※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< ブンクスの宴には タコスとカツ...

3105さんと自然派のハーブ&... >>
2015年 03月 15日
またDewi Hanaに吸い込まれる @ Penestanan, Ubud ('14年9月&10月)
f0319208_2151964.jpg
ウブド滞在中、以前ならルナゲから田んぼのあぜ道を通ってショートカットしながら
民家部分からの潜入で気軽に行けていたÇantica Spa(過去記事が、周囲の開発に伴って
田んぼ側から行けなくなってプネスタナン通りの方から行くしかなくなったという事情もあって
ルナゲ滞在中にクリームバス行こうかな~とかお顔のリフレッシュに行こうかな~って時は
どっちみちプネスタナンののメインストリートまで一旦出なきゃいかんようになってしもた。

そんな時、各方面から「Dewi Hanaのワヤンさんのフェイシャルがすばらしいよ」と聞き
一度行ってみたらその繊細でちゃんとした技術と愛情たっぷりの施術にちょっとした感動。
いかにも効果がありそうな高級スパのフェイシャルなら技術のあるセラピストが居て当然だろうけど
フェイシャルってマニュアル通りにやられるだけじゃ「それじゃ~しわがよけいに寄っちゃうよ~」
とか「その拭き方や圧力じゃ~お肌に負担かかってるよ~」みたいな不安ってないですか?
そういう意味では一般的に町スパでのフェイシャルはちょっと勇気のいる行動。
マニュアル通りにやられるだけでなく、各人の骨格や肌の状態やしわやたるみの付き方を
見極めながら施術できるスキルのある人じゃないといまいち信用できん!と思ってきました。
もともと野生な鈍感肌なので私自身は実際にはそんなに神経使わなくていいんだけど
そこを考えながらできるセラピストかそうでないかというのは私にとっても重要なポイント。
ボディーマッサージが苦手でフェイシャルもいまいち疑心暗鬼となると、
結局町スパでは今まではリフレクソロジーかクリームバスしかやることなかったんですが
ワヤンさんを知ってからお顔のリフレッシュでDewi Hanaに行くのは必須科目に!
1人で行くと写真などがないので 同行者の居た'14年秋の吸い込まれ記録を残しておきます。





※'13年春の過去記事は ⇒ こちら
'14年秋の時点では、'13年春の過去記事当時より少しだけ値上げしています


’14年9月。ウブド滞在時(私の滞在先ははルナゲ)。 その約1週間前にルンダンへ行く途中に
バイクでこけた時に傷口消毒などでお世話になった見知らぬおっちゃんにお礼参りをしようと、
MN嬢と再び2ケツでルンダンへ向かった日。2時頃にはウブドに戻れたので各所用事を済ませ
一度デウィハナへ行ってみたいというMN嬢をお連れしました~
f0319208_218467.jpg
目印はこの看板ね。
f0319208_2181525.jpg
f0319208_2182841.jpg
この時は、ヘルメットで蒸れた頭をリフレッシュするためのクリームバスがご希望ってことで
お着替え後のMN嬢、ごきげんでサロン席へ・・・
f0319208_2184480.jpg
しかし、洗髪用のサロンシートはローカル度あふれる舞台裏にwww 
f0319208_218581.jpg
髪を洗い終えて待機中 (TV見とるしww)
f0319208_2192565.jpg
クリームバスがはじまりましたおー。頭のマッサージをしつつのトリートメント剤塗り込みちう。
f0319208_2193565.jpg
この時、私もMN嬢もめっちゃ喉が渇いてたので近所のローカルな店でドリンク調達。
MN嬢Purpyガン見。そんなにPurpyが珍しいのか?!www
f0319208_219535.jpg
トリートメントを髪に浸透させる間の肩や腕のマッサージがまた気持ちええんだわ
f0319208_220629.jpg
そして、 あの舞台裏で洗い流す
f0319208_2201661.jpg
最後にドライヤーで髪を乾かして 約1時間のトリートメント完了!
f0319208_2151964.jpg
施術後のMN嬢、大満足ちう。
f0319208_221050.jpg
セラピストのワヤンさんは頭や腕のマッサージも丁寧で力強くてかなり気持ちいいのです。

この時の私は施術を見てるだけだったんですが、MN嬢の施術終了の1時間後に
sawahsawahさんが予約しているのを知っていたので(なぜなら予約する時一緒に来たw)
一旦ルナゲに戻って1時間後にsawahsawahさんのドリフでの忘れ物を届けに行ったら
結局私も並んでフェイシャルをすることになり、Dewiちゃんに施術してもらいました。

