※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< '15年 秋バリ・その...

'15年秋バリ・その4... >>
2015年 10月 19日
'15年秋バリ・その5 ~地域内では 主に御新規徘徊中心の10日間~
f0319208_10575135.jpg
ごきげんよう~。気がつけば帰国までに10日を切っているのに
ブログの滞在中備忘録は前回トピでウブドから戻ってきて以降放置しとりました。
ちうても、1日だけ南部に出かけた程度であとはずーっと東部で引きこもっていたんで
特にメモっておくこともないっちゃーないんですが 10/4~10/13までの10日間を振り返ると
この期間は、いつもよりもアメッド内の新しいお宿とか新しいレストランに行ってるみたい。

写真のデータを見るとそれがいつだったのかは出て来るんですが
この日はこことここ、次の日はそことそこ、その次の日はあそことあそこ・・って具合に
トビトビで訪問していたりするので ここでは時系列無視して
この10日間に徘徊した中で新しいお店やお宿などを中心にメモっておこうと思います
いつもなら、掲載事項の位置関係的にはアメッドの入り口から順に奥へと進むんですが 
今回は自分都合で我が家のあるレアンからアメッドの入り口へ、更にその先へ向けての逆走順です。





レアンのバンジール地帯に作られつつある橋もなんとか形になって来た10月上旬
f0319208_1113779.jpg
レアンからリパ方面に進んでリパのビーチを見おろす高台に
今年の初め頃かな?Candi Matahariというお宿がオープンしたんですが
その隣によく似た建物が建築中。同じ宿の拡張版かな?と思ったら
全然違う経営で Shankara という名のヴィラらしい。
f0319208_1153729.jpg
最初は、チャンディマタハリの方を見に行くつもりだったけど
間違えて新しい方の坂を上ってしまったので、そのままVilla Shankaraを見学
f0319208_116921.jpg
現時点で宿にレストランはないけど各部屋にキッチン&ダイニングエリア完備。
リパへの坂を下りればミニスーパーやお食事処はいろいろあるのでその点はわりと便利な立地かも?
まだ戸数は増えるようですが、今の時点では1BDRMが1戸、2BDRMが2戸稼働しています。
アクアテラスのえりちゃんに聞くと、経営者は違う人だけどお隣のチャンディマタハリと
造りはほぼ同じとのことなので、この日はお隣のチャンディマタハリの方は見ていません。

shankaraからリパビーチ沿いの車道への坂を下りて、道なりにビーチ側を見ると
「およw なんかリゾート地みたい」とちょっぴり高まる
f0319208_1121782.jpg
小石ごろごろの浜が多いアメッドの中で、リパビーチは比較的砂地の浜で
アメッドの中で最初に 複数の宿が建ち多くの観光客も来たエリアなのでさすがに小慣れてるw
やっぱり、ヒドゥンパラダイスとかコーラルビューヴィラズなどはお庭もとてもきれいだし
スタッフも落ちついてて安定感あるし、さすがさばいてきた客の数分の経験値を感じます。
ポンドックビエナはAmedで最初に建った宿らしいですが、数年前に火事で焼けてしまったので
現建物はそれ以降に建てられたものです。でも、シュノーケルしても砂だらけの左サイドより
ビエナの立地は右端でちゃーんと目の前からテーブルサンゴが広がるエリアなので
シュノーケラーにとって好立地のようです。(※リパでのシュノーケルは過去記事参照)

こちらは毎度おなじみ。The Storeが閉店してからは更にヘビロテなブヌタンのAdi Shop
f0319208_1124711.jpg
このミニスーパーの裏手にも、Rumah AdiVilla Adiというお宿があるんですが
今回は見に行こうと思いつつ、私の周囲には せっかくアメッドに来てるんだからとのことで
海が見えない宿は選択肢に入らないタイプの旅行者が多いので今回も見逃していますw
でもね、整ったお庭があったり雨季明けの頃は緑も鮮やかな山側のビューがあるような宿なら
海が見えなくてもなかなかオツなので、今後はそういう場所も積極的に見に行こうと思ってます。

その、アディショップの近くに 以前East Bali Bike Tour に併設のBeer 'nd Grillsという
ワルン(レストラン?)がありました。(※ビアアンドグリルズ時代の過去記事は⇒こちら
いつの頃からか、Beer&Grillsという名前がTaman Bebek Hitaに変わっており
あれ?レストランのオーナーさんが変わったのかな?それとも同じエリアのThe Grill
紛らわしいから心機一転名前を変えたのかな??ぐらいに思っていたら
前回の春バリの時には、以前あった場所の斜め前にでかい店になってバージョンアップ
この秋には電飾☆ちか☆ちか☆させて営業開始されておりました。
f0319208_1134590.jpg
このブヌタンの川沿い付近も、レストランワルンや新築お宿の建築が目白押しでございます。

