※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< 2015年 暮れのご挨拶

Milestone Coffe... >>
2015年 12月 28日
WOLS COFFEE とアンラプラのカフェ事情 @ Amlapura (’15年10月) 【'16年移転?】
f0319208_6163868.jpg
サヌールのバイパス沿いカフェネタが続いたので、その流れで次はアンラプラのカフェのお話を。
9月のバリ到着日だったかその後の南部日帰りの帰りだったかその辺の詳細は忘れたけど
アメッドに向かう途中、アンラプラの街に入りスバガンの交差点を過ぎてから次の左折ポイント
(ティルタガンガ方面に曲がるポイント)までの間に2軒ほどコーヒーショップができているのを発見。
コタとはいってもそこはアンラプラ。ローカル御用達のワルンやカフェはあるんだけど
そういう場所はバリコピや甘いインスタントコーヒーぐらいしか置いてるイメージがなくて
今まで、アンラプラ方面に買い出しに行った時にコーヒー休憩したくても寄りたい店がなく
アメッドまで帰る途中にバリアスリでお茶するとかティルタガンガのティルタアユでお茶するか
早く帰って家で美味しいコーヒー飲むぐらいが選択肢だったので、ちょっとこの発見に興奮★

ただし、通りすがりの車窓からチラッと確認しただけなので、果たしてどういうカフェなのか謎で
「どうせ田舎だからインスタントコーヒーでもしょうがねーか」ぐらいに思ってたけど
ある日、おっさんの用事を待つ間に時間つぶしを兼ねてそのうちの1軒に入ってみたら
ちゃんとマシーン利用で砂糖の入ってない"カフェのコーヒー"がでてきた~。いぇ~い
ちうわけで、本日の「この秋のハツモノネタ」は アンラプラのWOLS Coffeeの備忘録と
ついでに、もう1軒できてたカフェ(こっちはコーヒーもローカル仕様)のことをメモっておきます。





場所は、アンラプラ。チャンディダサからアメッド・トランベン方面への主要道路・3号線?沿い。
チャンディダサから東へ、Jasriを北上するJl.Ahmad Yaniからスバガンの交差点を右折。
このまままーっすぐいくとアンラプラのハルディーズやら市場やらのあるコタof コタ方面へ
続くんですが ハルディーズなどのあるエリアまで行く手前に、センゴールの出る地点があり
ティルタガンガ経由でアメッド方面へ行くにはそこを左折することになります。
その左折地点よりも少し手前左側にあるルコの端っこ。この看板とこの店構えが目印!
f0319208_6171247.jpg
まぁつまり、アメッドに向かう際の通り沿いにちょっとコーヒー休憩とか
逆に、アメッドからチャンディダサ方面に向かう時のちょっとコーヒー休憩にいい感じの立地。
(私はバイク移動時にはたいていアメッドからはスラヤ経由で直接Jasriに出る道を通るのでこの道は通りませんが)

この日は、スバガンの近くでおっさんが用事があるってことで連行されてたんですが
その用事が2時間ぐらいかかるとのこと。運転手に頼んでハルディーズで降ろしてもらって
カキカキでフットマッサージ(※過去記事は⇒こちらでもしようかなとも思ってたんですが
アタリかハズレかはわからんけどこの機会にあのカフェに行ってみよう!と思い立ったので
「おっさんの用事が済んだら一緒に迎えに来て」と運転手に依頼してWOLS COFFEEへ突撃~
f0319208_6212668.jpg
店内に入ってみると 若向きでなかなか楽しい雰囲気
f0319208_6215663.jpg
田舎のくせにちょっとかわいいお店なんじゃね??
f0319208_622965.jpg
とりあえず、こういう雰囲気のお店がこの周囲にはあまりなかったこともあって新鮮

更に、カウンター内を覗いてみるとちゃんとマシーンがあったのでインスタントじゃないことに一安心。
f0319208_6214318.jpg
喫煙OKの半屋外席も、田舎のわりにはお洒落にしてるけどDIYって感じで好感度高し!
f0319208_626149.jpg
こちらが'15年10月時点でのメニュー ※クリックで大きくなります※
f0319208_6295791.jpg
エスプレッソ9000ルピア、カプチーノ14000ルピア、ラテ13000ルピアと良心的!
あまりにもお手頃価格なので 「これ、インスタントじゃないよね?」ときいちゃったぐらいwww
「マシーンでいれるけど、このタイプは苦いよ。大丈夫?」って念押しされちゃったので
「苦いの好き~!甘いコーヒーが嫌なのでマシーンで淹れてくれるところを探してた」と宣言して

とりあえずはお試しにカフェラテを注文。煙草吸うから通りに面した外席を陣取りま~す
f0319208_6302431.jpg
まぁね、いくらちゃんとエスプレッソやカプチーノのマシーンがあっても
使う人がちゃんとした淹れ方をできなきゃ単なる宝の持ち腐れ。店内は若いスタッフだけで
指導するような感じの大人や外人はいなかったし 田舎なので 期待してなかったんですが

運ばれてきたラテ (Rp.13,000) あれれ~?これ、見た目、アタリじゃね?と嬉しい誤算
f0319208_6305536.jpg
飲んでみるとしっかりコーヒーを感じれてこの値段でこのお味。めっちゃ得した気分。
f0319208_6304156.jpg
いやーまさか片田舎のアンラプラの、ローカルの若い子しかいない町カフェで
ラテアートつきのちゃんと本格的なお味のカフェラテがでてくるとは思わんかった。(しかも安い!)

