※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< ここにも飛行機w ~Krisn...

Gong Jatiluwih ... >>
2016年 12月 01日
そうだ!Negaraへ行こうw ~退役飛行機があるならどこまでも~ (’16年9月)
f0319208_353631.jpg
'16年秋バリでの個人的ハツモノ記録、ここから3件立て続けに趣味の世界に突入~。
ウンガサン(ヌサドゥアスラタン)の置き去り飛行機を見つけた'13年秋(※この時※)から
今後の展開を見届けつつ個人的興味だけで定期的に退役飛行機を見に行っとるんですが
(※各地の退役飛行機定点観測記録は代表で⇒こちらのトピなどでどうぞ※)
今回、友人R2より「ヌガラにも置き去り系飛行機があるでよ。」との情報をいただきまして
多分今後何らかのパークになりそうな立地のところにあり、そのうち工事が入ると囲いもできるし
設備がオープンしたら入場料も要るだろうから、単に見に行きたいだけなら今行っとけ!との事。
でも、ヌガラって遠くね??特にアメッドからだと距離的には一番遠いエリアじゃね??
そんな風に悶々としている時、9月に南部で合流予定だったバリ友さんの旅程がキャンセルに。

・・・ってことは、9月の南部での同行予定中のスケジュールが空くから自由時間たっぷりやん。
しかも 実際に9月にチャングー入りした時に、個人的グルメご意見番のPHさんに連絡すると
タイミングが悪く Medewiのお友達の所へ1週間ほど遊びに行っとるらしい。
じゃ~PH氏のご機嫌伺いついでにメドゥウィ経由で【そうだ!ヌガラへ行こう!】と思い立ち
翌日早速 R2に場所を聞いて ヌガラに置いてある退役飛行機に会いに行ったのでした。




丁度、10月のはるららお義母様合流時に チャングー(Berawa)からバイクでMundukまで
移動する予定があったので、その時に遠回りしてでもアントサリ~ブリンビン~サンダの
ルートからムンドゥックに向かおうと思ってたから、アントサリの分岐点がどの辺りかを
確認しておくためにもいいよね~~と気軽な気持ちで出かけたのですが、
チャングーからでもヌガラまでは100キロ近くある道のり。前日はアメッドから南部への
移動だったので丁度同じぐらいの距離をこの日は往復で制覇しようとしとります。

9月なのにお天気も崩れがちだった今年のバリですが、この日は朝から快晴。
長距離のバイク運転時に雨にあわない確率が高いことに関しては自信があるんよねw
チャングー北部からタバナン方面に進むにつれて田圃の眺めはすばらしいし
午前中だったこともあっておいおい曇ってくるであろう山方面の空も青く
道中、バトゥカルがくーっきり見えて大興奮。(運転中なので写真を撮らなかったんですが
帰り道ではすでに午後で山方面は曇っていたので、往路に写真撮っとけばよかったと後悔。

田圃とかお山とか川の上の橋からの眺めとかだけでなく、タバナン県の海岸線を
ジュンブラナ県へ向かう道中には サーフポイントも多く夕陽の見れるビーチも見所。
1990年代に友人たちとよく行ったbalian beachなどにも久々に寄りたかったんだけど
この時はとりあえずバイクに乗ってるのが気持ち良すぎて先を目指すことが先決
f0319208_48630.jpg
こーんな海岸線を鼻歌まじりで進んでいくんです
f0319208_482262.jpg
ついにタバナン越え!ジュンブラナ県に突入しまーす
f0319208_4111844.jpg
たしか県境を越えてすぐあたりに Yeh Leh Beachというところがあって、
ここは数千もの大きな石というか岩がビーチにごろっごろと転がってるんですけど
何年前だったっけ?仮称・腐れエンヌの友人たちがMedewiにサーフィンに行くのに
ついて行って、諸々1日の予定が終わって南部に車で戻る途中に夕陽の時間に丁度
このボルダービーチあたりに来たもんだから、そこでみんなで夕陽をみたんよね。
その時が私にとっては初めてのYeh Leh Beach訪問だったと思うんですが
強い波に打たれてもまれて洗われて角が取れた不思議にツルピカな岩(石?)達が
ものすごーくミステリアスで、幻想的だったことが印象に残ってるんよね~。懐かしー。

