※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< The Apartments ...

Be Chocolat By ... >>
2015年 11月 14日
The Apartments Umalas ~パブリックエリア編~ ('15年9月)
f0319208_23401447.jpg
この秋のはるららお義母様との南部滞在におけるお義母様からのご要望が
"クロボカン北部~チャングーあたりで美味しいもの食べてカフェ巡りをしたい"とのことで
いえ~い!その付近なら私の南部での行動範囲だからクロボカンあたりに滞在して
バイク2ケツでGOGOー☆でも 夜遅くのバイク移動は危険だから完全昼型で!の目論見。
その結果、あほみたいにいろんな場所をハシゴしまくったので お店関連の個別トピも
まだまだ以後続く予定ですが、その前に拠点となったお宿のことを先にUPしておきます。

お宿については 春バリの時点で立地や部屋の設備などを考慮して 色々見学もした挙句
BerawaのSedasa Lodge (※過去記事は⇒こちら)にほぼ決まりかけてたんですが
私が夏のスイス旅行にかまけている間に、帰国後予約しようとしたら値上げしてた(涙)
値上げといってもRp.525,000がRp.750,000とかになってた程度で予算内だったけど
75万ルピアなら他にも選択肢あるんじゃね??と 振り出しに戻って再調査したところ
夏にオープンしたこちらの宿に食いついた2人。なんだかSedasaよりも夜道は不安だけど
敷地内の芝生もプールも気持ちよさそうで、宿内に居る時間帯も静かに寛げそうだし
私達が行きたい場所に行くには便利な立地かも?と思って ほぼ勢いで即決&即予約。
そのお宿が ウマラスの外れにある The Apartments Umalasでございました。




こちらはThe Apartments Canggu姉妹宿としてウマラスに新しくできた宿で
私が宿へ直予約をしたんですが、予約後にお義母様がメールで連絡をしたら
チャングーの方に繋がれていたり、チェックイン時のお迎え依頼をしたら無回答だったり
前払いが必要と言われたり(実際はカード番号をデポジットで伝えただけ。支払いはチェックイン日)
電話とメールではどこまで伝わってるのか不安が生じたため、場所確認も兼ねて
もうっ!ちゃんと現場で念押ししてくるわ!と鼻息荒くバリ到着日に立ち寄ってみましたの。

そしたら、私達はバイク移動なので問題ないけど 車移動だったら外出に不便そうな気配。
というか、夜にでかけたら帰ってくる夜道が怖そう~。これだったら当初泊まるつもりだった
Sedasaの方が最近周りに可愛いカフェとかが増えてることもあって安心なぐらいの立地。
正直、門の前の時点で「 あー予約してしまって下手こいたかな~??」と不安になったあの日。

でも 実際に敷地内に入って諸々直談判してみると スタッフめちゃ感じいいわ、話早いわ
お部屋可愛いわ、敷地内は静かで気持ちよく寛げそうだわetc...で、とーっても 好印象

実際、徒歩派の人にはどこに行くにも少し距離があるし、車移動なら遠回りやむなしだけど
ちゃりやバイクならスバックサリへ抜ける道も近いので昼間はブラワ方面に行くにも便利だから
日中の外出時にGo Jekが捕まれば安く移動できると思う。私はバイク移動の為 滞在時に
GO JEKを利用してないのでこの付近に該当稼働バイクがあるかどうかは不明ですがw
※ここで、"昼間は"と前置きするのは、夜間のバイク移動が犯罪多くて危ないという大前提はもちろんのこと
スバックサリへ抜ける道に関しては灯一つないガタガタ道なので、現時点では日没後は通行無理かと。 ※


