※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< '16年秋バリ・その1...

'16年秋バリ・その8... >>
2016年 10月 24日
'16年秋バリ・その9 ~ お義母様との合流の最後はウブドで〆ルンです!~
f0319208_1113829.jpg
ごきげんよう~。この記事を書いてたら終盤でパソコンが固まってすべて水の泡。
メガネ行方不明でメガネ難民な上に 帰国前のいろいろ片付けとかが溜まっている中で
やる気が120%削がれたので いつも以上のやっつけ&まとまりのない章になりますけど
今年の秋バリの個人的目玉物件@はるららお義母様との9泊10日間の合流期間も大詰め。

MundukとJati Luwihでの2泊3日を経て 次に目指したのはやっぱりウブド。
ここはおなじみだからお互い好き勝手に各自のペースで好きなように過ごせる場所。
でもやっぱり食事は合流した方がいろいろ食べれて楽しいし、私のバイクがあるうちに
徒歩では行くのが面倒な場所にも行けるし、私が東に帰る最終夜は同部屋に泊まって
最後のブンクス晩餐会と反省会はお約束だし、 結局ほぼほぼ合流しておりました。
ウブド到着前まではそれまでの行程に大満足だったので「もうウブド行かんでもええかな」
とまで言っていたのに、行ってみると「やっぱウブド滞在も必須やわ」と思い直すんよね。
いつもそのパターンやがな、うちらw やっぱり私達にはウブドさんも必要です★




※2016年10月8日(土) 12:00すぎ~ ※ ジャティルイからウブドへ移動しまーす

お迎えを依頼したロビナ君号に乗ったお義母様と別れて、私はバイクでウブドを目指します
f0319208_11171417.jpg
ロビナ君のアドバイスでタマンアユン経由の道で向かうことにしました(おかげで雨にあわず!)
で、タマンアユン寺院からはこんな景色の中をウブドへ向かいます
f0319208_11181189.jpg
この日、お義母様は前もってスーツケースや私のピギーを預けてもらっていたテガルサリに
チェックインされ、夕方からはお気に入りのスパへマッサージを受けに行かれるとの事
私は、9月のウブド滞在時に急遽一時帰国中で会えなかったオカメ(Kemeちゃん)との団欒の為
この日はルナゲに泊まって 夜はご一家と一緒に外食することになっております

5か月ぶりのルナゲ。この日のお部屋は1階のRoom#03
f0319208_1119120.jpg
ちょっと用事があるので座敷で少しだけオカメとくっちゃべって一旦外出でーす
道中、"俺たちのブブールアヤム"屋(※過去記事※)が開店中だったので寄り道
f0319208_11193114.jpg
イブに「お店、グレードアップしたね~」っておしゃべりしつつブブールを食べる(卵無しで5000ルピア)
f0319208_11195193.jpg
その後、プリアタンとモンフォレ通りで用事を済ませてルナゲへ帰る途中に
Folk Kitchen & Espressoでコーヒーブレイク 
f0319208_11201791.jpg
喫煙席は2階だそうで、お義母様とのソトアサにどうかな?と思って試しに寄ってみたんですが
カプチーノを頼んだら、偶然ハズレだったのかぬるいしミルキーすぎるしでうーむ・・・・。
お店の雰囲気はいいし2階なら喫煙可能だし軽食メニューも気になるものはあったので
いつかは他のメニューで再訪してみようとは思うけど、今回のソトアサ候補からは外しました。

その後、ビンタンスーパーで日本からの頼まれものを買い出し&チェックして
ルナゲに戻ってお座敷で座談会(トークテーマはオカメの一時帰国ごくろうさま編)
6時ごろから慌ててお風呂に入って出かける準備をして
一家そろって Fuzion Cafeへ!外食外食~
f0319208_11383399.jpg
ガッツリ食い散らかします!(ルナゲの皆様は顔出しOK)
f0319208_11393868.jpg
最後にロニーさんに挨拶してルナゲに戻り、またまたお座敷トーク大会。そして早めに就寝。


※ 2016年 10月9日(日)※ お義母様と19時間ぶりの再会ですよw

お義母様は昨日からテガルサリSuper Deluxe #10にご滞在中なんですけど
テガルは朝食が別料金になるので ソトアサで合流することになっておりまして
この日の朝ごはんは Daily Baguette 開店早々の朝7時に待ち合わせ。
f0319208_11472331.jpg
こちらのベーカリーカフェは 喫煙も可能なイートインスペースが2階にありますが
イートインの人もオーダーはすべて1階で済ませて清算してから2階に上がることになります
朝食は 軽くコンチネンタルな感じで パンとコーヒー(ラテだったかカプチーノだったか失念)
f0319208_11484197.jpg
私がこのお店のパンで食いついたポイントはイングリッシュマフィンの存在。
生地は好みのタイプとは少し違うんだけどちゃんとコーンミールがまぶしてあって喜び組!

