※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< PICA South Amer...

名も知らぬ宿の Studio ... >>
2016年 07月 21日
屋台のBubur Ayamを食べるのだ @ Jl. Raya Tegas, Peliatan ('16年5月)
f0319208_12314554.jpg
もともと私は、ハラペーニョの国メヒコで鍛えられた習慣で唐辛子系の辛さも大丈夫だし
(かといって辛いものが好きなわけではないんですけどねw)ローカル食も大丈夫なんですが
いかんせん毎食ずっとインドネシア料理というのは飽きるし、もともと好物というわけではないので
さすがにバリでもローカル食が続くのは無理な体になってきたお年頃。若い頃のようにはいかんわ。
私の場合は「ばりごはんもたまーに食べるから一層美味しく感じるんだろうしそれぐらいが丁度イイ」
と思ってるんで、ベラのおうちごはんペシンガハンのサテイカンや、バリアスリの料理などの
お気に入りのものぐらいしかすすんでローカル料理をたべることがないバリでの昨今。
でも、ブブールアヤムは「毎朝ブブールアヤムでもいいよ」って思えるぐらい好物なんです。
ほんとは香港粥が大好物なんですけどっ。でもバリに居る間はブブールアヤムでいいか、とw

で、この春に東部からウブドへの往復をするたびにTegasの東西の通り上・道端で日中に
イブが1人で切り盛りするブブールアヤムの屋台がでてたのが気になってたんよね。
ブブールの屋台って朝だけのイメージがあったんですが 「昼もやってるんや(喜)」と。
でも、駐車場もない通りの脇での営業だったからなかなか立ち止まる勇気も時間の余裕もなく
通り過ぎるだけだった4月。そんな中、5月の半ばの3105さんとのウブド滞在時に、
3105さんのリクエストでゴアガジャ観光?に向かう道中、またまたその屋台を目にして
やっぱり気になったもんだから 「今日はここで昼ご飯にしようぜ」って念願の寄り道決定★




場所はこの地図上紫の☆印地点 ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_13244132.jpg
車道を東向きに走ってるとこういう感じでお店が出てます
f0319208_1234787.jpg
既にブンクス待ちのお客さんで賑わっていましたが、路肩に駐輪して近づいてみると・・・・
f0319208_1239361.jpg
どうもブブールアヤムだけではなく他にもメニューがある模様。なんか楽しいぞ★
待ってる人が多かったんで、他の人の注文&支払いを見て推定料金を把握しつつ
・・・とはいっても私はもろに観光客の一見さんなんで地元民と同じ値段を言われるとは
思っちゃいないけど目安として把握しておこうと思ってチェックしてみたり
待ってるお客さんと和気藹々で観光客的世間話を楽しむのもめっちゃおもしろかったなー。

どんどん売れていくテイクアウトのブブールアヤム (卵なしで推定5000ルピア)
f0319208_1240390.jpg
甘い、ブブールカチャンヒジョーも人気でした (推定2000~3000ルピア)
f0319208_12424019.jpg
どんどん常連さんらしきお客さんが増えてきて、うちらーの順が来るのか不安になって来たり・・w
だってこのイブが1人で切り盛りしてるんでっせ! 大忙しですわ。
f0319208_12401395.jpg
ブブールだけじゃなくナシセラもありまして・・・
f0319208_12483315.jpg
もちろんナシセラのナシチャンプルもできまーす (みなさん料金指定で1万ルピア指定の人が多し)
f0319208_12402475.jpg
野菜の和え物(ウラブ?)はその場で作ってました。美味しそう!(単品で推定 2~3000ルピア)
f0319208_12404299.jpg
ぺぺスも数種類あって、みなさん買う前に質問してはりました (1本1000ルピアだったかな?)
f0319208_12422472.jpg
おっと、やっと私達の順番がまわってきたお。
ブンクスしかできないのかと思いきや、待ってる間に他のお客さんが「テーブルはないけど
お皿とスプーンはあるからここで食べれるよ」と教えてくれたので、カキリマのバッソーを食べる時の
スタイルやね、と覚悟して、「 ブブールをマカンディシニ(イートイン)でお願いしまーす」
f0319208_1383755.jpg
最後にスープをかけて・・・
f0319208_1393167.jpg
できあがりー!煮卵もいれてもらったので豪華版です。
f0319208_12455665.jpg
3105姐さんはおかず指示の上でナシセラのナシチャンプル
f0319208_1243081.jpg
歩道の端の植え込みのところに段ボールをひいて座って食べます。
f0319208_1246956.jpg
洗い場とかがないんで、イートインはプラスチックのお皿に油紙をひいて、お皿を洗わなくて
よいようにしているのだと思いますけど、まぁこの環境を不衛生ととられる方も多かろうw
だがしかし、私も3105さんも野生児なので(3105さんはローカルスタイルもローカルの味も
私以上に慣れてるから全然平気です)逆に、この状態を「原点回帰!」って楽しんでいました。

お味の方は、ブブールは青唐辛子の部分以外は辛くなくてもちろんおいしかったし(ぬるいけど)
ナシセラのナシチャンプルも、辛いのが好きな人は自家製サンバルで辛くすればいいんだけど
基本的にはおかずは全然辛くなくてマイルドで観光客でもOKの万人向きのおいしさ。
お野菜のあえものも作りたてだし素材の味が活かされてて美味しかったんですー。
ただし、おかずの鶏はブブール用とナシチャン用の2種類用意してあったんですが
ブブール用の鶏の方がおいしかったと記憶しています。(ナシチャン用はパサパサだった)

