※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< '15年春バリ・その3...

’15年春バリ・その1 ~やっ... >>
2015年 05月 15日
'15年春バリ・その2 ~GWにaiちゃんがバリに戻って来たの巻~
f0319208_2358253.jpg
ごきげんよう~。東の隅っこを基点にほぼ引きこもりでだらだらしていた約4週間が過ぎた頃
ゴールデンウィークの休暇を利用して、1年ぶりにaiちゃんがバリに戻って来たよ~ん。
私も、前半約一か月は徘徊を控えてaiちゃんの襲来を待ち受けていたもんだから
9泊11日間のaiちゃんの滞在中は お互いのソロ活動日もありつつのほぼ全行程 金魚の糞宣言☆

aiちゃんにとっては、以前のように「住んでるからいつでもいけるわ」とは違って
短い期間に元職場へ元同僚さんに会いに行ったり在住のお友達に会いに行ったりの上
私と一緒ってことはおのずと階段地獄(ビーチ探訪)のアドベンチャー付きで
日中動き回ってるはずだからお宿はお手頃価格のところでいいよね!とか最初は言ってたけど
この渡航期間中にaiちゃん自身のお誕生日が挟まれていることや、彼女にとっては
1年前までの「住民気分」ではなく まさに8年ぶりぐらいに「完全なる観光客」に戻るわけだから
"浮かれ気分でちょっとエエトコ"も3泊ぐらいもりこもう!!で、意見が一致。
10日間あれば東にも3泊可能!ってことでまずはアクアテラスの空室日を確認して
初日はトゥバンの寝るだけ宿。2泊目からお誕生日を挟んでサワンガンのリッツさんで3泊。
その後アメッドに移動して3泊。(初日はアクア満室だったからその1泊は我が家で仮眠)
クロボカンへ移動する途中にウブドへ寄り道してランチとお買い物を済ませ
最後の南部ではお気に入りのお宿のお部屋番号指定(隣同士)で2部屋を往来しつつ
aiちゃんは在住のお友達へのあいさつ回りやお土産購入をコンプリートして無事に
クロボカン3泊目の深夜便で帰国。私は翌朝チェックアウトしてウブドへ向かい
深夜便でご帰国予定のCさんとランチ&お茶を楽しんだ後 毎度の座敷でのろしをあげ(1泊)
「また1週間後にウブド来るから~」と捨て台詞を残して5/10の夜にアメッドに生還。

今回も 毎度のごとく印象的なことは帰国後に個別トピにで備忘録を残すつもりですが
とりあえず日記的な意味合いでわすれないうちにいくつかに分けてメモっておこうと思います。
で、本日はその第一弾。 aiちゃん到着日からの長い長い2日間を・・・・。




2015年4月29日 2日ぐらい前まで天気が悪かったけど、この日は晴れたよー!
f0319208_17465734.jpg
もちろん南部まではバイク移動。でもなー、aiちゃん及びちゃりんこトーマス経由YUUさんから
頼まれた物資の重さがハンパない。自分の荷物だけでも10キロほどあるのに
各所に渡す荷物が10キロ以上あるというwwwトートバッグの紐がちぎれるかと思たわ。
その合計20キロを超える荷物をバイクの足元と背中に背負っての危なっかしい道中に
マンギスからパダンバイにかけて グラッジャラン渋滞(グラッジャランについては⇒過去記事で!)
独立記念日は8月でしょうが!なぜこんな時期にグラッジャランをやるのだ!と
不安定に積んだ荷物を気にしつつバイクをささえる腕と足をプルプルさせながらの灼熱待機地獄。
私はバイク運転中に調子に乗ると大声で歌うくせがあり、毎回勝手にテーマ曲ができるんですが
この日はマントラバイパスに入ってから なぜか脳内にずーっとサムライ byジュリーがヘビロテ。

♪片手にぃ~(ダダダン)ピストルゥ~(ダダダダダン) 心にぃ~(ダダダン) 花束ぁ~(ダダダダダン)
唇にぃ~(ッダダダン) 火の酒ぇ~(ダダダダダン) 背中に人生をぉ~ ♪
と熱唱しながら南部着。

とにかく 頼まれた重い荷物を一刻も早くちゃりんこトーマスに託したくて
ヤツは昨夜到着してクタの仮称ラブホに泊まってる。そして本来ならさっさと次の宿に
移動するはずなのにお腹痛くなってまだ初日の宿にいると聞いたので
最初はそのラブホ(※日本的な解釈のラブホではなく単にそういう名前なんっす)
お届けしようと思ってたんだけど、東部での渋滞で予想以上にへとへとになっていたこともあって
このぐらぐらする大荷物の状態でレギャン通りの一方通行とか勘弁して~!の気分になり
とりあえずトゥバンの宿に自分とaiちゃん用の荷物置いてから、YUUさんに渡す物資だけ持って
トーマス君が本日移動する先@クロボカンの仮称:乙女宿までもっていくっちゅーことで合意。

