※ 今日の一言 ※ '17年の春バリもまだまだ個別記録を残したまま、少し早めの秋バリが始まってしまいました。秋の60日間が終わるまでは時々upする予定の自分メモ用ダイジェストでお会いしませう~!

<< Lagoon Room #31...

Klapa Beach Clu... >>
2014年 08月 22日
Pool Bar At Banyan Tree Ungasan @ Ungasan ('14年4月)
f0319208_091439.jpg
'14年春。aiちゃんとの"空港より南の南部"探検3日目。
初日の階段地獄によるひどい筋肉痛も昨日よりはマシになり、チェックアウト時間を待たずに
2泊したノボテルバリヌサドゥア早々にチェックアウトして次の滞在先に向かったのは
この日、11:30からのスンダラのウィークエンドブランチに予約をしていたからであり
この日のお宿はスンダラからほど近いメリディアンだったので(ちなみにこれもSPGの無料券利用w)
先にホテルに荷物だけ放り込んで11時半に間に合うようにスンダラに飛び込むつもりでした。

ところが、4月から土曜の週末ブランチはなくなって日曜のサンデーブランチだけになったと
いう驚愕の事実を当日受付で知り、明日の予定を変更して翌日再訪することになったので
気合入れて朝食抜いて挑んでいたこともあってハラペコで途方にくれたこの日の私達。
そんな時の救世主はやっぱりWarung Yoshidaさん。ランチはそちらへ駆け込んだのですが
本来ならば 午後は海をみながらSundaraで4時頃までまったりする脳内計画だったので
食後はどこか海の見えるちょっと優雅な場所でお茶しようってことになりまして
ここからだったらアナンタラアリラカンダラさんとどれが一番近い?などと迷っていた所
そういえばここまで来る道のニルマラスーパーの三叉路で「バンヤンツリーまで4Km」
看板があったよなー。じゃーBanyan Tree Ungasanに行っとくか~って案が急遽浮上。
タマリンドレストランは14:30までだし、ジュマナバーは夕方からしかオープンしないので
この時間帯でお茶休憩できる場所はプールサイドのプールバーぐらいみたいなんですが
ちゃんと海も見える位置だし、どうせ何か飲んでだらだらするだけだからそこでええやん♪
という感じで この日の午後は急遽バンヤンツリーウンガサンのプールバーで過ごすことに決定。
もちろんここも私個人的にはこの春のハツモノ物件なので、この機会にメモっておくことにしやす。





旧・バリクリフへ向かう道の途中でBanyantreeの看板を右折し しばらく進むと簡単に到着ぅ~
f0319208_0161721.jpg
急な予定変更なもんで予約もなんもありまへん。しかもバイク2ケツでやってきた私達ってwww
でもここの皆さんはやさしーい笑顔で出迎えてくださいましてよ。
f0319208_0162843.jpg
カートに乗って海が見えるプールサイドまでGO GO~
f0319208_018935.jpg
f0319208_0182690.jpg
この静けさ。この眺め。気分あがるわ~!(携帯カメラの設定間違えたしょぼ画像ですんまへん)
f0319208_019583.jpg
こちらがプールサイドのPool Barのドリンクカウンター。及び屋根あり席。
f0319208_0193391.jpg
ウッドデッキ部分の外席は、丁度目の前に中途半端な高さの塀があって
その向こうは宿泊ヴィラの屋根ビューなのですが、それでも遠くに海の青が見える感じ。
時間的に日陰になってたので「ここがいいね」と陣地即決
f0319208_0201786.jpg
お隣にプール。けっこうでかいよね。
f0319208_0203959.jpg
こんな気持ちよさそうなのに誰一人プールサイドに居ないのはお部屋が快適だからなのかな?
f0319208_020512.jpg
つか、こっちにも うちらー以外誰一人いないんですけど・・・・。 まぁつまり占領状態。
f0319208_0294196.jpg
そして、とってもお高いリゾート価格のドリンクをいただきますのwww
f0319208_021440.jpg
気分的な問題なのか、とっても美味しいの~。 つか、安心のクオリティ。
f0319208_0211477.jpg
なんか絵になるよね。わしの姿が写ってないからなおさら・・・。
f0319208_024893.jpg
aiちゃんもやっと落ち着いてリラックスモード
f0319208_0393892.jpg
こころゆくまでのんびりせられい!
f0319208_0392675.jpg
こんな感じでひたすらだらだらしてたら、あっという間に夕方4時前とかですってよ。
このままジンバランまで一直線に戻って正式にメリディアンにチェックインすればいいものの
aiちゃん、「昨日ウパチャラ行くために一旦帰った時に湿布持ってくればよかった!」と後悔中。
だったら、家に寄って湿布ピックアップしてからチェックインしましょうということになり、
お会計を済ませたら予定より少し早めにこの場を退散。

あ!ここにきてプールサイドにやっと一人発見★
f0319208_0242270.jpg
おっと ご家族連れのゲストも発見
f0319208_0243895.jpg
さっきまで人影がなかったのにこんな時に限ってゲストが居たもんだから
トイレ行ったりしてぼやぼやしてる間に、うちらが呼んだカートに他の人が乗っていっちゃったw
f0319208_0245477.jpg
でも気持ちいい空間なので次のカートが来るまで余裕で待つ待つ~
f0319208_0255735.jpg
カートを待つ間、無人のカートに座って「運転したいわぁ」とつぶやくaiちゃんwww
f0319208_026866.jpg
やっとうちらーのカートがきましたおー★
f0319208_026228.jpg
駐輪所まで運んでもらえば良かったんですがロビーからの眺めも見ておきたいのでロビー経由で。
f0319208_0263566.jpg
ロビーはがらーんと広くて、そこから遠くに見える海も 敷地の広大さを感じるに十分。
f0319208_0265032.jpg
さすがのバンヤンツリーゆえに素敵なことは間違いなく素敵なんですが
レストラン周辺の雰囲気とかはカンダラさんやセマナさんを見た時の方が感動したってのもあって
個人的には心にグッときたー!という感じではなく(それはもはや好みの問題なんですが)
多分今後泊まることもないだろう。いや、予算的に多分泊まれんよw との思いから
評判の良いお部屋の中については見ておりませぬ。見ちゃったら開眼するのかもしれないけど
私にはこうやってお茶しにくる体験ぐらいが身の程だな と悟ったのであります。
あ、でもいつか ちゃんとおめかししてジュマナのお料理は味わってみとうございます。ふふふ。


Pool Bar Banyan Tree Ungasan Bali

ADD : Jl. Melasti, Banjar Kelod, Ungasan
PHONE : +62 (0)361 3007000
OPEN : 11:30- 22:30
URL : www.banyantree.com/ja/bali_ungasan/experience_the_resort/dining/pool_bar


※ 上記はすべて'14年4月の訪問時点での記録です ※


[PR]
Top▲ | by la_viajera | 2014-08-22 23:55 | bali & indonesia | Trackback
トラックバックURL : http://laviajera.exblog.jp/tb/20040244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Lagoon Room #31... Klapa Beach Clu... >>