※ 今日の一言 ※ '16年の秋バリから無事に帰国しています。次の春バリまでの間に2度ほど別の国への渡航も挟みますが、ブログは'16年秋バリ記録+春バリで記録し残している分に特化してぼちぼち個別備忘録をあげていく予定です。

<< 10ウン年ぶりに Balang...

CACHO'S Sun... >>
2014年 12月 22日
芋の子を洗ってない方のPadang Padang Beachに行ってみる('14年10月)
f0319208_18243541.jpg
パダンパダンビーチと言えば 以前過去記事で書いた 勝手に命名@"芋洗いビーチ"
数年前に某映画のロケでも使われた浜ってこともあってか いまやサーファーさんでなくとも
たくさんの人が訪れて芋の子を洗ってる状態なんですがそれはそれで活気があってよろしいかと。
だがしかーし、今回私がぜひ降り立ってみたかったのは橋から見下ろせる例の有名な浜ではなく
そこからスルバン(ブルーポイント)までの間にあって、もっと広い方のPadang Padang Beach
だってこっちの方がビーチは広いし静かだし人も少なくてのんびりできそうだったんだもーん。

そもそも 私が空港より南側のエリアのバイク徘徊を楽しみにしている大きな理由の1つに
このエリアでの自分たちなりのお気に入りのビーチをみつけたい!という目標があり、
それはaiちゃんにゲゲルの南のビーチに連れて行ってもらった時以来、毎回の恒例行事。
そして'13年秋のグリーンボウル'14年春のニャンニャンビーチに続き この秋の階段地獄を
どこにしようかなー?と楽しみにしてたんですけど、残念ながらこの秋は単独行動となったので
人通りの少ない浜への階段で途中でもしもこけて怪我したりしても誰も助けに来てくれぬw
かといってメジャーどころの行きやすくて人の多いビーチばかり行っても 逆に単独だとわびしい。
なので、この秋は 人影少な目のビーチに行くなら階段数が比較的少ないところと思いまして
賑わってる方のパダンパダンよりも西側にある 静かな方のパダンパダンビーチに行ってみましたの





普通、 パダンパダンと聞いて思い浮かぶのはこっちのビーチかと思いますが・・・・
f0319208_18405814.jpg
本日記録するのはここではありません。(ここは春バリでも行ったしネ。)
ビンギン方面から進んだ場合、この写真の浜を見下ろせるLabuan Saitの橋を通り過ぎ
Suluban Beachまで行くより手前に 海側に未舗装の大きめの道路が現れます。
その道を海方向へ進んでみました~。
f0319208_18414983.jpg
(厳密にいえば同じように幅広い未舗装の道が2か所あるんですが、手前@東側の方は
どっかの安宿の敷地を通らないと浜へ続く階段へ降りれなかったのでもっと西側の道から行きました)

バイクで行けるギリギリのところまで行って海をみおろしたら階段が見えたのでそこから降りまーす。
f0319208_18424298.jpg
うん、これぐらいの階段数なら楽勝。 階段の途中に宿もあるからこけても安心だしね。
f0319208_1843237.jpg
あっという間に まもなくビーチに到着でぇ~す
f0319208_1843491.jpg
着いた~!まぶしい~!!めっちゃいい感じ~。
f0319208_18442050.jpg
この日は現地時間7時に起きてマッサン見てコーヒー飲んでから出発したので時刻は7:40頃
人が少ないのは朝早いからなのかもしれないけど、私以外に浜に居た人はたった1人!!!
浜辺には ジュースとか売っててもおかしくないような簡単な小屋のようなものはあれど、
朝早すぎて開店していないだけなのか、それとも単に放置されてる小屋なのかは謎。
f0319208_18452099.jpg
見よ!この浜独り占め状態。
f0319208_1847451.jpg
秘境感は少ないけど穴場ビーチって感じでなかなかよかろ??
f0319208_18482121.jpg
けっこう長い浜だったんだけど端っこ好きの私が気に入った空間がここ
f0319208_1849636.jpg
なんつーか、大きな岩の影でねころがってると 陽射しも暑くないしめっちゃ落ちつくんですわ。
今回は 下見というかちょっと浜まで降りてみたかっただけなのですぐ戻るつもりが
文庫本とコンビニで買ったペットボトルのコーラを持ってたので海辺で飲みながら本読んでいたら
あっという間に1時間経過。こんな気持ちいいなら朝食ブンクスしてくればよかった・・と後悔しつつ
朝食を食べていなくてお腹がすいてきたので 戻る途中の店で食べようと思ってそろそろ退散退散。
(この後宿まで帰る途中で 直前トピCacho's Sunset Grillにてソトアサすることになります)
f0319208_18492031.jpg
階段の周囲にはお店か何かが作られかけていたので次に来る時はもっと開発されてるのかな?
この階段もけっこうきれいだったので近年整備されたばかりなのかも・・・・・。
f0319208_18493723.jpg
上から見おろした時の様子は芋の子を洗う賑わいの方のパダンパダンの方が楽しそうに見えるし
個人的には 海の色や浜の色に関してはやっぱりグリーンボウルの方が感動したけれど
こっちの、芋の子を洗ってない方のパダンパダンビーチもなかなかいー感じだと思います!
f0319208_20345153.jpg
今回の訪問時点では ビーチパラソルもないし 浜辺の海の家的な小屋は閉まってたけど
いくつかの宿があるから併設のカフェか食堂で冷たいドリンクも調達できるはずだし
トイレに行きたくなったらそこでお茶休憩兼トイレ休憩だってできるってのは心強いわけで・・。
もっと秘境ビーチな方が個人的にはそそられるんだけどトイレの設備がないのはネックだから
ここみたいにカフェ併設の宿が階段の途中にあるのはトイレ事情的にとってもありがたい。
浜までに階段の昇降というハンデはあるけど、グリーンボウルやニャンニャンの階段を思うと
個人的には楽勝な距離だし ブンクス持参で気軽にビーチピクニックってのもアリかと思います。

でもここもそのうちビンギンみたいに浜辺にもいっぱいカフェやワルンが並ぶ浜になるのかな?
それもそれで楽しそうだけど 私的にはぜひともこの静かな状態のうちに再訪したいビーチです。


※上記はすべて'14年10月の訪問時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-12-22 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20406278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 10ウン年ぶりに Balang... CACHO'S Sun... >>