※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Panorama Bar & ...

The Deck Cafe &... >>
2016年 08月 09日
Jungut Batu方面をバイクで徘徊する@ Nusa Lembongan ('16年5月)
f0319208_1132259.jpg
レンボガン島到着日。一旦ヴィラから出かけてThe Deckで甘いもの休憩(※こちら参照)の後
夕食のテイクアウト目的でJungut Batu界隈までバイクでプチ徘徊してみました。
バイクの駐輪所が丘の上だったので、チェックインの時にスタッフに連れてきてもらった道を
船着き場方面に向けてさらっと流した後 船着き場より北側のお店などが多めの地域をまわり
どんなお店があるかなどをチェックしつつ気になったところに入ってみることになりました。

丘の上からとはいえ同じJungut batu村内の移動なので、車道の一番北まで行っても3キロ程
の距離で、ぐるりと内側の道もまわりつつの往復で全長7キロ未満のおでかけだったから
通り過ぎるだけなら20分で行って帰って来れるような範囲なんですが、途中でアイス休憩したり
夕食用の持ち帰りをオーダーしたりしていたので結局は1時間20分ほどの徘徊となったので
また次回行く時に村の雰囲気を思い出すためにも その時の様子をメモっておこうと思います。




まずは丘を降りて、船着き場のある海岸線の車道に出ます
これは最終日の通過時に撮った写真ですが島内の宿やお店などの案内看板がありました
f0319208_13172524.jpg
さ、このまま車道を北へ進みますよ~(車道っつーても車はピックアップトラックぐらいだけど)
f0319208_1132259.jpg
この看板が可愛すぎて萌えるw
f0319208_13302840.jpg
この1本道(内側にも細かい通りはあるけど一応メイン通りというか・・)をズンズン進みます。

たしか、このガンを海の前まで行けばパブリックボートのチケット売り場だったかと。
f0319208_13191433.jpg
で、そのままずーーっと車道を進むと寺か何かがあって突き当たるから
つきあたりを道なりに 右折→左折と Jl.Jungut Batuを北へ北へと進みまーす

すると、宿やダイブショップやレストランやカフェなどが多いエリアにさしかかります。
バイク運転中なのでいちいち写真は撮ってないですけど、レストランワルン的な所があれば
夕食のテイクアウトにどうかなー?と、目に留まったところで徐行や停車してみたり・・・

こちらは Tiger Liliesというお宿に併設のレストランバーらしい。
f0319208_13422475.jpg
こちらは、Pondok Baruna というお宿に併設のワルン(レストラン)らしい。
f0319208_13511913.jpg
こちらはBali Eco Deliというヘルシー系のカフェらしい。
f0319208_13245831.jpg
こういう観光客向け物件だけでなく一応 ローカルなトコワルンもありまっせー
f0319208_1357333.jpg
Jl.Jungut Batuの北端あたりまで来た時、海側にめっちゃでかい建築中物件があり
ビーチには椰子の木が植栽されてショッピングセンターみたいな規模の工事現場でした。
作業中の人に聞くと大きなホテルができるらしい。なんか場にそぐわないなーと思いつつ通過。
f0319208_13582228.jpg
端っこまで来てカーブを道なりに右折してしまうとその先はめっちゃのどか~
f0319208_1415964.jpg
この付近まで来るとまだ今のところはお店もローカル向きな感じばかりで幾分かホッとするw
f0319208_1421289.jpg
海は遠浅の時間帯。雲がなければ北側にアグン山が見えます。
f0319208_143188.jpg
このまま道なりに進めばマングローブエリアの内陸側への道へ続きます
f0319208_1424459.jpg
このあと、適当に海岸線を進んで、内陸から元来たJl. Jungut Batuの途中地点に戻りました

宿まで帰る途中で、おやつや夕食用の何かを調達しようと思って、さっき通って来た通り上の
ミニスーパー的なお店に とりあえず入ってみることにしたお
f0319208_1358935.jpg
そしたら、入り口にナシジンゴ発見w
f0319208_1553843.jpg
スーパーで 非常食wのChitatoとコーラを買って、もちろんナシジンゴも1個お試し購入

