※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Meeting Point @...

Sama Rasa Warun... >>
2016年 12月 22日
Villa Segara Tari 見学記録 @ Lean, Amed ('16年4月)
f0319208_18213366.jpg
アメッド内にも貸しヴィラ形式のお宿が増えている現状ですが
そういうところって、通りよりも海側に下るとか山側に上るとかの通りからは見えにくい位置に
あったり、例え車道沿いでも門がバッチリ閉まってて塀で囲まれてたりするので
たいていが実際の所中がどんな感じなのかはよくわからない謎の建物だったんですけど
近年ではAirbnbとかに載ってて「あーあそこはこんな造りでこんなインテリアだったのか」
などと気付いて、外観から想像していたよりもいいんじゃね?なんて見直すことも多々。
私個人では、丸貸し物件ではKatana Villa (※滞在記録は代表で⇒こちら※)大好物
Bukit Segara(※過去記事代表で⇒こちら※)は1部屋貸しもできるのがいいなと思うし
崖っぷちの海並びの物件ではVilla Tengguliも素敵だなと思うんだけど それ以外では
他に新しい丸貸し物件ができてもあまり興味をそそられず、見に行ってなかったんです。

そんな中、今年の春バリの出発前に 「Segara Tariってどんなところかご存知ですか?
女性一人で貸し切るにはセキュリティの面とか大丈夫そうですか?」という質問到来。
もちろん知ってる範囲の事ならお答えできるんだけど、5年ほど前にまだ建築中だった頃
(確か、Villa Flowに一緒に行ってChocolate Factoryにバイク2台で冒険したこの時
むっちゃんが「ここマンクーさんの知り合いがヴィラ建ててる」と言ってた記憶しかなかったので
とりあえずむっちゃんがどんなとこか知ってるか聞いてみると、オーナーさんは外国人で
土地の名義とか現地の采配とかで Jemelukの知り合いのローカルさんがマネージャーを
してたらしいんだけど、その人は今はそこには関わっていないとのことで撃沈。
でもそのヴィラ、うちからめちゃ近いので、この機会にご近所さん感覚で見に行ってくるわ~
なんか、楽しい課題を与えて下さってありがとう!って感じで意気揚々と見に行ったんです。
質問者様には春の時点で内容をお知らせしてるんですが、個人的に印象が良かったので
自分の備忘録の為にもブログの方にも感想&現状を残しておこうと思いまして
もう半年以上前の話になりますが、本日はVilla Segara Tariの見学記録でございます。




まずは、どんなところにこのヴィラが建ってるかと申しますと、こんな急な坂の上w
f0319208_17531826.jpg
丁度、右手に見えてる白い塔はPalm Garden Amedの給水塔かな?
パームガーデン(※過去記事代表で⇒こちら※)からインブー(※過去記事代表で⇒こちら※)
向かうく坂の途中に山側に上る坂があるのでその坂の上というすごい立地です。

眺めのいい場所にあるので、お昼間のキラキラした時間帯の方がいいと思い
特にアポも取らずにたまたま前を通った時にゲートが開いてたから突撃してみたおw
f0319208_17532863.jpg
坂を登って一旦おちついたところに駐車&駐輪所。よし、ここにバイクを停めるぞ!
f0319208_17541554.jpg
てか、この時点で既にかなりの高度。眼下にパームガーデンが見えます
f0319208_17551280.jpg
つか、この先にまだゆるやかな坂の小道があるんですけどw (しかも徒歩)
f0319208_1756022.jpg
そのつきあたりにセキュリティ&スタッフ部屋のような小屋
f0319208_17563389.jpg
てか、ヴィラの本棟は更に細くて急な坂を登った先にあるのね・・・すげー。
f0319208_17564345.jpg
ここで「プルミシー」ってスタッフを捕まえて 中が見たいと交渉。
でも、この時はゲストがおられたようなので そんな時にむりやり中に入る気はないので
この時点では 数日後にアポを取って見学させてもらう約束をとりつけたお★

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そしてアポを取った日。 残念ながらこの日はどん曇りでせっかく眺めのいいヴィラに行くのに
曇り空は残念だなーと思いつつ、アクアテラスでくっちゃべってたらすっかり夕方www
なので、再訪した時にはどんより+夕方の色でこんな写真しかないんですがw
f0319208_17573799.jpg
水撒きしてたスタッフ君に挨拶をして、本棟のところまで坂を登ります(スリップ注意)
f0319208_1758664.jpg
てか、スリップ注意の坂を上ったら、今度は階段かよwww
f0319208_17581980.jpg
でもこの【辿り着くまでがしんどい感じ】は逆に大好物です。だからこそのあの眺めですから!

