※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< The Dafish Acco...

Blue Lagoon と C... >>
2016年 08月 19日
Secret Beach を目指すのだ!@ Nusa Ceningan ('16年5月)
f0319208_18375067.jpg
近年ではブキッやウルワツ・ウンガサン方面に行くことがあれば、有名どころ・無名どころ・
たまたま辿り着いたところなど問わず とにかく【ビーチ探訪】を楽しみにしとるんですが
(それらの結果についても いつかまとめトピをUPしたいとは思ってるんですが、とりあえず今の所
過去記事に個別トピで記録しているのでJimbaran,Nusadua,Uluwatuのタグ内からどうぞ)

チュニガン内にもバイクで探しに行ける場所にきれいなビーチがあると聞いたらそりゃ~行くっしょ。
しかもシークレットビーチと呼ばれていて、現時点ではビーチまでの案内看板があるわけでもない。
とはいえ、サーファーさんにとってはお馴染みのポイントだろうから認知度は高いんだろうけど
初チュニガン上陸の私達にとっては初めて見る風景なので超楽しみなんですけどっ★

最初は、地図でおおまかな配置は把握してたから簡単に行けるだろうとナメていたんですが
チュニガンの島に上陸してからびっくりしたのが、ブルーラグーンだとかの有名所へ行く為にも
途中までは「道」になってるんですが最終的には道になってない野を抜けていくという感じで
ブルーラグーンならば道中の矢印案内もあったけど、シークレットビーチに関しては
'16年5月時点では道中に【⇒こちら】 的なわかりやすい看板すらなかったので
どこからそのビーチに行けばいいのかよくわからん状態に陥ってしまったよーーーー。
でもそうやって迷いながら島の地理を把握していく行程もそれはそれで楽しいもので
最終的には 道中パルピー休憩をしたワルンのイブに行き方を聞いて向かうことになりました。




イブいわく「ここから、ダフィッシュ(私達が泊まってた宿)の角を右折してまっすぐ行くと
お寺があるからそこを右に曲がる」らしい。そこは ちょっと前の行程で一度通ってる道なので
お寺っちゅーのが思い当たらないけど民家のサンガみたいなのは見た気がするからそれのことか?
「さっきその道進んでたら右手に白い道があったんやけどもしかしてその白い道に曲がるの?」
って、わかる単語を駆使して聞いたら「そうそう!」って。でも、さっきはその先崖だったんですけどw
白い道からどうやってビーチに行くの?って聞くと 「途中で道終わってるから 歩け、行ける!」
と言われた気がしたので〈イネ語能力がないんで細かい話になるとカタコト&身振り手振りで
最終的には想像力で勝負ですwww) 本来はそこから先の行き方を知りたいんですけど
迷っても大した距離じゃないし とにかくなんとかなるさの気分で仕切り直しです!
f0319208_1850176.jpg
一応、お宿など観光客用以外の地域表示は小さな緑の標識に矢印が書いてるだけで
Batu Melawangはこっち(西)、Pura Triadi Saktiはこっち(東)との表記があります。
今思えばおばちゃんが言った「プラ(寺)」は、 Pura tri adi saktiの方へ進め、という意だったの?
それとも、分岐点の所に祠のようなものがあったからそこを右折せよ(つまりトレヴァリーの方に
進んでトレヴァリー側から行け!)ってことだったの??真相は、いまだに謎www

で、その時点では 宿から東へ進んで分岐点もそのまま東へ超えると解釈したので
この写真のYになってる道を東へ、つまり左側の荒れてる方の道に進みます
f0319208_18503257.jpg
1時間ぐらい前に閉まってた竹物件を見つけた時に通った同じ道なんですけど
森の中(林の中?)の道はこんな感じ。
f0319208_18504727.jpg
200m程進むと進行方向の右側から広い舗装道路がにょきっとでてきます
このまま無視して直進するとさっきお茶休憩しようとして誰も居なかった竹の建物や
更にずんずん島の東側へ進むとチュニガンクリフレストランとかがある山道(林道?)ですが
f0319208_18511599.jpg
イブとの会話中に私が「右にある白い道」って勝手に言ってた道(右折ポイント)がこれなので
今回はその広くて比較的きれいな白い道を右折して そこを道なりに進みます。
f0319208_18512515.jpg
てか、寺を曲がれっていわれたけど白い道の曲がり角に寺なんかあったか??と不安になりつつ
一度通っている道なので距離感はわかるからもう一度つきあたりまで行ってみることにします
f0319208_18523477.jpg
さっき来た時はこの先まで行ったら正面は崖で左手に続く道は森だったから引き返したんだけど・・・・
f0319208_18532843.jpg
なんと、右側を見ると 「あれ?ここからどこかへ続いてるんじゃね?」と思わせる足場がw
f0319208_18524767.jpg
直前にブルーラグーンに行った際も(※直前トピ参照ね※)こんな道を進んだし
3105さんの「こっちじゃね?ここ行ってみようよ!」の一言で バイクを乗り上げてみると
あれ?置きバイクがある・・ってことはこの先進めるってことよね?と解釈
f0319208_18552044.jpg
おっと!少々開けた場所に出たよー!
f0319208_1855574.jpg
数か所探訪後なのでこのパターンが良い兆しと期待は膨らむんだけど
最初に迷い込んだ岩ごつごつの崖っぷちも、ブルーラグーンもビーチではなくクリフサイドだし
さっきの舗装道路の突き当りから下を見ても浜になってなくて崖だったから
ここも、眺めはいいけどビーチはないというパターンじゃないの??と少々不安になりつつ
海に向かって右後方にお宿がw ちなみにそこがVilla Trevally
f0319208_1914346.jpg
シークレットビーチは地図上ではビーチから右後方にトレヴァリーがある位置だったので
方向的にはこの付近なんだけど、ほんまにこの先の下に浜があるんかな?と疑心暗鬼。

