※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< '16年秋バリ・その8...

'16年秋バリ・その6... >>
2016年 10月 18日
'16年秋バリ・その7 ~10/2からは南部でお義母様と合流 【南部・後編】 ~
f0319208_22355661.jpg
はるららさんのバリ到着2日目。ビンギンから移動した先はチャングーのBerawaエリア。
ここ数年の私にとってはこのあたりへの徘徊が外せないものとなってるんですけど
去年の秋にはるららお義母様をクロボカン(ウマラス・ムルタナディ・バトゥブリッグ通り界隈)や
チャングー(ブラワ・バトゥボロン界隈)への吸引に成功(※その時の様子は過去記事で※)
ダイソン以上の吸引力でまんまとこのあたりのカフェ巡りの楽しさにハマってしまったお義母様。
去年は徘徊しすぎて、'15年版・俺達流徘徊地図(※これ※)まで作っちゃったけど
1年もたてば廃業したお店・移転したお店・名前が変わったお店・そして新しいお店が目白押し。

1年経ったとはいっても、今年のGWに私はaiさんと、お義母様は旦那様とそれぞれ南部滞在があり
その時に4人で合流していくつかのカフェやお気に入りのお店などにも一緒に行ってるんですけど
やはりここでの3泊4日間をがっつり一緒にすごすとなればその中身の濃度も増すわけでw




※ 2016年10月3日(日) 夕方~ ※ ブラワに移動。
前トピ@お義母様との南部滞在・前編(※こちら※)からの続きです


今回、2人のこのエリアでの拠点となったレンタルハウスがこちら
f0319208_14411564.jpg
2ベッドルームでそれぞれ個室で寝られること。 冷蔵庫&湯沸かしの設備があること。
喫煙に寛大なこと。お庭&外で寛げるスペースがあること。生活空間が明るいこと。
それらの条件に加えて 私たちの行きたい行動範囲に都合が良すぎる立地だったことや
お値段が1軒全部貸しで1泊5000円台だったという円高万歳状態だったのが選択の決め手。
バリにありがちな急な設備の故障とかはありましたけど、緊急連絡はつくようになっているし
オーナーさんもめっちゃいい人で ハウスキーピングの女子も好感度高し!好印象です。
ま、詳細諸々はまた改めて帰国後に個別トピに残すつもりですけどね。

で、渋滞によりブラワ入りが予定より1時間程遅れたお義母様でしたが
渋滞疲れから気を取り直すためか 着くや否や 「タイチョ、Hungry Birdにつれてってw」とな
f0319208_1443436.jpg
はるららお義母様は、ここの氷ごとブレンダーに入れたフラペチーノ状のアイスラテが大好物。
ノーシュガーでさらにエスプレッソのエクストラショットでカスタムメイド可能なのが高評価の鍵。

この日は、私が開店以降どうしてもいきたかったところで食事をすると宣言していたので
まだ明るいうちから Ji Restaurant へ向かいましたー
f0319208_14443041.jpg
ロンボク島にTugu Hotelが出来た時にそこに泊まりたいがためだけに島へ渡ったぐらいなので
2人ともTugu Hotelsの世界観が大好物なのはいわずもがなで
うちのおっさんともジャカルタへ行ったら Lara Djonggrang(※過去記事内※)
Dapur Babah Elite & Tao Bar(※過去記事※)Shanghai Blue 1920 及び
Samarra
(※過去記事※)などの Tugu系列のレストランに行くのを楽しみにしているんですが
Tugu Baliでは"敷地内どこでもダイニングのセッティングをしますよ~"的な案内はあれど
今までは 気まぐれウォークインで気軽に利用できる併設レストランの形式ではなかった為
ビジターが食事をしに行くにはハードルが高いよな~・・なんて思ってたら今年になって
ホテルのレセプションを通らずに入れる併設レストランができたとのこと。しかも和フュージョン★
いや、フュージョン料理そのものはあんまり好きじゃないんだけど ジャカルタでの店舗が
オランダ文化や中華文化や中東文化などとのミックスのフュージョンだった印象があるので
「バリでは"和"とのコラボできたか!」と ちょっと楽しくなった次第。で、お義母様連行決定。
f0319208_145615100.jpg
この異色な雰囲気も大好物だし、食事も美味しかったし大満足で宿に戻って
それぞれゆっくり荷解きをして このレンタルハウスを「3泊の間の俺たちの家」に仕立てました。
この日"シャワーの切り替え不能事件"が起きましたが そこは知恵とアイディアで乗り切ったぞ。


※ 2016年10月4日(火)※ お義母様、この日も5時とかに起きる。(早すぎ!)

