※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< 人気の宿には人気なだけの理由が...

Folk Kitchen & ... >>
2016年 11月 20日
Warung Be Pasih Pak Koni @ Nyuh Kuning, Ubud ('16年10月)
f0319208_6225896.jpg
今回から丁度1年前の'15年秋バリでのはるららお義母様との合流時
前半がウマラス滞在だったのでおのずとカフェ巡りで食事もパン系中心になってしまう。
南部滞在中にYUU飯(※過去記事※)には行くし、Deli Campur Asiaもあるけれど
きっとその後のウブドでお義母様に日本食への禁断症状が出るかな?と心配していて
影武者やあんかさは以外にもどこかないかなー?と考えていたところ、6月に渡航された
meroさんをはじめ各方面からオススメされたのが ニュークニンのBe Pasihでした。
そういえば'15年春バリでルナゲに行った時に、オカメも「ニュークニンにおいしい
お魚が食べれるところができたみたいよー」と言ってたっけ。じゃー駆け込み寺決定★
当時はそんな風に思っていたのに、ふたを開けてみれば'15年秋バリでは思いのほか
南部での食生活に満足しすぎたはるららお義母様。ウブドでは和食の禁断症状が出ず
明太子スパを食べにあんかさには行った
けど、Ba Pasihや影武者に頼らずに済みました。

今年の秋も特に禁断症状が出たわけではないんですが、合流最終夜はブンクス大会と
決めていたので お味見も兼ねてBa Pasihでテイクアウトしてみることにしたところ
この日はお刺身とかはなかったんで いつでもある定番的なメニューになりましたが
なにこれ安ぅ~ しかも焼き魚ウマー!と大変満足したので本日はその備忘録を・・・。




行った時間が夕食には早すぎる夕方頃だったので食べてるお客さんは居なかったけど
ご近所らしきローカルさんが何かブンクスをオーダーしてお支払いをしていたり、
ちびっこがエスジュルを買って ナイロン袋(ビニール袋ね)でテイクアウトしてたり
観光客だけでなく地元の人たちも利用できる気軽さを実感したというのが第一印象。
メニューボードを見ても、この安さならローカルさんの集客も当然だよね
f0319208_6303366.jpg
さらに、観光客でも衛生面でひるまずに済むこぎれいな店内。
f0319208_6313998.jpg
私はテイクアウトだったからカウンターでメニューを見て注文したんですが
カウンターから厨房がチラ見えしてたんです。その厨房もとても清潔にしてあっていい感じ~
参考までに'16年10月時点でのレギュラーメニュー ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_0344136.jpg
今じっくり見てみると魚のスープとか魚のフライとかも魅力的なんですが
この時はスープを温め直す調理器具もなかったし、ご飯は食べないつもりだったので
ご飯が欲しくなるであろう魚系のスープはやめておきました。(また次の機会にね!)

お店の外観もニュークニンの古き佳き閑静な街並み(村並み?)に溶け込んでてほっこり。
f0319208_632260.jpg
とにかく焼き魚は買って帰るつもりだったけど、他は何を頼んだらいいのかわからなくて
シーフードサラダとチャプチャイのようなものもお試ししてみることにして
更にアサイチに飲む為のエスジュルも2人前もオーダーし、待つこと約15分。
出来上がったので受け取ってバイクを置いたところに戻ると にゃんこがお待ちかね
にゃんこに「ありがとうございまーす」って言われてる気分だよwwww
f0319208_6323133.jpg
この時、エスジュル2つはプラスティックのカップに入ってたんです。
袋の底に段ボールで板を入れてくれたんですがバイクで持ち帰るにはなかなかの試練。
さっきのちびっこみたいにナイロン袋に入れるローカルスタイルでいいのに~と思ったけど
今さら移し替えてもらうのも面倒だから、こぼれること覚悟でバイクのホルダーに掛けて
テガルサリに戻ったんだけど、到着後に恐る恐るジュース2つが並んだ袋を開けてみると
予想を反してプラスティックのカップからジュースが漏れてない!これにはびーっくり。

このエスジュルは写真撮り忘れてるんですけど果汁70%か100%か選択肢があり
私は100%で砂糖と氷不要 と伝えました。(100%は1杯20,000ルピアでした)
カウンターから見てたら厨房で一生懸命オレンジを絞ってるのが見えてました。
テガルの冷蔵庫で冷やして翌朝飲んだら 濃いくてめちゃおいしくて これ、リピ決定★

この日にテイクアウトした3品でーす。
f0319208_63322100.jpg
まずは Ikan Bakar (Rp.15,000) つまり、魚の塩焼き
f0319208_6324481.jpg
これが、魚の臭みが全然なくて ふっくらとした身は甘みすら感じてすっごい美味しいんです。
ついてるサンバルなどは私達は使わないのですが、持参してた醤油さえも使わないで
ライム絞っただけで更に美味。お魚本来の新鮮さや美味しさに加えて焼き加減も完璧★
これ、部屋に置いてたら部屋中焼き魚のにおいが充満したのでテラスに置いてたら
食べる準備してる間に テガルサリに出入りしているのら猫がケースからはみ出た魚の
しっぽを加えてずるずると引っ張ってテラスの端っこまで移動させてて大騒ぎ。
あとちょっと発見が遅れたらテラスから強奪されているところだったわいwww
それでも、その時点ではケースからはみ出てるしっぽ部分をかじられただけで
ケースは蓋されたままで本体が無事だったので 猫に触られたであろう尾から数センチは
更にカットして猫にくれてやりましたが、あとは無事に私達の胃袋に収まりました。

Sea Food Salad (Rp.20,000) いわゆるシーフードサラダ
f0319208_633619.jpg
お野菜が想像していたよりもフレッシュ感があって、イカがとっても柔らかくて美味しいし
エビも全然臭みがなくて、さすがお魚がウリのワルン。エビイカ入ってもこの安さだし!

Udang Sayur (Rp.25,000) 野菜とエビのソテー
f0319208_6333838.jpg
単なる野菜とエビ炒めだと思ってたらつゆだく系でチャプチャイ的な感じでした。
でも、バリでよくあるオレンジ色や茶色のつゆではなく鶏ガラスープみたいな色。
これも出来たてはアツアツで持ち帰ってちょっと時間が経ってる時点でもあったかくて
とてもおいしくいただきました。 器にあけた後の単品写真が残ってないんですが
テラスのテーブルの様子はこんな感じですかね (写真しょぼくてすいません)
f0319208_1362829.jpg
ちなみに、右上あたりのマグカップの中身は持ち歩いていたインスタントの味噌汁です。

和食屋さんではなくローカルさんも美味しくたべれる良心的価格のワルンですが
その日に仕入れたり釣れたりするお魚によってはお刺身があったりするようなので
またそういうよいタイミングで訪問する機会があればお刺身も味わってみたいなり~。


Warung Be Pasih Pak Koni

ADD : Jalan Nyuh Bojog, Nyuh Kuning, Ubud,
PHONE : +62 (0)361 978190
OPEN : すみません、未確認です
URL : 未確認です


※上記はすべて'16年10月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-11-20 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23350882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人気の宿には人気なだけの理由が... Folk Kitchen & ... >>