※ 今日の一言 ※ '17年の春バリも全行程を終了し帰国しております。夏は夏で他のおでかけが控えていますが 合間を見てぼちぼちとこの春の個別記録を残していきたいと思っています。

<< ほんとに小さな Les Pet...

ザ・俺調べ : ’14年秋版 ... >>
2014年 11月 15日
Rasta Bar And Restaurant からアグン山を見る @ Amed (’14年10月)
f0319208_2242258.jpg
'14年秋バリで初乗り込みのお店。まずはアメッド内からメモっていこうと思うのですが
直前トピを冒頭のBBAのサテバビネタと考えたら、このままアメッドの入り口から奥へ奥へと
立地の順に進めていく方法で時系列は無視しながら記録していこうと思います。

で、この秋にAmedエリア内ではじめてのりこんだ場所を入口から近い順に挙げていくとしたら
BBAのサテの次は 塩田エリアにさしかかる手前の浜辺にひっそりとたたずむこのバー&ワルン。
多分ここも1年もすれば周囲に建物が増えてこのポツネン感はなくなるのだと思いますが
車道を走ってたらこの小屋の素朴で孤独な感じが気になる気になる。なんかおもしれー。
てか あの場所ならビーチからアグン山バッチリ見えるはず!夕景もきれいだろうと予想。

でも、お店の壁がラスタカラーで塗られていたので レゲエ苦手な私には1人じゃ入りにくいし
お酒があって夜にレゲエを演奏とかしてそうな出会い系な店も大の苦手なので行くに行けぬw
そんな中3105さんがアメッドまで来られたので、通りすがりに「あそこ気になんね?」と
聞いたら案の定ノリノリで「行ってみようぜ!」ということに・・・・。で、突撃決定~!!!





見よ!この 車道から見た ポツネン感wwww うちらが気にならんわけがない
f0319208_2234045.jpg
ズ~~~ム!
f0319208_224292.jpg
どっからあそこいくねん?と道を探してると浜への通路の入り口発見
f0319208_2245177.jpg
入り口の間口は広っ!
f0319208_2253921.jpg
しかーし、このあと建築中エリアをくねくねと矢印のさす方向へ進み
お店の横壁を伝って店内へ・・・・。でもちょっとおもしれー。(浜からも行けますがね)
f0319208_2263837.jpg
通路の近くにあった手作り感あふれるエクササイズマシーンでひと笑い
f0319208_2261474.jpg
この直前に別のカフェでお茶休憩してて、先を急ぐ途中の寄り道だったのだけど
ここまで来たからにはなんか1杯ジュースでも飲んどかなきゃ失礼かな?とびくびくしてたら
店長さんらしきレゲエな人が「あ!セニョ~ルさんちの嫁じゃん!何してんの??
ってか、セニョ~ルさんにも何年も会ってないけど元気なの??」って・・。
いや、セニョがローカル・旅行者かかわらずこの付近で異常に顔が広いのは承知してるさ。
でもなんでワシのことまで知っとるん?てか、いつ会ったよ?どんだけもの覚えええねんww
・・・というよりも私が人の顔と名前を覚えなさすぎるという説の方が説得力あり・・・
「通りすがりにここが見えて、ここなら浜からの山見えるかな?と思って寄った。」というと
店長さんいわく、「見えるよ~。サンセットタイムもいい感じだよ~」とご機嫌さん。
話してると、店長さんはアクアの大将のらっちゃんのイトコか何かで親戚らしい。へぇ~

浜まで出て振り返ってみたらこんな感じのお店でした
f0319208_227510.jpg
浜辺の席からはアグン山もバッチリ★
f0319208_2272914.jpg
この素朴なサンデッキ&屋根も手作り感が田舎らしくて楽しい
f0319208_2274517.jpg
周囲はまだ建物少ないけど この浜辺もあっちゅーまにいろいろ建っちゃうんだろうな・・・
f0319208_228874.jpg
もうちょっと待ったら夕景がきれいな時間帯に突入するんだけど うちらーは先を急がねばならぬのだ・・・
f0319208_2295692.jpg
ところがどっこい、セニョ~ルが近くを通過中なので、自分も寄るから待ってろとの談
f0319208_22102130.jpg
そうこうしていると、めちゃめちゃ可愛くてかっちょいいオーストラリア人のお嬢さんがご来店。
f0319208_2211175.jpg
店長さんと3105さんとオージーのお嬢さんと同じテーブルでしばし談笑しつつ
日が落ちてだんだんとピンク色に染まる浜辺でセニョ~ルの到着を待つわけで・・・

まもなくおっさん(セニョ~ル)登場で、おっさんは店長さん&お客さんとなんやかし話してから
私と3105さんも暗くなるまでに次の目的地(チュリック)へ行かねばならぬので退散退散~
夜に生演奏があるから帰りに寄りなよ~とスタッフ&店長さんが言ってましたが
すいません、わし、レゲエ苦手です。夜にお店に行ってその場がズンドコ祭りなのも苦手です。
でもさ、この場所なら今の時点だったら大音量で音楽かかってても近所迷惑にならぬほど
ぽつねーーーーんとしてるから 夜に 大音量ではっちゃけたい人にはいいのかも。

この 壁の横のほっそい通路wwww
f0319208_22123898.jpg
そんな感じで、いったい飲食のメニューがどんなものなのかいくらぐらいの価格設定なのか
バーとしてどんな雰囲気なのかなど 肝心なことはまーーーったくわからないまま、
アグン山は見える。夕景もきっときれい。立地すげーいい!ということだけは検証できました。
今後の展開はわかりませんが10月の時点ではお昼間は営業してないような感じだったので
また夕方ぐらいにコーラ休憩とかでこの浜辺に来てみるのもいいかなーなんて思ってます

ちなみに、アグン山を見ながら夕景を楽しむにはこのお店ではなく もうちょっと奥の浜辺のワルンが
この秋にお気に入りになってしまったので、そのワルンの記録も近い後日にしておくつもりです。



ADD : Jl. Raya Amed
PHONE : +62 (0)81 2386 2960 / +62(0)81 9363 46121
OPEN : 営業時間未確認 たぶん夜遅くまでやってると思われ・・・


※上記はすべて'14年10月の訪問時点での記録です※

★後日追記★ その1年後、たった1年でこのバーの周囲が建物だらけになっとりまして
もはや車道からこのバーが見えないという事態www その一角の様子は⇒ こちら で!


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-11-15 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20379192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ほんとに小さな Les Pet... ザ・俺調べ : ’14年秋版 ... >>