※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Sama Rasa Warun...

Rumah Pohon @ B... >>
2016年 12月 19日
おっさんはRujakを食べ、嫁はカフェへ行く Jl. Veteran @ Amlapura ('16年10月)
f0319208_3551610.jpg
直前のルマポホンのトピでも書いたように、うちのおっさんのここんとこのマイブームは
Rujakというフルーツや野菜を各種ブンブや酢であえたローカルの"おやつ"的1品。
もともと好きらしいんですがここ半年は常にお店を探して食べてるほどのはまりようで・・・。
ロビナのK子さんも大好物らしいんですけど 私は味見も無理ってぐらい食わず嫌い。

で、うちのおっさんは昔からアンラプラ辺りまで出たらティルタガンガの駐車場の
運転手さんとかが待つエリアの小屋的ワルンで たまーにルジャッを食べるのが
お気に入りでしたが、ここんとこはアンラプラのJl.Veteranという新しい大通りで
(この道、えりちゃんと私はアンラプラバイパスとかカランガセムバイパスと呼んでますw)
必ずルジャッとロントン休憩をとるんですーー。運転手が居る時は運転手も一緒に。
そんなわけで、そのワルンへの立ち寄りはこの秋も半強制的だったんですが
Jl.Veteranの通り沿いは行くたびにお店が増えており、今回はカフェができてたんです。
そのカフェがワルンのすぐ近くだったので おっさんがワルンでルジャ休憩をしてる間
私はコーヒーをテイクアウトしに行ったところ あれ?店内に見覚えのある看板が!!
というわけで、本日はおっさんのルジャ&ロントン休憩でのお気に入りローカル店と
その近くにできたMagma Cafe について 同時にメモっておくことにしまーす。
※カフェの方の写真は、カメラ設定がおかしくてボケボケなので白黒にしてます※




アメッドから、アンラプラやチャンディダサ方面に行く時(それ以遠、ウブドや南部もね)
私はスラヤ経由で行くのが好きなので海岸線を時計回りにJasriまで出て3号線に合流する
事が多いですが、大抵はティルタガンガ経由のルートを通るのが王道かと思います。
うちでも運転手を使って出かける時や天気が怪しい時はティルタガンガ経由なんですが
更に進んだらアンラプラのセンゴールの角を 西へ曲がりJl. Jendral Sudirmanから
スバガンの交差点に出てJasriへ南下するというのが昔ながらの一番わかりやすい道。

でもいつの頃からか、センゴールの角に出るまでの途中にJl.Veteranと呼ばれる
中央分離帯のある広い道ができて、そこを通ればスバガンの交差点まで信号がないので
運転手達はこぞってその道を通るようになりまして、最近ではそこから山側の道を通って
スバガンどころかBugbugあたりや 時にはチャンディダサまでワープしてるんですが

まぁそのJl.Veteranの通り沿いにここんとこがっつりローカルの飲食店が増えております。
ローカル向きのワルンだけど新築なのでわりと観光客でも入り易そうなお店も多く
同じローカルさんでも若い子向きのお店かな?って思える店舗もちらほら。

だがしかし。いくら新築の食堂が増えようとも おじさんたちのお気に入りは昔ながらの
こういうスタイルのお店なんですよね。
f0319208_3483449.jpg
で、うちのおっさんもここでルジャ&ロントン休憩するのが大変お気に入りで
近くまで来たらこの道を通る予定がなくてもわざわざ寄ってました
f0319208_3485514.jpg
おっさん自身が運転してる時はもちろん、運転手付きの時は運転手も一緒に休憩するんですが
今思えば おじさん運転手の時は一緒に食べてたけど若い運転手は1度も食べてなかったなー
やっぱりローカルさんでも若い子はもっと若い子向きの店がいいんだろうか?www
まずはロントン?ティパット?のガドガドで腹ごしらえをするらしい
f0319208_3491249.jpg
私は食べないけど おっさんが食べる前に写真だけ撮らせてもらったおw
f0319208_3493827.jpg
で、その後にルジャも食べるらしい
f0319208_3495340.jpg
毎回このパターンで寄ってるんですが、私は両方苦手なので味見したことはありません
だけど、いつ行ってもお客さんがコンスタントに居るので安くて美味しいんだろうと思われます

ある日、目の前で検問やってたので お店から検問ウォッチング。 これ、おもしろかった
f0319208_3481579.jpg
いつも、待ってる間にPulpy買って飲んだり おねーさんが作ってるのを見たり
Rujak大好きなロビナのK子さんに 「またおっさんがRujak食べてるよ~」って
写真送ったりしてのーんびり暇つぶししてるんですが、ある日、近くに建築中だった
白い建物が「カフェ」で「開いてるよ」の案内が掲げてあるのに気づいたので
(前から開いてたのかもしれないけど、車に乗ってる時は大抵寝てるから気付かなかった)
おっさんがルジャ休憩している間にお散歩がてらコーヒーをテイクアウトすることにしたお

