※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< ぱうさん&こぱさんに会いにS...

The Owl でテイクアウト... >>
2016年 12月 07日
Zenso Restaurant と THE SAMATA @ Sanur ('16年10月)
f0319208_7205795.jpg
前回の春バリの時に、K子さんのインド帰りを南部で待ち伏せて ウマラスのThe Santai
お泊りした時(※過去記事は⇒滞在したお部屋編 ・ その他のお部屋&レストラン編 で※)
Life Style Retreatのプロパティが、サヌールにも1軒出来てるよ~」とイブMから聞きまして。
そこは、もともとあったレジデンス的なヴィラにライフスタイルリトリートさんが、改装改築等
手を加え、マネージメントを手がけて、同じグループの傘下になったようなんですが
サヌールとは言っても、皆さんが想像する観光地のサヌールエリアではなく
そこからもっと北に進み、地図で言えばPadang Garakの更に北にあたるエリア。
バイパスで言うとングラライバイパスではなくイダバグースマントラバイパスから海側に入ります。
ご存知の通りバイパスには中央分離帯があって曲がりたいところで曲がれない仕組みなので
空港やサヌール方面から行くには 一旦東向きIBMバイパスに入って通り過ぎてからUターンし
西向きの車線に戻ってから行かなきゃいけないというちょっと面倒な感じかもしれませんが
東から向かう場合はバイパスを西向きに走り、ングラライバイパスになる手前で曲がるので
私にとっては距離はあるけどわりと迷うことなくアクセスしやすい場所なんです。
なので、秋に泊まれたらいいねーなんて言ってたんですけど おっさん多忙で都合がつかず
せめてお食事訪問はしておきたいよね~ と、恒例のイブMとのランチ会での訪問が決定★

ちうわけで、本日はそのTHE SAMATAZenso Restaurantでのランチ会の様子と
たくさんあるカテゴリーのお部屋の中で2種類ほどお部屋を見せてもらった記録です。




一応イブに行き方は聞いてから向かったんですけど念の為グーグルさんで道案内設定。
THE SAMATA で入力したら "もしかして The Samaya ですか?”って出るし~
サマ"ヤ"じゃないよサマ"タ"だよっ!って The Samata Sanur って入力し直すとやっと出た。
教えてもらった場所の前についたんだけど、たまたまこの日(10/20)は表の看板がリノベか
何かで幕がかかってて しかも門はホテルというよりも かなり大きな一般家庭の門のような
こじんまり感だったから 「あれ?ここのはずなのに違うの?」とイブに電話してしもうたわ。

でもね、その門を超えたら敷地内は門の外から想像できないぐらい広ーい。
これは、駐車スペースを抜けて2つ目の門。
f0319208_7222130.jpg
レストランに行く前に、スパスイートが入った棟を案内してもらいました
f0319208_2011950.jpg
こちらのリゾートのコンセプトはスポーツリトリートだそうで
この棟は1階にゲスト用のパブリックスペースになる本格的な設備のジムが入っています

敷地内にビリヤード台、卓球台などの娯楽スペースや 建物内にはヨガスペースも!
f0319208_20121622.jpg
そして広くて本格的なマシーンが揃った1階のジムエリアにはボクシングのリングも!
f0319208_203380.jpg
これはお泊りするときは 運動目的でボクシングやってるK子さんも呼ばなきゃなwwと
THE SANTAIの時に続いてまたK子さん巻き込む気かよ~??ってイブMと盛り上がる。

そして、その2階部分にスパスイートと呼ばれるお部屋があるとのことで 見せてもらったお!
f0319208_2041379.jpg
デスクスペースや冷蔵庫(ミニバー)、隠れてるけどコーヒー&ティーファシリティもあるお!
f0319208_2051288.jpg
このカテゴリーがスパスイートという名前なのはバスルームに仕掛けがありまして・・・
広ーいバスルームにはプライバーとスパ空間としてマッサージベッドが2台。
f0319208_2053512.jpg
こちらのお部屋にはお部屋代に1日1度のマッサージがついているとのことです。
ライフスタイルリトリートでおなじみの開放的なトイレ!! ちゃんとバスタブもあるよ。
f0319208_2044192.jpg
小さいけどプールを見おろすテラスもあるよ!(もちろん 私的には喫煙コーナー?)
f0319208_2062587.jpg
こちらのプロパティには、カテゴリーで言うと5種類ぐらいのお部屋があるらしいんですが
例えば同じ2Bedroom Villa(3部屋あるようです)でもそれぞれレイアウトが違っているそうで
本来ならいろいろ見てみたいんですが、めでたいことに稼働率が良くてこの日は2カテゴリーしか
空きがなかったので、スパスイートの後は 2BEDROOM VILLAのうちの1つを見に行きます
f0319208_2001978.jpg
レストランや多くのヴィラ棟のあるエリアは、ここから川を挟んだ向こう側にあるので
なんだか同じホテルの敷地内なのに散歩気分も味わえてしまうし、もともとあったレジデンスの
改装改築改良系ということで、お庭などはしっかり根付いてるのが気持ちいいんです。
f0319208_2003334.jpg
・・・とその前に、川のこちら側の2BedRoom1部屋とTHE SAMATA RESIDENCE
という3Bed Room Villaが並んでいるエリア(敷地の海側)を見せてもらいました。
こちらは THE SAMATA RESIDENCE の外観
f0319208_19595782.jpg
この隣に2BDRM VILLAが1棟あるんですが、その並びの目の前は
こーんな感じの多目的スペースが広がります。パーティーもできるよね!
f0319208_19593220.jpg
ちなみに、前には広大な田んぼの向こうに海が見えますよ~
残念ながらこの並びの2棟は埋まってたのでヴィラの中は拝見してませんが
この多目的スペースはこの2棟だけのためのエリアというわけではなくパブリックエリアなので
今後、ホテル主催のアクティビティなどがここで行われるとかの展開があるかもしれないですね。