すっかりご機嫌になって 他にも試したくなってメニューを見てたらパンケーキの文字発見。
メニューを見ると1万ルピアだし、いくらなんでもこれはバリ風の薄くてねっちょりしたタイプだろうと
まぁ予測はしてたんですけど ラテで嬉しい誤算を体験してしまったもんだから少しだけ期待して
普段の私だったら絶対ハズレだと決めつけて注文しないであろう1万ルピアの大冒険を決意。

そしたらこればかりはやはり ローカル仕様のものがでてきたわいwww(想定の範囲内)
f0319208_631187.jpg
チョコレートパンケーキ (Rp.10,000)
f0319208_6313373.jpg
はい、薄くて生地もいまいちで甘すぎるチョコレート尽くしのオヤツでございました。
私的にはもう注文することはないですが ローカルの子達なら好きそうなお味だと思います。

1人でスマホをいじっていたら、店員のめっちゃ明るい女子(ユリちゃん)が近づいてきて
「一緒におしゃべりしてもいい?」って一応エクスキューズをいれてから話しかけてきたよ!
「私、インドネシア語よくわからないんだけど英語でもいい?」って片言のイネ語で答えると
「私、英語よくわからない。日本語は全然わからない」って言われちゃったおー。
でもな、こういう時でもその気さえあればコミュニケーションってなんとかなるんよね。
私の片言すぎるイネ語と、わからない言葉は学生なら知ってるであろう簡単な英語を選んで
あとはスマホを使ってのコミュニケーションで盛り上がってたら他のスタッフも乱入したりして
身振り手振りでうだうだとおしゃべりすること約2時間www めっちゃ楽しかった。
f0319208_6321224.jpg
で、チョコパンケーキのお口直しも兼ねて2杯目はカプチーノ(Rp.14,000)を!
f0319208_6324269.jpg
こちらも、しっかりとエスプレッソのお味が濃いくてミルクのバランスも良くて美味しかったよ。
もちろん、南部などのカフェのクオリティと比べたら感動するほどのレベルではないんだろうけど
このエリアでこういうスタイルのラテやカプチーノがこの値段で飲めるとは思ってなかったから
その点での喜びの方が大きくて、初回の感激も含めてどうしても贔屓目で評価しております。
f0319208_633094.jpg
今まで、アンラプラに出かけた時のコーヒーブレイクに適したお店を知らなくて
買い物したら即帰宅!がデフォルトだったけど、こういうカフェが出来たとあっては
今後もちょくちょく立ち寄ることになるとおもいまーす。できればこのローカル価格のままでヨロ!


WOLS COFFEE

ADD : Jl. Jendral Sudirman No. 64 Amlapura, Karangasem
PHONE : (聞くの忘れました。すいませーん)
OPEN : (訪問時点では午前中から夜9時か10時ぐらいまで開いてるとスタッフ談


★'16年秋・追記★ '16年春バリの時はいつもシャッターが閉まってて「つぶれたか?」と
思ってたら、ここから北の新しい大通り上にMagma Coffeeというカフェが出来てて
その店内にここと同じWOLS COFFEEの木の看板があったので移転して改名したのかも??


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、このついでにオマケ。
上記のカフェと同じ通り上の800mほど西の 反対車線側。スバガンの交差点のすぐ近くに
もう1軒、「カフェ」の看板を掲げているお店をこの秋・同時期に発見
f0319208_6332956.jpg
イブMとの夕食会の日にデンパサール方面へ向かう途中に車内で飲もうと思って突入~
f0319208_6371389.jpg
Sante Jon Cafe お店は間口が小さくて奥に細長いタイプ
f0319208_6364034.jpg
ドリンクメニューとフードメニュー ※クリックで大きくなります※
f0319208_6483184.jpgf0319208_649843.jpg
値段を見ておわかりのように完全ローカル向きのカフェです。
店内のカウンターを覗くとコーヒー用のマシーンらしきものはなく、メニューを見るからに
3in1的なインスタントコーヒーを提供しているように思えたので 「全部甘いよね?」と聞くと
YESの回答。一応、砂糖抜きでインスタントコーヒーをお湯で割るものは提供できるようだけど
悪いけどそのタイプのコーヒーをお金出して飲みたい気分じゃない・・ってことで速攻退散。
こちらもオープンしてそんなに月がたってるわけじゃなさそうなので、今後の展開では
進化はあるかもしれないけど10月の時点では完全ローカル向きの内容でプチがっかりでした。
★'16年秋追記★ このカフェ、'16年秋バリの時点ではなくなってました。

私としては今後も こっちよりもやっぱりWOLS COFFEEに寄っちゃうね!!

※上記はすべて'15年10月の訪問時点での備忘録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-12-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/22005980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2015年 暮れのご挨拶 Milestone Coffe... >>