で、とりあえず私とaiちゃんが今夜泊まるトゥバンの宿のクロークに自分の荷物を預けてから
クロボカンの”仮称:乙女宿”に襲撃し、YUUさんへの重い物資を託し終えたらすげー開放感。
その夜は、YUUさんとこで一緒にご飯食べる約束をしてるので、その時に私が直接ビンギンまで
荷物を持っていけばいい話なんだけど、私の場合はその前に寄り道したりするから
重い荷物抱えての寄り道は嫌なんで YUU飯へはタクシーで行くというトーマス君に預けた次第。

で、1つのミッションが終了したのでやっと本日の1食目にありつけます

ブラワの Milk & Madu で がっつりと ハンバーガーハンター出動!
f0319208_1736714.jpg
食後は、例の「なんでかいつも閉まってたエスプレッソバー」が開いてたからラテ休憩
えーと、このラテアートは何?wwww @ Moose Espresso Bar
f0319208_17362463.jpg
コールドプレスジュースとアイスコーヒーの持ち帰りが目的だったのに
それらは「ハリスニン(月曜) オンリー」とか言われちゃうし、ヒマなのでお客さんが来るまで
店員はソファーで遊んでるからお客さんかと思っちまう始末だし、そのゆるゆるさがとってもバリ☆
ここで個人的に2度見やむなしでツボだったことがあるのでそのお話はまた後日の個別トピで。

その後、春バリその1でもリサーチしていたように、秋の南部滞在でのお宿を決めるべく
秋に同行予定のご婦人wと、予算設備立地諸々を考慮したうえで候補にあがったいくつかの宿を
実際にどうなってるか現状をみてくる。というミッションをはたすべくお宿めぐり。
f0319208_18212741.jpg
4軒とも以前に実際に泊まったことがあったり、友人が泊まってる時に遊びに行ったり
昔に一度見たりしてる宿ばかりなんですが、どれもずいぶん前のことなので現状把握が目的

ほんとは、まだ見ぬここが見たかったんだけど・・・・・
f0319208_23462217.jpg
aiちゃん合流後半も近くに泊まってたから見に行こうと思えば見れたのかもしれないけど
ソフトオープン前で出入りの人がバタバタしておられたので実際に中を見れていませんの。

で、他にもウマラスあたりで知人と会ったりなんやかんやして午後4時ごろに
荷物だけ預けてる今夜の「寝るだけ宿」に正式チェックイン @ Quest Tuban
f0319208_18214856.jpg
aiちゃんの到着便の空港お迎えが無料だったのと、翌朝ディスカバリーモールで
aiちゃんが滞在中のサンダルを買ってからサワンガンへ移動するという目的の為にトゥバン泊。
f0319208_18222091.jpg
トゥバンもラヤクタ辺りに経済的チェーン宿が林立してるけど、空港のお迎えが無料で
煙草吸えるバルコニーがあって、ツインベッドの部屋があって、朝食なし料金があるという条件で
うちらーの中では1泊40万ルピアそこそこのクエストトゥバンほぼ一択でございました。

aiちゃんはGA利用ですが復路は直行でとれたけど往路はCGK経由につき到着が夜23時。
お迎えの車に、私も乗っていってお迎えにいっていいよといわれたので
それまでにはホテルに戻ってくるつもりで、一旦風呂入ってから夕方5時。一路ビンギンへ・・。

その道中 ジンバラン通過時にとりあえず定点観測@ダンキンの横の民家地帯の飛行機チェック
f0319208_18224929.jpg
そして、またスルバンあたりでサンセットティータイム(どん曇り)
f0319208_18232238.jpg
夜7時を目安に シークレットガーデン・ビンギンにて 待望の 初YUU飯☆with ちゃりんこトーマス
f0319208_1831629.jpg
本当は、aiちゃんの滞在中に来たかったんだけど カウンターで最大8席のこのYUUメシ会場は
GWのお客さんや予約で連日キャパオーバー。この日ならなんとか空席ありってことで
aiちゃんはまだ到着してないけどちゃりんこトーマス君と私だけでも参加させてもらったんっすわ。
和食がでてくるのかと思いきや、なんとこの日はイタリアン。サラダもカルボナーラも激うま。
しかもさすがにサーファーさんのお宿。一皿のボリュームハンパねぇ。
ブルスケッタなんて分厚いのが一人3個。いやいやこれだけで満腹ですわ。
(後で、関空からGA直行便で到着した男性にはブルスケッタだけでも1人6個ぐらい出してたw)
カウンターでご一緒になったこの日のゲストさん達。(YUUさん越し)
f0319208_18313629.jpg
夜9時半になったので、私はaiちゃんのお迎えもあるから一足お先に退散。