で、以前記録したThe Kampung (※過去記事は⇒こちらコーナー近くに

Les Petit Salon (※過去記事は⇒こちら名前を変えて移転してきたおー
f0319208_1135928.jpg
新しいレストランの名前は Galanga らしい。お店の名前も店舗の雰囲気も
前の小さなお店とは全然違うのですが (ちなみに、俄然以前のお店の可愛さの方が好み)
ちゃんと以前にあったホームメードアイスクリームなどのメニュー看板が外に出てるし
以前からのプティサロンはいつ前を通っても閉まってるので、完全移転&リニュアルの様子。
ここは、むっちゃんとランチで行こうと言ってたけど 予定してる日に限って急遽用事ができたり
マンクーさん(むっちゃん旦那様)に阻まれてw 結局まだ行けていません。
行く時はむっちゃんと一緒に、と思ってるので さていつ行けるかな?

そしてJemelukでは、集会所周辺がまるでどこかの港のように整備され
今年に入ってからはミニスーパーが出来たり、相変わらずお店等も建築増築ラッシュですが
Amed Organik Cafe (※過去記事代表参照)Green Leaf Cafeに改名してました。
f0319208_116509.jpg
カフェ名が変わっただけで経営者とかメニューは変わってない様子。

JemelukからトッカセーやAmedにかけてもまだまだ新築ラッシュ
外から見ただけではわからんけどなんか、ちゃんとしてそうな宿が増えてるしw
f0319208_1171687.jpg
そんな中、以前マダムK様が買われた土地のエリアの海側がどえらい新築ラッシュにw
f0319208_1195283.jpg
えーと、これ、つい一年前には海際にポツンとレゲエな小屋があっただけですよww
そのラスタバーも名前をCarpe Diemに改称した模様。(※その時の過去記事は⇒こちら

うわーたった1年でこんなにいっぱい建物増えたのね~。こりゃ、覗きに行くべし!!
f0319208_117321.jpg
で、適当にCrassic Beach Villasというところにプルミシ~
f0319208_1175055.jpg
ビーチ際で風情のある建物だしお庭にプチ塩田があったりして興味深い要素はあれど
お部屋の設備がシンプルすぎて、冷蔵庫も湯沸かしポットもないし いまいち魅力を感じず。
まだ設備がいろいろと整う前だったかもしれないのでなんともいえないですけどね。

で、そのお隣にビンタンダイバーズさんが入った一角があって併設のお宿もあったので
ついでにそのお宿@Pakel's (かな?)にぷるみし~
f0319208_118826.jpg
で、この日は後でチェックイン予定があって満室だけど見るだけなら今なら大丈夫よ~と
案内してくれた女子。。。。むむむ・・・どこかで見覚えが・・・・・・と、記憶をたどってみて

あ! カデちゃん!!!
f0319208_1183371.jpg
「カデだけど、なんで私の事知ってる?」と問われて
「私、3105さんの友達よ~」 「あ”~!!そういえば!!」 ってww
過去に、3105さんと一緒に何度もカデちゃんの婚家?(実家?)には襲撃しとるんでね

カデちゃん、去年だったかな? 旦那さんを交通事故で亡くされたから皆心配してたけど
いつものカデちゃんスマイルが蘇ってたのでちょっと安心。(速攻3105さんに写メ送信)
で、聞けば このビンタンダイバーズのアメッド店はブラタ(通称・ちびっこ)が任されてる様子。
そしてカデちゃんを含むブラタファミリーがお宿やレストランなどのスタッフとして活躍中だとか。
なんだよ、いつもちびっこんちの前を通った時に土産に持ってきたキューピーマヨネーズを
持参するの忘れて「あちゃー!」って思ってたのに ここにきたらちびっこ居るのかよwww
・・・ということで翌日速攻こちらにマヨネーズを届ける。本人はダイビング行ってたけど
カデちゃんに「ブラタにわたしといてー」といって預かっておいてもらいました。一件落着。

そして、今回あちこちでとーってもよく見かけたどこかのダイブ会社のピンク色の車。
どうもPlouf Divingという新しいダイビングショップがアメッドにできたようで・・・
私はもうダイビングはしないし(てか、わしのダイビングのCカード、今や無意味の域)
もしいつか再開するとしたらむっちゃんにお願いしようと決めているので
このピンクが目印のダイブショップには全く興味ないんですけど
フランス人経営のレストランが併設と聞いて ちょいとお食事なんぞしてみましたの。