このナシジンゴはこの後ヴィラでの夕食のテーブルに並びました。お味は普通~
f0319208_16174072.jpg
ちゃんとおかずとご飯がバナナの葉っぱで区切ってあります。
おかずのシンプルさはナシジンゴそのものでしたが量的にはナシチャンサイズだったかとw

で、往路に気になったBali Eco Deliに立ち寄ってみること決定~
f0319208_1322834.jpg
こーいうとこは多分禁煙だろうから長居するつもりはなくて
もし夕食によさ気なメニューがあればテイクアウトしてみるもよし、なければドリンク休憩か
ホームメイドアイスバーがあるらしいからアイスキャンディー買い食いでもしようか、と。
f0319208_1325181.jpg
お邪魔しまんにゃわ。
f0319208_133150.jpg
店内の席はこんな感じ。
f0319208_1333556.jpg
f0319208_134231.jpg
’16年5月時点でのメニュー・価格を参考までに ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_13111184.jpg
メニューをざっと見てみたけどこの日の夕食用にはグッとくるものがなかったので
アイスキャンディー狙いに矛先を変えてアイスバーのケース前に一直線
f0319208_1341343.jpg
ベリー系のものパイン&パープルドラゴンフルーツのものを購入 (3105さんアイス休憩本日2度目w)
f0319208_1342985.jpg
ホームメイドだそうで、ホームメイドにありがちな【じゃりじゃり感】とヘルシー系のお店に
ありがちな【コクなどの物足りなさ】などは否めませんが、このお店の他に既製品ではない
フルーツのアイスポップを売ってるお店は今の所レンボガン内にはないみたいなので
そういう意味ではありがたーくいただきました。「ま、こんなもんやろ」って感じで。 (何様?w)

ちなみに、私がバリ島滞在中にいくつかの手作りアイスポップ(キャンディーバー)を食べて
思ったことは 「手作りタイプは、ミルクが入ってるやつはじゃりじゃりでスカスカの味がする。
果物でも繊維の多いものは繊維の処理が甘かったりフガフガなものがあって食感が悪い。
さっぱり系のものを めっちゃ暑い時にかき氷感覚で食べる方がベター」という感想です。

Old Man's Marketで Paletas Weyスイカ&レモンを食べた時は、めっちゃ暑い中で
甘さ控えめでさっぱりしててシャリっとした中にレモン味の部分が爽やかにアクセントになってて
その時はとても美味しく食べれたんだけど、別の機会に他の味を食べたら フガフガ&スカスカで
全然おいしくなかったんですわ。ま、その味がたまたま大ハズレだっただけなんかもしれんけど
往々にして外国のホームメイドアイスポップは そういう感じがデフォルトと思ってるんで
もともと期待してなかったのもあって レンボガンでも別にがっかりとかはしませんでした。
f0319208_1343953.jpg
てか、バリ島でもホームメイドジェラートは今や美味しいものがいろいろ食べれるけど、
手作りアイスキャンディーに関しては期待値が低いからこそ ちょっと今、いろいろ食べ比べたい
というか、調査対象として気になってるんよね (でた!わしの悪趣味な好奇心w)
こうなりゃ~Paletas Weyのアタリ物件、ハズレ物件の個人的分類もしたいし
いつも、食べようと思いつつまだ食べていないMad Popsも次回こそ何種類か食べてみたいし
Wで売ってた高級アイスキャンディーとかはそれなりにどれも美味しいのかもしれないけど
春バリでの滞在中は食べてる胃の余裕がなかったんで、いま、ちょっと後悔してるw
今度アイスキャンディー買いにWoo Barに行こうかしら?ぐらいに思ってます。
でもなーWまで行ったら目の前のカフェオーガニックMad Popsも売ってるんだよなww

おっと、また余談になっちなった。 ま、とりあえずBali Eco Deliはこんな感じのお店でした


Bali Eco Deli

ADD : Jalan Raya Jungut Batu, Jungutbatu, Nusa Lembongan
PHONE : (未確認です)
OPEN : 7:00~18:00
E-MAIL : noplastic@baliecodeli.net
URL : http://www.baliecodeli.net/
(FB) https://www.facebook.com/BaliEcoDeli


