※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< THE SANTAI ~3Be...

Sanak Retreat B... >>
2016年 06月 19日
行きはヨイヨイ 帰りはスリルの Pantai Melasti @ Ungasan ('16年5月)
f0319208_153454.jpg
空港より南のBukit Badung(ジンバランやウルワトゥ、ウンガサン、ヌサドゥア方面含む)へ
行ったら、有名どころ無名どころ含めていろんなビーチに行ってみるのが1つの楽しみなんですが
その中から自分なりのお気に入りの浜を見つけることが当面の目標でもありまして
前回の'15年秋バリの時はそっち方面に行ったのがYUU飯の時だけだったので
既に行ったことのあるビンギンビーチには降りたけど、初めてのビーチには行けなかったのよ。
なので、この春は以来ほぼ1年ぶりのブキッ・ウンガサン・ウルワツ方面のビーチ探訪。

これまでaiちゃんと行く時は私の趣味で階段地獄を楽しむドSな行程が多かったんですが
今回は「階段降りなくてもバイクでビーチのすぐそばまで行ける浜」に白羽の矢が立ちました
それが、バニヤンツリーウンガサンのすぐ近くにあるPantai Melasti(ムラスティビーチ)

地図で見ると、グネグネと迂回してうねった道の先に人工で作ったらしい海に突き出た場所があり
悪友J いわく「地図で見たら脱腸みたいw」ってことで、うちらは"脱腸ポイント"と呼んでまして
ここの開発に関しては無許可だとかなんだかでいろいろいわくつきみたいなんですけど
いつもの退役飛行機ウォッチングの場所からもそう遠くはないので今回こそは行ってみよう!と。




aiちゃんとは、なんだかんだでいろんなホテルのビーチ設備(数が多いので割愛)や
Finn's Beach Club(過去記事等のリゾート設備や パダンパダン(過去記事とか
スルバン(過去記事などの観光客の多いビーチにもご一緒してもらってるんですけど、
やっぱり個人的にはあんまり人が居なくて辿り着くまでがめんどくさそうな場所に より一層
魅力を感じてしまうんで、グリーンボウル(過去記事とかニャンニャン(過去記事
行ったときの出来事含めてものすごーく思い出深いというか、やっぱり忘れられんなw

去年のGWのaiさん渡航時はグヌンパユンのビーチ(過去記事に行ったけど
今回のビーチ探訪はどこにしようかな~・・ってグーグルマップ見ながら探してて
よし、今回はあの突き出た脱腸ポイントに行ってみよう!、と。
f0319208_0131131.jpg
車道が見えるからきっと浜の近くまでバイクで乗り込めるのね、と 今回は階段地獄は封印。
f0319208_0132615.jpg
でも、あの位置からビーチまでってけっこう高低差があるんでバイクで降りる時の勾配と
周囲は道路作る為に切り立った崖状態だろうから、通るのおっかないよなーと一応覚悟。

