※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Warung Yoshidaで...

Vasanti Seminya... >>
2015年 02月 12日
退役飛行機をみにゆくのだ @ Jimbaran, Kerobokan, Ungasan ('14年春&'14年秋)
f0319208_18375464.jpg
グリーンボウルからの帰りにウンガサン方面で飛行機を見つけたのが'13年秋。
見つけたときは不気味だったけど飛行機は大好きなので気になって気になって・・・・。
そういえば ジンバランのバイパス上にも役目を終えた飛行機が置いてあるよね??
そこはおいおいレストランになるとかの話だけどウンガサン方面の物件もそういう目的だとか・・・。

ま、とにかく機体好きとしてはその退役機たちが次の目的に使用される状態になるまでは
今後も南部に行ったときには その都度どんな風になってるか見に行こうと勝手に決意。
そうこうしているうちにクロボカンの改装中のArenaの屋上にも青いヒコーキ発見。
ちうわけで、本日は'14年春バリと’14年秋バリまとめて3機の様子を一気にメモっておきます。





まずは Jl.Raya Kerobokan と Jl.Raya Semarの角に燦然と輝く青いヒコーキ。

これにびっくりしたのが '14年4月の南部滞在時この時
ぼーっとしながらふらふらとバイクでRaya Kerobokanへ向かっていたら
急に目に入ってきたのがこれw 思わず往年の二度見
f0319208_15515120.jpg
丁度、信号のある角の建物だったのでそれより手前の路肩で一旦停止して 凝視
f0319208_1549382.jpg
その後 交差点まで進んだら 丁度信号が赤だったので信号待ちしながらパチリ
f0319208_1827427.jpg
後で調べたらこの3階建ては改装中のレストランだかパブだか つまり飲食店らしく
機内に席を作るとかではなく屋上のインテリアというかデザインの一部としての利用だろうけど
機体のお尻部分だけを置くのかそれとも今後頭の方もつけられるのかが気になったので
約半年後の秋バリでも、10月の南部滞在時に無駄に見に行ってみました。

Raya Kerobokan側からだといまいち見え方が微妙なのでRaya Semar側から責めま~す
お!見えてきた見えてきた。 わくわくするわぁ~
f0319208_1881924.jpg
ここのヒコーキはお尻だけでこれが完成形なのね
f0319208_1884190.jpg
この垂直尾翼に第二エンジンがあってお尻がまぁるいのはDC10だよね?
しかもカラーリングのブルーがなんとなくパンナムカラーを彷彿とさせて どこか懐かしい気分。
(昔のコンチネンタル航空だとも聞いたんですが個人的にはコンチがこのマークだった記憶は一切ないw)
よく考えたらこのまま現物の胴体・頭部に主翼つけたらとんでもない面積が必要だから
この屋上に1機まるごとってわけにはいかんわな。この特徴的な部分だけ採用ってのに納得。
f0319208_189450.jpg
これはJl.Merta Agung側からRaya Kerobokanに合流する地点からだったかな?
f0319208_18102229.jpg
これはRaya Kerobokannから(信号待ち中)
f0319208_1810110.jpg
改装中だったレストランバーは11月にリニュアルオープンしたようなんですけど
FB見たら外観の写真に屋上の飛行機が見切れてるんですわ。(動画には最後にシルエットあり)
その建物は3階建てだったのでそのお店だけで3階分もあるとも思えないのと
すぐ上の写真を見てもらえばわかるように、1階部分のところにだけcoming back soon的な
垂れ幕がかかってるんですよ。だからその11月に再稼働したレストランは1階部分だけで
2階3階に別店舗が入る予定で 屋上は別のお店のものなのかなぁ??とも思ったり・・・。
うーん、1階のArena Restaurantそのものに もともと全く興味がない上に
屋上がそこの設備ではないのならなおさら私にはどーでもいい話なんですが
それでも上にヒコーキが乗っかってる建物ってのは興味しんしんってわけなんです。