このお店、ルナの中学のすぐそばのお店なのでケメ女将も気になっていたらしく
ついでにバゲットと一口サイズのものをいくつかお試しの手土産にしてみたら好評。
東へ帰る前にライブレッドとかも買ってみたところ 香ばしくてとてもおいしかった★
今までバゲットとイギリス山食は小麦さんで、バターが生きるリッチ系はスプーンさんで、
と、それぞれの種類のパンを買う店が決まっているんですけど、カンパーニュとか黒パンとかの
リーン系のパンを買うお店に関してジプシーだったんで、今後それ系はここで買おうかな?
(というか、今回どの店か忘れたけどめっちゃ美味しいリーン系のパンが土台になってる
メニューを食べて感動したんだけどあのパン売ってるところがわかったらそこで買いたいw
まずは どこで食べたものだったか写真で復習せねば。今の記憶ではチャングーのVedaか?)

朝食後に、ジュンジュンガン方面を流したいとのお義母様のご希望で
Suwetaから橋越えでSuri Wedariの北へ行き ジュンジュンガン方面をツーリング。

この土地は売らん!のアート看板、逆さになってるってことは売るのか?wとツッコミ
f0319208_12133886.jpg
田んぼの見えるカフェがあればジュース休憩をするつもりだったんですけど
あいにく朝早すぎてお店が開いてない。橋の所まで下れば2軒ほどカフェがあいてたけど
なんか眺め的にピンとこず、結局またラヤウブド通りまで戻ってきてしまったので
ジュース休憩は 「眺めならあそこがテッパンでしょ?」と この場所へ・・・・
f0319208_12181487.jpg
そうです。私的恒例のClear Cafeですわ。おほほ
f0319208_12191420.jpg
その後、お義母様のテガルサリの部屋のテラスでだーらだらと過ごし・・・
f0319208_1113829.jpg
お昼前になったので、早めのランチにでかけます。
お義母様をプネスタナンの路上に置き去りにして(そこから散歩がてらランチ場所まで行くとか)
私は一旦ルナゲに戻ってチェックアウト&荷物ピックアップ。 ルナゲの皆さんありがとう!
f0319208_12212672.jpg
で、リュックを持ったままお義母様が徒歩で先に到着されているMoksa へ先月に続く再訪。
f0319208_12254610.jpg
はるらら お義母様も大満足の野菜づくし!(現時点の野菜王認定)
f0319208_12262677.jpg
食後はこれまたうちらー恒例。 サヤンの Gaya Gelato
f0319208_1227498.jpg
お義母様のお部屋で自分の荷物を整理させてもらう前に
テガルのモンフォレ側の入口にできた小さなエスプレッソバーでアイスコーヒーブンクス
f0319208_12281634.jpg
お義母様のお部屋に戻ってテラスでアイスコーヒー休憩を終えたら
f0319208_12285091.jpg
10/6以来やっと私の荷物が一式揃ったところで またまた私が1泊お出かけの小荷物を
(次はトートバッグでコンパクトにw)詰め替えますよ~

なにその10/6以降の私の宿ジプシーっぷりw まさに寝るところが1泊ずつ変わってる!
当初はウブドでの3泊を全部ルナゲで過ごそうと思っていたんですけど
合流最後の夜(ウブド3泊目)は お部屋でブンクス大会がお義母様との恒例行事なので
テガルサリに事前に承諾を得て私がお義母様の部屋に転がり込むことになったんです。
じゃ、2泊目は? 2泊目もルナゲ連泊かテガル転がり込みでいいやん!となるはずが
何の神の思し召しか。この2泊目だけ偶然空いてた魅惑のお部屋があったんです。