とりあえずは土の階段になってる所までバイクで進んで、一旦駐輪~
f0319208_18562542.jpg
恐る恐る先の方まで行って下方を覗いてみると・・・ あ!地面が白い!!ビーチやん!!
f0319208_18572369.jpg
この時に眼下に見えた真っ白な砂のビーチにはかなり感動したわ~ 興奮=33
f0319208_1858215.jpg
思わず階段を駆け降りる3105さん。
f0319208_18594691.jpg
この秘境感!最高~★ 私も3105さんに続いて階段を降りますよー!
f0319208_1901627.jpg
あっちゅーまに ビーチに到着~
f0319208_195171.jpg
ちょっとした湾になってる場所で、正面の海の向こうに見えるのはNusa Penida
f0319208_1962715.jpg
綺麗な白砂で 人が少ない分ゴミも落ちてないし めちゃくちゃ気持ちいいんですけどっ!
f0319208_19102389.jpg
3105さんも貝殻を拾ったり砂に絵を描いたり波打ち際で水と戯れたりして満喫中
f0319208_19105645.jpg
おっと! ビーチの端になんかあるー!
f0319208_19222856.jpg
Villa Trevally内の La Baia Restaurant&Loungeの設備でした★
f0319208_1911188.jpg
設備の前は岩場だけどすぐ隣に浜があるから秘境のビーチクラブみたいで素敵★
f0319208_1918129.jpg
あれ?このシークレットビーチを、獣道から探したけども、これならヴィラトレヴァリーに訪問して
La Baiaでご飯食べるとかお茶するか目的で敷地から降りてきた方が簡単だったのか?

でも、今回はちょっとしたバイク徘徊&探検が目的だったし この場所を尋ねて地元イブとの
まるで【出川のはじめてのおつかいシリーズレベル】のカタコトインドネシア会話も楽しかったし
なんといっても、道なき道を突っ込んで崖の上から覗き込んだその先に見えた白いビーチを
見つけた時の喜びとか感激はひとしおのものだったから、今回はこの行き方で正解だったか、と。

ま、次にこの島に行く時にはLa Baia Restaurantでイタリアンなランチなんぞも食べてみたい
という思いもあるので Trevally側から行ってみるのもいいなー、と思っているんですがねw
f0319208_19181597.jpg
波も立っているから海水浴向きではないかもしれないけど、適度に木陰もあって
なんせ他に誰一人としていないという環境だったからのんびり過ごすには最高のコンディション。
f0319208_19301567.jpg
というか、レンボガンに比べてチュニガンって磯浜やクリフになってるところが多くて
「ザッツ砂浜」的なビーチは少ないような気がしたので、この場所はかなり高まるんですけど~w
f0319208_195393.jpg
帰りはこの階段を上りますよ~ (私にとってはそんなにしんどくない段数w)
f0319208_193319.jpg
バイク置いてる所まで見上げたらこんな感じ
f0319208_143684.jpg
あー この「南の島」感。ここから立ち去るのが名残惜しいわー
f0319208_19185435.jpg
参考までに位置関係と今回の経路です ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_145488.jpg
この時点でまだ15:40とかで チュニガンに上陸してから4時間も経ってないんですけど
ここに来れただけで達成感のバロメーターが振り切ってしまった。それぐらい大満足しちゃったので
この後はお宿に戻って夕陽の時間までお宿のプールでのんびり&遊ぶことになりました。
ちうわけで、次はこの日に滞在していたお宿@ The Dafish Accomodationの記録です。

つか このビーチ、ほんとに気に入ったー。 次に来るときも絶対リピあり★なスポットです!

※ 上記はすべて’16年5月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22974785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Dafish Acco... Blue Lagoon と C... >>