※ 今日の一言 ※ '17年の秋バリも無事に終了。毎度のごとくブログでの個別記録は次の春バリが始まるまでにぼちぼちUPしていく予定です

<< Strawberry Hill...

洞窟ヨガセンターの朝ヨガで老若... >>
2015年 07月 15日
Channa Spa のサウナに夢中な件 @ The Griya Villas & Spa, Amed ('15年4月&5月)
f0319208_22564383.jpg
この春のAmedではじめて乗り込んだ所といえば、建築中の物件数軒ぐらいで
一応直前にUPした洞窟ヨガセンターも、あのフロアーの隣の家に行く事が多いので
私にとっては全然目新しくない場所なんですけど ヨガクラスをやってるのを見たのはお初なので
ハツモノネタに組み込んでみましたが、今日UPする場所も 毎回行ってるThe Griya内の施設。
いつもはThe Terraceでのサンセットティーだったり Safka Restaurantでの食事なんですが
今回は初めて 施設内のChanna Spaで2度ほどトリートメント受けてきました。

去年の秋バリで「次の春こそはChanna Spaでクリームバスするぞー!」と決めていたので
この春にアクアテラスのえりちゃんと一緒にクリームバスとフェイシャルを受けに行ったところ
館内にサウナ施設を発見。こうなるとサウナ大好きな私が黙っていないwww
GWのaiちゃん東部滞在時には、サウナ利用とホットストーンマッサージに挑戦。
この暑いバリでそんなに体温めてどうするんだ?と思われる人もおられましょうが
まさかアメッドでサウナに入れようとは!という個人的感激も込めて
本日は Channa Spa でのトリートメントについて記録しておきたいと思います。




★まずは恒例の自分メモ。The Griya関連の過去記事の復習でございます ★
オープン前・ヴィラ建築中の見学 ⇒ '10年5月編 / '12年5月
オープン後・'13年春時点での 設備見学編 // レストランでの飲食の記録などは⇒こちら
’13年秋のサンセット鑑賞記録は ⇒こちら // レストランでの夕食は⇒ こちら
’14年春と秋の サンセット鑑賞やディナーや2BDRM VILLAの様子は⇒ こちら


スパは、レストランとプールのある位置の真下にあるので
地階へ降りるとこんなスパレセプションが出現します
f0319208_22575387.jpg
トリートメント前のカウンセリングやウェイティングはこちらで
f0319208_22574013.jpg
まずは お茶とおしぼりが登場 (このお茶、甘くて変な味で美味しくないwww)
f0319208_22591950.jpg
時系列に従って記述すると、まずは4月にえりちゃんと フェイシャル&クリームバスに来て
5月にサウナとホットストーンマッサージに来た・・・という順序なんですが
施設を紹介する便宜上 時系列豪無視で 5月のサウナ利用時のものからいきまーす。

このスパのエリアにはヴィラのゲストが利用できる小さなジムがありまして・・・
f0319208_2301459.jpg
ジム利用の人も使えるロッカーエリアがあるんですが・・・
f0319208_2304071.jpg
このロッカールーム、入り口に扉がないんですwww
なので ロッカーの横にあるシャワールームかトイレの中で着替えなきゃいかんという事実!
トイレは便座に蓋したら脱いだ服を置けるからマシだけどシャワールームで着替えるのは
めちゃ不便。せめてロッカールーム入口にカーテンつけてくれたらいいのになー、と少し不満。

そして、ジムの横にあるのがサウナルーム。
多分滞在ゲストは無料で使えるのだろうけど Visitorは1時間5ドル+税サとのこと。
どちらにしても準備が必要なので要・予約。(サロンは与えられますが私たちは水着着用なり~)
f0319208_2311359.jpg
入ったところに着替えや荷物を置く場所がありまして・・・
f0319208_2313129.jpg
ガラス扉をあけると 木の香りがとっても気持ちいいコンパクトなサウナルームが出現
f0319208_2315380.jpg
スチームジェネレーターもばっちり稼働中で
ちゃんとドアの下にタオル敷き詰めて熱気が外に漏れないようにしてありますYO!
f0319208_232392.jpg
冷たいおしぼりとお水も運ばれてきましたおー!
f0319208_23134426.jpg
奥の扉の先には半屋外のバスルーム
f0319208_2332868.jpg
この湯船的なものはサウナ脱出後の水風呂かと思ってたらお湯が入ってた。
aiちゃんは ここのヘリに寝転がって熱気をさまし中。
f0319208_2343710.jpg
もちろん壁際にはシャワーもあってシャンプーやボディーソープも完備なので
サウナで汗かいた後はここを風呂的用途で使うことも可能なんです。
もともと私自身がサウナ好きってのもありますが、放っておいたら3時間ぐらい居そうな勢い。
ハマムスタイルではなく木の香りがするサウナなのが個人的にツボすぎて
設備そのものも新しくて清潔だし、1時間じゃ物足りなさすぎるんですけどwwww