場所は UYAH Amed (Cafe Garam)の前方あたり、Pacha BarPLOUF DIVEに併設。
f0319208_11101727.jpg
MIAM Restaurant 目印はピンクの車にピンクのスクーター。そして首ちょんぱな仏像
f0319208_11103612.jpg
タパス3種盛りとデザートに挑戦で~す。プロフィテロール食べてポポロンを思い出すw
f0319208_11112295.jpg
えー、アメッド入口近くのこのエリアにおきましては なかなかのお値段で
むっちゃんいわく「アメッド・トッカセー・ジュムルッあたりで一番高いレストランんじゃないか」と。
でも、プレゼンテーションがちょい小じゃれてたりタパス的なメニューがあったり
このレストランならではのメニューやひと手間や工夫があるからこの付近の店にしては斬新。
アミューズででてきたツナのリエットが美味しかったから、それを使ったサンドイッチも美味しいだろうと確信
でもね、食後のコーヒー頼むと、バリコピとエスプレッソとどっちがいい?ときかれて
(ラテとかカプチーノはできないと言われたw)エスプレッソと答えると
「エスプレッソは45000ルピアするんだけどいい?」って聞き返されたよ
え?なんでエスプレッソがそんな高いの?と問うと「なぜなら エスプレッソだから」だとさwwww
イミフすぎるんですけどー。マシーンを使って特別だからってことかもしれないけど
いやいや今時アメッドでもマシーン使ったエスプレッソある店増えたがな。45,000はないわー
で、けちんぼな私はおとなしく 安い方@バリコピを飲んでおきました。

いつもは、チュリックから1本道を来てアメッドの海に突き当たる直前から南東へ続く海岸線の
エリアしかお宿やレストランの徘徊をしないのですが、ここんとこ チュリックからアメッドへ続く
アグン山ビューの一本道(途中でムラスティ側へ分かれてるけどw)にお宿が増えてきたので
その中で個人的に一番目を引く物件を見に行くべく サテバビのBBAポイントにさしかかった時

アメッドのビーチのひとつ北(西?)のムラスティの浜側からお参り軍団到来
f0319208_1112880.jpg
そういえば、あっち側のビーチにもいっぱい宿が建ってたよな、と思い 1本道の分岐点までGO
f0319208_11123338.jpg
この分岐点の左側の道は まだアメッドでオゴオゴが作られてなかった7年前のニュピ前夜に
ウ子ちゃんとチュリックのオゴオゴを見に行き、行進の最後にオゴオゴが焼かれた浜へ続く道。
ちうことは、私がこの日に目指したビーチはその時の浜なのね。(※過去記事は⇒こちら

車道は遠回りだけど無事にアメッドビーチの1つ北(西?)の浜に到着
f0319208_11131119.jpg
これが、お参り軍団の中軽装の私が場違いで浮きまくり。で、浜側と道路側から物件ウォッチング
f0319208_11125164.jpg
この時は雲がかかってたけど、この場所は海からお宿を見上げた時に
お宿の後方に椰子の林とアグン山がどどーんと現れるんです。だから、海側だけでなく
山側にもテラスがある宿がありなるほどなーようできてるなーと思った次第。

で、気を取り直して本来の目的である チュリックからアメッドへ続く田畑の中の一本道上で
一番気になるお宿@D 'Sawah Amed Warung & Homestay 拝見~
f0319208_1113567.jpg
宿名にAmedってついてるけど海までは数百メートルあって平地なので海感皆無。
そのかわり、アグン山ビューであり、田んぼや畑やお山ビューですがすがしゅうございます。
f0319208_11143891.jpg
お部屋の中の奥のテラスは車道側の畑ビューで、お部屋の前の広いテラスはすばらしき緑ビュー
今は時期が乾季終盤なので山肌がハゲハゲだけど雨季明けの山の緑はきっときれいなはず!
f0319208_111519.jpg
1階の奥のレストランからも(ガラス張りではあるけど)田畑と山の緑に囲まれてる気分
いちお、アグン山だってみえまっせー (車道側のテラスからはもっと見えるはず)
f0319208_1115383.jpg
お部屋に冷蔵庫も湯沸かしポットもないけど、現在たった4部屋のちいさなお宿だから
湯沸かしポットは私なら持ち込むしレストランの冷蔵庫で冷やしといてもらうという手もあるし
ミニスーパーもそんなに遠くはないのでバイクに乗れる人ならこういう緑の中に泊まって
昼間は数百メートル先の海に遊びに行く・・・なーんてのも気軽にできちゃうからイイと思う。