県境越えから約20分でMedewiのビーチ方面につきましたおー
f0319208_4112975.jpg
わかり易い場所でPHさんと待ち合わて、日本からのお土産を渡したらものの5分で退散
そこから、更に約30分。こーんな感じの緑の中をヌガラに向けて走り抜けます
f0319208_4114244.jpg
この辺りまで来ればそろそろヌガラのコタに入る頃かな?
f0319208_4125577.jpg
R2から聞いたところ、飛行機が置いてあるのは主要幹線道路から
Kantor Bupati Jembranaのある道を右折して、スタジアムを横目に直進すると
ゲートがあるからそのままゲートを超えて進めば左側に飛行機がぽっつーんとあるよ、って。

なるほど これがそのゲートやね? 門番居ないから突っ切っていいよね?ww
f0319208_4153677.jpg
ゲートから先は今の所まだ整えられただけで未舗装の白っぽい道。
あ、左側にヒコーキ発見。場所が広いから遠目だと小さく見えるよ~
f0319208_416863.jpg
ズ~~~ム!
f0319208_4162159.jpg
駆け寄りたい気持ちは抑えて、一旦遠回りに周囲の道になったところをぐるっと廻ってみるよ~
f0319208_418856.jpg
ぐるっと回って横からズ~~ム!
f0319208_4292942.jpg
軽く周囲をぐるっとしたらお尻の方からバイクで近付いてみたお
f0319208_4291022.jpg
すぐそばまで行くとやっぱりでかいよな~
f0319208_4412159.jpg
f0319208_428877.jpg
私が来る直前まで地元っ子がこの中に入って遊んでました
f0319208_4283630.jpg
いろんな角度から見ちゃうぞw
f0319208_4373150.jpg
もし天気が悪かったらなんか不気味で恐ろしく見えるかもしれんけど、天気よくて良かった~!
f0319208_4375088.jpg
というか、周囲の大自然ww 普通に牛が放牧されとるし。
f0319208_4305223.jpg
でも、この広いエリアは後日何かパーク的なものになるのかはわからんけど
まだ重機などはなかったけど長いスパンで整備されつつあるように見えたので、
ちょっと前までは本気の畑か田圃か草原だったんだろうな~。(このまま残せばいいのにw)
f0319208_438550.jpg
くぐって来たゲート方面。 な、このエリア、広かろう?
f0319208_4402758.jpg
近くで見る古い機体にも興奮したけど、この周囲の広大なロケーションにも興奮したわ
ゲートまで戻る道はこんな感じ。
f0319208_4173486.jpg
今の所、西側の民家や田圃がある地帯からのトタンっぽい囲いは少しあったけど
不思議に立派なゲートのところには門番もいなかったし(たまたま日曜だったからか??)
9月の時点では簡単にバイクで侵入可能だったので 今のうちに見にいけて良かった★ と。

道中MedewiでPHさんに会ったのはものの5分間ほどだったのに、ここには40分ぐらい居たぞw
ま、わざわざ片道100キロ近くの距離をバイクで走ってやってきたのだから当然とはいえ
せっかくヌガラまで行ったなら他にもどこか観光でもすればいいのに、他に目的は考えてなくて
退役飛行機ちゃんに会えただけで大満足で、チャングーへ戻ることにしましたの。

だって、帰路も眺めがいいタバナン県内を通りながらの楽しい楽しいツーリングですもん。
f0319208_4432457.jpg
時には思わず路肩にバイクを停めて、徒歩であぜ道を進んでみたり・・・
f0319208_444617.jpg
道端のワルンでジュース休憩してみたり・・・
f0319208_4442255.jpg
そのワルンの横手から棚田を眺めてみたり・・・
f0319208_4445498.jpg
往路は午前中で快晴だったのに午後になってた復路には曇り空になってたから
晴れていたら見えるお山(往路はバッチリ綺麗に見えたんだよ!)も見えなかったし
海方面は灰色の空と海に高い波で全然フォトじゃニックじゃなかったから寄っていないけど
往路の時点で油断して手袋をしていなかったので手の甲がめちゃ日焼けしてしまってたから
帰りが曇りだったおかげでこれ以上手の甲が真っ黒にならなくてちょっとホッとしてます。

※上記はすべて'16年9月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-12-01 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23381477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ここにも飛行機w ~Krisn... Gong Jatiluwih ... >>