※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< '16年春バリ・その3...

'16年春バリ その1... >>
2016年 04月 25日
'16年春バリ その2 ~VOA延長ついでに北部で遊んだ2泊3日のまとめ~
a0074049_134323.jpg
ごきげんよう~!昨夜、到着後3週間の自分メモをUPしたんですが
その中で 4/18~4/20の間はロビナのK子さんちに居候しながら丸々つきあってもらったので
2泊3日びーーーーっちり遊んだ北方面編はここに抜き出してまとめておくことにします。
(もちろんそれぞれの場所やお店で思い出は帰国後に個別トピにて別途記録予定っす)

バリ島滞在中の私の拠点は東のアメッドなので、本来ならばVOAの延長等の手続きは
シガラジャのイミグレの管轄になります。8年前の4ヶ月滞在時はシガラジャでしましたが
うちからシガラジャまで2時間半とかかかるんで それなら南部に行くにもたいして変わりない。
しかも、最近では写真撮影で呼び出しがあって北部のエージェントに投げても必ず1回は
イミグレに行かなきゃいかん。(自力なら、①申請→②写真&支払い→③受け取りで3回。)
近年では南部のエージェントに丸投げで、なるべく南部滞在中の期間に呼び出しがあるような
日程を考えて申請をだしてもらい、南部で手続きをしてついでに南の用事をこなしてました。
でも、去年の秋バリの時にロビナ在住のK子さんに「春はシガラジャで自力で手続きして、
②と③の待ち期間はうちにくればいいじゃなーい。一緒にあそぼ、あそぼ!」とお誘いいただき
北部でも楽しみが増えたので、今回はちゃっかりその楽しみにのっからせていただきました。

丁度時を同じくして、むっちゃんとこのリピーターのA(OJI)様がロビナに5泊されることになり
K子さんのお友達の経営されているお宿にご滞在中。じゃー3人揃って北で遊びますか!!




※ 2016年4月18日※

14日の申請時に「ほんとは9時からですけど、アメッドだと遠いので10時~11時頃でいいよ」
と係員に言われて7:30にバイクにてアメッドの我が家を出発。ちんたら行きますよ~。
a0074049_1339731.jpg
トランベンを超えてクブ辺りでも「お山~w」とひとしきり盛り上がり
a0074049_13402172.jpg
アメッドからシガラジャを目指す海岸線左回りの道は、ウブドや南部に向かう道と比べて平坦で
山越え、峠越えのほぼない道のりがこんなにラクだなんて!!しかも車の数が少なくて
いつもならバイクに乗って調子こいてくると大声で歌ってる大迷惑な私なんですけど
今回は歌うだけでなく、右足ベードラ・左足ハイハット・左手スネアのリズム刻みながら
歌うドラマー気分で青空の下、スクーターに乗ってたもんね~。めっちゃ気持ちよかったっす。

道中諸々省略して シガラジャの中心地を抜けて10時すぎにイミグレ到着~
a0074049_13471466.jpg
この時はたまたまかもしれないけどけっこう人がいて順番待ちが思ったより長く・・・・
お金払って領収書もらったら名前を呼ばれるまで写真の待合エリアで待ちます。
a0074049_13483556.jpg
名前を呼ばれたのは40分ほど待った後でしたが(普通ならもっと早いと思う)
VOAの延長ごときなので写真撮影・指紋採取・滞在地の確認などはざざざーっと簡単に。
「20日の午後2時にパスポート引き取りに来てね!」と係員に教えられ、11時頃手続き終了。