サウナでがっつり1時間寛いだ後は スパトリートメントを予約しているので
自然光が優しくさしこむスパルームへ向かいま~す
f0319208_2361918.jpg
バスリチュアルも受けれる造りになってます。
f0319208_2363478.jpg
もちろん、奥にはシャワーもございます。
f0319208_2365023.jpg
スパルームの全体図はこんな感じ。
f0319208_22564383.jpg
この日は、aiちゃんが60分のArt Of Reflexology (20US$++)
私が 90分のHot Stone Channa Massage (28US$++) を予約していたのですが

まずは ベンチに座って足をきれいきれいに洗います。
f0319208_234562.jpg
f0319208_2351652.jpg
リフレクソロジーだけど 座らないで寝てやるのね。
f0319208_2352714.jpg
同時進行で 隣で私もホットストーンのトリートメントを受けてたので
aiちゃんがどんなトリートメントを受けていたのか謎のままです。すいませんwwww

そして、私が受けたホットストーンマッサージは 石がかなり熱めで私的には気持ちよかったけど
熱すぎると思う人も多いかと思います。(そんな時はちゃんと伝えれば温度調節してくれると思う)
温かい石が触れた一瞬は熱いんだけど次第にきもちよーい温度になってくる…という感じで
その石を使って筋肉をほぐしたりツボを押さえたりされるので 90分間ずっと極楽気分。
石を肩甲骨の近くに置いてその上にしばらくの間寝てる時だけは「低温やけどするかも?」と
不安でしたが、施術直後は背中に跡がついてたけど翌日には消えていたので問題なかったです。
ただし、低温火傷って気付かないうちにじわじわくるので怖いから、我慢は禁物ですおー。

普段はオイル&手のマッサージが大の苦手な私でも 体が温まるのは大好物なので
ホットストーンマッサージに関してはけっこう積極的に受けたいと思ってるんで
アメッドでもこのトリートメントをやってるスパがあるだけで ものすごくありがたいです。
しかもホテルスパなのに90分で28ドル++って なかなか良心的な価格設定じゃね??

4月にえりちゃんと訪問した時は まずこの部屋で2名ともフェイシャルトリートメントを
受けました。フェイシャルには3種類程のメニューがあったんですが
私たちが選択したのは 60分間の Minilift Facial (21US$++)
f0319208_2355467.jpg
案の定、自分も隣で目隠し状態でトリートメントを受けてたので
どんなものを使って何をされてたのかよくわかってなかったんですが、えりちゃんと2人で
施術中も「これ、今なに塗られてるん?」とか「このふき取りのスポンジめっちゃきもちええな」とか
いちいち会話しながら施術を受けるという いつもとは違った形態でのトリートメントだったので
いつもよりも内容や手順を覚えていたような気が・・・。でもリフトアップしたかどうかは謎www
後で使用プロダクツを見せてもらうとムスティカラトゥだったので、原価は安そうですが(爆)
施術そのものは気持ちよかったし、ホテルスパなのにこの値段だったら雰囲気代含めて
アリかと思います。(私絶賛の元・デウィハナのワヤンさんの丁寧さにはかなわんけどね)

お顔のリフレッシュが済んだ後はクリームバスを受けるために2人揃って屋外設備へ移動~
f0319208_2374636.jpg
屋外には3つのバレが並んでいて 多分、この場所を利用時は貸切になると思われます。

1つ目のバレはフットリフレクソロジーやマニキュア・ペディキュアなどのコーナーかな?
f0319208_2381427.jpg
真ん中のバレはマッサージベッドが2台
f0319208_2392571.jpg
一番奥のバレがクリームバス等のサロン設備のようです
f0319208_2395296.jpg
ちうわけで、60分の Cream Bath (17US$++)スタート~!
f0319208_23102462.jpg
この時 えりちゃんは アクアテラスが現在増築工事中で そちらにもスパを増設して
クリームバスができるような設備をそろえたいとのことで、シャンプー台をどうするかをはじめ
各所でクリームバスを体験して 技術も含めて新設備に活かそうと研究中なったのですが
いわく、「シャンプー時に地肌を洗ってくれないサロンが多いのが不満」とのことで
ここではどうかな~?と2人で小姑チェックしてみたところ、ここのシャンプーは合格でした~。
f0319208_23104498.jpg
クリームバスの頭マッサージも力強くてとても気持ち良かったですぅ~
f0319208_23111392.jpg
更にトリートメント剤浸透中の待ち時間の腕のストレッチ&マッサージも気持よか~
f0319208_2312662.jpg
この後、もう一度シャンプー台に移動してトリートメントを洗い流しますが
田舎のローカルの子にマンディやシャンプーでお湯を使う習慣がないからなのか、
それともバリ人が熱いお湯苦手だからなのか温度調整がものすごーいぬるいんです。
最初は、お湯の出そのものがいまいちなのかな?と思ってたら どうもそうではなくて
熱いお湯はじゃんじゃん出るんだけど セラピストの湯温調整がぬるすぎるということに気付くw

