※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< 小姑、またまた夫婦で Kawi...

アメッドで夕景の定点観測 ・ ... >>
2016年 03月 29日
Safka Restaurantのベーグルで目覚める朝と と ルーフトップで過ごす夕刻 ('15年秋版)
f0319208_371661.jpg
アメッドでの夕暮れ時の定点観測地点と言えば、昔からのお約束は①丘の上 Waeni's
そして近年では直前にUPしたWarung BOBOなどが個人的なお約束事項になってますが
'12年年末の開業以来、渡航時に欠かすことなく必ず訪問するのが The Griya Villas & Spa
内にある Safka Restaurant のルーフトップバー@ The Terrace
アグン山はてっぺんしか見えないんですけど上記4か所のうちでうちから一番近いのと
雰囲気が 田舎に居ながらもちょっとしたリゾート気分を味わえるので気分転換に丁度いい★

レストランは宿泊ゲストの為に朝から開いているので、ビジターのソトアサも受け付けてくれるし
レストランを利用するとプールを使ってもいいから 暑い日中のランチ&プール利用も楽しいし
併設のスパにはサウナもあるので、スパトリートメント&サウナでリフレッシュするのもいい。
そして夕方はルーフトップバーでちょいと一杯した後にそのまま階下でディナーも◎。
つまり、泊まってなくても朝から夜までここで過ごせちゃうという懐の深~い場所なのであります。

で、'15年秋バリでも はるららお義母様とsawahsawahさんとのパジャマパーリィーの日に
サンセットティータイムとその翌朝のあさごはんで訪問したのでその様子をメモっておきます。




ちうわけで、'15年9月某日。sawahsawahさんの我が家到着直後に パジャマパーリィー前の
決起集会的な意味合いで、はるららお義母様ともども まずはThe Griyaに集合で~す
f0319208_2564268.jpg
★★まずは恒例のアルツ防止用自分メモ。過去記事の復習でございます ★★
オープン前・ヴィラ建築中の見学 ⇒ '10年5月編 / '12年5月
オープン後・'13年春時点での 設備見学編 // レストランでの飲食の記録などは⇒こちら
’13年秋のサンセット鑑賞記録は ⇒こちら // レストランでの夕食は⇒ こちら
’14年春と秋の サンセット鑑賞やディナーや2BDRM VILLAの様子は⇒ こちら
'15年春は夕景鑑賞だけでなく2年ぶりに朝食で訪問。朝食の進化ぶりは⇒ こちら
同じく’15年春。併設のChanna Spaのサウナや施術の様子は⇒ こちら へ!


まずはルーフトップに向かって、バロンバンガローの方向をチェーック★
f0319208_2572144.jpg
この日、sawahsawahさんは空港に到着後すぐにアメッドへ来られたのですが
sawahsawahさんとメールのやり取りなどで交流のあったご夫妻が同時期の渡航で
しかも同日の同フライトでご夫妻もアメッドに直行されるという素敵な偶然が事前に発覚し
3人仲良くロビナ君の送迎車に乗ってアメッドに到着されたという経緯がございました。
そのご夫妻の滞在先がBalong Bungalow(※過去記事代表※)だったので
バロンの敷地内におられるご夫妻を見つけて「おーい!」って手を振り合ってご挨拶。
時間があればルーフトップでの乾杯をご一緒したかったんですが、到着直後でお忙しく
後日ママカフェでお会いしましょうね~ということで この時は手を振り合うのみww

ちうわけで、sawahsawahさんとはるららお義母様と私の3人で 早速乾杯~
f0319208_257344.jpg
ここからは恒例のおしゃべり&空の色の変化鑑賞タイムに突入~
f0319208_2584874.jpg
f0319208_2585832.jpg
f0319208_2591578.jpg
f0319208_30137.jpg
f0319208_304455.jpg
翌朝の朝食は、ここのレストランで食べようね~ということになってたので
レストランの受付で3人分のソトアサの予約をしてうちに戻ったらパジャマパーリィ~開始

その夜はベッドに入った後お疲れのsawahsawah姐さんが寝てしまってからも
深夜3時すぎまではるららお義母様と大笑いしながら修学旅行状態できゃっきゃしつつ・・・・
迎えた翌朝。グリヤの無料送迎車呼ぶのも面倒なのでバイク2往復で行きましたお~

