってきてワックワク。
f0319208_15481442.jpg
サイトの写真だとこんな感じ。
f0319208_17424991.jpg
だがしかし、私のしょぼい写真では居酒屋のトイレにしか見えないという有様www
f0319208_16291746.jpg
1階の奥にはこれまたTugu系列のレストランらしき独特のダイニングスペースがあります
f0319208_17415947.jpg
今回、私達は夕方のモクテルで乾杯しつつちょっとおつまみ程度の利用目的だったのと
喫煙席希望の為、カジュアルな2階席に行くことにしましたの
f0319208_1550799.jpg
Virgin SayuriCranberry Nojito (共にRp.45,000+15%税サ)
f0319208_15505896.jpg
モクテル、美味しかったです。 スタッフのエプロンが可愛かったので撮ろうとして失敗
f0319208_155181.jpg
のちほど、帰り際に改めてエプロン撮影させてもらったw
f0319208_16312375.jpg
ブレブレですが '16年10月時点でのメニュー ※クリックで少し大きくなるよん※

f0319208_1554425.jpgf0319208_1641397.jpg
スタンダードなものから変わりロール的なものまで、スシメニューもあるんです。
f0319208_17413573.jpg
この日のSpecial Today 的なもの。※クリックで大きくなるよん※
f0319208_1618239.jpg
f0319208_168538.jpg
とりあえずおつまみ的なもの2品とスシロール1品を頼んでみました。
f0319208_169958.jpg
Pork Gyoza (Rp.55,000+15%税サ)Nikkei Ceviche (Rp.100,000+15%税サ)
f0319208_1693274.jpg
ジューシィなポーク餃子と、フレッシュな魚貝のセビチェ。美味しかったです。
Ocean Blue Roll (Rp.90,000+15%税サ)
f0319208_16142591.jpg
「変な巻物にも挑戦しようぜ!」ってことで変わりスシロール系を頼むことにしたんだけど
お義母様、とびこが苦手ってことでとびこの入ってないものを探したら「Today's Spacial」に
エビとアボカドのオーシャンブルーロールという不思議な名前の寿司発見w
海外では柔らかすぎたり固すぎるスシ飯が多い中、この時のお米の炊き具合は完璧でした。
あったかいえのきのあんかけみたいなものが乗ってて食感も温度もおもしろかったです。

Kobe Style Black Angus Tenderloin (Rp.110,000+15%税サ)
f0319208_16253614.jpg
お肉は歯ごたえもお味もしっかり目。最初は、お宿に帰る前に後で夜食にできるものを
どこかでブンクスして帰るつもりだったんですが、この時点で満腹になってしまい不覚w
さすがにちゃんとしたレストランレベルだったから価格設定を高いとは思わなかったけど
料理だけを目当てで行くには予算的にも他の選択肢が浮かびそう・・ってのが本音かな。
でも、私はTUGUの雰囲気や世界観が大好物なのでここへのリピは確実にアリ★です。

ふと気づくと時間は19時。お客さんもちらほら入ってきて外もすっかり夜の色になっとります
f0319208_16275791.jpg
このランプも風情があって可愛いわ~
f0319208_16294110.jpg
お会計を済ませた後、帰る前に1階のテーブル席の方も見に行ってみたよ。
f0319208_16282728.jpg
暗かったのと私のスマホのブレブレ写真ではあの独特な雰囲気がうまく出ないんですけど・・・
f0319208_16284842.jpg
料理内容はジャパニーズフュージョンですが、館内はお馴染みのオリエンタルな中華テイスト満載
f0319208_17431020.jpg
この銅鑼とかめっちゃ可愛いし。(写真はサイトから)
f0319208_17433413.jpg
はるららお義母様はTugu Baliのホテルの敷地内も未踏だったのでこの後スタッフに
ホテルの敷地も案内していただきました。この時点では「明日の朝ごはんも来たいね~」って
話してたんですが(朝はJiは営業していないけれどホテルの方でビジターさんの朝食訪問も
歓迎しているとのことです) チャングー辺りには朝食での訪問を楽しみにしているカフェも
たくさんあるので 結局Tuguへの朝食訪問はまた次の機会へ繰り越しとなったんですけどね。
帰る時も、レストランの正面で待ってたらスタッフがバイクを目の前まで廻してくれて
(スクーターのバレパーキングスタイル、初めてw) 至れり尽くせりで大満足の夜でした。


Ji Restaurnt Bale Sutra At Hote Tugu Bali
~Japanese Fusion Fine Wines & Sake Bar~

ADD : Jalan Pantai Batu Bolong, Canggu Beach, Canggu,
PHONE : +62 (0)812-3965-2695
OPEN : 17:00-24:00 (Happy Hour 17:00-19:00)
E-MAIL : bali@tuguhotels.com
URL : http://www.jiatbalesutra.com/


※上記はすべて’16年10月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2017-01-06 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23507138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< FIKA @ Jl.Panta... Stairway To Hea... >>