そこは、9月の合流予定が急遽渡航キャンセルになったバリ友さんがとても気に入って
近年リピートされてる宿で、彼女は前回滞在時の今年の2月時点で9月の予約を確約。
9月合流時の私の宿は GWのお試し滞在で気に入ったPondok Tropicalの田んぼの中の
お部屋なので 合流中にはお互いに訪問しあいっこするのを楽しみにしてたんです。
結局私は9月もウブドへ行ったのでPondok Tropicalへの再訪は果たしました
バリ友さんのお気に入りのお宿へは遊びに行くことができなくて残念に思ってたところ
あれれ? そのお宿、人気で予約びっしりなのに なぜか10/9の1泊分だけ空いてるぞ★
これは、まさに「おぬし、試しに泊まっとけ!」と言われてるなww と勝手に解釈。
バリ友さんにもその旨連絡&相談し、それってご縁かもね~なんて賛同を得て予約成立。

ただし、バリ友さん的にはほんとに気に入って大事にしたいしリピートしたい場所だから
これ以上広まって予約がとれなくなると困る。というのが本音のように見受けまして
とはいえ そこはすでにとても評判が良くて日本人のお客さんも多いみたいですし
この辺りでこの価格帯を探していらっしゃる人にとっては既によく知られてる宿だから
今さら私がこの自己満記録にに名前だしたからって状況は全く変わらないとは思うけど
私の大切なバリ友さんが大事にしたいお気に入りの場所なのでそこんとこ敬意を払って
私は お部屋や過ごした時間の詳細記録は自分の備忘録としてこのブログに残すけれど
具体的な住所なり宿名なりはぼやかすという暗黙の了解みたいなもの込みでの記述です

で、そのお部屋が見たいお義母様も同行で 私のウブド2泊目の宿にチェックイン
f0319208_1355741.jpg
えーと、ここ、何かと完璧です。さすがバリ友さんのオススメなだけはあります。
立地の関係上、田んぼビューとかはのぞめなくともお花と木と青空ビューで気持ち良すぎ!
f0319208_1375635.jpg
お茶を持ってきてくれた女将さんと、9月に予約してて来れなかったリピーターさんの
おすすめでこのお宿に興味を持ったこと。その時に遊びに来るつもりだったのに
来れなかったから今回このタイミングで1泊だけ空いてたこの部屋に泊まることにしたこと。
そんなことをおしゃべりしていたら「Oh! ○○○○!(フルネームw)ね!先月会えなかった
のは残念だけど、絶対また来てねって伝えてね!」といきなりのフルネーム呼びで
耳慣れない名前(でも確かに彼女の名前)がでたからお義母様と大爆笑してしまったよ。

後日談なんですが、この宿の話をした他の友人(日本人ではない外人女子)が
なんと4年ほど前にここに数回泊まったことがあるらしく、「1部屋増えてるの?」って驚いてて
当時から清潔で使い易くて経済的で女将さんは親切で、彼女的にも最高評価のようで
更に現在の写真を見て(私の泊まった部屋は当時なくて知らないらしいけど)今も新築並みに
ピッカピカなことに驚いて、しばらく行っていないウブドを大変懐かしがっていました。

Watercressで買ってきたベリーのチーズケーキ(これも恒例w)をテラスにて。
f0319208_1326587.jpg
1泊だけだからこの快適なお部屋での滞在を満喫したい!と欲張りモードになったので
「買い物しながらテガルに戻るわ」というお義母様をバイクで送りもしないで引きこもり。
持ち込んだ湯沸かしポットとお気に入りのコーヒー豆でコーヒーを淹れ直し
夕食までに2回ぐらいシャワータイムを楽しみ、光射す気持ちいい空間でごーろごろ。
(お隣が大きめの工事中のようでしたが日曜日の為工事音は一切なく、ラッキーでした)

夕食は 和るんあんかさで現地集合。
f0319208_13332957.jpg
マグロ系のごはんものを食べる気満々だったけど無念のマグロ品切れ(泣)
じゃーメインはどこか店を変えて食べ直ししようか?とか言ってたら
え?お義母様、ハンバーグ追加てwwww それ十分メインやん。
f0319208_1333586.jpg
結局、まだデザート程度なら入るからってことでデザート目的で2軒目へ
テガルにも歩いて帰れるLe Moulinで デザートクレープ&コーヒータイム
f0319208_13384217.jpg
解散後、お部屋に戻る前にココスーパーでちゃりんこトーマスからの指令を果たす
f0319208_13394731.jpg
そしてお宿に帰ってバスタブにお湯をはっていい湯だなをしようと思ったら
タイミングが悪くお湯がすぐに途絶えてしまったのでこの日はいい湯だなタイムは省略
(でも、翌朝はめっちゃお湯が続いて十分の湯量だったからタイミングの問題かと)