あのD10はそのビルの単なる目印というか看板的な存在なだけかもしれませんが
ま、いずれにせよまた次もこのヒコーキを見に行ってしまうと思いますw

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、一番目にしやすいのが このジンバランのバイパス沿いのヒコーキ

いつからあったのかはわからないけど私が初めて気づいたのは'12年秋バリの時。
当時は敷地内にまだ民家的なものがある中に飛行機が置いてあって
勝手に「民家飛行機」と呼んでいたのですがめっちゃ斬新だったんですわ。

場所はジンバランのバイパス上。空港からバイパスを南下していき
Benoa Squereの信号を過ぎてダンキンドーナツの北隣の敷地にあります。
目安としてははるか前方右側にFedexの看板が見える頃に左側を向くとまもなく出現!って感じ。
(Fedexまで行ったら行き過ぎです。逆に南から北上時はFedex辺りから右を見てたらダンキン出現)
同じようにヒコーキ好きでこの廃機が気になったトーマス君の調査によりますと
おいおいこの機体を使ってレストランをするとかの話だったんですけど
この’14年4月時点までは 隠すこともなく堂々と見れてました
f0319208_18182511.jpg
初めて見た頃はこれと同じような方向で飛行機が置いてあったんですが
'13年の秋バリの時はこの門から見たら飛行機のお尻部分が見えたんです。
きっと周囲の民家立ち退きとかにともなって整地したりするために方向を変えていたのかな?
それにしてもどうやってこの巨体の置物を動かしたんだろう?と楽しい想像も膨らむわけで。
とにかく翌月(5月)にもこの前を通るはずだからその時にゆっくり見ようと思ってスルー。

ところが、5月の南部滞在時には 門はムシロのようなもので閉鎖されていて
バイパスに沿った歩道部分からは見えないようにしてあったんですわ。
きっといよいよ具体的に敷地内作業が進んでいるのね。どうなってんだろ?と気になって

お隣のダンキンドーナツとの間の道に入って いつもとは見る方向を変えて見たらこの光景
f0319208_18221496.jpg
この時は、ダンキンの横からその姿を見ることができたのよねー
f0319208_18222738.jpg


そして5月のチラ見から5か月経った'14年10月

以前にあったゲートのところも含めてバイパス沿い南北はずらーっとトタンで目隠し
f0319208_1823677.jpg
あれ?約半年前とはまた機体の向きが変わってる!((頭が東)

そして、前回同様ダンキンドーナツの横の道から見てみたらこっちもガッチリガードされてて見えねー!
f0319208_18231879.jpg
全体像が見えなくなってしまったのはちょっとつまんねーなと思いつつも
それって本格的に周囲の整地も済んでプロジェクトが進んでいるってことなのかな?
バイパス沿い、ダンキンの前から見たらこんな感じ
f0319208_18214746.jpg
この敷地がレストランになるとの噂だけど、その場合は機体そのものを箱にするのか
機体は単なる客寄せパンダ的置物で庭に飛行機があるってだけのことなのか
その辺のことは全然わからないけど、今後も様子見には行こうと思ってます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、3機目は ウンガサン方面で偶然目にしたヒコーキ。@個人的にメインの物件

正直、この機材がおいてある環境とか(周囲の削られた崖の感じとかね)機材のぼろさとか
そもそもあまり車通りもないような、でも舗装っぷりだけはきれいな道沿いで
普通なら道を通ってるだけではわからないようにがっつり隠されてる感じとかが不気味で
本来ならばこういうのは視覚的に苦手な部類なんです。それでもなんか興味持っちゃって
昼間の明るい時間帯なら面白がって見れるというか、まぁつまり好奇心の方が勝ってしまつた・・・。
なので、その次の渡航時である'14年の春バリでも その次の秋バリでも
そっち方面に行く時は必ず覗きに行くと決めて 個人的なmust事項にしておりましてん。
★★ ’13年秋にみつけて驚いた時の記録は ⇒ こちらのトピ後半 で!★★