この日、K子さんとA(OJI)様は朝からPJでダイビング2本を楽しまれて昼1時頃に終わるとのこと。
それまでの間、私はK子さんが経営されているAgung's Massageで何かトリートメントを受けて
時間つぶししておいて ダイビング終わったらサロン集合で3人でランチに行こうという目論見。
ちうわけで、4年半ぶり(この過去記事の時以来!) Agung's Massage
a0074049_145233.jpg
長距離バイク移動の後はどうしても腕と右手(握力フガフガになる)が疲れるんだけど
平地の運転ってめっちゃ楽なんやねw いつもの峠越えと比べて全然しんどくないから
もともとマッサージ苦手だし、ヘルメットで蒸れた頭皮のケアにしようとメニューを見てると
a0074049_1413768.jpg
「1本目で1時間半ももぐっちゃって、今から1時間休憩して2本目1時間潜るから 合流できるのが
2時頃になる~!」とK子さんから連絡が入ったので、ゆっくり施術してもらうことにして
カメリアオイルのヘアスカルプをしてから手のマニキュアをする、という案に落ち着く。

このサロンのスカルプケア、氷で頭皮もみもみもしてくれるからめっちゃ気持ちいいんっす。
セラピストの腕もいいし、驚くべきは椿油の効能の優秀さ。
私の髪は、めっちゃ傷んでて アップにしてないと見れたもんじゃないんですわ。
ところが、施術後に鏡見たら 何年振りかの天使の輪wwww
a0074049_14163612.jpg
しかも、この後1週間近くシャンプー時の泡立ちと滑らかな指通りが保持されて感動!
今さらですが、椿油 優秀すぎます

で、まだまだ待ち合わせまで時間があるのでマニキュアなんぞ・・・・
a0074049_14192652.jpg
乾燥中に案の定チュリ~っ(どういう表現やねん?)とやっちゃって 丁寧に直してもらって
また乾かして、お支払いして、近所に煙草買いに行って待ちくたびれた頃ダイバーズ到着。
アグンズマッサージサロンの入り口には、超かわいいカフェが併設なんですが
現在そちらのカフェはパンの受注販売のみで一時休業中になっているので移動しまーす。
※そのお店@ Bakeの5年前の過去記事は⇒こちら で※

K子さんもA(OJI)様も1本目と2本目の間の休憩中にうっかりランチ食べちゃったらしいんですが

当初の予定通り、お茶だけでも行こう!って 近くのBuda Bakely & Resto
a0074049_14261378.jpg
こちらのベーカリーカフェは、元ダマイのスタッフご夫妻が経営されていて
(K子さん談では、かつてダマイのベーカリー部門を任されたスタッフさんだったらしい)
お味やプレゼンテーションなどがダマイ仕込みで、お店のインテリアなども可愛いんです。
a0074049_14365443.jpg
再会の乾杯&一段落した後で いよいよK子さんちに居候チェックインなり~
(滞在中はK子さんのマイカー使用の為 私のスクーターは、2泊3日間マッサージサロンにおきっぱです)
K子さんちでは3匹のワンコ達がお迎えしてくれました。(あと、ミケ猫ちゃんもいるよー)
a0074049_14411553.jpg
てか、K子さんは本職は設計士さん(建築士さん?)なので家の居心地サイコー!
各エリアへの動線の良さ、エアコンのない客室も風通し良く設計されてて快適だし
ロフトがあったり、大人数の来客時に寝室になるトムソーヤ気分のお部屋があったり
お庭も池もあって和むし 1人暮らしされるにはもったいなすぎる空間。 わし、居候し続けたいw

そうこうしているうちに夕暮れ時になったのでA(OJI)さんのお気に入りのスパイスビーチクラブ
サンセットビンタンしに行きましょうということになり、海辺へGO~GOGO~!!!
a0074049_14504449.jpg
ダイブセンターが併設で、お2人は本日もこちらのショップからダイビングをされたご様子。
この日のサンセット、雲多め
a0074049_14533337.jpg
ビーチ沿いのサンベッドを占領して乾杯しながら、在住のスーさんを呼ぶこと決定★
スーさん(オーストラリア人の女性です)を待つ間、夕景を見つつサンベッドでごーろごろ。
a0074049_17425519.jpg
A(OJI)さん、以前からブログをされてたんですけど数か月前にエキサイトブログに引っ越して
「スマホからエキブロのモバイル投稿をしたいが写真のあげ方がわからん」とイラッとされてたので
手順説明を兼ねて私が勝手にOJIさんのブログ記事を簡単にUPするという荒業完了。
投稿中にスーさんが到着され、そのまま席を移動してここで夕食トゥギャザーすることになり・・・
a0074049_153927.jpg
喋り散らかし、食い散らかすwwww
a0074049_1533688.jpg
気付くと22:00。 A(OJI)さんをお宿まで送ってからK子さんちに戻って風呂入って寝る。

