※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< '15年春版・いつもの...

The Ritz-Carlto... >>
2015年 08月 10日
The Ritz-Carlton Bali ~他のカテゴリーのお部屋やその他編~ ('15年GW)
f0319208_23105561.jpg
'15年ゴールデンウィーク。ザ・リッツカールトンバリで過ごした3泊4日。
4日間あったとはいえ、チェックイン初日はお昼前にフロントに荷物だけ放り込んで
夕方までブキッ界隈で探検&遊んでいたからちゃんとチェックインしたのが17時半頃。
そこから諸事情で18時半すぎまで部屋から動けず、その問題がやっと解決できた後も
aiちゃん緊急事態で業務連絡に追われ(その間私は風呂に入ったりして部屋で寛いでたけど)
20:30頃クラブラウンジに行くまで身動き取れなかったということもあって
初日に夕方からホテルの中でやりたかったことはほとんどできず、初日は出遅れたんですが
お天気に恵まれた2日目は、クラブラウンジやビーチやプールやラウンジ&バーやRakuを巡り
どん曇りだった3日目はクラブラウンジを中心にのーんびりすごし他の部屋も見せてもらい
夕食もThe Beach Grillでいただき、最終日も朝ヨガに始まって正午までがっつり寛いだ上
滞在中にお友達を呼んでお部屋でaiちゃんの誕生会も開催できたし M氏ともお会いできたので
私たちなりにリッツさんでのリゾート気分を満喫できたのではないか、と思ってます。

これまで8トピに渡って各施設の備忘録を残してみましたが、本日は最終章ってことで
前述の8トピの中で書ききれなかった部分のえとせとらについてメモっておこうと思います。




敷地内はカート移動できますが、散歩気分で徘徊してもしんどくない範囲です。
f0319208_23122570.jpg
この1階部分はSawangan Lagoon Access Junior Suite. プールドボンのお部屋です
f0319208_23191161.jpg
私たちが深夜まで部屋でパーリィーしていた日。深夜にイブMとちゃりんこトーマスを見送って
部屋に戻る途中にラグーンアクセスのお部屋の前を通りがかったら、まだその時間も
ラグーンに入って宴会中のグループがおられました。 そりゃ~深夜のプールは楽しかろう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こちらはPool Pavillionのカテゴリーのお部屋
f0319208_23233177.jpg
リゾート内の通路、プライベートプール側から見るとこんな感じ。
f0319208_23193121.jpg
私たちの滞在時はまだスパ棟が建築中でスパ施設を利用できなかったのですが
スパエリア開業までにマッサージなどのスパメニューの依頼があった場合は
こちらのカテゴリーのお部屋をスパパヴィリオンとして開放していたようです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

滞在3日目の午後。M氏の案内で、他のカテゴリーのお部屋も見せてもらうことになり

 ホテル棟のThe Ritz-Carlton Suite #6501にお邪魔してみました~
f0319208_2324224.jpg
1部屋128㎡の広さがあるってことで、入り口から既にゆとりの空間
f0319208_23245085.jpg
ウォークインクローゼットも余裕の広さ
f0319208_232577.jpg
トイレの前を通ったらセンサーが反応して便座の蓋が開いた。日本では普通でもバリでは妙に新鮮w
f0319208_23252640.jpg
ドレッシングエリア
f0319208_23255071.jpg
その奥にバスルームに続くベイスン。この動線、好きかも。
f0319208_23262449.jpg
この時点で、まだベッドルームにもリビングにも辿り着いてなかったので
「こんな広い空間だったら絶対に私なら持て余すし、1つモノを取りに行くのも面倒なので
うちらーはやっぱりサワンガンジュニアスイートで十分やったよな❤︎」と思ってたけど
洗面所の向こうに現れた開放的なシャワー&バスタブに心奪われがちw
f0319208_2326576.jpg
ものすごくシンプルなんだけど、窓に面していて明るいことや
バスタブ出てすぐ、扉で区切られてないフロアにシャワーブースがあって使いやすそうな上
シャワーブースに座れるベンチがある(しかも湯水がベンチにとどまらない仕組みになってる)
サワンガンジュニアスイートのバスタブもそうでしたが、バスタブに浸かってTVも見れます。
バスタブに面した大きな窓の向こうは この部屋のバルコニーの一部になっていて
たしか窓はブラインドが降りるようになってたと思うけど はしゃぎすぎて未確認w

そのバスルームから別方向に出るとリビングスペースに繋がっています
f0319208_23285599.jpg
広い窓に面した贅沢なリビングスペース。ごろごろし放題www
f0319208_23272412.jpg
この、リビングエリアと最初のドレッシングエリアとの間にベッドルームがあるんですが
リビングとはスライドドアで区切れるので 区切ってもよし開放してもよしの自在な造り。
f0319208_23293570.jpg
ホテルなのだからしょうがないという気持ちがあって 普段は割り切っていますが
基本的に私はベッドのある空間でルームサービスなども含めて飲食するのが嫌なんです。
お友達を呼ぶにしても リビングはリビングと区切ってある方が寛げるというか。
なので、このお部屋の造りはホテルと言うよりキッチンのないマンションの1部屋って感じで
華美すぎずおちついた雰囲気もあって そういう意味ではとても寛げるように感じました。
f0319208_23275064.jpg
そして、広いバルコニー(テラス)に行ってみると・・・・
バスルームからみて前方にディベッド
f0319208_23302910.jpg
テーブルセットもございます。
f0319208_2331357.jpg
この後小雨が降って来たほどのドン曇りだったので海側の眺めが灰色ですが
5階(実質4階)なので 晴れている日にはこのバルコニーからも海の青が見えますおー。
この部屋の眼下はこんな感じ。(手前右に見える屋根はキッズクラブその左はキッズプールなのかな?
f0319208_23312681.jpg
丁度年末年始の頃にここに泊まろうか、とaiちゃんと相談していた時
ジャカルタ勤務時代からのお知り合いだったaiちゃんを通じてM氏にオススメのお部屋を聞いたら
「予算があればスカイヴィラがいいけど オススメはリッツカールトンスイートのクラブアクセス。
でも、サワンガンジュニアスイートでも広さは十分なのでサワンガンのクラブアクセスもいいですよ」
と聞いていたんです。さすがにバリにつぎ込める予算を考えるとスカイヴィラ3泊はキツいんで
スイートにするかジュニアスイートにするか考えて、どうせパブリックエリア満喫するつもりだから
うちらーはジュニアスイートでクラブアクセスで十分だよね~という結論になって
今思えばその選択で正解だったよね、とそれはそれで満足しているわけですが
実際にリッツカールトンスイートを見てみると、さすがホテル名がついたお部屋だね。。
なるほどM氏が最初にこの部屋を薦めて下さった意味が理解できたわ。

