※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Sang Giri Mount...

人気の宿には人気なだけの理由が... >>
2016年 11月 23日
Sweet Orange Warung @ Jl. Subak Juwak Manis, Ubud ('16年9月)
f0319208_25906.jpg
この秋も友人知人からいろいろとオススメの場所を聞いておきながら
リピートしたいところ優先であんまりハツモノはなかったかな?と思っていたウブド滞在も
振り返って見ればけっこうハツモノがあったな、とブログを綴りながら自覚した次第ですが
いよいよこの秋の個人的ハツモノシリーズウブド編における最終トピになります。

前回の春バリの時にオーストラリア人の知人に「いいよ~」って薦めてもらったのですが
その時点ではいまいち場所がわからなかったのと、GW前にルナゲでおしゃべりを謳歌し
その後はaiさんお迎え&お買い物に明け暮れて、5月は3105さん最優先だったので
すっかり存在を忘れておった!!で、5か月を経てやっと行くタイミングができたので
9月のウブド滞在時に、南部からウブドへ移動してチェックイン後真っ先に向かいました。
ルートとしては、プリルキサン美術館の脇から徒歩で行く方が田んぼビューを楽しみながら
行けるんでしょうけど、カジェンからバイクで行けると聞けばバイクルートで行く横着者★

で、行ってみたらジュースはひえひえで美味しいし食事も美味しかったし のんびりと
ゆるゆるでのどかな環境だし、何よりも喫煙もOKだったのでお気に入りに追加!
何なら10月のウブド滞在でも時間と胃袋に余裕があったら再訪したかったぐらい。
本日はその Sweet Orange Warung についてメモっておこうと思います。




場所は、徒歩の場合はプリルキサン美術館の脇の道から美術館の裏手に
ぐるりとまわり、そこから田圃道をひたすら北へ行くと左手に現れますが
私はバイクで行ったので、カジェン通りをズンズン進んで田圃道に出る坂も上って
田圃を左手に少し進むと左に進めるあぜ道があるので (ワルンの看板が出てます)
そのあぜ道を道なりにぐるーっと左カーブでUターンする形で 進んでいくと
まもなく右手に お店とこの看板が見えてきます
f0319208_2593635.jpg
外観はこんな感じ。
f0319208_2595763.jpg
離れのバレもこちらのお店です。(先客がおられたので行けませんでしたが)
f0319208_321498.jpg
母屋的な建物の一番奥の席が空いてたので行ってみまーす
f0319208_372660.jpg
この席が気に入ったんだけど入店時は先客ありでした
f0319208_373884.jpg
向かって右手はこんな感じ
f0319208_375732.jpg
結局、畑の正面の真ん中の席を陣取りました。
正面はこのお店のオーガニックファーム。ここでの収穫物を使ってるのね。
f0319208_325688.jpg
メニューブックの表紙が地図なんですけど、ここに来てるってことは道わかってるっちゅーのw
f0319208_332296.jpg
何を頼もうか迷ったのでとりあえずジュースとナシゴレンにしてみたよ
f0319208_382534.jpg
MIXのフレッシュフルーツジュースにはそれぞれバリ人の名前がついてて
これは オレンジとパイナップルの " Made" (Rp.20,000+10%税)
f0319208_39227.jpg
素朴なワルンという風情から、おいしいけどぬる目のジュースがでてくるのかな?と思ったら
これが氷も一緒にミキサーにかけた状態でキンキンに冷えっ冷えでおいしかったー!
ここのジュース、とても美味しかったからお散歩中のジュース休憩にもめちゃオススメできます。

そして Nasi Goreng (Rp.30,000+10%税)
f0319208_391435.jpg
私はオレンジ色のナシゴレンが苦手なので初めて頼むお店では博打なんですが
ここのナシゴレンは味付け云々以前に お米が赤米なのー!赤米大好物なので嬉しい★
中に入ってる野菜も、見た目は冷凍ミックスベジタブル的な粒の大きさなんですけど
しっかりした新鮮野菜のこりっこりという歯ごたえと、赤米の噛みごたえや素材の味に
イイ感じの味付けがプラスされて、食べ応えもあってとてもおいしかったです。
あと、上に乗った目玉焼きの大きさや黄身の火の通りや色具合も丁度いい感じ★★★

しかも、右手にはこのビュー!大満足です。
f0319208_3101534.jpg
たしか、この時はドン曇りの日の夕方5時ぐらいだったんですが
天気次第では6時過ぎにはいい感じの夕景が見れそうでもあります。
でもそうなると帰り道、かなり暗いなw バイクの人はカジェン側から帰ればいいけど。

店内を見上げると、こんな表示が・・・
f0319208_352466.jpg
ここでは飲食だけでなく、上記のようなアクティビティも開催しているので
田圃道を散歩しながらここまできて、ちょっとジュース休憩してから アクティビティに参加して、
終わったらご飯食べて帰る という過ごし方もできるみたい。
で、店内にぶら下がってるココナツは、よーく見ると・・・
f0319208_311577.jpg
顔のオブジェになっとりますww
f0319208_3114155.jpg
ココナッツマスクは、穴があいて使えなくなったココナッツを利用していて
ここで5万ルピアで購入して(その売り上げは地域の自然保護の為に使われるようです)
それを買ったお客さんは自分でいろいろとペイントしてお店にぶら下げるという仕組みらしい。
多分記念に持って帰ってもいいんだろうけどw ただやみくもに寄付するとかよりも
こうやって思い出をつくりながら少しでもウブドの自然保護の為に貢献できるならいいよね★
ま、具体的にどうやって自然保護の為に使われてるのかとかそういうことはわかりませんけど
この小さなワルンが 飲食だけの域を超えていろいろな試みを精力的に実施していて
それがお客さんも地元のカルチャーを楽しめて地球にも優しいことだという点で
なんだかほっこりしてていいなぁ~と思うんです。ここ絶対白人さん、好きだよねw

もしかしてあのバレが離れになってるのは、アクティビティに参加する場合は
あそこで実施するためなのかな?? うーん、やっぱりあのバレ席が魅力的★
f0319208_314695.jpg
一応夜7時までの営業とのことで、私が帰る頃は既に6時ごろだったけど
続々と前を通る人が足を止めてお店に入ろうかどうしようか検討しておられました。
f0319208_312528.jpg
私はカジェン側から行ったけど、プリルキサン美術館の脇&裏手のほっそい道から
田圃のあぜ道に出て向かわれる方は、かつてのサリオーガニックへの道を
思い出される方も多いんじゃないかな? 今やあの道にたくさんのお店増えたように
このあぜ道にも今後どんどんカフェやワルンやスパが建っていくのかな?

横着な私は次に行く時もきっとカジェンからバイクで行っちゃうと思うけど
最初は「え?ほんまにここ通れるの?」的な探険気分になりつつ、田圃のあぜ道を
満喫できるうちに、散歩道の方からも行っておきたいです。つまりリピ★ありです。


Sweet Orange Warung

ADD : Jl. Subak Juwak Manis, Ubud
PHONE : ​+62 (0)81 338 556 428
OPEN :​ 10:00 - 19:00
E-Mail : putu@sweetorangecafe.com /nyoman@sweetorangecafe.com/
scott@sweetorangecafe.com
URL : http://www.sweetorangewarung.com/
(FB)https://www.facebook.com/sweetorangewarung/?skip_nax_wizard=true&success=1


※ 上記はすべて'16年9月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-11-23 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23350885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Sang Giri Mount... 人気の宿には人気なだけの理由が... >>