'14年4月。当時在住だったaiちゃんとの最後の南部探検初日。ヌサドゥアの宿にチェックイン後
Jl.Nusadua Seratanをずんずん南下し、半年前の発見時とは逆の行程で現場到着~
前はトタン塀だけだったのに、コンテナがおいてあるのは着々と作業進行中なのかな?
f0319208_1831334.jpg
以前覗き込めた端っこの方にはバレがあって警備員が監視中。
降りて近づいちゃいかんと言われたので 中央トタンの隙間から覗き込むの図
f0319208_18311944.jpg
じゃ~~ん!
f0319208_18315022.jpg
下では数名が何らかの作業中。あの人たちはどこからあそこに行ってるの?と警備員に聞くと
向こうからぐるーっと回って下に降りてるとの警備員団。しかし警備員のさす「向こう」に
道らしきものは見当たらずwww つか、車道沿いに鍵のかかったゲートがあって
人間はそこから降りれると思うんだけど 下にバイクもあったんで気になったんです
この警備員さんによると、この飛行機もレストランになるとか・・・・へぇーそういうの流行ってるん?
てか、こんな周囲になーんもないとこにレストランできてもどうなん?と思ってみたりwww

その約1か月後の'14年5月、トーマス君を案内して再訪。
f0319208_18375464.jpg
この時は警備員は居なかったけど、やっぱり下では数名が作業中のようでした。(それにしても何の?)


そして、その約半年後の'14年10月。 この時の滞在先とは少し離れてたんだけど
チェックイン後にランチでよしださんまで戻ったので、じゃーもうついでに行っちゃえ~!と
やってきました 個人的恒例の場所w
f0319208_18341245.jpg
なんとか端から降りれんものか?と敷地脇を覗き込んでみたけどすぐあきらめたwww
f0319208_1841380.jpg
一応ズームで撮影。
f0319208_18424498.jpg
それにしてもこの背景、なんか不気味~。パッと見は不時着したとしか思えんw
f0319208_18433729.jpg
ちなみに、垂直尾翼の白で塗りつぶされた模様がマンダラエアーっぽいなと思っていたら
写真では見えにくいけど肉眼で見たら機体の前方、窓に沿ってMandalaの跡あり。
f0319208_1865746.jpg
見えてる方の主翼に機体番号らしきPK-RⅡとあったので、機番でググってみたら
その機番のものはかつてのマンダラエアラインで登録されてたみたい。(機材はB737-2E7)
現在のタイガーエアマンダラにB737機はなさそうなので登録抹消済みなのかな?と思ってたら
「2008年より保管中・格納中」となってて「え?保管てw ここに格納?」って思わず突っ込みw

私は車両についてのきまりとかは全然わからないので 想像でしかないんだけど
もしかしたら登録抹消の手続きが済むまでは機番は表記が義務付けられてるのかもしれず
そういう諸々の手続き待ちの期間ゆえに 人目につかないように隠してあるのかもしれないね。
でないと、マンダラのマークも機体横のペイントも白で塗りつぶしてあるのにインドネシア国旗と
機番だけは塗りつぶさずに残してあるっちゅーのは素人目にはなんだか不自然。
きっとすでに退役飛行機にはなってると思うんだけど やっぱり謎が多くてちょっと楽しいかも。
やっぱり上記3機の中では 周辺の不気味さも含めてここのヒコーキが一番気になる私です★


※ 上記は'14年4&5月、および '14年10月の訪問時点での記録です ※

★後日追記★ ヌサドゥアスラタン上の飛行機(ウンガサン方面の退役飛行機)に関しては
'15年春には別角度からウォッチングしてきたので その様子は⇒ こちら でどうぞ !


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2015-02-12 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20675619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Warung Yoshidaで... Vasanti Seminya... >>