※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< これで最後か?塔の上 (Teg...

Restaurant Loca... >>
2015年 03月 27日
もはや思い出なのか?のミルフィーユ備忘録 @ Jendela House ('14年5月) 【※後日閉店】
f0319208_69485.jpg
'14年10月のウブド滞在時に Seniman Cold Brew Barに行ったときこの過去記事ね)
Jendela Houseが閉まってて、中を覗くと椅子も片づけられてて床はゴミだらけだったんで
「あれ?潰れちゃった?」と思ってたら どうもその前日か数日前にサルサパーティーがあって
それを最後にリノベーションに突入し 現在もホームページには「改装中」の文字のまま。
で、そのリノベが進んでいるのか頓挫したのかその辺のことは すでに帰国してしまった私には
知る由もないし、いろいろ複雑な地元事情もありそうなので もともとこの店の開店を教えてくれた
在住フランス人の知人にわざわざ聞くつもりもないのでいまだにどうなってるのかは謎のまま。

でも、この調子ならもうあそこのサックサクのミルフィーユが食べれなくなるのかな?
もうあれが食べれないならかなり残念なんですけどーという気持ちを込めて
'14年春バリでのことになりますが、'13年秋の3連続ミルフィーユづくしに続いて
春にもまたまたミルフィーユ休憩に行った時のことを個別記録で残しておこうと思います。





※’13年秋バリでここのミルフィーユにはまった記録は ⇒ こちら

’14年5月。anncoさんとDapur Bundaで夕食この過去記事ね)の後
目と鼻の先のJendela Houseで食後のデザートタイム実施でございます。
f0319208_6101846.jpg
ちなみに、この時はたしかこの席だったら'13年秋と同じく喫煙可能だった記憶・・・
f0319208_61472.jpg
テーブル上の花は季節ものなんだろうけど微妙に以前とはテイストが違う・・・
f0319208_6143955.jpg
そして、デザートメニューもちょっと変わってしまってたのでタルトタタンは見当たらず。
お花の感じといいこのエリアのテーブルの配置といい秋からはマイナーチェンジしてるみたい。
しかも、ミルフィーユの見た目が 前回よりだいぶこなれてるwwww
f0319208_69485.jpg
anncoさんは白ワインを、私はミルクティーだったかな?(もはや記憶曖昧)
f0319208_6175824.jpg
私はChocolate lava Cake (Rp.45,000+税サ)に挑戦
f0319208_6164612.jpg
anncoさんは お約束のカスタードミルフィーユ(Rp.50,000+税サ)
f0319208_6153821.jpg
いえ、私ももちろん横からつまみますけどねwww
以前よりも洗練されたルックスになってますが、生地のサックサク感とカスタードの美味しさは健在
f0319208_6155588.jpg
ただ、以前は生クリームが添えてあったのですが春の時点で生クリームなし。
お皿にイチゴのソースがかかっているので それと生クリームの相性がとても良かったから
生クリームがちょっと添えてあるだけで満足度が上がって好きだったのになーとちょっと無念。
あと、見た目がきれいになって、それでも生地の切れ味のよさは変わらないんですが
以前は 食べようとしたら生地のバターの香りと表面のカラメリゼされた部分の香ばしくて
甘い幸せな香りがぷ~んと漂っていたんですがその点がちょっと弱くなってたかな。
それでも、このミルフィーユは値打ちあると思いました。

同じく'14年5月。anncoさんと来た数日後に 今度はランチ後にsawahsawahさんとw
f0319208_6212872.jpg
この時、通りに面した中央ソファー席にオーナーさんらしき人がおられたのですが
私が以前にお会いしたオーナーシェフとは違う人だったので「ん?」と思いつつ着席。
f0319208_6195876.jpg
でね、灰皿もらおうと思ったら「この席は禁煙なので吸う時はテラス席でよろしく」って言われた。
え?数日前の夜にanncoさんと来た時はそんなことなかったし 今他にお客さんがいるから
その人たちのために遠慮してくださいってわけでもなさそうでまた「???」な気分。
今思えば先日の夜はオーナーさんが不在だったから良かったけどこの時は禁煙主義の
オーナーさんがおられたからきまりを守っているという感じだったのかな??と。
f0319208_6191612.jpg
もちろん私のイチオシはカスタードクリームミルフィーユなんですが
いろいろなデザートを味見してみたいので(sawahsawahさんのミルフィーユつまむ前提で)
Crumble (Rp.50,000+税サ)
f0319208_6201871.jpg
横に手作りポッキーみたいなのがついてて可愛い~
f0319208_621498.jpg
りんごのクランブルだったんですが、感激するほどではないけど普通に美味しいよ~。

そしてまたまた Custard Cream Mille-Feuille (Rp.50,000+税サ)
f0319208_6215162.jpg
アップでどうぞ~
f0319208_6221061.jpg
見よ!この切り口の美しさ。
f0319208_622324.jpg
カスタードクリームも相変わらず美味しいです!!
f0319208_6224370.jpg
確かに形はきれいになってるんだけど、やっぱ焼いた端までついてる以前のスタイルの方が
パイ皮の軽さ・香ばしさ・風味をより一層感じれて個人的には好きだったかなという感じ。
あと、個人的な好みではやっぱり生クリームはちょっとでいいから横につけておいてほしかったな。

そんなことを思いながら、秋バリでもここのミルフィーユを食べに行けたらいいなと考えてて
3105さんを連れまわす甘いもの地獄編の3日目でお連れできたらと思ってたのに
※ちなみに初日がR4D過去記事)、2日目がCaramelのアフタヌーンティー(過去記事)でした※
上に書いたように2日目の夜にお店が閉まってるのを見てしまったから'14年秋には行けず。
リノベーションにしろ廃業にしろ このままこのミルフィーユは思い出になってしまうのかな?

まもなく'15年春バリも始まるんですがウブドに行ったらとりあえずはお店がどないなってんのか
見に行こうと思います。(でも、いつウブドに行けるんだろw 出発直前なのにまだ未定www)


Jendela House Restaurant & Bar

ADD : Jl. Sri Wedari, Ubud
WEB SITE : http://www.jendelahouse.com/
※'14年10月に前を通るとリノベーションの為閉店してました。※


※ 上記は'14年5月の訪問時点での記録です※

★'15年春の重要追記★ その後、Hujan Locale という別のお店になってました。
サイトやFBを見るとメニューのラインナップも全然違う新たな別の店のようなので
きっとあのミルフィーユは'14年春の時点が私にとって食べおさめだったのだろうな~。無念じゃ。


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-03-27 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20784447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< これで最後か?塔の上 (Teg... Restaurant Loca... >>