朝のレストラン。奥のエリアの席の方が見晴らしはイイんだけど・・・・
f0319208_362311.jpg
ガチ東向きで午前中は直射日光なので
f0319208_3652.jpg
いつものプール前のエリアの席を陣取ります
f0319208_354397.jpg
しかも陽射しを避けて、一番壁際で奥の席っす。
f0319208_31141.jpg
朝食メニューについてはこの時点では前回の'15年春バリ時と変化なし。
※朝食のメニューやセットの選び方、料金などは⇒ ’15年春の過去記事内にてどうぞ!※
'15年9月時点での朝食メニュー ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_23251220.jpg
前回、アクアテラスのえりちゃんと2人でソトアサ利用した時に
【選択によっては1人前でメイン2種選べるから結果的に1人1人前は量が多すぎる】
と、事前学習していたのもあって、今回は2人前の朝食セットを3人でシェアする方向で
飲み物だけは別途1人分を追加注文するという変則技で挑んでみました。
(フルーツとか頼まれる人は1人1人前でも量的にはいいぐらいだと思うけどね。)
まずは、ジュースは2人分のメニューについてる2杯と 別途エクストラで1杯。
コーヒー紅茶は後でだしてもらうことにしてますがこれもそれぞれついてます。

まずは第一弾、一気に登場~ 
f0319208_382536.jpg
まもなく、量たっぷりのブブールアヤムも登場~
f0319208_391133.jpg
前回、朝食のインドネシアンメニューを試していなかったので今回はブブールに挑戦。
これが、アツアツで量たっぷりでとてもおいしかったのでこの選択は多いにアリです★

Eggs Benedict (Salmon) アメッドでエッグベネディクトを食べれるのは今の所ここだけですおー
f0319208_393478.jpg
そして 皆が絶賛の Sesami Bagle, Roast Beef w/ Tomato Jam
f0319208_3101968.jpg
もう、これを2人に食べさせたいがためにソトアサにここに来たと言っても過言ではない!
セサミベーグルには、スモークサーモンやハム&チーズを挟んだバージョンもあるのですが
(3種類どれもにレタスとクリームチーズはデフォルトではさまっております)
私は俄然ローストビーフ推し。なんつーてもこのトマトジャムがドライトマトのチャツネ風でうまー❤︎
f0319208_371661.jpg
はるららお義母様もsawahsawah姐さんにもすっかり気に入っていただいて
sawahsawahさんなんて「毎朝このベーグルが食べたい!」と言い出す始末www
だよねー。これ単品で売ってくれないかしら?朝だけでなく昼のデリ的メニューにもしてほしい!

そして、コーヒーと共にいただくつもりでのデザート感覚でフルーツパンケーキ
f0319208_395417.jpg
以上、4品が料理の選択ボックスからそれぞれ選んだ2人分の朝食。

セットについてるコーヒーか紅茶は 本格的なラテとかを選択することもできます
f0319208_3113642.jpg
で、満腹でお味にも満足してお会計を頼んだところ・・・
f0319208_3132548.jpg
この時は気付かなかったんですけど別注したスイカジュース(Rp.25K)がついてない。

単につけ忘れただけなのか、私を現地ガイド扱いしてローカルサービスのつもりなのか謎。
後日、「付け忘れてたよ」と ジュース飲みに行ったついでにその分を支払いに行ったら
「覚えてないし、不要」と言われたけど、その日のジュース代にプラスして多めに払っときました。

ちうわけで、食後は私とsawahsawahさんはバイク2ケツでうちまで帰り
はるららお義母様はThe Griya号の無料送迎で 本来のお宿@むっちゃんとこまでお戻りで~す
f0319208_3133974.jpg
朝食1人前の料金は税サ入れると結構な金額だし、南部やウブドでならばこの価格で
もっと洗練された内容の料理やコーヒーが味わえることを思うと確かに高いんですけど
アメッドの中でこういうメニューをこういう雰囲気で朝から味わえるところは貴重だし
そのままプール利用して帰ってもいいし、アメッド内なら送迎車も無料のようなので
寝泊りは安宿で済ませて予算を抑えつつ たまにThe Griyaで 食事&プールやスパなど
ピンポイントでリゾート気分を味わうのも気分転換でいいんじゃないかな~って思います。

もちろん、アクアテラスなどのスパ設備も気持ちのいいプールも充実していて
朝食も含めて料理が美味しいお宿にご滞在の場合は そんな必要などないでしょうが
それでも ここの朝のローストビーフベーグルは多くの人に味わってほしい一品です。


SAFKA RESTAURANT & TERRACE
The Griya Villas And Spa

ADD : Bunutan Village, Amed
TEL. : +62 363 23571
URL : http://www.thegriya.com/


※上記はすべて'15年9月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-03-29 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22425393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小姑、またまた夫婦で Kawi... アメッドで夕景の定点観測 ・ ... >>