エコデリに寄り道した後、「夕食は宿に近い丘の上のレストランでテイクアウトするか」
と心を決めて 宿までの帰路を急ぐことにしまーす。
f0319208_13184070.jpg
Jl.Jungut Batuの1つ内陸に入った小道にはバビグリン屋もありましてん。
f0319208_13344776.jpg
この看板とかも味わい深いわぁ~ (この付近はローカルなお店がいろいろあったよ)
f0319208_1330192.jpg
ここまで戻ってくると、あとは丘の上へ坂道カーブをバイクでぷいーんと上るのみ!

ところでまたまた余談ですが バリ島本島へ戻る日、
バイクはパブリックスピードボートのチケット売り場の前に乗り捨ててOKときいていたので
帰りのボートに乗るためにチケット売り場(オフィス?)へ向かっていると、丁度この辺りで
一斉検問をやっていて、通過するバイクはもれなく1台ずつ停められてしまったおw
f0319208_16201995.jpg
ノーヘルについては、ヘルメット被ってる人を探す方が難しいぐらいの有様だったので
多分ここでは例外的にノーヘルのおとがめはないとは思ってのんきかましてたんですが
うちらーが借りてたバイクにはナンバープレートがなくて(ここではそんなバイクが多々w)
それはつまり車両の登録証がないんですわ。あーこれはいくらかお金払わなきゃいかんかな?
と思いつつ、せめて「免許は持ってるからね!」とアピールしようと思って
デンパサールで手続きしたSIM C(インドネシアのバイクの免許)をささっと掲げると
ポリシ一同が集まってきて 「お!旅行者用は1か月だけなの?」とか盛り上がり始めて
「見せて見せて~」ってなんか和気藹々状態。最終的には「いぇーい」って記念撮影したり。
f0319208_16412899.jpg
つか、後方のポリシが携帯のカメラ構えてるしwwww
f0319208_16432587.jpg
カタコトのインドネシア語で調子こいてわいわいコミュニケーションをとっていたら
特に何かおとがめを受けることもなく、しばしキャッキャと世間話を繰り広げただけで
「サヌールまで気をつけて帰りなよー」「また来るねー」みたいな感じで明るく開放されました。
言葉よくわからんのでノリだけで切り抜けたけど一体何の一斉検問だったのかいまだに謎。
本来ならナンバープレートのある部分を指してなんか言ってたから、多分ちゃんと車両登録のある
バイクを借りて登録証は持っておけ的なことを言われたのかも?と想像してみたけど、さて?!

そういえばバイクを借りた相手にバイク返却(乗り捨て)時に鍵をどうするか聞いたら
鍵さしたまま乗り捨てといて~。でも乗り捨てる時に必ず連絡してね」って言われて
"めっちゃゆるゆるやん~。てかそれって平和ってことよね。"って和んだんだけど
この時の警官たちに対しても、普通だったら「警察がそんなゆるゆるでいいの??」っていう
疑問や不安が募るんだろうけど これって裏を返せば平和な証なのかなーって思うと
このゆるゆるさこそが ある意味健全な南の島の在り方かと思ってみたりw


で、話はレンボガン到着日の夕方の徘徊記録の続きに戻りまーす。

丘への坂道の途中。まずは分岐点を右折~
f0319208_1622169.jpg
その後、道なりの左カーブを上り切って丘の上のパノラマポイントに出まーす。振り向くとこんな感じ。
f0319208_16373533.jpg
緑がいっぱいです。
f0319208_1624079.jpg
そして、海側には海を見ながら休憩できるベンチなどがあるんでーす
f0319208_16234772.jpg
そのベンチを背に振り返ったところになるのがパノラマレストラン。
f0319208_16262346.jpg
結局、夕食はナシジンゴ1つ買っただけだったので ここでテイクアウトして帰ることになりました。
ちうわけで、次トピではPanorama Restaurantでの記録をしておくことにしまーす。

※ 上記はすべて'16年5月の訪問時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-08-09 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22974770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Panorama Bar & ... The Deck Cafe &... >>