※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< Villa Segara Ta...

おっさんはRujakを食べ、嫁... >>
2016年 12月 20日
Sama Rasa Warung と Amedのローカルワルン探し @ '16年秋編
f0319208_1628520.jpg
前回の春バリから秋バリまでの期間が短すぎたのにハツモノネタが多すぎて
ブログ上は'16年春バリの記録で各所のリピートネタが後回しになっていますが
リピネタどころかロビナやアメッドに関してはハツモノネタすらも後回しになってます。
で、本日からはアメッドでのこの秋のハツモノ編に進むので、まだ記録しそびれている
春バリ編のアメッド内ハツモノも2本ほどしれーっと交えて進めていくことにしますが
とりあえずは、本日は直近の秋バリでのアメッド内で初めて利用したワルンのお話。

ブログ上でも数年おきに不定期でアメッド内のローカル向けワルンのチェックを
しとる次第なんですが、前回は2年前の'14年秋版(※この過去記事ね※)
ざざっと記録した後も それらしいお店は各村で増えている傾向にあります。
この秋、ロビナのK子さんが何度もアメッドに遊びに来ておられて うちでだらだらと
過ごしていたんですが、彼女は(洋食にも目がないですが)ローカルご飯が大好物。
うちにいて、日本の粗食的家庭料理みたいなものばかり食べてるのも何だし
せっかくだからこの機会にアメッド内のローカルさん向きのナシチャンプルを求めて
エリア内徘徊をしてみることにしましたの。で、本日はその時の備忘録です




うちのすぐ近くのナシチャン屋は朝しか空いてない上、村のお祭り期間だったので
その数日間は閉めてたので むっちゃんち方面まで向かいながらどこかで調達するつもり。
午後3時ごろだったから普通でも開いてなかったり売り切れの可能性も大きいんですけど。

案の定、リパでナシチャン売ってるお店は既に売り切れで ブヌタンの高台の
Warung Makan Gembiraのショーケースも既に空っぽ。(人も居なかったし)
同じくブヌタン内三叉路近くの バビグリン屋Tri Yogiも既にバビが骨だけ状態。
やっぱ午後3時とかに食べようとするのが無茶というか、時間帯のハンデやね。

でもきっとあそこなら観光客も来そうな店構えだから開いてるだろうと予測した
ブヌタンのSama Rasaは開いていたので一応候補に挙げつつ ・・・・
これは’16年4月の開業ほやほやの時に撮った写真なのですが
春バリの時はナシチャン売ってるのはわかるけどお店の暖簾?もなかったんです
f0319208_165044.jpg
とりあえず保険としてこのお店が開いてるからJemeluk~Amedあたりもチェック
してみようってことで、K子さんの車でどんどんアメッドの入り口方面へ進みます

'14年秋版の時に使った写真ですが以前からあるナシチャンプルのワルン (仮称:長屋ワルン)
f0319208_16503331.jpg
こんな感じね。(これも以前に使用した写真だけどね)
f0319208_1650462.jpg
このワルンも、この時の通過時には開いてたので保険その2としてインプット。

で、海に向かう道にあるでみせも開いてたので K子さんの好きなルジャも買えるね~
(この写真も過去記事で使った2年前のものです)
f0319208_21132058.jpg
このすぐ近くで 今や名物になってるBBAのサテバビの営業は1時頃までなので
既に閉店してて ここまで来たらババカン辺りに新しくバビグリン屋もできていたし
なんならチュリックまで行けばローカル向きのお店もアメッドよりたくさん選択肢があるし
勢いでトランベン方面のタコサテ屋までタコサテ買いに行くのもアリかな?と調子こいて
チュリック方面に向かっていたら、向かいから大規模なお参り行列がやってきた~
多分あの行列は海まで歩いていると思われ・・・。

これ、今は対向車線側だからいいけど買って帰ってくる時にはこの行列を
抜かせないからめっちゃ時間かかるで~!!と焦ってその場で即座にUターン。
この時のうちらの逃げ足、めちゃ速かった。(そしてK子さんの車運転技術の高さ!)

こうなるとうちらのお店の選択肢は名前知らないけど長きにわたりやってる
長屋ワルンのナシチャンを買ってむっちゃんとこに遊びに行くのがベストだよね
で、その前に ルジャを買っていこう!と海前のさっきの店に寄り道
f0319208_17123976.jpg
おばちゃーん、果物と野菜のルジャを1つブンクスでヨロ~。
f0319208_17131549.jpg
パパイヤ入れて!とかブンコワン入れて!とかK子さんの好きな果物&野菜を中心にオーダー
f0319208_1713318.jpg
お持ち帰りはインドネシア恒例の透明の何でも袋(ビニール袋)に入れてくれました。
f0319208_17132820.jpg
こちらは後でむっちゃんとこにいってお皿に移した後の図
f0319208_1721551.jpg
結果論としましては、完全なる手加減ナシのローカル味でめちゃ辛かったらしいです。
私は味見してないので「辛い」の辛さが唐辛子的辛さの意味なのか塩辛さなのかは不明ですが
きっと両方なのでは??と予想。 お値段は観光客価格で高めの1万ルピアだったかと記憶。