地図上バニヤンツリーの東側の道を海側に向かえば辿り着けそうだったからまたまた油断して下調べナシw
でも、aiちゃんとは3年前にお茶しにBanyan Tree(過去記事に行ったので経路もわかるわーって
その付近で適当に地図アプリも見ずに「もうすぐホテルだからこの辺か?」って曲がった道からは
途中で車両行き止まりだったYO! やっぱりちゃんと地図見ていくべきだねwww
でも、そこから見えた景色は まぎれもなく脱腸ポイント
f0319208_153454.jpg
で、少し元の道に戻ってバニヤンツリーを目指すと、ホテルのエントランスが見えてきてしまったお。
でも、まっすぐ行くとバニヤンツリーに入ってしまうけどすぐ左側に海側への道があったから
(そういえば3年前もあったよな、とうっすらと記憶)そっちを進んで下って行きまーす。
道はきれいなんですけどね。 なんしか切り立った左側の崖が怖いwww
f0319208_219787.jpg
f0319208_219182.jpg
ビーチ手前まできれいな車道が続いてるので階段地獄ナシでたどりつけます
f0319208_2192879.jpg
砂も白いし南国気分は味わえるけど開発されたビーチって感じでジャングル感はありません
f0319208_219422.jpg
人工的に突き出たポイントのすぐ西の浜に降りてみました。
f0319208_2213913.jpg
てか、人少なすぎw (この日は 日曜の朝なんですけど)
f0319208_2215961.jpg
この時この一角に居たのは、私とaiちゃんと 釣りをしていた地元の人2人ぐらいと
黒い犬を連れた在住の外人のおねーさんのみ。こんな広いのにプライベート感 半端ないw
f0319208_2261481.jpg
浜辺で犬と戯れるひととき
f0319208_2231370.jpg
膝下をつけるだけでもリフレッシュ出来て気持ちよかった~
f0319208_2262642.jpg
でも、振り向けば開発で切り立った崖が圧迫感あって怖いよー。
f0319208_2271683.jpg
でひとしきり犬と遊んだので、突き出たとこまでいってみることにしましたー。
そちらには お店が建つ予定なのか村の祭事での集合所になるのか謎な物件がありまして・・・
f0319208_2274669.jpg
前からあって寂れたのか、あるいは今建築中なのかもちょっと謎なものもありまして・・・
f0319208_228044.jpg
ジュース売りのおっちゃんがいたので冷たいお水購入
f0319208_2281233.jpg
私がおっちゃんと世間話してる間にaiちゃんはズンズン突き出たとこを進んで行ってましたw
f0319208_228455.jpg
怠け者の私は歩かずにバイクでおっかけまーす。
f0319208_2285883.jpg
もともとあった岬ではなく人工だという話ですから、開発に当たって海の中の環境も
変わってしまってるとは思うんですが、釣りをするローカルさんがちらほらおられました。
てか、振り向けば あの崖、やっぱり怖いwwww
f0319208_2312444.jpg
で、車道に沿って この切り立った崖の開発地点中心部からもうちょっと西に進むと
ビーチの方開発感は否めないけど、山側に緑が多いというかまだ森状態なことに安心したり。
てか、こういう素朴な物件があるのが ちょっとホッとするんよねw
f0319208_232781.jpg
でも、さらに進むと向こう側がまた開発模様。(てか、バンヤンツリーのあたりですね、きっと)
f0319208_2322019.jpg
きっとこの辺りをパンダワみたいに観光客でにぎわうビーチにして
村の収益とかにもしたいんだろうけど、うーん、今後どうなっていくのかね?ここ。
f0319208_2323590.jpg
今の所ほとんど人が居なくてのんびりしに来るにはめっちゃいい感じなんですけどねw
f0319208_2331842.jpg
で、更に西側へもう少し先まで進むと、ちょっとローカルチックな出店(でみせ)発見★
f0319208_2335327.jpg
その前辺りになるとなんだかビーチの様子も雰囲気が変わって来たというか・・・・
f0319208_237839.jpg
なるほど、どこかのリゾートのビーチクラブになっているようで・・・
f0319208_2341044.jpg
浜側へ行ってみると、バニヤンツリーのマークのポロシャツを着たスタッフ発見
f0319208_2342360.jpg
場所が場所なだけにきっとBanyan Tree Ungasanのビーチクラブではなかろうかと推測。
これはビーチバレー用のネットかな?
f0319208_2345033.jpg
さすがにこの一角はプライベート感あふるる美しいビーチ。
f0319208_2355575.jpg
ちなみにその向こう側のビーチには国内旅行者らしき若者たちの姿が見られました
f0319208_2361582.jpg
てか、山肌というか崖肌のハゲ具合がなんだかなーww やっぱり緑で覆われててほしいよー
f0319208_2364677.jpg
で、ビーチクラブのある浜から向こう側にも道が続いていたので
f0319208_2365752.jpg
ビーチクラブのスタッフに「ここ、道続いてる??この道から帰れる?」って聞くと
「そっちの道、バグースだよ」と親指を立てて頷かれたので 怖いけどそこから帰ること決定。

ところが、ここから西側の坂を通っての帰り道が非常に怖い。どう怖いのかと言うと
途中から勾配が凄い上に、一応アスファルトなんですけど ところどころ深~いヒビが入ってるわ
ガードレールや路肩らしきものがない中で片側は工事中の谷へ真っ逆さまで精神的にキツイw。

だってさー、いきなりガードレールなしのこの工事中の穴のそばをまわるんだZE
f0319208_22462782.jpg
これ、上り坂だったからよかったけど下り坂で勢いついちゃって運転誤ったら即死だべ。

でも、カーブの急勾配をある程度上りきったらめっちゃ気持ちいい景色が見れたので
景色に見とれて振り返りながら上る危険度よりも、運転技術が確かな人の運転で
往路にこっちの道から下る方が景色的には気持ちいいのかも?・・と思ったりもして。
きっと日が経つと工事具合も進んでこんな危険な穴はなくなって建物になってるだろうし。
f0319208_2372431.jpg
そこからの(写真に見えてない)急な坂もところどころアスファルトに深いヒビが入ってて
それに気を取られてハンドル操作を誤ると車道から外れて崖から落ちてしまいそうだし
上り坂なので坂の途中では停まれなくて、ある程度上まで登って転落の危険を回避してから
後部座席のaiちゃんに振り返った写真を適当に撮ってもらったんですけど
やっぱり肉眼で見た景色の「うわ~!」って感じは写真や文章では伝わりにくいな~

個人的にはバイクや車で簡単に来れる場所よりも、草木をかきわけて階段地獄の後にでてくる
秘境的ビーチの方が心に残るので こういう開発系の海岸はどうかな?と思っていたけど
これはこれで帰り道にものすごくスリルがあってちょっとした冒険気分も味わえたし
実際に「脱腸ポイント上」を歩くこともできたし、つまり、行ってみておもしろかったとです。
やっぱり普段東側で黒砂&小石&大石ごろごろのビーチを見慣れてる者としては
きれいな白砂のビーチってことだけでもかなーり興奮するんですもんw


Pantai Melasti

ADD : Pantai Melasti, Ungasan


※上記はすべて'16年5月頭の訪問時点での記録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-06-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22894509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< THE SANTAI ~3Be... Sanak Retreat B... >>