もちろん、Dewiちゃんでも施術後はお顔スッキリで気持ちよくて満足だったんですけど
やっぱりワヤンさんが凄いわ・・ってことを再認識。何が違うんだろうかと考えると
きっと施術の丁寧さにおいてワヤンさんの場合は繊細さというか心配りというかが
群を抜いてるんですわ。肌をいつくしむように、それでいてツボをおさえた施術というか・・・。
ちなみに、Dewiちゃんのマッサージの技術もなかなかなんだと思うけど
私がすごいなと思ったのは、以前イギリス人のお客さんのペディキュアで
Dewiちゃんがお花の絵を描いてたんです。どうせ爪楊枝の点々アートだとなめていたら
めっちゃきれいなフランジパニが描かれていて ゲストさんも大感激&大興奮だったんです。
彼女はマッサージもしますが、マニキュアやペディキュアアートが得意分野と見ました!


そして'14年10月。次は3105さんと一緒に吸い込まれたよ~

東部に戻る日。予約もしてなかったけどメイクする前のあさイチでルナゲからかけこみま~す
2人並んでフェイシャルです
f0319208_2211771.jpg
フェイシャルに使われるプロダクトは ご当地おなじみのビオコス
f0319208_2213031.jpg
すいません、並んでの施術(しかも2人ともフェイシャル)だったため途中の写真はありません。
3105さんは初めての来店なのでより一層感激していただきたいと思いワヤンさんをお譲りして
私はこの時もDewiちゃんにやってもらったのですが、やっぱりこのサロン、丁寧だと思う。
化粧水を施した後ちゃんと液がなじんでしみ込んで表面が乾いてから次の段階に進む。
当たり前のことだけどその辺がおざなりな町スパ、意外と多かったりするからw
そういう感じでもともとが丁寧なところに加えてのワヤンさんの愛情ある繊細な施術ときたら
それで1時間でRp.75,000ってのが絶賛ポイント。以前より値上げしてるのにこの値段w
ワヤンさん、こんなとこで(失礼!)こんな金額でやってもらえる技術超えてるよ。
10万ルピア札出して「釣りはいらん!あとはとっといて!」状態でも安すぎるわ。
(※'14年秋はデウィちゃんでしたが'13年秋も'14年春も私は毎度ワヤンさんにやってもらってました)

これまで数々の町スパ経験者である3105さんも もちろん大満足。
f0319208_2214123.jpg
施術後のジンジャーティー
f0319208_2205045.jpg

'14年秋の時点での料金表 ※クリックで大きくなるよん※
f0319208_232198.jpg
この他に、フェイシャル+マッサージとか フェイシャル+クリームバスとか
いろんなメニューを組み合わせての2時間&3時間のパッケージ(単品より割安)があります。

いつも2人しかセラピストがいないので ワヤンさんかデウィちゃんが担当になりますが
私的イチオシはワヤンさんのフェイシャルテクニック!
a0074049_2332230.jpg
ローカルスパに近い内装で、車やバイクがびゅんびゅん通る通り沿いなので
非現実を求めるうっとり感は皆無な町スパ・町サロンですが 技術はお値段以上でございます。
次もきっとルナゲ拠点時のプネスタナンの通りを通過中に吸い込まれることかと思います。
この秋はワヤンさんの施術はうけてないから、次回はワヤンさん指名でネ

【重要追記】 '15年5月に行ってみたら ワヤンさんがこのお店をお辞めになってました(涙)
更に、残ったデウィちゃんも臨月の為 まもなく産休期間へ突入間違いなしとか。
ワヤンさんの携帯に連絡すると、今の所一旦スパのお仕事はやめていて常勤ではないけれど
ご家族が別の町スパを去年開業され、たまにそちらでお手伝いもされているようなので
スパ設備の必要なクリームバスなどを希望の場合は そこでやってあげるよ、とのこと。
しかもそのスパは 去年ルナゲの奥のエリアに開業したNamaste Spaだとかw
次の渡航時にはぜひともワヤンさんを呼び出してそちらで施術を依頼してみようと思ってます。


**さらに追記** '15年秋に連絡を取ってみると、プネスタナンのララリリスパに
正式に雇用されたようで、以後はララリリスパで施術をうけられることが判明しましたー
★'15年10月に行ってきたので詳細は⇒こちら のトピをご参照ください★


DEWI HANA

ADD. : Jl. Penestanan, Ubud
TEL. : +61 81 338 443 227 / +62 87 861 011 957
OPEN : 9:00 ~ 19:00 (決まった定休曜日なし 多分祭事次第。)


※ 上記は'14年9月&10月の訪問時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-03-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20784300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ブンクスの宴には タコスとカツ... 3105さんと自然派のハーブ&... >>