お宿にレストランはなくても お部屋内には近隣のデリバリー可能店のリーフレットや
メニューがドッサリおいてあるからデリバリーの選択肢も多いし(←これ見るの楽しかった★)
そもそもうちらーは近隣のカフェやお食事処に行ったり、好きなものをテイクアウトして来て
お部屋で食べるのを楽しみにここに来てるんだから、宿内レストランはなくても上等!
たとえ地理に疎くて 滞在中に行きたいカフェやレストランが思いつかない人でも
お部屋に置いてるダイレクトリーのファイル内でオススメしてある各エリアのレストランや
カフェやショップが 滞在当時の最先端まで網羅してあったからきっと参考になるはず。

前置き長くてすいません。でもまだ前置きが続きますw

このお宿@アパートメンツ・ウマラス への行き方から説明させていただきますと
UmalasⅡ通りを道なりにずんずん進んでいきますとそのうちにドンツキにぶち当たります。
ドンツキのT字路を右に行くと北上するJl.Bumbak Dauhですが The Apartmants Umalas
へ行くには、そのドンツキを左折(南下)して Jl.Umalas Tunonへと進みまーす。

住所はJl.Umalas Tunon, Gang 5なので Tunon に入ったら左側を注目しておいて
Gang.5のところを左折しまーす。(この曲がり角直前に右手にトコワルンあり)
f0319208_21461822.jpg
こんな小道をぐんぐん下ります~(車、入れます)
f0319208_21471970.jpg
坂の上からは見えにくいけど下り坂をつきあたった宿の前に駐車場がございます。
f0319208_214729.jpg
駐車・駐輪所からすぐ右手に入り口の扉がございます(門の横にセキュリティー小屋あり)
レセプションは扉を開けて 正面のお部屋でーす。
f0319208_2214190.jpg
注意すべき点は、チェックインが午後2時からでチェックアウトが午前11時ってこと。
たいていの宿は正午チェックアウトだけどこちらは11時なのでそこんとこ気を付けましょう。

このレセプションスペースもおいてある小物までいちいち可愛いんです。
f0319208_21501750.jpg
タクシーなどを呼ぶ場合はこちらでレセプションスタッフに早めにお願いしておきましょう。
※私たちの滞在時点ではホテルカーはなく、車が必要な時はタクシーか宿の外注のトランスポート利用でした。
wi-fiは敷地内全域網羅されてるのでアプリからUberGrabTaxiを利用するっていう手もあるよね。※


レセプションルームから続きになっている扉を開けたら朝食用ダイニングスペース。
f0319208_21522818.jpg
ウォーターサーバーからしてかわええ~❤︎
f0319208_21525013.jpg
置いてる紅茶もシャレオツ❤︎なんですぅー
f0319208_2153250.jpg
こちらはゲストの朝食用ダイニングとして存在しているのでレストランではないですが
スタッフの勤務時間内はコーヒーや紅茶などのカフェメニューなら有料で提供してくれます
f0319208_21532315.jpg
私達はコーヒー豆とドリップセット持参で乗り込んだ上、外出時はカフェ三昧だったので
こちらでカフェタイムをする時間も胃袋も余裕がなかったんですが カウンター内にマシーンが
あったので、有料コーヒーはエスプレッソマシーンで淹れるものだと思われます。(ポイント高し)

プールとお庭が見えるダイニングエリア (屋内席で禁煙です)
f0319208_2151163.jpg
f0319208_21513319.jpg
外席にはでっかい灰皿がどどーんと置いてあって喫煙者にも優しいところが好き~❤︎
f0319208_21515447.jpg
朝食は連日ソトアサだったので食べてなくてメニューのラインナップがわからないのですが
毎朝めっちゃ美味しそうな匂いがしてたので(もしかしたらオーナーさん用かもしれないけど)
悪くはないんじゃないかと思います。お試ししてみるには胃が足りなかったことを大後悔中。
尚、私たちの滞在時点ではスタッフが居るのは朝8時から。(夜は何時までか未確認)
夜間~朝まではセキュリティの夜勤のスタッフだけになっていたので、早朝に短時間の
停電があって水が出なくなった時にちょっと困りましたが停電はすぐ直ったので大事に至らず。
もともとソトアサの予定だったからかまわないんだけど朝も朝食を頼む場合は8時半からとか。
もしかしたらオープン3か月未満の状況だったからこの時間割は暫定的なもので
おいおいスタッフの勤務時間帯ももうちょっと朝早くからになるかもしれません。(未確認)
とにかく、めちゃ詳しいダイレクトリーがお部屋にあるのでそちらで確認してください。
(※ 参考までにうちらーの滞在中の行動範囲のバイク経路の地図トピは⇒ こちら です※)