翌日は、「イルカウォッチングなんてどう?」という提案があったけど「早起きしたくねーw」と
私が我儘申したため じゃーブレレンの山側ドライブしましょうか、ということに落ち着く。
明日の朝食は、A(OJI)様の滞在先のお宿で3人で食べようということになり朝9時目安の約束。


※ 2016年4月19日※

めっちゃぐっすり寝て6時前に目覚めたのに2度寝&3度寝を繰り返し、起きたら8:45www
一応9時に朝食に行く約束をしてたので、きっとA(OJI)さんが腹ペコで困ってるはず!(ごめん)

9:30に A(OJI)さんの滞在先@Rumah Cantik Lovinaに慌てて到着すると・・・・
待ちくたびれたじいさん、めちゃ幸せな笑顔でお花と添い寝中wwww
a0074049_15201841.jpg
で、敷地内・お庭のバレで3人揃って朝食タイム
a0074049_15205749.jpg
こちらのオーナーさんはデンマーク人の女性だそうで
この時はお里帰り中(?)だったようなんですが、初代のダマイのマネージャーさんだそう。
だから、メニューそのものはよくある宿の朝食と変わらずとも 使ってる食材が一味違う。
私はバリの常温保存のスライスチーズがダメで、スーさんとも「あれはチーズじゃなくてプラスティック
だよね!」と盛り上がったんだけど、ここのチーズはBegaなのでプラスティックではないという喜び。
パンやジャムやヨーグルトも美味しい自家製だったりで インドネシアの味が苦手なA(OJI)様も安心。

ゆったりとした朝食タイムを過ごして満腹になったところで、11時前。本日のドライブ スタート!!
まずは、果物大好きA(OJI)様の為のフルーツ買い出しでブドゥグル方面へ・・・

ブドゥグルに入るよりもその手前の道端で買う方が安いとの私見。
a0074049_16275831.jpg
ここで熟れ時のマンゴスチンとランブータンとパッションフルーツを確保。

ここんとこ毎週のようにブドゥグルに遊びに来ているらしいK子さん。
「スワンボートに乗る?」とか「アスレチック行く?」とか「釣りする?」とかいろいろ提案があれど
正直、スワンボートは乗りたいが わしにはそれよりも気になることがあるのだ!

というのも、丁度1年前におっさんと夫婦でブドゥグル&ムンドゥックにプチおでかけした時
(※このダイジェストの時です※) ブドゥグルで焼きモロコシが食べたくて
でも、茹でモロコシしか売ってなくてしかもそれがマズくてウヘェ~だった話をしたら
K子さんいわく 「焼いてるところがあって、そこは美味しいから案内してあげるよ!」とのこと。
で、頭の中は焼きモロコシでいっぱいだったので早速焼きモロコシ売り場へ向かう。
a0074049_16385821.jpg
A(OJI)様は、「お腹すいてないから僕半分だけでいい」とかぬかしくさるので
「じゃー残せばいいからとりあえず3本買うよ!」と強引に3本焼き焼きをお願いして
更に、A(OJI)様はインドネシアのブンブやチリが苦手だし、私とてそんなものつけるより
シンプルに食べたいから 「ブンブつけなくていいから最後に塩だけヨロ!」とリクエスト。
醤油持って来ればよかったね~なんて言いつつ、じゃーケチャップアシンで代用してみるか、
と思ってモロコシ売りのおじさんに「ケチャップアシンある?」って聞いたら「ないから
目の前のワルンで借りてきなー」とのこと。 でも前のワルンはどこもケチャップマニスしかない。
ここにいる日本人3人ともケチャップマニスが苦手なのでそれならば塩オンリーで、と心を決める。

