※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< Daily Baguette ...

Moksa Plant-bas... >>
2016年 11月 07日
完璧★ Kedai D'Sawah @ Teges, Ubud ('16年9月&10月)
f0319208_1251239.jpg
直前トピのMOKSAに続いて本日も、9月に初めて行ってみたら気に入って
10月にはるららお義母様と再訪したウブドの人気店をもう1軒記録しようと思います。
私自身はこの秋が初めてだったんですけど、今年に入ってのオープン以来
その田んぼビューのすばらしさとお食事やドリンクの美味しさ&安さなどが評判で
もうすでにたくさんのファンがおられる人気ワルン@ Kedai D' Sawah

いつの頃からかローカルワルンのナシチャンをあまり食べなくなっている私ですが
10年ぐらい前まではローカルなお店もよく行ってたんです。で、その頃に自分なりに
「植木屋や造園屋の奥にある店は侮れん」という説みたいなものがあったんです。
もうなくなっちゃったけど以前のデワルチ像の周囲にあった植木屋ナシチャンとか
大きな交差点や大通りの脇に植木屋や造園屋が並んでてその奥とか隣にある
ワルンって、いつもたくさんのバイクが停まってて流行ってるという印象なんです。
もちろん、そういうワルンは本気のローカル仕様でショーケースにおかずが並んだ
ナシチャン屋というパターンも多いのでKedai D' Sawahさんを同じに並べるのは
ちょっと違うのかもしれないですが、それでもこのお店に入った時に思い出したのは
昔よく言ってた"植木屋の奥に 安くて美味しいお店あり"の説。
造園屋さんや植木屋さんの中や奥ってのは、それだけでも木や花に囲まれてて
車道から離れている分静かでいいんだけど、Kedai D' Sawahはそれだけでなく
その奥にばばーんと広がった田んぼビュー。田んぼに面して横長の敷地で
蓮池ビューの席ありバレ席ありのゆとりの空間の中に、景観にとけこんだ建物と
ローカルさん、在住さん、観光客、単独利用、子連れさん、団体さん等など
どんな客層でも対応できるテーブル配置とメニュー内容&良心的な価格帯。
近年モダンなお店が増えていく中で ウブドらしくていいお店だなーって思うんです。




場所はウブドからゴアガジャへ向かう通り沿い。JUより少しゴアガジャ寄り。
通りからの外観などは写真撮ってないんですが、植木屋さんや造園屋さんがあるので
2か所ほど大きい看板が出ているから、そこから敷地へ入りましょう~
奥に進むと駐車・駐輪スペースがあり、そこから更に奥にお店がありまーす
f0319208_153460.jpg
レジカウンターや厨房がある建物の前の席だけがワルンのスペースと思ってたら・・・
f0319208_1422978.jpg
その右手向こう側に、田んぼに面して横長に広~~いスペースが!!
f0319208_1425084.jpg
池に面した座卓エリアの雰囲気はバリらしくってとってもいい感じ
そして、その奥にもテーブル席やテラスのディベッドのような空間の座席があったり・・
f0319208_1432794.jpg
いろんなタイプの椅子があるんでどこに座るか迷っちゃう~
f0319208_1431692.jpg
あれ?これって更に拡張中なの?(どこを撮ったか忘れてしまったけど)
f0319208_1435168.jpg
トイレの案内1つにしても、わかり易くてかわいい。
f0319208_2153235.jpg
バリの雰囲気を全く壊すことなく、インテリアや小物がいちいち可愛いんです。
さすが植木屋さんの奥。店内に飾られているお花や植栽も売り物だそうで。
f0319208_1463973.jpg
いろいろとよく考えてあるよね~、と感心することしきり。

で、この9月の来店時は田んぼの緑がふっさふさの時期だったから
こういう時こそ緑が輝いてる日中に訪れるのが一層気持ちいいのでしょうが
9月に狙ったのは"夕暮れ時"。 夕陽は見えなくても空がきれいかな?と思って。
というのも、陽射しが強い時だと 田んぼに面した屋根のない席は暑くて眩しそうで
夕方の風にあたりながらのーんびり早めの夕食をいただけたらいいなと思ったんです。

幸いこの日のこの時間帯は雨も降ってなかったから屋根のない最前列狙いw
f0319208_1454174.jpg
さぁ、どの席にしようかな~
f0319208_147866.jpg
迷った末に落ちついたのがテーブルNo.3の席
f0319208_1251239.jpg
でね、メニューも豊富だから、何を食べるかもひとしきり迷う。つか、安い★
f0319208_28452.jpg
参考までに'16年9月時点のメニューの一部 ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_28181.jpg
デザートもあるのね。イラスト付きだから内容もわかりやすーい。
f0319208_284779.jpg
で、この日の早めの夕食はこうなりました。
f0319208_149034.jpg
たしか、冷たい緑茶。たーっぷりのサイズで ごくごく飲めるのが嬉しい(レシート紛失)
f0319208_1475225.jpg
プルチンカンクン (Rp.10,000)
f0319208_1482315.jpg
とんかつライスがあったから思わずオーダー (Rp.25,000)
f0319208_148966.jpg
薄くたたいて伸ばした豚肉を香ばしく揚げているので 日本のとんかつのようにふっくら
ジューシィというタイプではないけど、丁寧に黄金色に揚げられた衣と日本のソース
「キャベツの千切りちょうだい!」と言いそうになるぐらいトンカツ気分が満たされたw
ごはんととんかつで25,000ルピアというお手頃すぎる価格にもびっくりでお得感満々。
f0319208_1484413.jpg
田圃と夕景見ながらとんかつライスてw めっちゃ贅沢な気分ですー。