※2016年10月10日(月)※ お義母様と別行動なのに早起き癖がついております

普段、朝ごはんはスキップしますが初回で1日だけの滞在なので試しに注文してみたら
朝一番((7:00) に女将さんが運んできてくれたよー
f0319208_1344309.jpg
女将さんが「うちに来てくれるゲストにはバリの料理をごちそうしてるんだけど
あなたは1泊しか空きがなかったし、私も昨日から忙しくて今日も8:30からお昼過ぎまで
田舎にスンバヤンにいかなきゃいけなくておもてなしする時間がなくてごめんね。
でも次に来るときには 絶対ばりのごはん食べて行ってね!」とのこと。
で、「今バナナぐらいしかないんだけど持っていく?」「実は私バナナ苦手だし
ばりのごはんも食べなれてるからお気持ちだけで十分よ。本当にありがとうね」
と答えたんですけど、女将さんからおもてなしの気持ちがジンジン伝わりました

しかし困ったなー。ここ気に入っちゃったよ~~。 でもウブドにはお手頃価格で
リピートしたい部屋がたくさんあって、もちろんルナゲも自分的にMUSTだし
この宿の近くには【私的最強のおうちごはん】を提供してくれる元・定宿もあるし
塔の上だって(今回は空いてなかったけど)空いてたらまた泊まるだろうし
冷蔵蔵庫設置で最強になったPondok Tropicalだって3度目の滞在も視野に入ってる。
わたし、ウブドに来たら何軒泊まり歩かなきゃいかんのよーと嬉しい悲鳴。

朝風呂に入った後、 9:00集合でお義母様のソトアサに合流 @Locavore To GO
f0319208_1424149.jpg
食後は、おいおいテガルで食べるケーキをCaramelでブンクスして・・・
f0319208_14251181.jpg
私は一旦お部屋に戻って荷造りとチェックアウト作業。
それにしても、テラス・リビング部分・ベッドスペース・バスルームのすべての窓から
光が射し木々と花と空の青が見えるこの爽快感と部屋の掃除の行き届き具合が見事!
f0319208_14304771.jpg
とにかく評判通りの素敵なお宿でございました。
先述のような理由で宿名などはあえて挙げませんが後日の別途記録は残すつもりです

ここからはテガルのお義母様のお部屋に転がり込むことになっているので
持ち出し1泊分の荷物を置きにテガルサリへ向かい お義母様をピックアップしたら
昨日留守で会えなかったマデさんが在宅と聞き、プネスタナンへ向かいます
いつも何か笑わせてくれよるマデさん。今回は毛染めしながらチャナン作成中
f0319208_14335358.jpg
スイカジュースのみながら話を弾ませていたところ
マデさん、家の近くに新居建築中とのことで その大きな新築物件を見に行くことに!
てか、いつまで毛染め液つけっぱやねんwww
f0319208_14354728.jpg
お昼を過ぎたのでその後はランチに出向きます(食べてばっかりやな)
お義母様は、私のバイクがあるうちに郊外のお店に行っておきたいとのことで
べっぴんさんに会いに、Kedai D'Sawah
f0319208_14375817.jpg
あ、私は先月はじめてここに来た時に、宿に財布忘れてくる事件で
「ちょっと待っててー!」って宿に取りに帰ってお騒がせしたのが彼女との初対面ですが
お義母様は2008~9年頃にココバリバリに何度か泊まられてて以来の面識があるそうで
「わー久しぶり。何年ぶりよー。元気だった??」って大盛り上がりの2人。

その後、sawahsawah姐さんからおすすめしてもらってたJepun Bali Tea Room
お茶休憩しようかとも思ったんだけど、この後お買い物やスパの予約などの予定もあり
ティールーム休憩はすっとばして ワゴン上等! 恒例のヨガウエア漁りタイムですよ~
f0319208_14455988.jpg
お義母様はソロ活動中に精力的に朝ヨガやらマッサージやらに行っておられるんですが
この後も、フェイシャルトリートメントか何かを予約されているのでスパ前で一旦解散

その間に私はウブドでの恒例行事 ①ベラに遊びに行く(腹いっぱいで食ってけ攻撃辞退)
②えこさんちのメモリアルストーンお掃除@自己満足 の2点をこなしてから
今夜のお部屋でブンクスの宴の為の食べ物を各所へ調達に行きます

まず、お義母様リクエスツのマンマミアのコートレッタは注文だけして6時ピックアップ
その後、お魚が食べたいとおっしゃっていたので Be Pasih へ向かう
f0319208_14521516.jpg
更にこちらもお義母様からのご要望の Locavore To Goのバインミーを調達に行くも
17:30でオーダーストップだと言われ玉砕される。で、バインミーはまた別の機会へと持ち越し。

