※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< ’15年春バリ・その1 ~やっ...

もはや思い出なのか?のミルフィ... >>
2015年 03月 28日
これで最後か?塔の上 (Tegal Sari Tower Room #34 '14年5月編)
f0319208_20121869.jpg
ウブドでここんとこ異常に気に入ってる部屋が"塔の上"(Tower#34)。
言わずと知れたTegal Sariの中の1部屋なんですけど、いつも私が部屋番号名指しなのは
テガルサリが好きというわけではなく「この部屋が好き」という強い自己主張の表れw
しかも 塔の上と言っても同じTower内の#35ではなく てっぺんでテラスのある#34限定
もちろんテガルサリそのものもいいお宿です。それはわかるんです。三郎さんも素晴らしいです。
でもね、テガルサリだから好きなんじゃないの。このへんちくりんな部屋だから好きなのwww

Tower Roomの2部屋はTegal Sariとは別にお部屋のオーナーさんがおられるようで
その方たちが本国帰国中やウブドに滞在されていない時に貸し出されているようなのですが
'14年の8月~’15年12月末まではそのオーナーさんによって#34がブロックされてるとの話。
ちなみに#35なら空いてるよともいわれたんですが#35なら私には意味がないんよね。
ブロック中も不在の時期は貸出可能なようですが その時に私がウブドに滞在するとも限らず
'14年春に聞いた時点では'14年秋も'15年春も秋も長期ブロック時期にかちあっているので
バリ滞在中にふらりと寄ってみて万が一空いてたら飛び込めるけど泊まれる確証はナシ。
(三郎さんいわく、長期間なので予定が変わることもあるから日が近くなったら問い合わせてみて、と。)
かといって'16年春の分の予約をとるかと聞かれても、そんな先だったら高層階ゆえに
塔そのものの老築化も怖いし、ただでさえ後方に4階建ての新棟がどどどーーーんと建って
かつておもしろがった"ぽっつーんと聳え立つ不思議に楽しい孤独感の趣き"も薄れてきたのに
今後パダンテガルの村計画が進むにつれSuper DX Wooden前の景観も変わるだろうから
色々と考慮した上で 今のところは予約可能な'16年以降の予約も入れておりません。

つまり、長期ブロックによって'14年秋はこの大好きな部屋には泊まれなかったんですが
もしかしたら'14年春の滞在が私にとって最後の塔の上#34になっちゃうのかな?と
なんとなーく思ったので、忘れないうちに'14年春版Tower#34を記録しておきます





※ 過去記事の ⇒ '12年秋の眺めと外観編 / '12年秋のお部屋編 / '13年春の眺め
'13年春のお部屋の変化編 / '13年秋の滞在時編 / などで変化や景観を記録しています※

’14年春。3階建て+屋上階のある新棟(Nyalian Room)が形になっております
f0319208_22245245.jpg
レセプションから見たTower Room棟 と その背後の新館@Nyalian Room
f0319208_2018576.jpg
私が泊まるのはもちろんここのてっぺん@Tower#34
f0319208_22243321.jpg
のぼりますよー
f0319208_22285058.jpg
'14年春バリで、私が予約していたのはゴールデンウィーク後半のウブド5泊のうちの最初の3泊。
贅沢言うようで恐縮すがあの風呂で5連泊はキビシイんで3泊を限度にして 後の2泊はルナゲへ移動。
ところが、4月末で本帰国が決まったaiちゃんが有給休暇消化でウブドに滞在するとのことで
ゴールデンウィーク直前にTower#34に滞在することが決まったので、私も急遽ウブド入り決定。
そんな中マダムK様の渡航も決まったので私とマダムはルナゲに滞在し、塔の上に毎日遊びに行く有様。
そして、私自身がGWにTower#34へ3泊の滞在。その直後にsawahsawahさんが帰国日の
レイトチェックアウトも兼ねて私と入れ替わるように#34に2泊滞在されることになってたので
結局①aiちゃんが居た期間。②自分が滞在した期間。③sawahsawahさんが居た期間とぶっ続けで
遊びに行ったり自身が滞在したりで あの58段の足元スケスケ螺旋階段を昇降し続けた'14年の春。

そして、こちらがいつもの#34屋内。
f0319208_2229916.jpg
すっかり昭和のひとりぐらし気分w
f0319208_22291910.jpg
いつもの持ち込みグッズ。 その他 蟻よけチョークとくるくる延長コードはマストアイテム
f0319208_22481615.jpg
相変わらず狭いバスルーム
f0319208_2240764.jpg
スペースは狭いし 給湯器の湯量も2人連続は無理なサイズだけど
シャワーがハンディタイプだったり、壁にも蛇口があってバケツとかに湯を貯めれるので
天井シャワーしかない所よりもシャワーの使い勝手は良かったりするんですw
そして、シャワーの向かいにトイレ。
f0319208_22305431.jpg
鏡の位置が見づらいのがネックですが この鏡は壁から取り外せるということが発覚!
バスルームの壁から取り外して寝室のチェストの上に置いておく方が俄然役に立ちました。
そして毎度ながら洗面台の周囲にものを置くスペースがなさすぎるwww
f0319208_22312492.jpg
でもね、この手洗い場の窓のおかげで朝日やアグン山が見えるのでポイント高いんです
f0319208_22315719.jpg
ね?サンライズもバッチリっしょ?
f0319208_22324874.jpg
更に アグン山~☆いぇ~い
f0319208_22323125.jpg
そして、肝心のこの時期の田んぼの様子は・・・・・
ほぼ刈り取り後&水田状態
f0319208_22554454.jpg
テラス正面
f0319208_22252820.jpg
レセプション方面
f0319208_2237196.jpg
The Pond及びNuriani方面
f0319208_22385930.jpg
そしてアグン山方面
f0319208_22421075.jpg
見ておわかりの通り、ココスーパーが見える方向の手前の田んぼの所にも建物が建ってるし
プンディプンディやザ・ポンドの田んぼ側に何か建築中でどんどん田んぼが狭まってくる昨今。
そして 写真には撮ってないけどテラスから見て右裏手には隣の宿が立派な鉄筋建築の工事中。
当然のことながら テラスの正面から見る風景も、今後どんどん変わっていくんよね。