塀のこちら側からワルンのおばちゃん達と同化しているのは俺だ!
a0074049_16482149.jpg
この服装&姿勢&体形。どこのローカルBBAよ?って大笑い。しかも頭にジュプン挿してwwww
でも私は みっともなくてもブサイクでもこの自分を写した写真が楽しそうで大好きなのよん。

で、焼きあがったトウモロコシにハケでまんべんなく塩を塗ってもらっていただきまーす
a0074049_1651362.jpg
これが、半分しか要らんはずの じーさん(ついに、爺さん呼ばわりw)も完食する程美味しい!
K子さんも、いつもはブンブ塗ってもらうからスイートチリ味だけど塩だけの方がいい!と新発見。
醤油がなくても炭火の香ばしさがあるから十分だし、塩もハケで均等に塗ってくれてるから
トウモロコシ自身の甘さも引き立って3人とも夢中で食べつくし食後のつまようじももらう。
ちなみに1本7000ルピア。最初1万って言われたらしいけど私なら1万ルピアでも即買いじゃ。

で、1年前の焼きトウモロコシのリベンジを果たした次は このついでにお2人を巻き込んで
またまた1年越しに先延ばしにしてきた私個人的なもう1つの課題につきあっていただきます

・・・というのも1年前のムンドック行きの時、南部における私の食&カフェのご意見番の
フランス人PH氏に、「ムンドゥッ行くならSanakで食べておいで」と言われてたんですが
その時はおっさん(旦那)と同行で、おっさんの財布で、主導権がおっさんにあったため
「そんな小じゃれた所、きっとその時のセニョ~ルの気分ではなかろう」と自粛したんよね。
でも今回はK子さんの運転だし A(OJI)さんはインドネシア料理食べないから丁度いいし
道は私が案内するからぜひぜひデザート休憩しようよ~ってことでSanak Retreatを目指す。

とりあえず、湖の北側をドライブしつつ途中のビューポイントで小動物と戯れたり撮影タイム突入
a0074049_1717480.jpg
A(OJI)様と、仲良し記念撮影 いい写真!親子かよ?!って大笑い
a0074049_171923100.jpg
その後、Mundukまでの道中、ボロボロの重機(クレーン?)がおいてあって俺、釘づけ。

あれ乗りたいよー、と 羨ましそうに見てると・・・・
a0074049_17101697.jpg
運転席のおじちゃんが替わってくれたZE !!
a0074049_17131292.jpg
俺様、超ご機嫌

そして、ご機嫌気分のまま1年前に滞在したエリアを抜けて(バトゥカルは雲で見えず)
PHさ~ん!1年越しでやっと来れたよ~@ Sanak Retreat
a0074049_17232864.jpg
周囲は、田んぼ田んぼ田んぼ!(残念ながらこの時期は泥水田期。それでも感激!)
遅めの朝ごはん食べて焼きトウモロコシまで食べてお腹はすいてないけれど
こんなに素敵なダイニングなら 何かお試しで食べてシェアしておくべきでしょう~、と心に決め
サラダとステーキを頼んでみたら どれも美味しいんですぅ~。パンも美味しいんですぅ~。
a0074049_17302760.jpg
更に感動的なのがデザート!! (南部レベルです)
a0074049_1732144.jpg
3人ともすーっかり大満足★
a0074049_1732433.jpg
この後、ついでにお部屋も2種類みせてもらって「次は泊まりたいねー」との感想。
( はるららお義母様!いつかぜひ行きましょうぜ@私信)
てか、PH氏のご推薦はいつもハズさんな~。これからもご意見は全面的に信用すると決意。

その後は、Mayongでウブドにいる気分ごっこをしてみたり
a0074049_17525171.jpg
寄り道上等で ロビナの町まで戻り、夕暮れ時まではウォーターパークを覗いたり
むっちゃんちのちびっこへのお土産などを物色しているうちにウッカリ太陽沈んじゃったYO!