お義母様もスパから戻ってこられて、どん曇りの夕景を眺めながら
f0319208_14551191.jpg
テラスで晩餐会の準備w (めっちゃ安上がり)
f0319208_14582420.jpg
この時【お魚くわえたどら猫事件】が発生。しかしこっちのサザエは決して負けない(謎)
そして2人で合流する最後の夜が更けていくのであります。


※2016年10月11日(火)※ お義母様との合流最終日

またまた朝一番乗りでソトアサですよ @ Watercress Ubud
f0319208_16293264.jpg
駐輪所でバイク停めてたら誰かにクラクション鳴らされてふと車道を見ると
娘ちゃんをバイクで小学校に送っていくロビナ君が手を振っていた。そんな朝。
朝食後は、お義母様がハヌマン通りを散歩中に気になったという@anoman cafe
f0319208_16303320.jpg
2階にあるんだけど、手が届きそうなペンジョールにバリの風情をバリバリ感じるひととき
f0319208_16312355.jpg
その後、お義母様のお買い物フィーバーにおつきあい
そして買い物の途中でまたまたロビナ君に遭遇 (4分割右下)
f0319208_163159100.jpg
お義母様の買い物魂につられて私も帽子やらなんやら衝動買い。
そして SISIにて 大好物物件に出会ってしまう。
f0319208_16335235.jpg
OJEK売り切れで 購入したのはこれ。 決め手は おじさんのシャツが【 ❤︎ (らぶ)】ではないところ。
f0319208_16363895.jpg
I (eat) JKT とでも読むんだろうか?と思って記号をよーく見ると
フォークとナイフでもなく フォークとスプーンw まさにインドネシアンスタイル!自分も欲しいが
ぜひこれを職場のデスクに飾ってほしい"アの人"が居るので彼女へのお土産に決定★

その後、私が東に持って帰るパンや田舎にない野菜を買って、テガルのお部屋で
保冷材入れた保冷バッグにぶち込んで 一通りパッキングを終えたら
ランチは、すぐ近くのSaigon Saveursに歩いていきまーす。
f0319208_178527.jpg
またまたフォー食べたい病にかかったお義母様とディムサム食べたい病にかかった私の
両名の希望に一度にこたえてくれるメニューのラインナップw
f0319208_1741525.jpg
食後はまた、テガルのモンフォレ側の入り口脇のMonkey Caveピッコロラテブンクス
f0319208_17172069.jpg
最後にお部屋でゆっくりコーヒータイムを楽しんだらそろそろ私は東へ戻る時間。
最後にレセプションでサブローさんにもご挨拶して・・・
f0319208_12444113.jpg
あと2泊+レイトチェックアウトのお義母様とはここで解散。

去年もなかなか濃密な合流期間だったけど、今年はまた格別に濃いかったわ~。
はるららお義母様からも数日後の帰国の際に「過去最高に満足!」とメッセージが届き
途中のエリア移動にまでバイク2ケツを1か所含むとにかく無茶な行程だったから、
怪我や体調不良がなく元気に遂行できたことが私的には一番ほっとしています。
私は一人っ子でなんでもマイペースで思いついたらガンガンやっちゃうタイプなので
基本的には一人旅がラクで大好きなんだけど、こうやって途中合流でご一緒できるのって
それはそれで2倍3倍の楽しみになるよね。9泊中、サンギリと最後のテガル1泊は
同じ部屋だったけど、ビンギンもチャングーもムンドッゥも2ベッドルームで
それぞれ寝室は別だったし、ウブドの2泊もそれぞれが別のお宿で各自の時間があって
私にとっても理想的な合流っぷりで達成感バリバリです。お義母様に深く感謝。

翌日にはむっちゃんとこのリピーターのKBさんとアメッドで会う約束があったんですが
ここにきてまたまたロビナ在住のK子さんがアメッドに遊びに来とるらしいw
11日はガランカンギン(むっちゃんとこ)に泊まったようですが12日からは
一番安いお部屋が満室とのことで もちろんK子さんは翌日からうちに居候です。
そんなアラフィフ女子達の東での怠惰な1週間の記録は、また次の投稿にて。

※ 上記はすべて'16年10/8~10/11の滞在&訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-10-24 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23309631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '16年秋バリ・その1... '16年秋バリ・その8... >>