・・・以上がこの期間に私がアメッドエリア内で「初プルミシ~」した場所でございます。
もちろん、印象に残ったところは帰国後に改めて個別トピで詳細をUPするつもりです

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その他は、家でだらだらしてたりえりちゃんのお母さんとこにちょいと顔出しに行ったり
たまーにアンラプラ方面に買い物に行ったり・・・・  これは道中@プリナのライステラス
f0319208_11172370.jpg
アンラプラへ行く日は、Hardy's 2Fのマッサージ屋と帰りにティルタガンガで休憩はお約束
f0319208_11174979.jpg
たまーに近所の人たちに言われるがままいろんなとこに連れていかれたりwww
f0319208_11183422.jpg
どっかの沐浴場でお祈りに参加させられたり・・・(つか、男子浴場丸見えなんっすけど)
f0319208_11185822.jpg
例えば、「今日は1日だらだらするぞー!」と決心していたとしても
なんやかんやと近所からウンダンのお声がかかったり なんかあると腰をあげる羽目に・・・。

そんな中でも積極的に自分から行ってしまうのがむっちゃんとこwww (この日はKさんにご挨拶)
f0319208_1116297.jpg
あと、家で揚げ物するのは面倒なので やっぱりグッドカルマコロッケ食べに行ってるしw
f0319208_11162395.jpg
そして10/13はデンパサール方面で用事があったので10日ぶりのカランガセム県境越えw

アンラプラのマンディリ銀行でバリアスリのペニーさんと偶然の遭遇で幸先良し
f0319208_11195634.jpg
色々用事が済んだらパパイヤスーパーで買い物をして ウマラス方面へ・・・
f0319208_11193539.jpg
まずは えりちゃん母娘に手土産を・・と思ってBatubeligの Paule De Lux
クリームパフを買い出し(南部滞在時に1個しか食べれなかったのでいろいろ試したい自分都合)
最初Nook(※過去記事はこちらでこの界隈に半在住の友人に待っててもらうつもりが
私がクリームパフ買ってる時にスシェーリアに居ることが判明して「じゃ、そっちで待ち合わせな」と
と急遽変更したものの、既に私がスプーンさん@ウマラス店にパンを予約した時間になってたんで
結局スプーンさんで待ち合わせて 予約したパンを受け取ってコーヒー休憩&しばしおしゃべり。
この相手、フランス人の乙女なおじいちゃんなんですけどカリブ帰りで今回は一層テンション高めw
1年の半分はバリに住んでてお洒落でグルメなのでこの界隈のおすすめ食どころなどは
いつも彼(性格が乙女なので彼女というべきかw)や関連の友人たちから教わってる次第です。

で、つかの間のコーヒータイムを終えて私が向かったのがブラワ。
デリチャンプルアジアでブンクス~。ポテサラがハビスにつき悲観に暮れるwww
f0319208_11204345.jpg
このチャンプルボウルもおいしかったよ~。ポテサラは売り切れだったけど
選べるサラダはひじきにしました。このひじきのサラダもめっちゃおいしかった~。

ところでこの日。またまた私のサンダルがぱかーっと壊れてしまって履けなくなってしまい
サンダル屋で適当に買おうと思ってたけどそのサンダル屋に裸足で入るのか?というような状況。
そんな時、たまたま車の中に誰のかわからないサンダルがおいてあって
サンダルを買いに行く間だけちょっくら借りようと思って履いてみたら・・・
f0319208_11202772.jpg
まるでシンデレラのようにジャストサイズ。
私の足は幅広甲高で、きっと23センチでも縦は入るんだろうけどその他が入らないので
甲がカバーされてるミュールとかなら23,5 運動靴系は24センチあたりを買って
中敷きとかで調整してるんですが、なにこれ?何の調整も不要なジャストフィットで驚き。
自分のサンダルでもこんなにジャストサイズなサンダルは持ってないわ
どこのシンデレラのサンダルよ。 つか、一体誰よ、わしの王子さまは?!www

そんなこんなの10日間。この最終日からはブログを通じてやりとりのある女性ブロガーさんが
アクアテラスにリピーターのお客様として来られるので、私は初対面になるのだけれど
えりちゃんのお誕生日も挟むことだし 翌日以降はアクアテラスに通う日々となりました。
その週の備忘録は 次回のダイジェストUPまでごきげんよう~。(2~3日中には投稿予定)

※上記はすべて'15年10/4~10/13の滞在時点での備忘録です (順不同) ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-10-19 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/21755020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '15年 秋バリ・その... '15年秋バリ・その4... >>