※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Waroeng Sunset ...

Utani Coffee @ ... >>
2016年 12月 28日
Warung Segara で夕景鑑賞 & 夕食 @ Amed (’16年4月)
f0319208_21225100.jpg
アメッドでの'16年の個人的ハツモノ記録。今回は春バリの時に記録し残していた分です。
今年の春バリはスタート時からむっちゃんとこにA(OJI)様が来られていたり、それに伴って
K子さんもロビナから来られたりで、GW前まではアメッド内でちょくちょくお出かけすることが
多かったんですが、丁度その頃にmatahariさんもアクアテラスに滞在されていたので
アメッド内でもいつも行く場所とは違うところで夕景鑑賞しようぜ!ということになりまして
アグン山の見える塩田付近の海岸線を彷徨い、辿り着いたのが海辺のWarung Segara

確かビンタンダイブのお宿に遊びに行った時に 隣のZEN DIVEの海側というか
アグン山が見える浜にワルンがあったよな~。でもZEN DIVEから海まで直接抜けれるの?
以前3105さんとRasta Barに行った時(※過去記事※)の浜への道なら確実にわかるから
とりあえずあそこからビーチ沿いのワルンに回り込んでみようぜ★ ということになりまして
で、そのままついでに夕食もそこでチャレンジしてきたので本日はその時の備忘録です。




この日はどん曇りのお天気でしたが夕景の時間を過ごしたのは塩田近くの浜辺。
アグン山が見える浜辺に 並んだというよりも無造作に置かれたテーブル席
f0319208_21231564.jpg
ちらほらとお客さんがやってきて席に着きはじめたので うちらーも着席★
f0319208_21252645.jpg
早速ビンタンとエスジュルッで乾杯
f0319208_21251583.jpg
山から見て後方、塩田側の風景はこんな感じ。この付近、また何か建物が建ってるね。
f0319208_21224462.jpg
これは、お隣りのPakel'sのプール (※過去記事内参照※)
f0319208_21225813.jpg
海岸側から見た目印はこの看板。
f0319208_21234740.jpg
アグン山と海を見ながら夕刻を過ごすには 恒例のBOBO (※過去記事代表※)
その隣に今年できてまだ私も入ったことはないWarung Pyramids
塩田の並びのWawa Wewe Beach (※過去記事※)などがオンザビーチの物件で
上から眺める感じなら次トピで予定しているJemelukの丘の上の新しいワルン
ちょっと場所は離れててアグン山はてっぺんしか見えなくてもThe Griya(※過去記事代表※)
は気分が高まるし、Waeni's(※過去記事代表※)なら海に流れ込む稜線はバッチリ見えて
昔からの王道なので やっぱりそのあたりがアメッド内の夕景鑑賞ポイントかと思いますが
どこも今やその時間帯にはお客さんがいっぱいで大繁盛しとるんですわ。(時期にもよるけど)
そんな中、たとえこの日がどん曇りだったとはいえこんなにひなびた静かな雰囲気で
イイ感じに田舎の漁村感を醸し出している場所がまだあったってことにちょっと感激したわ。
f0319208_2124244.jpg
この日、私達は以前に3105さんとRasta Barに来た時に通った道から
丁度塩田の端っこの所に出て、そこから浜伝いにこのワルンまでやってきたのですが
ワルンはZEN DIVERSの海側に位置しているので、ZEN DIVERSや BINTANG DIVERS
の辺りから直接ビーチへ抜けれるはずなんですよね。でも通り抜ける道がよくわからなくて
よその店を突っ切って浜まで行くのもどうかと思ったゆえにこんな行き方になったけど
実際の所、お店から直接歩道および車道と繋がってる道はあるの??と気になったので
浜から店内に入って、通路を逆行してみることにしたYO!
f0319208_21285132.jpg
ここから入ります。
f0319208_21272069.jpg
で、出てきたところがモロにZEN DIVERSの敷地内。なんや、ここを横切っても良かったんや!
f0319208_2129479.jpg
で、浜へ引き返す。(つまり、ワルンへ行く時はここを通ればいいらしい@合法)
f0319208_21291392.jpg
浜に出るまでに屋根のあるお食事席もあって、そこからはアグン山も見えるよ~
f0319208_21292224.jpg
でも、よく見たら床がないYO! (床は普通に小石まじりの砂というか土というか・・・)
f0319208_21293289.jpg
で、その先に進むと浜辺のテーブル席に出るわけです
f0319208_21304874.jpg
このお店、ローカルさんを対象としてるわけではなく この付近の観光客を対象とした
お店のはずなんですが 思っていたよりもローカル度が高くてこれはこれでちょっと楽しいw

確かに天気もどん曇りでせっかくの夕刻もどんよりしてるし浜も決して綺麗じゃないし
衛生的と言える感じでもないしテーブルクロス1つにしてもローカル度むんむんだけど
これはこれで田舎の醍醐味って感じで、なくなってほしくない風景なんだよね~
f0319208_21311741.jpg
この日は雲多すぎで、普段ならこの時期はピンクになるはずの夕景もこれが限界。
f0319208_21225100.jpg
あっちゅうまに夜の色に突入~
f0319208_21315188.jpg
ところで、私達はこの日の夕食どころをきめていなかったので
ここに到着した時に「もう、ここで食べて帰るか!」って、飲み物と一緒に食事もオーダー済み。
それから既に40分以上経ってるんですけど こんなに暗くなってもまだ食事が届かねぇ~!
f0319208_21322158.jpg
外の景色はこんなんになってしまったんですけどwwww
f0319208_21325121.jpg
そういえば、イカンバカールやぺぺス用のココナツの炭?をおこし始めて煙がたってきたのが
注文してからだいぶ経ってからだったような・・・。(うん、あの時点で20分は経過してた)
普通なら「お腹すいたよー。遅いよー。なんだよこの店。」ってイライラするんだろうけど
その呑気さがこれまたローカル風情をむんむんに感じさせてくれて怒る気にもなれんというw
ま、これも お連れさんが居ていろいろ突っ込みながら待てたので気を長く持てたんでしょう。

写真データで確認したところ オーダーしてから約55分www やっと食事が来たYO!
f0319208_2134231.jpg
こちらはmatahariさんご注文の Pepes Ikan (Rp28,000)
f0319208_21341369.jpg
美味しかったみたいですがけっこう辛かったようです。(私も味見したけどあんまり記憶がない)

私は Ikan Bakar この日はツナ 多分 Rp.30,000ぐらいだったかな?とにかく安かった。
f0319208_21342365.jpg
確かソースは何種類かから選べたかと。で、鉄板のサンバルマタにしてもらいました。
付け合わせのお野菜も、お魚も、サンバルマタも美味しかったので待たされたことは帳消し★
お値段も安かったし 昨今はこういうお店で食べることもあまりないので 貴重な経験でした。
※matahariさんのこの日のレポートは⇒こちら


Warung Segara

ADD : Jl. Pantai Amed | behind ZEN DIVERS on the beach, Amed,
PHONE : +62 (0)85 646 957 289
OPEN : 未確認です スミマセン
URL : 未確認ですスミマセン


※ 上記はすべて'16年4月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-12-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23447695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Waroeng Sunset ... Utani Coffee @ ... >>