で、階段をあがってみると、階段上った目の前にババーンと崖っぷちプールがあるんです。
f0319208_1759124.jpg
夕方で曇り空なのが写真的には残念ですが、それでも凄いよね。ここにプール作っちゃう気合い!
f0319208_180988.jpg
プール下にはこんな展望スペースも!
f0319208_17593196.jpg
ここから見る夕焼けもきれいだろうな~
f0319208_17594010.jpg
ちなみに、このプール。サイトの方で見るとお昼間はこんな感じです。惚れちゃうよね~
f0319208_183326.jpg
ではそろそろメインビルディングに行ってみましょうか・・・
f0319208_180247.jpg
この時はオーナーさんがおられて(外国人のご夫婦だそうですが私が行ったときは
奥様が案内して下さいました) 2階は使っておられなかったので簾がかかっていますが
簾が上がっているときはこんな感じの外観だそうです (お宿のFBより)
f0319208_18342799.jpg
半屋外タイプのリビングはこんな感じ。この時は虫も蟻もいませんでしたー!
f0319208_1803583.jpg
こじんまりとした清潔なキッチンはとても使い易そう。
f0319208_1805433.jpg
そして、その横から出てる螺旋階段から2階へ行ってみましょう!
f0319208_181733.jpg
こちらのヴィラは3ベッドルームで、1階のリビングの奥に1部屋と
2階に2部屋寝室がある造りになっていて、マスターベッドルームは2階にございます。

簾が降りてるままで景色がわからないんですが主寝室はこんな感じ。
f0319208_181273.jpg
個人的に寝室は木のフロアーが落ちつくタイプなんでこの床は大好物。
f0319208_1814272.jpg
そして、周囲は大きな窓!これ、いいね★
f0319208_1815452.jpg
参考までにお宿のFB等の写真ではこんな感じだそうです。
f0319208_18205711.jpg
簾をあげると眺めがめっちゃいい~。(こちらもお宿のFBの写真より)
f0319208_18332866.jpg
そしてバスルーム。バスタブもあるのね!優秀★
f0319208_1824062.jpg
バスルームからウォークインクローゼット経由で隣の部屋にも行けるような動線になってました
副寝室も見たと思うんですが写真に撮ってないみたい。ぬかりありwww

で、1階に降りまーす。 このLDK部分、広すぎないから落ちつくわー。
f0319208_183172.jpg
1棟貸しで6人定員だと思うんですが
1部屋ずつB&B状態で借りることもできるみたい。でも、1部屋貸しの時にどの部屋を
借りるのか?とか、他にゲストさんが居たらプライバシーの点はどうなの?とか
全体的な大きさから考えて、3人ぐらいで1棟丸貸しがベストキャパかな?との私見です。
さすがに大人6人だとここでみんなで一斉に朝食はスペース不足かな、と。
でも、プールで遊ぶ人、リビングで寛ぐ人、キッチンで何か作る人、など それぞれが
好きなように気ままに過ごすには、家族だったり仲間だったら5-6人でも手狭さはないのかな。
f0319208_1833349.jpg
この様子ではリビングにも夕焼けの色が映る時期があるんじゃないかな?と思われます。
f0319208_1834540.jpg
こんな田舎の山の上なのに建物そのものの建付けもちゃんとしていたし、
敷地内もとても清潔にしてあったし、オーナーさんもとてもフレンドリーかつ親切だったし
訪問中に電球が切れてる部分があったんですけど オーナーさんがすぐにスタッフに指示を
出しておられて スタッフもすぐに対応してたから、スタッフは外人仕様に鍛えられてそうだし
料金もそんなに高くなくて 見る限りはなかなかオススメ物件かと思うんです。

肝心のセキュリティに関しては、この時点ではスタッフが夕方には帰ってしまうようなので
(電話で連絡はつくそうです)心配な方もおられるかとは思うし、夕食などに出かけて帰った時
スタッフ居なくてあの暗くて急な坂の門を自分でカギ閉めて・・と思うと面倒なんですが
逆に、あんなとこまで侵入してくる人おらんやろ?と田舎の平和ボケな私の感想。
女性一人の滞在とかでどうしても心配な人は 泊りの警備員を別料金で雇うという方法も
あるみたいですが、それならそれで常勤スタッフではない知らん人が敷地内に居る方が
私にとっては怖いんですけどwww その人件費がけっこう高いお値段だったみたいなので
もしかしたら警備会社のプロが2人体制で来てくれるのかもしれんけど、その辺は未確認。
f0319208_18211568.jpg
もしも私がここに泊まるなら食材持ち込み&キッチン利用で引きこもると思うんだけど
坂を降りればすぐ下にパームガーデンだし、グッドカルマのレストランも徒歩圏内。
パームガーデンの斜め前ぐらいにはローカルナシチャンが買える店もできているし
坂の下からライフインアメッドのレストランまでも400mぐらいだから十分徒歩圏内。
アクアテラスから出前をオーダーするという手もあるんで食べるものにも困らないと思う。
ヴィラまでの坂道はなかなか凄いものがありましたが(私は駐輪エリアまでバイクですけど)
だからこそのあの眺めなのでお篭りするにはとってもナイスなお宿だと思います★


Segara Tari

ADD : lean, Amed Karangasem
E-MAIL : journeyparis@gmail.com
URL : (FB) https://www.facebook.com/VillaSegaraTari/


※上記はすべて'16年4月の見学時時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-12-22 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23447688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Meeting Point @... Sama Rasa Warun... >>