ホテルに戻ったら「22:30にロビーに来てね」と言われたのでシャワーを浴びて
ほぼパジャマというか部屋着状態(もちろんすっぴんw)の油断姿のまま空港へ行く気満々。

で、送迎車の出発を待ってたら 朝荷物を置きに来た時から出入りの度に数回会話している
入り口で車誘導してるおっちゃんが 「俺が運転していってもいいか?」と聞くので
「誰でもええよ。」と言うと、フロントスタッフからホテルカーの鍵と駐車場代金を受け取って
なぜかホテルの警備?(パーキング係?)のおっちゃんと一緒にaiちゃんの名前を書いた
ホテルの印刷物を持った私が空港へお迎えにGO~。(CGKからなので国内線到着口ね)
f0319208_1832659.jpg
ちなみに、白い服を着た青年が本来の送迎スタッフ。(空港でバッタリ会う)
f0319208_18453988.jpg
丁度、同じ便で到着する別のゲストの迎えもあったようで「あれ?なんでおっちゃん来てるの?
お迎えの人の名前、だぶってない?」などなどの会話をスタッフ同士で繰り広げつつの待機。
ごめんなーaiちゃんも、お迎えはこっちの若い青年の運転の方が良かったかしらん?wwww
おっちゃんは今日の勤務は23時までだったようで、完全なるオーバーワーク。
でも、おっちゃんみずから運転手に立候補してきたんやから文句は言わせんよwwww
もちろん、この送迎はホテルのサービスで無料なので おっちゃんには個人的にチップはずんどきました

23:30頃、国内線到着口にてaiちゃんと無事に会えました~ (にゃま付)
f0319208_1834631.jpg
この後、宿の近くのコンビニで水を買い(先に買っといてやれよ、気が利かない俺w)
aiちゃんがお風呂に入ってる間に私の記憶が飛ぶ。間違いなくその間に爆睡。

4月30日 aiさんバリ2日目

はりきって朝7時には起きて、8時に行動開始で~す。
f0319208_1846115.jpg
ホテルは朝食なしプランにして海辺でピクニックソトアサをすることに決めていたので
私のバイクをaiちゃんが運転して(東からヘルメット2つ持参ですっ!)トゥバンやクタの
一通事情に疎い私は 土地勘のあるaiさんにお任せしつつ後部座席でパラリラパラリラの煽り役。
ソトアサピクニックでサンドイッチ的なものを食べるならSwichのサンドイッチを推奨なんだけど
以前までの3店舗の中ではトゥバンからだと一番近くてもウェルクダラ。もうちょっと近くにねーのか?
・・・と思ってたら今年に入ってからベネサリにSwich To Goができたというので そちらでブンクス
f0319208_18503958.jpg
Swichのサンドイッチ。やっぱりおいしいよー。
海辺のピクニック朝ごはん会場は こちら
f0319208_18482762.jpg
なんで、こんな岩場なのさ?浜じゃないのか?と思う人多々おられようかと思いますが
「10時に開くセントロで ビーサン買う」という目的があったのですぐに行ける場所@目の前にしたんです
f0319208_1851323.jpg
無事に10時にオープンしたセントロでaiさん、甥っ子へのお土産と滞在中にはくサンダル購入。

一旦ホテルに戻って荷物をまとめてチェックアウト。私はバイクで行きますが
スーツケースがあるaiちゃんはタクシーで(私の荷物も一緒に)サワンガンへ向かいます
f0319208_18525115.jpg
そして、この日から3泊するこちらのニューホテル@ The Ritz Carlton Baliへ・・・
f0319208_1735109.jpg
「わぁ~」とか「きゃぁ~」とか言う間もなく、「チェックインは夕方に来ます」と荷物だけ放り込んで
後からエントランスに到着した私のバイクにひらりとまたがり 颯爽と出ていくせわしない2人。
だって、2泊目と3泊目は丸2日間敷地内でだらだらするつもりなんで 動くとしたら今日でしょう?

ちうわけで、まずはaiさんの 元・職場挨拶巡り・ヌサドゥア編 をこなし・・・
f0319208_1854280.jpg
またサワンガンに戻りヌサドゥアスラタンをぶんぶんぶん~
途中の悪路でローカルさんたちの惜しみない助力を借りつつ、恒例の場所で定点観測
今回は、大興奮の別角度からですおー! (過去記事は⇒こちら後編こちら後編
f0319208_18544722.jpg
ほんとは下に降りたかったんだけど、どうも入り口は1か所で鍵がかかってたんで断念。
今回はこの場所に行く入り口の下に出店が出てたり、記念写真を撮ってるカップルがいたりで
なんかローカルさんたちの間でプチ観光地化しておりました。

私的必須事項の定点観測を終えた後は腹ごしらえ。
この辺まで来たからにはやっぱりお昼にはぶらじる食堂一択でしょう!