で、このダイニングの片隅に扉があるんですけどそちらを開けたら螺旋階段が出現。
頭ぶつけそうな螺旋階段をのぼるとそこはルーフトップテラス。ヨガとかする場所だそうです
f0319208_23402922.jpg
この棟の両端に Grand Deluxe Room #1Peatige Suite #9
f0319208_2282494.jpg
この、メインプールがめっちゃきもちいいんだわ。(プールの中から撮影)
f0319208_22132522.jpg
このプール写真の奥に見えている2つの建物。そちらも客室棟です
f0319208_21443378.jpg
横長の棟にはDeluxe Roomが2部屋とGrand Deluxe Roomが1部屋の計3部屋。
f0319208_2181835.jpg
ダイニングのある本館から見て プール正面の小さな棟にはDeluxe Roomが2部屋。
f0319208_24690.jpg
これはもう1つのプールが見える方向(宿の入り口側)から撮影した両棟。
f0319208_15525860.jpg
こちらのプールはキリッと長方形タイプで子供用の浅い部分もあったような記憶。
いずれにせよどの部屋からもどちらかへのプールが近い上9部屋しかないのでゆったり遊べます。
この部屋はこのプールとかいう決まりはないのでゲストはどっちのプールを使ってもOK??

決して広いわけではないけど芝生も綺麗に整っててきもちいいお庭なんですー。
f0319208_23391234.jpg
↑の写真の左側に見える白い壁はGrand Deluxe Room #1 別角度から見るとこんな感じ。
f0319208_15585699.jpg
GD#1の横手からメインプールの方へ回ると また別の客室棟が見えまーす
f0319208_2234683.jpg
敷地の一番奥の客室棟にはDeluxe Roomが2部屋あります。
f0319208_2161100.jpg
デラックスが6部屋、グランドデラックスが2部屋、プレスティージスイート1部屋の計9部屋で
私達が3泊滞在したのは大きなベッドが2台あって4人まで収容可能なプレスティージスイート。
私達の滞在時にはオーナーさんとお友達がレセプションすぐそばのグランドデラックス#1に
滞在されていたような気配で、他のお部屋もほぼ満室状態だったと思います。
お部屋のテラスがプールやお庭やお向かいのお部屋から丸見えっぽいお部屋もありますが
実際にはうまーい具合に死角になってる部分があったり、プライバシーを重視したい人には
#2のお部屋のように入り口に門があってテラス部分が囲いになってる所もあったり
なんせ茅葺の風情に建物の形もユニークで、よう考えてあるな~っていう楽しさがありました。

とにかく、プールが気持ちよかった~
f0319208_2262240.jpg
丁度私達のお部屋の前にサンチェアがあったので ここが必然的に私の指定席になってました。
f0319208_22104670.jpg
では、次のトピでは ダイニングの隣にある私たちのお部屋 Prestige suite#9へ行ってみましょう~
(滞在中にチェックアウトされたお部屋があったのでデラックス#2も見せてもらったのでそちらもオマケで・・・)


The Apartments Umalas

ADD : Jl. Umalas Tunon, Gang 5, Umalas,
PHONE : +62 (0)361 8475 124
URL : http://www.theapartmentsumalas.com/
(FB) https://www.facebook.com/theapartmentsumalas
E-Mail : info@theapartmentsumalas.com
Check-in: 02:00 PM / Check-out: 11:00 AM


※上記はすべて'15年9月の滞在時点での記録です※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-11-14 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/21834194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< The Apartments ... Be Chocolat By ... >>