レストラン棟を含む他のヴィラやお部屋はスパスイートのあったエリアから、川を超えた
向こう側にあるので 向こう側についたら おっとテニスコート発見★
f0319208_2005196.jpg
やっぱりK子さん連れて来るべきやなwww (ロビナではテニスにも通っておられます)

テニスコートを超えたら 2階と3階にオーシャンビュースイートが3部屋入った建物があり
その1階部分は今回の目的地@ Zenso Restaurant となっておりまーす
f0319208_7255359.jpg
レストランの入ったビルディングの向かいにコージィーなレセプション
f0319208_7242870.jpg
棚田の絵がテーブルに映ってきれい~
f0319208_7243958.jpg
そのすぐそばに、ながーいパブリックプール
f0319208_725219.jpg
レストランは丁度そのお向かい側になります。
f0319208_7253514.jpg
既に腹ペコなのでランチタイムに突入したいところですが
このレストランの傍の2BDRMが1部屋空いてて見れるということなので先に見に行ったお!
f0319208_19424010.jpg
このお部屋は、半屋外のリビングスペースを挟んで2つのベッドルームが向かい側に
それぞれ独立してあるタイプの2Bed Room Villa (多分サイトのレイアウトのVilla 1)
f0319208_1943473.jpg
このリビング部分がオープンで広くてゆとりがあるんよね~
f0319208_1944783.jpg
寝室はそんなに広くないけどだからこそこじんまりと快適です
f0319208_19563359.jpg
一応屋内のシャワースペースもありますが・・・
f0319208_19564796.jpg
開放的なアウトサイドシャワーもあります。(バスタブは屋外です)
f0319208_19572150.jpg
デスクスペースはベッドの頭の裏側。よ!省スペース!
f0319208_19532264.jpg
そして、寝室の目の前にこーんな気持ちいい景色のテラスがありまーす
f0319208_19544241.jpg
敷地の向こう側は田んぼが広がっていますがこの時は残念ながら丸刈りのハゲハゲ期
それでも敷地の植栽や芝生の緑が気持ちいいから田んぼがハゲててもさみしくないww
たしかに田んぼ状況が良かったらその先の海の青も映えて相当気持ちいいだろうけど★

つか、ジムのあったスパスイートの棟のプールもあわせて、長いパブリックプールが3つて!
しかもヴィラカテゴリーにはそれぞれのヴィラにプライベートプールがあるし。プール三昧。
たしか、私が聞いた時点では5カテゴリーで合計10部屋とおっしゃってたんですが
そのうちのスパスイートとオーシャンビュースイートの5部屋はホテル的な造りなので
プライベートプールはないけど、10部屋に対して(うち5ヴィラにプライベートプールあり)
パブリックプールが3つもあったら十分すぎねーか??すごくねーか???
で、ウェブ予約できるサイトとかでチェックしたら意外と安い。(場所のせいもあるかな?)
手が届く金額な上にホスピタリティに関してはライフスタイルリトリートさんってことで
かなり信頼できるし、繁華街に遠いことも遠いからこそのんびりリラックスできるんだし
サヌールの中心地までの送りは無料でホテルカーがでるそうです。(お迎えは有料)

リゾート内で、リラックスしたりエクササイズしたりしつつ引きこもるのも楽しそうだけど
引きこもるとしたら大事なのはお食事事情。 はい、本日のメインイベント@ランチです~!
f0319208_7261740.jpg
イブMはここに来たらいつもオーダーするものが決まってるらしいので
イブMのオススメ料理も交えつつ、初めて食べるものも挑戦してみようってことで
今はここでいろいろと任されてるけどザ・バレの初期から見覚えのある女性スタッフが
私達の為のお食事メニューを選んでくれました。
f0319208_7375990.jpg
参考までに'16年10月時点でのドリンクメニュー※クリックで大きくなるよん※
f0319208_739971.jpg
ジュース類で嬉しいのが グラス売りだけでなくピッチャーでの料金もあること!お得よね

