※ 今日の一言 ※ '17年の春バリが始まっているのに1か月以上放置しとりました。ブログはこの春バリの滞在中にダイジェストを逐一UPし、いつものように帰国後に個別で印象深かったことを順次詳細記録する予定です。この春も俺なりに楽しんでおりますぞ★

<< D'Sawah Ame...

Bistoro Aquater... >>
2016年 03月 15日
MIAM Restaurant By Plouf Dive @ Amed ('15年10月)
f0319208_23544171.jpg
'15年秋バリのアメッド滞在中は家の食材のストックが豊富だったこともあって
いつもよりは外食をしていないのですが、アメッドにも新しいレストランができているので
どこか1軒ぐらいは新しいレストランをお試ししてみたいなーと思っておりまして
だがしかし、どこも同じようなメニューで同じような感じに思えていまいち食指が沸かん。
そんな中、Uyah Amed &Cafe Garam (※古すぎる過去記事参照※) のお向かい
Pacha Barのお隣に フランス人経営のド派手なピンクのショップカーとバイクを携えた
ダイブショップが開業されてまして、そのダイブセンターにレストランが併設されておる★

ダイブショップの方はフランス人らしきダイビングのお客さんで賑わっていたんですが
レストランスペースの方はオープンエアで陽射しも強いので昼間はあまりお客さんの姿がなく
(夜は賑わってたのかもしれないけど夜にそのエリアを通ることが滅多にないのでね)
ダイビング客じゃないのに入りづらいな~などと入店を躊躇すること数回www
で、ある日。勇気をもって(笑)入ってみたら お値段は高いんだけどそれなりに好感触。
というわけで、本日はそのMIAM RESTAURANTについてメモっておこうと思います。




場所は、チュリックからアメッドの海へ続く1本道を直進して、海に突き当たる手前
(丁度サテバビのBBA地点)に右折ポイントがありそこからアメッドの海岸線の各村へ続く
メインロードに繋がるんですがその角から約400m。つまりアメッドの海岸線に入ってまもなく。
魚の絵がモチーフになってPLOUFと書いた ド・ピンクのショップカーとバイクが目印!
f0319208_226744.jpg
(ショップの車とバイクはピンクですが、看板そのものは水色地にピンクの文字です)

で、そのダイブショップに併設のMIAM というレストランが本日の目的地
f0319208_2261979.jpg
通り沿いに 開放的な造りのダイビングショップと講習用プールがあり・・・・
f0319208_2265170.jpg
講習用プールには首ちょんぱの大仏が鎮座ましますw
f0319208_2263511.jpg
この、仏さんが首ちょんぱなオブジェって各所で見慣れすぎて今では驚きもしないけど
最初見た時、仏さんの首斬るかー?っつーて衝撃やったわ。 禅だの仏陀だのなんだの
オリエンタルなものに傾倒する割に 首ちょんぱの仏て あー西洋人の感覚やなーと。
信仰心厚くないけどそれでも一応仏教徒な私には頭だけの仏には最初違和感あったもんなー

おっとまた話がそれたねw

で、その仏さんの頭が目印のプールを挟んで向こう側がダイブショップでこちら側がレストラン
f0319208_2281987.jpg
訪問時点では、木陰はあれど屋根のない外席のみでした。(夜は気持ちよさそうだけどね)
f0319208_2275938.jpg
敷地中ほどに ビーチリゾートにふさわしいカウンターバーがありまして・・・
f0319208_2283650.jpg
色とりどりの自家製のフルーツ&アラックのカクテルが並んでいます
f0319208_2285050.jpg
その奥まで行くとちょっとしたガーデンレストラン気分もありーの (植栽が寂しいけど)
f0319208_229875.jpg
敷地の一番奥には2階建ての建物。
f0319208_2292872.jpg
レストランの屋内席、あるいはダイビングのお客さん用の宿部分かな?と思ったけど
スタッフ曰く「2階はヨガするところ」とな。 ま、夏ごろに開業したばかりだったようなので
いまのところそういうスペースだけど今後進化があるのかもしれません。(真相不明)

とりあえず スイカジュース(Rp.25,000) Amed比ではThe Griyaと同価格帯っすかーw
f0319208_2295863.jpg
でも、グラスも可愛いしおいしかったからこの25000ルピアはまぁまぁ許容範囲だおー。
でもなー、雰囲気とか夕景とかうちからの近さとか考えたら 同じ値段なら俺ならグリヤに行くね!
ただし 食事メニューが個性ありそうで この時に応対してくれたスタッフの女子もとても感じよくて
ジュースだけじゃいろいろ判断できないなーと思って翌日も改めて何か食べに行くことにしたお。
f0319208_2301693.jpg

'15年10月時点でのドリンクメニュー一部 ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_364358.jpg
’15年10月時点でのメニューその①※クリックで大きくなるよん※

f0319208_382190.jpgf0319208_311176.jpg
すいません、フランス語と英語のぺージがあったんですがうっかりフランス語の方を撮影してました。

’15年10月時点でのメニューその②※クリックで大きくなるよん※

f0319208_3145094.jpgf0319208_3151415.jpg
以下2枚は奇跡的に英語メニューも撮ってました。中途半端でサーセン。

’15年10月時点でのメニューその③※クリックで大きくなるよん※

f0319208_3162380.jpgf0319208_3164655.jpg
もうね、チャプチャイとかナシゴレンとかミーゴレンとかイカンバカールとか
どこにでもあるようなメニューじゃなくてちゃんとウエスタンのレストランっていうラインナップ。
で、ウエスタンメニューのレストランはアメッド内でもずいぶん増えたから珍しくはないのだけど
メニューを読んでいると、従来のものにちょっと工夫をこらしたフュージョン的なものもあって
きくところによると、美食の国おフランスのオーナーさんはレストランに力を入れているようだし
地域比で「この店ならでは」っていうメニューがあるのがいいな、と思いまして・・・・。