このお部屋は、私たちが滞在していた棟の向かい側(逆サイド)の棟だったんですが
丁度この棟の後方ではお隣のホテルが建築中で、通路から工事現場が見えるので
普通ならリゾート気分ぶちこわしなんでしょうが、そこんとこは工事現場萌えの私ですから
M氏の案内で、工事現場がよーく見える場所に連れて行ってもらいました
f0319208_23321855.jpg
正直、私たちの滞在していた棟からも建築中の建物がリッツの敷地越しに見えるので
ビューの方向によってはこの時点ではリゾート感をそがれる部分もあると思いますが
このホテルが完成したら、逆に新しいホテルが並んでる感じがリゾート気分を増すのかも?
(でも、多分完成まであと数年はかかりそうなちんたらちんたらの工事具合でしたけどネ)

つか、この建物。以前はケンピンスキーになる予定だと聞いてたんですけど
ケンピンスキーが計画を白紙にして、その後にシャングリラホテルが名乗りをあげて
でもそれももしかしたら白紙になってるかも?との噂もあるし、いったい何ホテルなのか謎。
どこでもいいけど、計画頓挫でいつまでも建築中状態で廃墟化ってのだけは勘弁してねwww

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

'15年ゴールデンウィーク時点でのリゾートアクティビティーのリスト ※クリックで少し大きくなるよん※
f0319208_23425272.jpg
それぞれのアクティビティーの集合場所も書いてあります(要予約よw)
f0319208_23423158.jpg
滞在3日目の夕方にパワーウォークに申し込んでたけど小雨が降って来たのでキャンセルに・・。
f0319208_23442469.jpg
アクティビティの実施曜日や時間は決まってるけど この日は小雨で中止になったので
予定にはないけれど明日の朝改めて実行しますか?と聞かれました。へー、そんな融通きくのね。
翌朝はaiちゃんがヨガを申し込んでいたのと昼にはチェックアウトの予定で時間もなかったし
パワーウォークに参加しながらリゾート内の設備の位置関係を理解するつもりだったのが
この時点ではすでにうろうろした後でその必要もなかったので 仕切り直しはナシで。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

これはプールエリアから内陸側へ階段を下って崖側を向いたところ
f0319208_23402217.jpg
あいちゃんの視線の先はこんな感じ
f0319208_23412920.jpg
崖の上のエントランスホールの建物がレゴで作ったスティッチに見える(耳つけなきゃいかんけど)

最後に もう一度エントランスホールから見下ろした崖下エリアの様子を・・・
f0319208_23464714.jpg
解説付きバージョンで。
f0319208_2347836.jpg
もしもスパ棟が完成していたら、 ハイドロプールなども利用したかったんですが
もともとマッサージが苦手で ハイドロプールがあるならついでに何かトリートメントしておくかな?
ってぐらいの思いだったので スパエリアが未完成と聞いて、たとえ部屋やプールパヴィリオンで
施術してもらえると聞いたところで マッサージだけを受ける気にもなれず
3泊程度の滞在でクラブアクセスだったら他の施設やダイニングを利用する機会も少なく
さらに、ソフトオープニングから5か月とかで今から本格的に進化する過程の時期だったので
新生・リッツさんのえとせとらを満喫し切れていない部分もあるんですが
チェックイン後は敷地内を1歩も出ることなく引きこもっていても楽しく過ごせたので満足です。

また数年後に設備も揃ってお庭の植栽もスタッフももっともっと成長してリゾートが成熟してから
もう一度改めてバリでリッツ体験ができればいいなーなんて思っていますが
そうなると その頃にはお値段もどんどん吊り上がっているんでしょうな。 こわーw


※この滞在中の全体像、3泊4日のダイジェストは ⇒ こちらの過去記事でどうぞ ※
各設備については ロビーエントランスエリア&Raku編 / Sawangan Club Jr. Suite#3509編 /
Club Loungeの全時間帯編 / Sensesでの朝食編 / ビーチ周辺と朝ヨガ編 / メインプール編 /
Ritz-Carlton Lounge&Barでアフタヌーンティー編 / The Beach Grillでの夕食編 /
他のカテゴリーのお部屋やその他編 / などの個別メモをご参照ください


The Ritz-Carlton Bali

ADD : Jl. Raya Nusa Dua Selatan Lot #3, Sawangan, Nusa Dua
PHONE : +62 (0)361 8498988
URL : http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Bali/Default.htm


※上記はすべて'15年4月末~5月頭の滞在時点での備忘録です※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-08-10 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/21358374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '15年春版・いつもの... The Ritz-Carlto... >>