仕上げはドライヤーで乾かしま~す。
f0319208_23123081.jpg
トリートメントそのものはとても気持ち良かったので大満足ですおー。

ただし、使用プロダクツは町スパと変わらないいつものやつwwww
f0319208_23113341.jpg
なので、最後のヘアトニックのようなものも町スパでよくある「親父系のトニックの香り」がして
その点はちょっと気分が下がったかな。 ここで"気分がアガる香り"だったら後味最高なのになー。

トリートメント後はロビーでお茶かお水をいただきます。
f0319208_2313237.jpg
お茶は エントリーの時に変な甘い味だったので同じものが出てくると予想してお水を選択。

’15年春の時点では、スパロビーにはレジがなく ホテルのレセプションでお支払い~。
f0319208_23132494.jpg
現時点では予約などの受付も、外部からの場合は宿のレセプションに連絡すればいいみたい。

今回私たちが受けた以外の 各種トリートメントの料金は '15年春の時点

The Griya Massage (トラディショナルバリニーズマッサージ)が60分で 20US$+税サ
The Griya Signature Massage (4ハンドマッサージ)になると 60分で40US$+税サ
Warm Oil Massage (温かいオイルのマッサージ)が 90分で 27US$+税サ
Reiki Enargy (レイキ) が 30分で27US$+税サ、60分なら33US$+税サ
Healing Massage (トラディショナルマッサージとレイキの組合せ)が 75分で29US$+税サ

Facialは 私達がしたもの以外に Galvanic Facial, Refreshing Facial等があり同料金。

Javanese Lulur , Balinese Coffee Scrub , Soothing Green Tea Body Maskなどは
それぞれが2時間30分のメニューで 各35US$+税サ。なんで2時間半もかかるのかは謎。
(もしかしたら、1時間のマッサージと各スクラブと最後の洗い流し風呂タイムセットなのか??)
パッケージはWarm Oil Massage とGalvanic Facialと Reikiの3時間で65US$++ や
Griya Massageと Griya Facial と ManicureかPedicure の3時間で53US$++など。
Foot & Leg Massage は30分で 13US$+税サ
マニキュア・ペディキュアは各60分でそれぞれ15US$+税サ (OPI利用) などなど。
キッズマッサージやキッズマニキュアのメニューもありました。

The Griyaは 食事にスパにちょいと一杯に・・となかなか使える設備な上に
食事をしたらパブリックプールも利用可能なので食事とプールとサウナとスパを組み合わせて
泊まってなくてもここで半日はイイ気分で遊べますww
もうね、私としてはサウナだけでも週3とかで通っちゃいそうな気分なんだけど
サウナに関しては今回はスパ併用だったからサウナだけの利用がオッケーなのかもまだ謎。
常に稼働しているのならともかく今の所あんまり使われてない設備みたいだったから
準備が必要なサウナだけの予約(しかも1人でw)ってのは私もちょっと遠慮しちゃうんで
今後もなんらかのスパトリートメントを絡めつつ予約してサウナ利用したいと思ってます。

もちろんこの春もThe Griya Villas & Spa には 朝食やランチやサンセットティーで
ちょくちょく訪問しているので、そちらについては後日のリピートネタの時に改めて記録予定です。
★追記★ '15年春版の朝食・ランチ・ルーフトップバーの記録は⇒ こちら で!

そして、この他にAmed内でこの春初めての体験といえば、
食事やスパや単に遊びに行ったというだけなく とうとうアクアテラスに泊まった
・・ということも 私的には「この春のお初」だったんですが、アクアテラスについてはまた改めて
ハツモノシリーズが終わってからのリピート記録で全体的にゆっくり記録することにして、
次回からのハツモノネタは ブドゥグル・ムンドゥック方面へ舞台を移すことにしまーす。


Channa Spa The Griya Villas & Spa

ADD : Amed, Bunutan Village, Karangasem – Bali
PHONE : +62 (0)363 23571 (The Griya Villas& Spa Reception)
OPEN : 09:00 - 20:00
URL : http://www.thegriya.com/spa-yoga-gym/5-spa


※上記はすべて '15年4月&5月の訪問時点での記録です※

★後日追記★ The Griya関連で、'15年秋の夕景と朝食の様子は⇒ こちら で。


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-07-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/21340395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Strawberry Hill... 洞窟ヨガセンターの朝ヨガで老若... >>