※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< OM Burger のハンバー...

タコスジプシー、Warung ... >>
2014年 12月 16日
Naturela Cafe, Homestey に泊まる @ Jl.Labuan Sait, ('14年10月)
f0319208_5184954.jpg
'14年秋バリ。空港より南のエリアの個人的ハツモノ記録。もともと このエリアでの第一目的は
滞在中のダイジェストでも書いたように、トーマス君の滞在時期に合わせて YUUさんのところへ
仮称"YUUメシ">を食べに行こうという目論見だったので、いくら私がお酒を飲まないとはいえ
夕食後に不慣れな地域をバイクで1人で帰るとなると、宿はビンギン近くにしておくのが妥当と判断。
ウォークインで当日決めるもありだとは思ったんだけど、1年前の同時期にaiちゃんと徘徊時に
めぼしいところはことごとく満室で困ったという経験から 宿だけは前もって予約しておきましてん。

丁度1年前に泊まったHidden Valley Resortから安くなるお知らせメールが届いてたんですが
aiちゃんと2人の時ならともかく、夜道を一人であの林の中まで帰るのはちょっと怖い。
そしたら、ブラジル食堂過去記事)のすぐ近くにサーファーさん向け格安宿はっけーん。
お部屋に冷蔵庫はないけどエアコンはあってお風呂場も今年に入ってからリノベーション済み、
しかも1泊25万ルピア+税10%(朝食別料金)だったのでソトアサ派の私にはもってこいだし
立地の点でも個人的にめっちゃ便利やん・・ってことで前もって2泊予約しておきましてん。
結局、決行2週間ほど前にトーマス君の渡航がキャンセルになりYUUメシは延期になったんですが
この付近での徘徊はもともと予定に入れてたのでそのままここに滞在することになりまして
この秋は このNaturelaを拠点にPecatu,Uluwatu方面を楽しんできました。
ちうわけで 本日はそのサーファーさん向け安宿のえとせとらを記録をしておこうと思います。





場所は、Jl.Raya UluwatuからJl.Labuan Saitへ右折して、パダンパダンへ向かう下り坂の途中。
ブラジル食堂(元からある方)をすぎてすぐの右手でこの看板が目印
f0319208_5204188.jpg
駐車場、屋外のレストラン(カフェ)スペースの奥に宿泊棟がございまして・・・・
f0319208_5193813.jpg
(通り沿いの敷地内にミニマートもできるようですが'14年10月時点ではまだ準備中)

カフェのキャッシャーのところが宿のレセプションになっており、お庭でチェックイン手続きなり~
f0319208_5194818.jpg
スタッフはフレンドリーでめちゃ話しやすいので チェックインの時から和気藹々。
お部屋は全部で13部屋あり、レセプションの後方白板にその日の宿泊者の部屋番号と
国籍と名前が書いてあったんですが 私の滞在時は見事に満室。予約しといて良かった~
ブラジルからのゲストが多くてあとはアイルランドやイングランドやカナダやドイツからのゲストで
アジア人は見事に 日本からの私一人だけ。でも、アウェイ感は全くなし。

チェックインを済ませたら、レストランの脇の駐輪場を奥へ進み、お部屋に向かいます
宿泊棟の裏庭にあたるところに のどかなプールもございます。
f0319208_5214648.jpg
そのプールを横目に、私がアサインされたお部屋は2階の#202
f0319208_5215981.jpg
もともとサーファー向けの安宿は造りや掃除が大雑把なところが多い印象があるのと
この安さだから狭いのは覚悟してたんですけど、なるほど 狭いっすwwww
f0319208_5221330.jpg
でも、改装してそんなに月日が経っていないのでベッドはクタビレ感がなくて清潔に見えるし
エアコンもガンガンに効くし パソコン作業できるデスクもあるし Wi-Fiもバッチリでした。
いつもなら不要なんですが侘しくなるのがイヤでTVのあるお部屋を予約しておきました。
f0319208_522255.jpg
クローゼットの扉に全身鏡があるのはありがたかったな~。

バスルームはこんな感じ (一見きれいに見えますが 詳細は後々記述します)
f0319208_5254530.jpg
そして、めちゃ狭いとはいえ喫煙者にありがたいバルコニーがありまして (屋内禁煙)
バルコニーから 煙草すいながらプールを見下ろせます。
f0319208_52608.jpg
f0319208_5301340.jpg
1階のゲストさんなんて常にドア開放でプール周りまで自分の部屋のテラスのように使って
レストランで食事やお酒をオーダーしてマイペースに寛いでおられました。
サーファーの皆さんは早朝から海に行く人が多かったようで夜はそんなにうるさくなかったです。

ま、写真だけを見ると「その安さでこの小奇麗さならいーんじゃない?」と思いがちですが
内装は新しく見えがちではあれど、工事はずさんというかやっぱり安宿だなと実感することも多く
ヨーロピアンのゲストは気にしないのだろうけど私的にはキビシイ部分もありましたので
以後は、夜のお部屋の写真をあげながら小姑チェックしていこうと思います
f0319208_5265296.jpg
一応、夜でも部屋のあかりは明るくて鳥目にはありがたかったんですが
コンセントがデスクの下にあるだけなので ベッドサイドのランプ、どうやってつけるの?という謎
私は外泊時はいつもくるくる延長コードを持ち歩いているのでそれで対応したし
そもそもベッドサイドのランプは全く不要だったんですけど、使い勝手悪いな~、と。
てか、くるくる延長コードがなかったら携帯やデジカメやパソコンの充電もできないところだったわい。
f0319208_527768.jpg
寝室内のコンセントはこの不便な位置の2個だけだったもんで・・・・
f0319208_5314976.jpg
ちなみに、私が安宿滞在時に必ず持参するものは くるくる延長コード&たこ足だけでなく
湯沸かしポットとマグカップやドリップコーヒーのセット、そしてワンプッシュベープと
ファブリーズと ほんとはアロマポットを持参したいのだけどかさばるのでルームミスト。