確か6時半にまだ寝てたら起こしてねーと伝えてたはずなのに6時には元気に起こされた記憶w
7時半には宿からすぐ近くのカフェが開くと知り、また開店一番乗りで乗り込みます。

この日の朝食は Nude Cangguの田んぼビュー席で
f0319208_1504295.jpg
てかこの田圃の向こうの建物のその向こう側に私たちのお宿があるんです~。
乙女な朝食のお義母様に対して わしの男らしい朝食ときたらw
f0319208_151297.jpg
この後、8:30になったので私はバイクの免許の延長に行くことにして
お義母様は同じ通り上で徒歩圏内のコインランドリーで洗濯&近くのカフェで時間をつぶし
免許の手続きにどれだけ時間がかかるかは逐一電話連絡しつつ長くなりそうだったら
一旦お部屋に戻るなりなんなり自由が利くような万全の体制をとっておりました。

ところが、免許センターへ行くと「先月からシステムが変わってここではKITAPのある人の
5年物しか手続きできない」と言われ(その噂は以前からきいてたけど9月には問題なくできた)
「ギャニャールならやってるからギャニャールに行きなよ!場所知ってる?」と言われ
もうそれならもし10/6以降にポリシの検問にあったら、期限切れたのに気付かなかったふりして
すっとぼけようと決意し「じゃーギャニャールにいってくるわ」と適当に答えて
ブラワまでとんぼ返り。(宿からPoltabes Denpasarまでは片道15分程度でかなり近め)

はるららお義母さまは、あの後コインランドリーに行ったものの1万ルピア追加すると
係員が全部おたたみまでやってくれて2時間で仕上がると知ってフルコースで依頼してきたとか。
で、ランドリーに預けた後はお部屋に戻っておられたので私も一旦部屋に戻り再会。

「コーヒー飲みに行こか?」の鶴の一声で Jl.PetittengetのPisonまでGO~!
f0319208_1594248.jpg
こっち方面まで出てきたのでついでにカユアヤ通りなどもパトロール気分で徘徊し、
Jl.Durpadi の The Koop Roaster And Cafeでボトルのアイスコーヒー調達
f0319208_21491582.jpg
で、帰る道すがら(というよりもわざわざ経由して) お約束のGustoジェラート休憩
f0319208_2151562.jpg
その後、ムルタナディ通りの食器屋さんとかインテリア雑貨店に吸い込まれてお買い物
f0319208_2252887.jpg
その後、去年滞在したウマラス界隈を再パトロール。Bumbak通りも一通り流して
"俺たちのTunon()"から 1年前とは見違えるほどきれいに舗装された道を経て
田んぼのあぜ道をショートカットしてスバックサリ通りへ出て来たら、少し戻ってPopular Deli で買い出し。
スバックサリ通りをそのまま北上し、Berawa地区に戻ったらお昼ご飯 (まだ食べるんか?w)

お義母様が春バリの時点から行きたがっておられたWarung Goûthé
f0319208_22285044.jpg
この時、タバナン方面から徐々にどす黒い雲が近づいてきていて
「あーこれはもうすぐ雨が降るぞ」という状態だったので、食後はランドリーをピックアップして
f0319208_22313353.jpg
ランドリーの隣のQuince Cafeでインテリア雑貨を物色したら・・・
f0319208_0541542.jpg
これ以上の寄り道はせずに 【わたしたちのおうち】にいったん戻ります。
昨日起こっていた風呂場でシャワーの切り替え不能事件は、留守中にしっかり修理されており
暗黒星雲がエリアを通過して外がすごいスコールになっていた間に
Net FlixやYouTubeも視聴可能なTVでマオタ炸裂中のお義母様www
f0319208_2234164.jpg
夕方4時半頃にはスコールも上がり陽射しも戻って来たので
「曇り空ながらも今日ならサンセット的なものが見れるかも??」と少し期待して