とりあえず、残照鑑賞の為に 新しく出来たらしい(個人的になーんかイケテナイと感じる)
La Costa で 乾杯タイム
a0074049_17443433.jpg
日が暮れたので、K子さんちに一旦枝豆を取りに帰ってA(OJI)様の滞在先へ向かい
そこの厨房を借りて枝豆をゆでて、あとはA(OJI)様のお部屋のテラスでうだうだと飲み食い。
すごい勢いで消費されていく枝豆とフルーツたち。そういえば夕食食べてないな、俺たち。
3人でテラスからスパイスビーチクラブの花火を眺めたりしているとあっちゅーまに22:30
今夜、私とK子さんには外せない予定があるので急いでK子さんちに帰らねば★
 帰り際、お部屋の前から南十字星を見つけてはしゃぐA(OJI)様
a0074049_17491396.jpg
そして、K子さんちに戻ったのが22:38.あと20分で風呂に入ってTVの前集合、急げ~!

というのも、この日、うちのおっさん&我が家にゆかりのある知人がJKTに行ってたんですけど
近所の娘が毎週TVに出てるって言うんで知人がどうもスタジオ観覧&応援に行ってたらしく
意味わからんけどとりあえず見るわーってことで20分以内に各自早風呂を済ませて
23時ギリギリの駆け込み状態でK子さんと2人でリビングのTVの前にスタンバイ。
ところが待てども待てどもCM続きで番組はじまらねぇ。生放送らしいんだけど観覧者大変だね。
で、番組始まったと思ったらBEJOのCMばかりでついに私とK子さんがそのあからさまな
サブリミナル効果(あからさまだとそうは呼ばないかw)にかかり「買わなきゃ」の気持ちになる。
まもなく、♪ディシニ ディシニ ディシニ~♪とCMソングまで覚えてしまう羽目に・・・・
a0074049_1814557.jpg
で、TV見ながら言いたい放題大笑いしていたら 観覧中の知人よりTELが入り
なに、この自由な国ww とビックリしながら携帯に出ると、観客席の後姿のシルエットが映ってて
「この人携帯で電話してるで~」とK子さん大ウケ。はい、今まさにその人と電話中~
a0074049_2020367.jpg
番組が終わる1時半ぐらいまで女2人で深夜の女子会を繰り広げておりました。

※ 2016年4月20日※

案の定、起きたら8時過ぎてたのでA(OJI)さんには「こっちは適当に家で朝食食べるから
ホテルで朝食食べといてね~」と連絡してK子さんちで朝食&ワンコと戯れタイムを満喫
a0074049_1813243.jpg
この日は午前中から温泉に行く予定なので 水着を着こんで着替え片手に準備万端。
A(OJI)様の宿までお迎えに行って、3人揃って Air Panas
a0074049_181813100.jpg
ラッコになったり修行僧になったりタケコプターしたりしてとにかくはしゃぐ人たちw
a0074049_1826735.jpg
A(OJI)様は打たせ湯ではしゃいでる時に、となりにローカルの若い女子たちが居たので大喜び。
源泉を見たり共有温泉を満喫した後、家族風呂的な貸切設備を拝見してから退散。

イミグレのアポの2時までにはまだ時間があるし ランチするにもまだお腹すかないから
チョコレートミュージアムにアイスココアを飲みに行こう!と Cocoa Grounds
a0074049_1831406.jpg
ここで、急にA(OJI)様が「僕、ボロネーゼ!」と食事をオーダーしやがったぞwww
「え?今食べるかー?」と突っ込む女どもを横目に、A(OJI)様は いたってマイペース。
とりあえず、各自オーダーしたそれぞれの種類のアイスチョコレートで乾杯~
a0074049_1837237.jpg
で、ボロネーゼはローカルの味(つまりサンバル味w)でA(OJI)様撃沈。そら見たことかwww
その後一応チョコレート博物館なるエリアを軽~く見学。チョコレートクイズでキャッキャする。