普通なら9月ってまだまだ乾季のはずなのにお天気がぐずつきがちだったこの時期
雲が多くてサンセットタイムの夕景はこんな感じでしたが・・・
f0319208_1494977.jpg
それでも一刻一刻変わる空の色をのーんびり眺める幸せ~
f0319208_154169.jpg
日が落ちてからも余韻を楽しむのがこの時間帯の醍醐味
f0319208_1541268.jpg
反対側の空も反射してきれいだから見逃せないんよねw
f0319208_1542481.jpg
で、日が暮れてお会計しようと思ったら宿に財布を忘れるというトホホをかましてしまい
お店の人に「ごめん、部屋に財布忘れてきたから取りに行ってくる!」ってバイクと部屋の鍵と
免許証だけ持って、(携帯等は鞄ごとレジで預かってもらい)慌てて取りに行ったんです。
その時も「気にしないで!いつでもいいですよ~」ってめちゃ親切なんですけどw
私、日本人だけど別にココバリのお客さんでもない単なる一見なんで、まだ今のところは
信用してもらえるに値しない人だと自覚しているから 速攻部屋に取りに帰ってお会計。
で、戻って来て「待ってもらってごめんね」って言うと ボスの第一声が「早かったね~」ってw
なんというか、そういうのどかさや人のイイ雰囲気がお店全体にも満ちてる感じで
とても居心地が良かったです。※お店の方、その節は失礼しました(反省)※

そして、その3週間後。はるららお義母様と一緒にお茶休憩で寄ってみました。
この日は日中の暑い時間帯の訪問ですよー
f0319208_1363020.jpg
むむっ。さすが3週間もたつとあのふさふさ緑は刈り取られた後らしいw
f0319208_156195.jpg
それでも青空の下に田んぼ(たとえ枯れ色でもw)が視野一面に広がると気持ちいい
f0319208_204212.jpg
この時にチョイスした席は、バレ(ガゼボ)のお座敷席
f0319208_1572316.jpg
田圃は枯れ色でも はるららお義母様、このロケーションに大満足。
すっかり 地元のおっさんのノンクロンか!というような状態で寛がれております
f0319208_1573888.jpg
このバレ席は、蓮池の際なんです(この時は蓮がほとんどなくて泥池でしたけどw)
f0319208_21578.jpg
ふと池に面した座卓のお客さん(お子さん連れ)をみると、めっちゃ寛いではるw

この時、私達は2人ともアラビカアイスコーヒー(Rp.15,000)を飲んでいたのですが
(なぜかアイスコーヒーを撮った写真がない。寛ぎすぎて油断しとるwww)
小腹を満たすべくオーダーしたのが ガパオライス (Rp.20,000)
f0319208_211792.jpg
最初、「え?これガパオなの?」とイメージと見た目の違いにびっくりしたんですが
食べてみるとこれはこれで美味しい。なんつーか癖になる味であっちゅーまに完食
てか、これが20,000ルピアは 私達観光客にとっては めちゃくちゃ安いです。

マンゴージュースがあると気付いて「普通のフレッシュマンゴーが食べたい」と
言い出したお義母様。 スタッフ君に「ジュースにせずにカットマンゴー頂戴」ってw
フレッシュマンゴー (Rp.15,000) ←マンゴージュースと同じ料金です
f0319208_213035.jpg
それがとても美味しかったようで はるららお義母様ご満悦
f0319208_235612.jpg
あまりにも美味しかったのでテイクアウト(2人前)もオーダーしてたご様子。
2人前と言っても私はマンゴーを食べないのでお義母様、後で更に2人前食べる気満々。

このテイクアウト分も、こちらが何も言わなくてもお会計の時まで預かっておいてくれて
ちゃんと氷の入ったナイロンを添えて冷たさが維持できるようにひと手間かけてありました
f0319208_241763.jpg
お義母様はビンタンちゃんから「切ってすぐ食べたほうがおいしいから早く食べてね」って
言われてて、更に「パサールで買ったほうが安いのにw」ってみんなで大笑いしたけど
「選び方もよくわからないし自分で切るの面倒くさいのよ~」とお義母様。 確かにw
こうやって、できる範囲で希望に対応してくれる柔軟さも本当にありがたかったです。

座席の範囲が広いので、遠くに座ったらスタッフを呼ぶのにもちょっと面倒だったりするけど
その分、遠い席を選べばほんとにマイペースでゆっくりできるということだし
団体さんや家族連れがおられても、これだけ広ければ離れて静かに過ごせる席もあるから
1人でフラッと来ても、カップルで来ても、友達と来ても、グループで来ても大丈夫な上
この価格帯だから、在住さんや長期滞在者さんが気軽に利用できるだけでなく
地元のローカルさんや国内旅行のドメさん達にも愛されるお店だと思うし
私達旅行者にとってもウブドを感じるのに最適なワルンだと思います。完璧です★


Kedai D' Sawah

ADD : Jl. Raya Goa Gajah, Br. Teges, Ubud
PHONE : +62 (0)361 9081067
OPEN : 11:00-22:00


※上記はすべて'16年9月&10月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-11-07 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23346010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Daily Baguette ... Moksa Plant-bas... >>