てか、恒例の余談になってしまうけど 奇しくも ここんとこ3トピ連続Rujakが登場してるww
かくいう私はルジャッは 何度も目の前に置かれても味見したことないぐらいに食わず嫌い。
でも私の周りでローカル料理が好きな外人は、ローカルナシチャンプルとかラワールとか
バッソーとかサテカンビンとかだけでなく、村の 出店(でみせ)みたいな形式で売ってる
ロントン(ティパット)のガドガドやフルーツ&野菜のRujakが大好き~って人が多いわ~。

とりあえずK子さんのおやつは確保したのであとは主食のナシブンクスの調達をすべく
保険その2長屋ワルンの前までいったら、がががーん。シャッター降りとる。
さっき通過した時は開いてて、あれから15分ぐらいしかたってないのに・・・・・

で、あきらめて結局約4Km先のブヌタンまで戻る。(めっちゃ無駄足www)
f0319208_1628520.jpg
イートインスペースもあって、その場で作るメニューもあるんですが
f0319208_17194027.jpg
ここはテイクアウトでショーケースに並んだおかずを選ぶナシブンクス一択。
f0319208_1717309.jpg
田舎ワルンなので町にあるような気の利いたおかずはないんですが種類は多め。
f0319208_1717144.jpg
エスチャンプルとかローカルの好きなジュースみたいなのの具も手元に並んでます
f0319208_1718479.jpg
これ何?あれ何?といちいちおかずの内容を聞きながら好きなものを好きな分だけチョイス
f0319208_1719335.jpg
鶏、豚、魚、野菜、卵、豆、テンペ、サンバルなどが並んでおりました
K子さんは欲張りすぎほとんどのメインおかずをチョイスしたので15,000ルピアだそうで。
私は少な目で 10000ルピアだったかな? それでも観光客価格だろうなとは思われます
f0319208_1720431.jpg
ま、朝に買うとおかずもガッツリ系が少ない分 5000ルピアとかがデフォルトで
昼にメインっぽいおかずが並び始めると1万ルピアとかが平均になるのかな??
いずれにせよ、金額が気になる人は「1万ルピア分だけ頂戴」とかそういうオーダーで
金額調整すればOK。 私はその辺の違いはほぼ気にしないんで好きなものだけ選びます

テイクアウトしたものをもってむっちゃんとこに遊びに行きましたー(結果的には持ち込み御免★)
f0319208_1720496.jpg
K子さんチョイスのナシチャン 15,000ルピア めっちゃ量多いし。
f0319208_17212641.jpg
私チョイスのナシチャン 10,000ルピア
f0319208_17214454.jpg
こうやって広げてみるとK子さんのボリュームに比べてわしの1万ルピアは割高なのか?w
つか、あのボリュームで15,000なら アメッドで観光客もお腹の心配をせずに入れそうな
ローカルのでみせが数件しかないということを考えても 観光客にとっては良心価格。
個人的には豆を煮たやつが好物で、あれだけをおかずで買うというのもあるなw
野菜系もゴーヤとかが主なので色合いも田舎丸出しの見た目はド・ローカルですが
食べられない味のものはなくて普通に完食できたし後でお腹を壊すこともなかったです。
お味も、サンバルなどで辛くすることができるけどもともとはそんなに辛くなかったので
観光客でも普通にたべれるレベルだと思ったので、興味ある人はチャレンジしてみては??


Sama Rasa Warung

ADD : Jl. Raya Amed, Bunutan, (Galangaのお向かいです)
PHONE: 未確認です すいません。
OPEN : 未確認です すいません



ついでに余談ですが BBAのサテバビ進化記録を しておきます。
2009年の写真。当時から既に道端でやってたのね・・と振り返ってびっくり
f0319208_17235825.jpg
既に地元では美味しいと噂になってた2014年の写真
f0319208_1724478.jpg
そして2016年秋なう
f0319208_1725762.jpg
ついに腰かけ程度ではありますがイートインスペースができとる★
ここが数年後に あのタコサテ屋のように店らしい店構えにまで進化していくことになるのか
BBAの細腕繁盛記を見守っていくのが これからもめちゃ楽しみです。

ちなみに、K子さんとのナシチャン探しの数日後にやっと村の祭り期間が終わって
うちのちかくのナシチャンプル屋さん(ナシレアン)も開いてたので
その日のK子さんのあさごはんは強制的にナシレアンになりました
f0319208_17293025.jpg
ここのおばちゃん、いつ見てもワイルドやわー
f0319208_1730119.jpg
朝のナシブンクス 1つ5000ルピア
f0319208_17301548.jpg
お皿にあけてみると明らかに、本気でローカル度が高いのがわかるw 米まずそうwww
f0319208_17302977.jpg
それでも、以前は朝にナシブンクス売ってる所はここぐらいしかなかったので
他にもお店が増えた現在でも このワルンはいつ行っても固定客がブンクスを待ってはります。

後日アクアテラスのえりちゃんに聞いたら、バニュニン方面でも イブスにあるローカルワルンの
ナシチャンプルが5000ルピアで 朝からおかずの種類が多くてなかなかイケるとのこと。
先に聞いておけばK子さんが来た時に買ってきたのに~。で、味見していただけたのに~。
というわけで、K子さん、次回は朝ごはんにそちらのナシチャンはいかがでしょう?
わたしは 頑なに朝は買い置きのパン食べるけどねwwww

※上記はすべて'16年10月の訪問時点での備忘録です (一部過去写真利用)※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-12-20 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23447687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Villa Segara Ta... おっさんはRujakを食べ、嫁... >>