この日はタパスを3種類オーダーしてコーラ(Rp.15,000)飲みながら待ってたら

お通しで、1口サイズのツナのリエットが運ばれてきました~
f0319208_2303417.jpg
これが、すごーーーーく美味しかったんです。(地域比)
f0319208_2304661.jpg
多分、リエットを乗せてるパン的なものもホームメイドっぽいんですが
そのパンに関してはちょっとカリカリしすぎでラスクみたいだったんですけどね。
でもこうやってカナッペ的に使うならこの油っぽくてカリカリタイプでも合うからオッケー◎

このツナのリエットがおいしかったから他のタパスメニューにも期待が膨らみますwww

こちらはタパスメニュー(1品Rp.35.000) から3品チョイスした3種盛り
f0319208_2323610.jpg
ガスパチョ お味は「まぁまぁ」
f0319208_233142.jpg
ツナのタタキだったっけな?火の通り具合も田舎では合格ライン。
f0319208_2332899.jpg
焼き野菜とフェタのカナッペ的なもの。 やっぱりパンカリッカリ
f0319208_233477.jpg
お腹がすいてる時には物足りないけどお酒のおつまみにいい感じのタパスが数種類あるので
田舎のくせにこんなメニューを出すぐらいだからお味は、もうちょっとがんばれるんじゃないか
とも思うけど、となりで食べてた女性のサラダもグリルメニューも美味しそうだったし
メニューに「タルタル」なんてものも見つけちゃったから(ツナだろうが牛だろうが生もの大好き)
今回は私のメニューチョイスがずれてただけで、きっとここなら何か「ここといえばこれ!」と
ヘビロテできるメニューに巡り会えそうな予感もしております。ここのハンバーガーも気になるし。
つか、ツナのリエットがおいしかったから同じものを使ったサンドイッチを試してみたい!
(まだ、カリッカリのラスクみたいなパンしか食べてないから普通のパンがどうなのか謎だけどね)

デザートメニュー(英語版) ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_318045.jpg
タコ焼きじゃないよ プロフィテロール(Rp.55,000) だよ~!
f0319208_2342717.jpg
バニラアイスが切れたとかで、この日はチョコアイスになったんですが
チョコアイスのせいで甘過ぎ感は否めませんが そのせいで同時に食べるとポポロンの味。
このシューが意外にもパリッとサックリとした歯触りで 高級ポポロン、美味しかったです。
それにしても55,000ルピアはタケーなwwと言うのが本音ですが、アメッド付近で他に
プロフィテロールがあるレストランなんてないから 希少価値という点では高く評価します★
てか、このシューにツナのリエット挟んだら絶対美味しいおつまみになると思うんだけどな~

で、個人的に議論を醸し出したコーヒー。 これはバリコーヒー(Rp.15,000)
f0319208_234822.jpg
プロフィテロールのアイスがチョコだと聞いて、絶対コーヒーが必要と判断したので
メニューを見ずにラテを注文したら、ラテやカプチーノはできないがエスプレッソならできると。
しょうがないからエスプレッソをオーダーしたら 「エスプレッソは45,000ルピアだけどいい?」
と 念を押されたぞ。俺、そんな高い飲み物支払えないと思われたか?wwwww
で、バリコピなら15000だけどどうする??って聞かれて、面倒なのでバリコピにしたけど
それにしてもエスプレッソの45K高すぎでしょ?改めて「なんでそんなに高いの?」ってきくと
「なぜなら エスプレッソだから〈キリッ)」と真顔で答えられてしまうとその先は何も言えず。
・・・・・ものすごーくこだわって希少性のあるコーヒー豆を使うとかそういう答えじゃないのね・・・・・

まぁそんなこんなで田舎ゆえのつっこみどころもちらほらあったんですけど
ここではお料理に力を入れているという噂はなるほどあながちガセではなかったな
と思わせるメニューのラインナップだったと思います。(あくまでもアメッド内のこの村比)

最後にもういっちょ、高級ポポロン。 確かにこれは甘かったけどおいしかった。
f0319208_2351961.jpg
同じアメッド内でも ブヌタン辺りまで行くと「レストラン」的なお食事処がありますが
アメッド海岸線への右折ポイント付近からその先,Tuckad Se, Jemeluk付近までの
いわゆる Purwakerti?といわれるあたりではもっと素朴なワルンやレストランが多く
ここMIAMは異色の新鋭ていう位置づけです。多分今の所この村で一番高級店
そういうこともあって、このエリアではものめずらしいラインナップ&クオリティだから
こっち方面に出た時のお酒&お食事処としての選択肢にはなるわ~ と思いますが
我が家(村はレアン)からの場合は6.5Kmほどあるので、わざわざ来る感じではないかな?

それでも、酒のアテ的タパス3品とデザートを食べたくらいではまだまだここの神髄は
味わえていないと思うので 次の渡航ではメインかサンドイッチ類を試してみたいです。
まだまだレストランとしても進化中で今後もっといい感じになりそうで楽しみだし
コーヒーだって、許容範囲の値段でラテなりカフェオレなりのメニューができてると信じたい!


MIAM Resturant By PLOUF Diving

ADD : Jl. I Ketut Natih (Jl. Raya Amed), Amed,
PHONE : +62 (0)363 4301087
OPEN : 営業時間帯は未確認です
URL : ダイブショップのサイトはありますがまだレストラン単体のサイトは不明


※上記はすべて'15年10月の訪問時点での記録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2016-03-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22425366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< D'Sawah Ame... Bistoro Aquater... >>