同じく、お料理メニュー ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_741496.jpg
一応、ヘルシー志向のスポーツリトリートってことでそれ向きのメニューが
シグニチャーメニューになってますが、がっつり食べたい人用のナシゴレンとかハンバーガー等
スタンダードなメニューも別ページだったかメニューの裏側だったかにありました。(写真撮り忘れ)

Boosterのメニューから 苺と葡萄とアボカドとパイナップルのジュースピッチャーで!
f0319208_739388.jpg
アボカドが入ってるのがどうなの??と不安だったけど、めちゃおいしかったです★

そしてどんどん料理が運ばれてきた~ 前菜を3種類も頼んでるしwwwww
f0319208_7443413.jpg
まずは見目麗しい Seasonal Salad 25種類の野菜がちりばめられててウマ~
f0319208_7422958.jpg
Mushroom Veloute ヴルーテのソースおいしい~。パンが進む。やばいwww
f0319208_7431120.jpg
Slow cooked & Grilled Chicken Fillet
f0319208_743329.jpg
このチキン、めっちゃ美味しかったです。私にとってはこれがメインでいいぐらいだけど
お料理のカテゴリー的には「サラダ」のところに書かれてあったんよね。確かにジューシィで
皮がパリッとしたチキンも存在感があったけど 下のクスクスや野菜も美味しかったわ~

そしてメインその1はPan Fried Coral Trout
f0319208_7435477.jpg
ハタ科のスジアラのソテー。え?スジアラって毒性のあるバラハタと間違えられがち~って
言われてるけどバリだけど大丈夫?間違ってないよね?と心配にならないのが
ちゃんとしたホテルのダイニング。しかも信頼するライフスタイルリトリートさんだという安心感
身がふんわり皮パリッとでヒカマ(葛芋)の付け合わせもカリフラワーのソースも美味しかった~
ちなみに、このヒカマってインドネシア語でBengkoang そう!美白で有名なブンコアン★
メインその2は Rice Noodle Stir Fry いわゆるパッタイ。けっこうピリ辛★
f0319208_7441534.jpg
メインが終わってお口直しにそれぞれ Iced Coffee (これは、ピッチャーメニューはないよw)
f0319208_745187.jpg
デザートその1は Chocolate Mousse
f0319208_7452157.jpg
デザートその2は Almond Panacotta with Mango Sorbet
f0319208_745421.jpg
私はマンゴーが苦手だけどこっちも一口だけ味見させてもらいました~
ドリンク~前菜~メイン~デザートまで全部がっつりと美味しく楽しくいただきました☆
食いしん坊のイブMと何か食べに行くといつも美味しいものを教えてもらえるから助かるわ~
余談だけど イブMとはまもなく"初の日本でのお食事会"が控えておるのでこちらも超・楽しみ~
f0319208_746302.jpg
こちらの料理は、ザ・ムンジャンガンのお料理を手掛けているイギリス人シェフの監修だそうで
彼が担当されてからのザ・ムンジャンガンのお食事評価がものすごーく上がっているので
(私が滞在したのはそのシェフの就任前だったのでまだ食べたことがなかったんで)
今回ここのお食事も楽しみにしてたんです。で、実際に食べてみたらその期待を裏切らない
創意工夫の楽しさと美味しさ(素材も味付けもね!)があって 食事が楽しかったです。
f0319208_20131475.jpg
こちらのダイニングは、滞在されてるゲストだけでなくビジターさんでも大歓迎ってことなので
またバイパス越えの時にお食事再訪したいよ~。でもそうなると(その位置で食べちゃうと)
またサヌール中心地(サヌールの観光エリア)で食事する機会がどんどん遠のく気が・・・
てか、お食事利用だけでなくて またK子さん誘ってお泊りに行けたらベストだね~。
f0319208_747361.jpg
だがしかし、この目立つパブリックプールで堂々と泳ぐ自信はないんでつけどwww


THE SAMTA Sanur Bali (Zenso Restaurant)

ADD : By pass Ida Bagus Mantra, Gg. Pucuk I, No. 67, Tangtu, Denpasar Timur (Sanur)
PHONE : + 62 (0)361 466 229 / FAX : + 62 (0)361 466 339
E-MAIL : bliss@thesamata.com
URL : http://www.thesamata.com/


※ 上記はすべて'16年10月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-12-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23382587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ぱうさん&こぱさんに会いにS... The Owl でテイクアウト... >>