時刻は午後1時過ぎになったので早めに行っちゃえ~!とK子号で直接イミグレを目指し
無事にVOAの延長許可をいただいたパスポートが手元に戻ってきました。

後は日が暮れるまでにアメッドに戻ればいいだけなので、ロビナ発のタイムリミットを
午後3時半目安に設定し、それまではゆっくり昼ご飯を食べよう!ってことになりました。
A(OJI)様はインドネシア料理を食べないので選択肢にはなかったようなんですが
そもそもさっきボロネーゼ食べてるし「お腹すいてない」ってことで、女2人の独壇場。
私は「たまにはインドネシア料理でもよいよー」の気分だったので K子さんオススメの
「ローカルプライスなイカンバカール」でお食事休憩をすることになりました~!!
お魚(ハギ狙い)を選んで・・・・
a0074049_18482283.jpg
席を選んで・・・
a0074049_18492536.jpg
A(OJI)様が湯あたり気味でぼーっとしている中、焼きあがりましたよ~
a0074049_18534350.jpg
これと白ご飯&ビンタン大&エスジュルッでIDR 146,000ポッキリ。 よ★良心的~

いい時間帯になったので、昼寝タイムに突入予定のA(OJI)様をお宿まで送り届けて
更に私もアメッドを目指すべく バイク置いてるサロンまで送っていただいていよいよ解散の時。
a0074049_1858263.jpg
ここからは、あの「運転しやすい道」をバイクでアメッドへ向かうだけ。
途中で、Desa Banはこちら!の看板を見つけたので 「もしやここをアグン山方面に
進むと、East Bali Cashewsのカシュー畑のあるエリアなのかな?」とか思いつつ・・・・
a0074049_1943095.jpg
時間があれば、工房&生産農場的なもの好きとしてはいつか見に行ってみたいとの野望。

そして、クブ辺りからのサンセット具合が素晴らしくて・・・・
a0074049_199121.jpg
進行方向前方の反射のピンクもとーっても綺麗で、トランベンあたりでこの状態。
a0074049_19104115.jpg
トランベンからチュリックまでの間は後光がすさまじく・・・
アメッドに着いてJemelukの丘で残照を堪能してから家路に・・・・・。
a0074049_19135978.jpg
この2日後にはまたA(OJI)様の送迎がてらK子さんがアメッドに来られたんですけど
※その後の数日のことは、昨夜既にUP済みのダイジェストその1にてかる~く記述あり※

まぁつまり引き続き、要所要所でA(OJI)様の介護係はGW前までせざるを得ないっちゅーことで
アメッドに戻られたら、むつみ介護部長とK子さんと3人体制でがんばらせていただきますwww
K子さんへの接待返しはまたその時&私の春バリ滞在中の別機会にもさせていただくとして
いやほんまに楽しかったです。めっちゃ感謝しとります。もうK子さんちに足向けて寝れませんw
お2人のおかげで 2泊3日、めいっぱい北方面で遊ばせていただきました。
・・・というか、私のせいで2日間の海遊び(ダイビング)をお休みさせてしまってサーセン~。

次回の秋バリの時は丁度入国から第3週目に南部やウブドに居るため、延長手続きは南部に
なると思いますが、長ーい目でみて今後、シガラジャでの延長、積極的にさせていただきやす。
そしてその時はまたK子さんちに居候しつつ(すんのかいw)一緒に遊んでいただきますおー★

・・・・というわけで 明日(4/26)から10泊のお出かけ期間に突入の為
次の更新は 早くてGW後半ごろかな?順番的に まずはウブド編からになると思いますが
またその時まで ごきげんよう~~!

※ 上記はすべて'16年4/18~4/20の滞在&訪問時点での備忘録です※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-04-25 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22748757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '16年春バリ・その3... '16年春バリ その1... >>