食べているときに目の前に下がってたメニューが気になったので見てみると
エスチャンプルもあるのね・・・ってことで3105姐さん、エスチャンプルに挑戦!!
f0319208_12464979.jpg
そしたら、狭い狭い屋台の背後から袋に入った氷の塊登場。 なんでもあるな、この屋台周囲w
f0319208_1247323.jpg
そして、できあがったシロモノ。3105さんのパンツ(ズボン)とおんなじ色www
f0319208_1248191.jpg
一見甘そうなんですけど、味見したら甘さも丁度いい感じで この炎天下の中で美味しかったYO。
私、滅多ににローカルの氷モノは食べないんですけど それでもこれは「アリ」でした。

で、結局うちらーはいくら請求されるんだろうかとドキドキしてたらこの時は全部で25,000ルピア
だったかな?うん、やっぱりローカルさんよりは高めに言われてるな。 でも問題なし★
もちろん、値段が気になるときは「ナシブンクス1万ルピア分ちょうだい」とか
「○○を3000ルピア分ちょうだい」とかそういうオーダー方法で挑めばよいと思います

で、ここでのお客さんやイブとのカタコト会話が異常に楽しかったし 美味しかったので
「明日も来るね~」と約束してこの日はそのままゴアガジャへ向かいましてん。
一応、イブの話では"明日も9時頃から夕方6時ぐらいまで(売り切れ終了だけど)居る"
とのことだったので お昼時は混みそうだから9時半か10時頃が目安かな?という感じで。


そして翌日、朝イチで3105さんはマッサージにいってたので9:30すぎに現場に到着すると
屋台はまだ準備されてない様子だったけど、現場の隣の小道の向こうから
頭に何か乗せて片手に荷物を抱えてこっち向いてあるいてくるイブの姿発見★
f0319208_12492574.jpg
ズ~~~ム!
f0319208_12533672.jpg
そしたらイブも私達に気付いたようで、頭に沿えた方の手を振ってくれたよ~
すかさずバイクでイブの所まで行って、片手の荷物をバイクに乗せて屋台まで運ぶお手伝い。
さすがに頭に乗っけたでかいタライとそれに乗ったブツは私の手には負えないので
イブが現場に到着するまでの間、既に置かれた荷物を前に勝手に現場づくりのお手伝い。
イブが到着して頭上の荷物を屋台の傍に降ろしたら、まだ運ぶものがあるとのことなので
イブをバイクの後ろに乗せてイブんち(近所のトコワルン)までお送りしまーす
f0319208_1256775.jpg
ご自宅のワルンはこちら。遠くはないけど大荷物をもって徒歩で4往復するにはけっこうな距離
f0319208_12581044.jpg
イブにとっては頭の上に乗せて運ぶ方が一回で多く運べて便利なようなので
私はバイクに乗せたり持てるものだけを預かって先に屋台の方まで先にバイクで戻り
f0319208_12582139.jpg
その間に屋台周りを掃き掃除してみたり・・・
f0319208_12593273.jpg
イブが到着して荷をおろしたらまたワルンまでバイクで送る・・というのを繰り返します。
f0319208_12574654.jpg
繰り返すこと3回目。最後の往復時にはお店(ご自宅)のシャッターを降ろして鍵をかけて
f0319208_13135824.jpg
案の定、イブは頭に荷物を載せて徒歩で運ばれるので
小荷物を片手にバイクで先に現場に戻った私は3105さんと一緒にお店のセッティング
f0319208_12591399.jpg
昨日、順番待ってる間におかずの配置覚えたもんね~w
f0319208_1318335.jpg
到着したイブが最終的に手直しをして、はーい開店でーす。
f0319208_12595377.jpg
ちなみに、奥がナシチャン用の鶏で手前がお粥用の鶏ね。 俄然、お粥推奨。
f0319208_1301131.jpg
開店準備している間にも、バイクを停めて注文するお客さんがちらほら。
もうね、にわか助手2名は 役にも立たないのに自分の店のようにはりきっちゃいましたよ。

開店早々のお客さんが一段落したので私達もブブールアヤムをいただきまーす。
f0319208_1312342.jpg
ついでにおかず各種やぺぺスやタフイシもつまみぐいしてみたりwww
f0319208_1344127.jpg
ちなみに、豆腐はタフ・ロンボクという種類ですっぱくないふわっとしたタイプだったようで
「タフ(豆腐)はこの種類がおいしいよ~」ってイブに教えていただきました。
この日はちょこちょこつまみ食いした分も含めて全部申告してお金払ったのですが
なぜかナシチャンとエスチャン食べている前日よりも高かったんですけどw めちゃ適当やん(笑)

でも少々ふっかけられても全然かまわないんですー。こういう楽しい経験させてもらったんで。
つか、イブにとってはめっちゃ邪魔な観光客だっただろうしwwww
でもね、2日間いろいろおしゃべりしてすっかり打ち解けたので、また秋に行こうと思います。
思い入れという点も大きいかもしれないけど私達にとってはとても美味しかったし
常にブンクス目当てのお客さんもいっぱいおられたので商売としては順調かと思われるんで
次に訪問できるのがめっちゃ楽しみなんですー。イブ、秋まで覚えててねー。


Bubur Ayam

ADD : Jl. Raya Tegas, Peliatan (Jl.Made LebahからJl.Raya Goa Gajahへ行く途中)
OPEN : 不定休で 9:00 - 18:00頃ってことですが、準備出来次第開店で売り切れ終了
  (娘さんたちが学校に行ってから出店の準備をされるようなので朝はゆっくり目)

お客さんはほとんど近所の人のテイクアウトで駐車スペースはありません。
車道の道端ですが通行の邪魔にならないようバイクの駐輪ぐらいはできます。


※上記はすべて'16年5月の訪問時点での備忘録です※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-07-21 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22965897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< PICA South Amer... 名も知らぬ宿の Studio ... >>