さすがに私も夜は屋内で過ごしますが、滞在中に部屋に戻っている時は殆どテラスで過ごすので
屋内のソファーのマットやクッションをテラスに引きずり出してきて寛ぐ場所を確保がお約束。

屋内ソファーが壁に沿ってカーブになっており クッションマットもそれに合わせた形なのですが
それがうまいことテラスのカーブ(&壁の出っ張り部分)に笑っちゃうくらいピッタリ合うんですわ。
それに気づいたのが2度目の滞在の最終日だったので「なぜ今まで気づかなかったか」と地団駄。
なので '13年秋以降は常にマットとクッションをひっぱり出してきて外ですごしております。
こうすると、お友達が部屋に遊びに来た時も皆でテラスで寛げるんよね。(キャパは3名)
f0319208_2243183.jpg
日中どんなに出かけていても必ず夕暮れ時には戻ってきてここで夕景鑑賞なり~
f0319208_22435984.jpg
モンキーフォレストの向こうに太陽が隠れちゃったよー
f0319208_22445525.jpg
でも、ここからが見どころな時間。
f0319208_22453270.jpg
暗くなる前に慌てて帰っていく鳥の群れを見るのも楽しいし
一刻一刻と変わっていく空の色をみるのもいとたのし。
f0319208_2246558.jpg
コーヒー片手にごろごろしながら幸せをかみしめる時間。
f0319208_22463098.jpg
テラスからだけではなく屋内のお気に入りスペースからもばっちり夕景が楽しめます
f0319208_2247466.jpg
昼間は寂しいハゲハゲ状態&泥水状態の田んぼですが 見よ!この水鏡
f0319208_22471870.jpg
眼下は緑(1度目&3度目)か黄金色(2度目)っていう印象だったこの部屋からの眺めが
今回はピンクや紫っていうのが新鮮で、4度目にして新しい発見というか・・・。
f0319208_22475360.jpg
f0319208_22525799.jpg
緑がばばばーんな状態の田んぼの時もいいけど、サンセットタイムに限っては水田がいいっ!
この眼下に広がる水鏡に感動したので 夜中に月明かりに照らされた水田を見ようと思ってたのに
月光がこっち側のたんぼを照らす時間帯は残念ながら3泊とも爆睡してましたw イヒ。

村の人の話では このたんぼの一部(テガルサリの部屋の前方)が大型駐車場になるらしく
次にこの塔の上から同じ方向を見ることがあっても、きっと一部が整地された後だろうから
この、ばばばーんと手前から奥に田んぼが広がる眺めを見るのもこの時で最後だったのかなぁ?

そもそも中心地に大型車の乗り入れ禁止すればいいのに という個人的な意見はありますが
こうなった今、あの猿森付近の観光バス大渋滞を思えば村としては大型駐車場は必要だと思う。
そして、パダンテガルのどこかにそれを作るとしたらもうあそこしかないっしょ?ってのも
なんとなく理解できるので ここの田んぼに関してはしょうがないかなという気もするわけで・・・。

いつもお世話になる三郎さん&居合わせた旧スタッフのロビナ君
f0319208_2249468.jpg
それにしてもサブローさんの疲れ方がハンパないんですけどっ!
Nyalian Roomが完成して部屋数も増えて今まで以上に激務になっているだろうけど
体には気をつけていただきたい。いやほんま、三郎さんはこの宿の一番の財産だと思うから。

'14年春に、その時点で次のTower#34への確約が取れるのは'16年以降だと聞いて
「きっと今回が私の最後の#34滞在になるのかな」なんて思っていろいろ諦めたつもりだったけど
このブログ書いてて「やっぱ、このへんちくりんな部屋が大好きだ!」と改めて実感したわ。
まもなく開始の'15年春バリ期間中にウブドに行く時期はまだ決めてませんが、決まったら
ダメモト承知の上で #34のブロック時期に急な空きがあるか問い合わせてみようっと。

Tegal Sari Accommodation

ADD : Jl.Hanoman, Padang Tegal, Ubud
TEL : +62-(0)361-973318 / 970570 / 9783434 / 971552 / 970701
FAX : +62-(0)361-970701
URL : http://www.tegalsari-ubud.com/enhanced/index.php
E-MAIL : info@tegalsari-ubud.com

※上記は'14年4月末の訪問時点及び5月の滞在時点での記録です ※

★後日追記★ '15年春。5度目の#34では周囲の風景に大きく変化あり。その記録は⇒ こちら で!
'16年4月。6度目の滞在での周囲の環境の変化などの記録は⇒ こちら で!★


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-03-28 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20784459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ’15年春バリ・その1 ~やっ... もはや思い出なのか?のミルフィ... >>