それが こちらのMagma Cafe
f0319208_3555291.jpg
すいません。この日携帯のカメラの設定がおかしくて全然ピントが合わず全部ボッケボケ。
そのまま掲載するに耐えれる状態ではないのでせめてモノクロ加工でお届けします。
(ルジャ売ってるお店は期間中に何度も行ってるので別の日の写真を使ってます)

田舎ながらも外観は若向きカフェに見えなくもないんですが店内はシンプルすぎ
f0319208_346887.jpg
まぁ垢抜け感はないけど この等身大な感じは嫌いじゃないですwww
田舎だけど若いスタッフががんばってる感にも、ほっこり~
f0319208_454512.jpg
お値段も、ローカル価格ですお~~。
f0319208_455872.jpg
丁度1年前にJl.Sudirman上に2軒ほどカフェを見つけて、その内の1軒は気に入ったので
(※その時のアンラプラのコーヒー事情の過去記事は⇒ こちら で復習ヨロ※)
春の渡航時に再訪しようと思ってたんですが それ以降前を通るといつも閉まってるんです
で、ついにこの秋には看板も外されて跡地が違うお店になるような気配だったので
「やっぱりアンラプラでエスプレッソベースのカフェは需要少なくて経営的に厳しいのかな?」
なんて思ってたんですけど、次からはこっちでカフェイン補給できると思うと超ありがたいです。
f0319208_475338.jpg
お店の奥はこんな感じ。けっこう広いんですよ
f0319208_4101998.jpg
ぐるーっと店内を見渡していると・・・あれれ?
f0319208_4104857.jpg
あれれ?? 見たことのある看板ががが
f0319208_4202227.jpg
これ、この秋にお店が跡形もなくなくなっててショックだったあのカフェやんww
※ 再び、1年前の Wols Coffeeの過去記事は⇒ こちら
スタッフがあの時と違うようだったのと、インドネシア語で詳しく尋ねる語彙を知らんので
この時はお店の人に真相は確認してないんですが、移転した同じ店とまではいかずとも
多分あのお店の関係者が関わってるかあの店の流れをくむカフェではないかと思われます。

お持ち帰りの Cafe Latte (Rp.14,000) ができあがりましたおー
f0319208_426191.jpg
ラテのお味は私の好みから比べたら 薄くてミルキーだったんですが
Wols Coffeeでは、オーダーの前に「私は濃い目でビターなのが好き」と伝えており
作ってくれるお兄さんも好みに合わせてしっかり淹れてくれたみたいなので
今回は何も言ってないからこのお店のスタンダードで出てきたんだと思います
そう考えると、以前Wolsで飲んだものの方が自分の好みに近かったんですが
ミルクスチーマーを任されてた女子スタッフはみたところ練習中っぽかったけど
今後どんどん練習してバリスタとして上手になっていく期待はできるし
今はオープンしてそんなに月日が経ってないようで軌道に乗ってないだろうから
焙煎とかも店の奥でやってるのかどうかは知らんけど、豆の状態も最善とは
言えないかもしれないから、次に来た時にはもっと美味しいのが飲める可能性も大。
というか、そもそもここはアンラプラで 値段だって14000ルピアだから高望みは禁物。
私にしてみればアンラプラでバリコピやネスカフェ以外が飲めるだけで嬉しいんです。

店内で2口ほど飲んだら テイクアウトしておっさんがルジャ食べてる店に戻ります~
f0319208_4124832.jpg
でもね、心配なのが また次の春に寄ったらまたお店が閉まってるんじゃないかということ。
だってこんなに広いスペースなのに私が行ったときはお客さん1人もいないんだもん。
以前のWols Coffeeなら、主要道路沿いだったからブンクスで寄る中国系のインドネシア人
のお客さんや、スタッフのお友達らしきローカルの若者もちらほら来てたんだけど
それでもすぐにお店なくなっちゃったからなー。場所的にコントラが高かったのかもしれんが。

今のご時世は若いローカルさんもおこづかい持ってるし 甘い甘いバリコピや3in1のネスカフェ
だけではないコーヒーに違和感もなくなってるだろうから (でも田舎だから怪しいけどなw)
私にとってはクオリティの面ではまだまだ観光地の本格的なのにはかなわなくても
アンラプラでもこういうカフェが1軒ぐらい長続きしてくれたらほんとにありがたいんよね~。
そしたらおっさんがルジャ休憩に寄る時に 私はここでテイクアウトするという楽しみにもなる。
Magma Cafeさんよ、どうか次の春バリの時にも潰れずに営業していておくれ~!。


Magma Cafe

ADD : Jl. Veteran, Padang Kerta, Amlapura, Karangasem
PHONE :
OPEN :
URL :


※ 上記はすべて'16年10月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-12-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23382607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Sama Rasa Warun... Rumah Pohon @ B... >>