17:30頃。ウキウキ気分で向かった先が Finn's Beach Club
f0319208_0484915.jpg
以前、Finn'sがウンガサンにあった時はaiちゃんと昼間に訪問したけど(※過去記事※)
今年に入ってからSemara Uluwatuの経営が変わって以降Finn'sがブラワに移転して来たとか。

正直、Finn'sの良さはウンガサンの白砂の浜に穏やかで遠浅の海の色含めての魅力だろ?と
思っていた私だから、黒っぽい砂で波の荒いこの地区だと魅力半減か?と思ってたけど
実際は 以前の魅力を補うべく プールがあって夕陽が見れてという別の魅力が活かされていて
子供からうちらーのような年代までが気軽にナウなヤングの今っぽい雰囲気を味わえるから
新生Finn'sもええやん!って。お義母様も「20代の頃を思い出すー」ってめちゃ楽しんでました。

Finn's Beach Clubで夕景とモクテル休憩を満喫した後は
俺たち的にはお馴染みの Deli Campur Asia で安定の夕食タイムでございまーす
f0319208_22563142.jpg
つまみ食いとカフェ休憩ばかりしてそんなにお腹が減ってないので
そういう時は つるつるっとフォーなどの麺類で済ませるのが私たちのお約束。
滞在先のエリアにフォーとかラーメンとかお粥とかが食べれる店っがあるってありがたい限り。
(デリチャンプルアジアにはお粥はないけど、フォーやトマトラーメンなどがあるんです)

そういえばここの近くに【点心屋】というディムサムのお店ができていて
9月の南部滞在時のダイジェスト中(※これ※)に書くの忘れてたけど
私はディムサムと中国粥が大好きなので9月の滞在中にそこに食べに行ったんですよ。
その時は点心よりもお粥に大喜びしたんですけど またその話も帰国後に別途個別記録にて。

早起き続きの毎日。食後はお宿に帰ってくだらないことで大笑いしながら早めに就寝。

※ 2016年10月5日(水) ※ この日もとびっきり早起きなお義母様

私の起床目標時間は、翌朝の朝食に行く店が何時に開くかをチェックして
その開業時間の1時間前に起きるという感じで目覚まし時計をセットするんですけど
もちろんそれよりも1時間半~2時間は早く起きて行動を開始しているお義母様w
同行中は もともとお出かけ時のみ早く目覚める私もつられて一層の早起きになっております。

この日の朝食は 8:00開店の Swich Sandwiches Canggu店を狙い撃ち。
f0319208_2342194.jpg
つか、うちらーは開店一番乗りじゃないと気が済まないのか?と他人が疑うほどに
(いえ、そういうわけではなく早起きしすぎてこうなってしまうのです)毎朝どの店でも一番乗り。
1人前はBBAどもには量が多いので、お好みのサンドイッチを1つオーダーして半分こします
f0319208_23445187.jpg
スウィッチとクインスに挟まれた位置の綺麗なコインランドリーは9時開店なんですが
8時半頃にはスタッフがやってきてシャッターが開いたので、この日もフルコースで依頼
f0319208_23452297.jpg
このSpic & Spanというコインランドリー、丸投げで2時間で仕上がるのが超・嬉しい!

この時点でまだ朝9時とかなのですが、気分は「今日の昼は何を食べる~?」ってこと(爆)
久々にインドネシア料理を選択してみるのもありだよねー。今なら美味しく食べれるよね~!
なんて言いながら、ブラワ通りの北方面(ラヤチャングーに近づく道)のローカルフードが
並んでいるエリアを物色しつつ、後でランチに来るのにめぼしい店探し。
f0319208_2348523.jpg
でも結局ピンと来なくて、急に冒険をしてお腹壊してもあとあとヤバいから
ここは安全牌を選択しようと、ランチはローカルさんも観光客も皆納得の某・王道店に狙いを定め
お昼までの間 Batu Bolong 通りでお買い物
f0319208_23491962.jpg
その後、Gg. Munduk Catuを徘徊してそのままその先の海を見に行って
f0319208_23535548.jpg
Bottega Italiana でカフェイン補給
f0319208_23531644.jpg
更に、Nelayan~Batu Bolong間の海岸線を散歩という名のエクササイズをして
f0319208_23552475.jpg
喉が渇いたお義母様リクエストでまたまたハングリーバード
f0319208_2356138.jpg
宿が近いので保存用にオレンジジュース(氷抜き)とカットフルーツまでブンクス
f0319208_23575433.jpg
一旦冷蔵庫に保管しに宿に戻って(ついでに朝出したランドリー回収。早い~)
インドネシア飯にすると決めたランチは・・・・ 結局またバトゥボロン通りに戻るんか~いw
(でも、あの田んぼが広がるスバックチャングーのショートカットロードは何度通っても気持ちいい)