しかーし、今回のぶらじるさんは 坂の上でもなくBAIXOでもないんです・・・(※<この過去記事参照)
f0319208_1855779.jpg
なんと!BAIXOよりもちょっと上にニューブラジル食堂(オーナー同じなんで移転か?!)登場。
その名も Warung DO HUGO (でもブラジル食堂)
f0319208_23345049.jpg
オーナーも娘のかわいこちゃんもいたから下のぶらじると同じ系列には違いない
f0319208_21135664.jpg
そしてここのビュッフェコーナーの充実度が過去最高と思われ・・・。ケーキまであったし
BAIXOよりも値段が安かった・・・というか以前の金額に戻ってたというべきかw
そしてここの芋と豆はやはり美味しいよー。この余計なことをしていないシンプルな味が最高☆
食後はaiさん恒例アイス休憩
f0319208_2335178.jpg
で、これからが 本日の太一的メインイベントっす!!

毎回この付近に来たらとりあえずビーチに降りてみることを目標としておりまして
サワンガンに泊まってるならパンダワあたりが候補にあがるんでしょーが
いえいえ せっかくaiちゃんも居るんだし、しかもわざわざあの呪いのパーカー着用で来てるから
「今回もやっぱり階段おりとかなきゃいかんだろ!」の使命感(なんの?)に駆られて
この春の階段地獄は Pantai Gunung Payung に決定~。どんどんぱふぱふ~♪
f0319208_23355060.jpg
ここ1~2年の間に周囲がずいぶん開発されたらしく(今も開発中)
階段下り口に祭りのテキ屋的ワルンが林立していたりですっかり観光地化してましたけど
ビーチの雰囲気は、最高に気持ちよく素晴らしかったです。(aiちゃんもいたくお気に入り)
f0319208_2358253.jpg
そして、地獄と言うにはもはやうちらーには屁のカッパ的な292段の階段
f0319208_23383433.jpg
aiさん、翌日筋肉痛になってましたけどねw 1年前に2000段以上昇降した脚力はいずこへ・・
(1年前の合計2000段を超える 呪いのパーカー階段地獄の過去記事は ⇒ こちら

ビーチでのんびりすごしてから 明るいうちに正式チェックインしようとサワンガンに戻り
めでたく正式にリッツさんへチェックイン。このロゼッラの冷たいお茶がめちゃうまw
a0074049_14554421.jpg
下位のカテゴリーにあたるお部屋だけど 広いバルコニーからは海が見えるし、十分十分。
f0319208_2349147.jpg
ところが・・・。遊び疲れたからやっとゆっくりできるーと思った矢先にここからが波乱万丈。
そんな中、追い打ちをかける aiさんの日本でのお仕事関連のメール攻撃でイライラも絶頂。
f0319208_23403721.jpg
※汗だく&砂まみれで戻ってきて、一刻も早くシャワーを浴びて着替えたいのに
チェックインから2時間以上たっているこの時点でaiさんがまだ着替えていないのには
日本とのお仕事緊急連絡以外の深ーい理由があります※ (ちなみに私はこの時点でやっと風呂上がり)

aiちゃんのお仕事上の至急連絡もやっと落ち着いた頃には お腹もすいてきたから
ラウンジで何か食べようと思ってクラブラウンジに行ったら・・・(クラブアクセスで予約しとります)
f0319208_23414226.jpg
既に8時を過ぎていたのでナイトスイーツの時間帯になってて甘いものしかなかったという悲劇w

そんなこんなで、始動が出遅れたリッツでの初日ですが
私達が今回ここを選んだ第一の目的はスタッフのM氏と会うこと!だったんですわ。
aiちゃんのジャカルタ勤務時代からのお知り合いだそうで、その噂はかねがね
イブMやYUUさんからも聞いていたので、翌日に敷地内で会えるのを楽しみにしてたんっす。
初日はいろいろ思うことあったけど、ちゃんとそういう姑トークも婉曲することなく聞いてくださったし
ホテルの人という面だけでなく「aiちゃんやイブMのお友達」という面での会話も楽しかったし
GWの日本人ゲスト到来でお忙しい中、うちらーの為にちょくちょく時間を作ってくださって
滞在中はものすごーくお世話になりました。おかげで2日目以降はご機嫌で過ごせましたおー。
最終的に「泊まって良かった。」と思えたのは 私的にはやっぱりM氏のおかげなり~!

長くなったので リッツ滞在中とそれ以降のダイジェストなどは明日UP予定の次回に繰り越します

※上記はすべて'15年4/29&4/30時点での備忘録です ※

[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-05-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/21229857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< '15年春バリ・その3... ’15年春バリ・その1 ~やっ... >>