幸い、安宿でもこの部屋の枕はくさくなかったのでファブリーズの出番はなかったけど
どこからか下水の匂いがする時間帯があってルームミストが大活躍。
この下水の匂いは スタッフに言うと どの部屋とは限らずそういうことが多いのだとか。
たぶん田舎な地区は下水設備に不備があるのでそういうことも原因なのだと思う。とのこと。

で、電気をつけたら夜も明るめのバスルーム
f0319208_523234.jpg
一応、小さいけどものを置く棚もあったし、壁にはフックもあったのですが
シャワーカーテンはないので豪快にシャワーを浴びたら棚の上べちょべちょになりますwww
案の定、外人向けの高さの固定シャワーしかなかったので方向が変えられず不便だったのと
ヘッドの目詰まりで水圧は十分でなかったけど1人だったので湯量的には問題はなかったです。
シャワーの壁ところに、備え付けタイプのシャンプーかボディーソープがありましたが
シャンプーもコンディショナーも石鹸も何もかも持ち込んでいるので使用感は不明です。

でね、狭くとも一見きれいにみえるバスルームなんだけど

よく見ると足元の壁とかすみっこが汚いの!!!
f0319208_532626.jpg
ちなみにこれはバスルーム内だけでなく、入り口付近やバスルームへの扉付近も・・・・・。
掃除をしていない汚さというよりも、水でふやけた壁の塗料とか 工事のずさんさというか・・・。
気になりだしたら気持ち悪くてしょうがないのでなるべく見ないようにしてました。
だけど虫さんのようなものは部屋に出現しなかったからそれだけでも個人的にはありがたくて
最終的には細かいことはこの値段だからしょーがないかな、と割り切ってましたw

 蛍族に必須のベランダ(バルコニー)はこの狭さ。 でも私には貴重な喫煙所。
f0319208_5304344.jpg
夜は涼しかったのでここに椅子を出して一服してると3階から降りてくる人と目が合う気まずさww
f0319208_5303041.jpg
でも、満月見ながらの一服はえーもんですわ。
f0319208_5324172.jpg
まぁ 正直言えばなんやかんや細かい突っ込みポイントはございますが
基本的に滞在中はほぼ外出続きで シャワーあびて ぐっすり眠れたらそれでよし!の気持ちで
予約した安宿なんだし、1泊3000円未満だと思うと許容範囲かと思います。
普段バリではTVみないけど、NHKプレミアも入るので朝からマッサンも見れたし
フロントにとても気の付く女子スタッフがいて、彼女のおかげで気持ちよく過ごせたし
スタッフは全体的にめっちゃフレンドリーで(かといって馴れ馴れしくはない)
立地も個人的には都合のいい場所だったし、お宿としてはとても居心地よかったんですよ。

この宿は朝食が別料金なので、お腹がすいてたら1回ぐらいは食べても良かったんだけど
2泊とも持ち込みコーヒーを部屋で飲んだらすぐにバイクで徘徊にでかけていたので
結局レストラン&カフェの部分に利用価値があるかどうかはわからずじまい

でも、2泊目の夜。数軒隣のブラジル食堂で食べようと思ってたら「売り切れ」と言われたので
他のワルンやレストランに行くのもめんどくせーなと思って 宿のレストランを利用してみました。

ホットオレンジ(砂糖なし)と シーフードナシゴレンを食べてみた
f0319208_5311761.jpg
ナシゴレンは苦手な赤いタイプではなくあっさり系の色だったので私的には嬉しかったけど
シーフードが生臭くて・・・。これがチキンかベジタブルのナシゴレンだったら美味しかったはず。
なので、シーフードを選んだ私の選択ミス。多分他の料理もフツーに美味しいと思う。
f0319208_5313154.jpg
ガーデンプールもあってレストランも完備で Wi-Fiも部屋までサクサク届いて、お湯シャワーも出て、
エアコンもついてて、(部屋によってはTVもあって) 1泊3000円未満だったら上々だよね。

この付近もまだまだいろいろ宿になるらしき物件が建築中だったので
(実際、この宿の裏手にもきれいなコテージのような物件ができかけていました)
ここにリピートするかどうかはわからないけど、風呂場の隅や部屋の隅の雑ささえ割り切れば
部屋の使い勝手の面では持ち込むもの次第で対応できるので、悪くないなと思います。


Naturela Cafe ,Homestey, Mini mart

ADD : Jl. Labuan Sait, Padang Padang, Uluwatu
PHONE : +62 (0)361 5572110 / +61(0)87 860 666 582 /
+62 812-3456-789
URL : (FB) https://www.facebook.com/NaturelaBali
      http://naturelahomestay.blogspot.jp/
E-Mail : naturela.contact.us@gmail.com


※ 上記はすべて'14年10月の滞在時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-12-16 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20406223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< OM Burger のハンバー... タコスジプシー、Warung ... >>