はい。いつも大賑わいの BU MI にて欲張りナシチャンプルをいただきまーす
f0319208_02518.jpg
(アルコール以外ですけど)飲んで&食べてばかりの2人なので
基本的には多めの1人前を半分ずつわけっこして食べる方向で胃袋を調整しておりますので
お互いが好きなものを指定しあって1皿がものすごい量になってしまったんですけど
お義母様はこのナシチャンプル(米はナシクニン。美味しかった!)が大変気に入られたようで
「これならこの1人前ペロリといける」と宣言。 確かに美味しいけどこの量は私には無理じゃww

食後はLa Dunia内の In The RAWで ジュースをテイクアウト
f0319208_064715.jpg
カフェイン休憩は場所を変えて4Quaters Villaに併設の小さなCafe
f0319208_094912.jpg
お宿に戻ってのんびりしてたら、またまたプチジャカルタ出張に行くうちのおっさんから
空港に行く前に私たちの滞在先に寄って はるららお義母様に会ってご挨拶したいと連絡あり。
でも渋滞で飛行機乗り遅れられるとまずいので、私達がバイクでクタ方面に出向くということになり
とりあえず またパパイヤスーパーで待ち合わせ。(ここなら運転手もわかるんで)
無事にお義母様とおっさんがパパイヤの駐車場で再会を果たし、空港へ向かう車を見送ったら
とりあえずスーパー内を一周してから何も買わずにバイクでチャングーエリアにとんぼ返り。

宿に戻る途中に寄り道してTOIROで今夜の一口おやつ@和菓子 を購入。
f0319208_0162587.jpg
道中、Subak Sari通りで水鏡に映る夕景を見ながら・・・
f0319208_0181873.jpg
夕食はお義母様のリクエストで Savage Kitchen
f0319208_0213524.jpg
食後は宿に戻って、TOIROの和菓子でデザートタイム。
明日は移動日なのでパッキング。大きい荷物は先にウブドの宿に運んでもらうから
先に運ぶ荷物と、明日からの2~3日分の手荷物に分ける作業で一苦労な南部最後の夜。

※ 2016年10月6日(木) ※ いよいよMundukへの移動日ですおー。

南部での最後の食事(朝食)は 俺的念願のCafe Védaへ (やはり、朝7時に一番乗り)
f0319208_0254786.jpg
このカフェ、タバコが吸える奥の席は純バリ家屋の空間に席があってとってもおもしろい!
f0319208_0332699.jpg
お店の不思議な雰囲気、コーヒーの味、メニューのラインナップと料理のお味
どれも2人ともとーーっても気に入ってしまったから絶対次もリピ★ありのカフェでした。

食後はとっとと宿に戻って、リビングでテレビ見ながら最後のジュース&コーヒータイム。
私はこの先もバイク移動なのですが、お義母様は次のエリアまでニョマンロビナ君に
車での送迎をお願いしているので 車には私の荷物も預けることになっております。
⒑:30になったので 私は身軽な状態で 一足先にバイクで 次の目的地に向けて出発です。

11時の約束で迎えに来るロビナ君号は、お義母様を乗せて次のエリア(Munduk)まで
送ってくれた後、ウブドに戻ってから私のピギーバッグとお義母様のスーツケースを
数日後のお義母様の滞在先(テガルサリ)に先に運んでおいてくれることになっており
私達はこの後、2つの異なるエリアに滞在してから10/8日の午後にウブドへ向かう予定です。
その2つのエリア間は私のバイクで2ケツ走行での移動なのが私的には超ワクワクで・・・。
それゆえに2人ともその期間の手荷物はリュックに最低限のものを詰めた状態なんですが
南を離れてからのブレレン&タバナンでの2泊3日の備忘録は、この次の章で。

※ 上記はすべて'16年10/3夕方~10/6午前中までの滞在&訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-10-18 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/23295956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '16年秋バリ・その8... '16年秋バリ・その6... >>